ブルターニュ(南東部)の古代巨石文化
     Mégalithique Civilisation
            de Bretagne sud-est
      
      
  英国の古代巨石文化を
 代表する遺跡がストーン
 ヘンジだとすれば、ブル
 ターニュのカルナック列
 石群はフランスを代表す
 る遺跡であろう。
  モルビアン湾を中心と
 して広く分布する巨石群
 の存在は、全く解明され
 ない謎として興味深い。
  日本庭園の石組にも似
 た立石の美しさを、古代
 の人々も知っていたのだ
 ろうか。

    
カルナック列石群
     
  Alignements
   
Carnac (Morbihan)
     
  ■ブルターニュ南東部

     4 Morbian 
     5 Loire-Atlantique 
     
1 Ille-et-Vilaine
 
       

       
       
     カルナックケルレスカン列石
       Carnac
/Alignements du Kerlescan

                      4 Morbihan
       
   約3kmの長さで3,000
  個近いメンヒルの列石が10列
  〜13列に並んで海岸まで続い
  ている様は、とてもこの世のも
  のとは思えない。ましてや、1
  個1個の石を、何千年も前に人
  間が立てたのであるから、ピラ
  ミッドにも匹敵する古代の謎で
  ある。
   メネック、ケルマリオ、ケル
  レスカンという三つの列石群が
  縦に連なっているのだが、空か
  ら見なければ全貌は見えない。
   石の列はこの状態のまま、何
  と3Kmも続いているのである。
   写真はケルレスカンの列石だ
  が600個の立石の内のほんの
  一部にすぎず、全体を想像する
  のは難しい。

   私達はブルターニュのこの不
  思議ランドがすっかり気に入っ
  てしまい、隅々まで歩き回った
  ものである。  
    

   
    
     カルナックケルマリオ列石
       Carnac
/Alignements du Kermario

                         4 Morbihan    
     
   カルナックの三つの列石群の中
  では、中央部に位置している。
   背の高い先端の尖った石も多く、
  全体の印象は何とも凄絶である。
   立石の数は約1030個で、写
  真のような列石が10列並んでい
  る様は、想像力を超越したミステ
  リーの世界だといっても過言では
  ないだろう。

   新石器時代から青銅器時代にか
  けての遺跡であり、その時代の人
  々が何らかの目的で、信じられぬ
  程の労働力を駆使して建造した石
  造遺構なのである。
   太陽の出入りに関係がある、と
  いう説が有力なのだが、その程度
  の目的のためとしては余りにも規
  模が大き過ぎるのである。もっと
  次元の異なったプロジェクトが存
  在したに違い無い。
   この列石の東端に、形の見事な
  ドルメンが隣接して残っている。   
      

   
    
     カルナックメネック列石
       Carnac
/Alignements du Menec

                         4 Morbihan  
     
   三つの列石の中では、最も海岸
  に近い場所に位置している。
   列石最南端の一部は、カルナッ
  クの町の住宅に隣接している。
   立石の数は1100個と言われ、
  1Km以上の長さで11列に並んで
  いる。人間が構築可能な範囲を遥
  かに越えた規模で、ピラミッド同
  様、巨石をどのような方法で運搬
  し、どういった手法で立て、何の
  ために築造したのかが全く解明さ
  れていない。
   現在は遺跡の中に立ち入ること
  が出来ないのだが、以前は石に触
  ることが出来た。石の持つパワー
  を感じるためには、何とか石の近
  くまで寄って、その大きさを実感
  してみたいものである。
   石を並べることから生まれる意
  味合いはその方向性だろうが、よ
  く見るとかなり湾曲しているので
  意味はかなり薄れてくる。並べる、
  という行為そのものに、何らかの
  意味があったのだろうか。   
      

   
    
     カルナックマニオの大メンヒル
       Carnac
/Menhir Géant du Manio

                         4 Morbihan   
     
   ケルレスカンの列石に隣接して、マニオという深
  い森
(Bois du Manio) がある。森の入口に車を停
  め、しばらく歩いたところに少し開けた場所があり、
  そこに写真のように見事な立ち姿のメンヒルが立っ
  ている。
   森を抜けた途端に目に飛び込んで来る立石の姿は、
  とても衝撃的であり、やはりメンヒルというのは石
  そのものの存在感と神々しさに満ちており、立って
  いることそれ自体が何とも魅力的である。

   カルナックの列石群は見方を変えれば、3000
  基のメンヒルが立っているとも言えるので、たった
  一基のこのメンヒルなどさして珍しくもないのだが、
  独立している立石の存在感はまた格別である。
   ここでは並べることにではなく、立てることにそ
  の意味合いが有ったのだろうか。
   ドルメンの様式は島(英国)と大陸(フランス)
  でかなり異なる部分があるが、メンヒルは一石であ
  るためにほとんど差は無い。しかし、メンヒルが連
  なった列石が、島では
Row と呼ばれる小さな石の
  列以外にはほとんど事例が見られないのは不思議で
  ある。

   このメンヒルの近くに、方形に石の並んだ一画が
  ある。サークルは多いが、四角というのは珍しい。
  何らかの祭祀の場であったのだろうか。
     

      
      
     マヌ・グロドルメン
       Mané-Groh/Dolmen (Allée couverte)

                         4 Morbihan   
     
   カルナックの列石遺跡周辺には、数多
  くのドルメンやメンヒルが集中している。
   写真のドルメンは、後述のクルッキュ
  ノのドルメンから程近い森の中に在る。
  全体像は飛鳥の石舞台にとても類似して
  いるように見えた。発想の貧困はいかん
  ともし難く、その形からは石舞台と同様
  の、古墳つまり墳墓なんだろうという発
  想しか生まれなかった。
   写真は入口と思われる正面からの眺め
  であるが、奥の部屋への通路がかなり長
  いのが特徴である。羨道式墳墓というも
  のを、アイルランドで見た経験があるが、
  形式は全く同じだ。
   フランスでは、この通路式ドルメンを
  
Allée couverte(屋根付通路)と呼ぶ。
   森閑とした樹林の中に組まれた石の示
  す、神秘的なたたずまいとその重量感が、
  古代からのメッセージの存在を感じさせ
  るのだが、錆付いたアンテナでは、具体
  的なものは何一つ受信できない。  
     

   
    
     クルッキュノドルメン
       Crucuno/Dolmen

                         4 Morbihan   
     
   マネ・グロのドルメンに程近い小さ
  な集落で、このドルメンは村の中央の
  一軒の住宅に密接して残されている。
   巨大な平石が屋根石として用いられ
  ており、かなりの重量感に満ちた迫力
  が感じられる。
   壁の支石の高さは2m以上あり、ひ
  とつひとつの石がどっしりと据えられ
  ていて、分厚い屋根石をしっかりと支
  えている。
   実際現代に、これだけの石を運び、
  据えるためには、どれだけの重機と人
  員が必要となるのだろうか。
   書物に載っているドルメンの古い写
  真では周辺に何も写っていないので、
  どうやら住宅は近年になって建てられ
  たらしい。どういう事情があったにせ
  よ、古代遺跡に密接して家が建ったこ
  とは理解に苦しむ。
   もっとも、この周辺にはドルメンや
  列石群が密集しているので、それを避
  けていたら人間の居住する場所など全
  く無い、というのが現実のようだ。   
     

     
     
     ケルゼロメンヒル列石
       Kerzelho/Menhirs Alignements
 
                      4 Morbihan   
     
   カルナックからカンペー
  ル方面へ国道165号線を
  少し走った辺りで、国道を
  横切るようにして大きな石
  が数列並んでいるのに気が
  付く。ケルゼロのメンヒル
  列石である。
   カルナックに比べれば規
  模は小さいが、それでも石
  の数は1100個以上有る
  という。
   ここでも車を止め、かな
  り先の方まで歩いてみたが、
  石の高さは全て3〜4mあ
  り、近寄るほどに石の示す
  重量感に圧倒される。
   この内の1個の石ですら、
  それを運び垂直に立てるだ
  けでも、想像がつかぬ程の
  労力を要求されるだろう。
   どんな人達が、どのよう
  な目的で立てたのだろうか。
   全部の石がこちらを向き、
  謎が解けずに困惑する我々
  を嘲笑しているかの様にも
  見えた。
    

    
     
     モワンヌ島ペンアプのドルメン
       Île aux Moinnes/Dolmen de Près-Penhap

                       4 Morbihan   
           
   ブルターニュのモルビアン湾に浮
  かぶ島々には、多くの伝説と遺跡が
  残されている。
   その一つここモワンヌ島にも、巨
  石文明を代表する多くの遺構が見ら
  れる。
   島の南ペンアプ集落近くの丘の上
  に、この堂々たるドルメンが在る。
  湾を望む景勝の地であり、墳墓なの
  か祭祀なのかという重大な命題に至
  る前に、石の存在そのものに感動し
  てしまっていた。
   やや崩落気味だが、二つの部屋を
  持つドルメンである。傾斜した石が
  スリリングであり、最も大きな石を
  天井に使用することから生まれる緊
  迫感がたまらない。
   一体何を意識し何を目的にして、
  古代の人々はこんな不思議な造形を
  生み出したのだろうか。   
    

    
     
     モワンヌ島ケルゴナン列石
       Île aux Moinnes/Alignements de Kergonan

                       4 Morbihan   
        
   前述のドルメンから船着場へ戻る
  途中の草地の中に、この妙な石の行
  列が在る。
   環状列石にしては円形ではなく、
  かと言って直線でもない。全体はア
  ルファベットのU字形をしているの
  である。モルビアン特有の、馬蹄形
  をしたストーンサークルなのだと知
  った。
   干潮になると海底から浮かび出る
  U字列石が、どこかの島に在るそう
  なのだが、次の機会に残しておこう
  と思う。
   1m前後の石が大半だが、鋭く立
  っているので迫力が感じられる。日
  本の神社に伝わる「磐境」を思い出
  していた。この不思議な石の列も、
  或る種の「結界」をイメージして立
  てられたのだろうか。
    

    
     
     ガヴリニ島羨道ドルメン
       Gavrinis/Dolmen à Couloir

                   4 Morbihan  

       
   モルビアン湾に浮かぶこの島へは、ラルモー
  ル・バダン
(Larmor-Baden) という港から出
  るツアー船に乗らなければならない。遺跡への
  入場時間に制限があり、個人では自由に見学が
  出来ないからである。
   羨道のような通路
(Passage)の付いたドルメ
  ンの上に、円墳のように小さい石が載せられた
  ケルン
(Cairn)とも見える。
   しかし、この遺跡最大の特徴は、内部羨道の
  両側に立てられている壁石、その表面に彫られ
  た模様に有る。内部の高さは1.5m程だ。
   写真は入口から見て右側4、5番目の石であ
  る。石は左右併せて29個、その大半に指紋の
  ような多重渦巻模様が彫られている。
   具体的な像は一つも無く、全てが抽象的な指
  紋ばかりである。装飾なのか呪術なのか、現代
  人の鈍感なセンスからは想像もつかない。
   が、入口から差し込む光に浮き上がった模様
  の、何と美しいことだろうか。
   ガイドの目を盗んで撮った写真だが、手持ち
  にしては奇跡的に上手くいった。
    

     
     
     ロクマリアケールケルカドレのドルメン
       Locmariaquer/Dolmen de Kercadoret

                     4 Morbihan   
       
   モルビアン湾入口の半島に有るこ
  の町には、数多くの古代石造遺跡が
  残されている。
   このドルメンは町外れの草原に、
  淋しくポツンと立っている。道路か
  ら近いのだが、案内が全く無いので
  付近の民家で尋ねてようやく行くこ
  とが出来た。
   写真は真横から撮ったもので、右
  がコの字形の開口部になっている。
   小さく見えるが高さは1.5mは
  あり、近寄って見ると個々の石が示
  す重量感には迫力が感じられた。
   この町には、世界最大のメンヒル
  の倒壊したものや、もっと大きなド
  ルメンなどが有るが、何故かこのド
  ルメンに最も心に響くインパクトを
  感じた。古代の人々の、清冽で高潔
  なメッセージが込められているから
  なんだろうか。
    

   
    
     キブロンマネムールのメンヒル
       Quiberon/Menhirs de Manémeur

                    
4 Morbihan   

            
   キブロン湾の西に、蟹の爪のような格好をした
  半島が突き出している。それがキブロン半島であ
  り、先端の町がこのキブロンである。
   楽しみにしていたサン・ピエールの列石が、全
  く原形を無視した改造が成されていて失望した。
   キブロンの町で海鮮料理の昼食を楽しんだ後、
  半島を北へ車を進めていた時、家人がこのメンヒ
  ルを発見した。
   メンヒルはこの奥にもう一基立っており、いず
  れも海に面してキリっと立っていた。
   古代遺跡地図には載っていないメンヒルなのだ
  が、後で調べてみると小生の国土地理院の地図に
  はこの名前で載っていた。

   このメンヒルも他のものと同様に、正面から見
  るとかなり扁平なのだが、真横から見ると写真の
  ように鋭く尖った緊迫した姿に変容する。
   使用されている石は結晶片岩の一種だろうが、
  日本庭園の石組や板碑などの石碑に用いられる緑
  泥片岩にも似て、その風貌は魅力的だ。
   パイ皮のような材質が、こうした厚みが無くと
  も巾のある造形を可能にしたのである。古代の人
  々がこうした片岩の特質と魅力とを、きちっと把
  握し生かしきっていたことに驚かざるをえない。
    

       
    
     サン・ピエール・キブロンサン・ピエールの列石
       St-Pierre-Quiberon/Alignement de St-Pierre

                    
4 Morbihan   

            
     半島先端の町キブロン
  の手前にある町で、国道
  が町の中心を南北に走っ
  ており、この列石は東海
  岸側の住宅地の中に保存
  されている。
   ほぼ東西に三列に並ん
  だ石は様々な形状をして
  いるが、中央に立ってい
  る石が最も個性的な風貌
  をしている。日本に在っ
  たら“観音岩”とでも名
  付けられそうな特徴を備
  えている。カルナックや
  ケルゼロに秘められた意
  図の縮小版だろうか。
   至近の場所に、半円形
  に並ぶ列石も見られる。
                                               

        
    
     プルーアルネルロンドセックのドルメン
       Plouharnel/Dolmen de Rondossec

                    
4 Morbihan   

            
     La butte aux Crapauds (ヒキガエルの丘)
  とも呼ばれる著名なドルメンである。土を被
  ったドルメンは
Tumulus (塚) とも Cairn
  (石積の塚) とも呼ばれ、ここの案内板にも
  両方が記されていた。だが、小生は小さい石
  を積んだ塚状のものをケルンと称すべき、と
  考えている。

   キブロン半島付け根の町プルーアルネル周
  辺は、古代巨石遺跡の密集地である。今回は
  その内の主だった場所を数か所探訪した。

   この塚
(Tumulus) は住宅街の中ほどにぼ
  っかりと保存されており、その塚の形状から
  “ヒキガエル”と称されたのだろう。
   鉢を伏せたような格好の丘に、石で組んだ
  羨道が三本並んでいる。写真はその内の一つ
  で、それぞれのキャップ・ストーン
(Table)
  は塚の上に露出している。
   この部分だけでもドルメンとしての重量感
  や迫力が感じられるのだが、通常の露出した
  ドルメンと比べて、土に埋もれた見えない部
  分への想像が膨らんで古墳を見るような楽し
  さが加わる。
   写真の通路(羨道)はキャップ・ストーン
  の下まで続いており、一般的にはそこが横穴
  式墳墓であったとされているのだが。
  
                                               

   
    
     プルーアルネルヴュー・ムーランの列石
       Plouhaenel/Alignement de Vieux-Moulin

                    
4 Morbihan   

            
     夏期のみ運行される地方
  鉄道駅
(Gare de Carnac-
   Plouhaenel)
の直ぐ裏に広
  い牧草地が在り、そこに写
  真の列石の遺構が残ってい
  る。主要道からも眺められ
  るほどの巨石群である。
   メンヒルの高さはいずれ
  も3〜4mの大きな石ばか
  りで、6基並んでいる迫力
  は格別である。やや傾斜し
  た不安定感も捨て難い。
   遠方に見えるメンヒルは
  倒壊した一石を含め、3基
  並んでおり、繋がっていた
  ことも考えられる。
   石を立てること、並べる
  こと、組み上げることが表
  現手段だったのだろうが、
  一体何を目的としていたの
  だろうか。
                                               

      
    
     ケルヴィニャックトロア・ピエールのドルメン
       Kervignac/Dolmen de Trois Pierres

                    
4 Morbihan   

        
   ロリアン Lorient の町の東方約
  10
Kmにある小さな村だが、その
  北に広がる森の中にこのドルメンは
  ひっそりと立っていた。
   落ち葉を踏みしめながら入って行
  った森は鬱蒼としており、さながら
  妖精たちの遊び場のようであった。
   ドルメンとしては最もシンプルな
  構造で、石も1.3m前後と小規模
  である。しかし、不思議な雰囲気を
  持ったドルメンで、今にも石が浮き
  上がりそうな錯覚を感じるほどの軽
  快なイメージを抱かせるのである。
   このドルメンを見る限り、墳墓と
  いうよりは、何等かの呪術的なモニ
  ュメントだったと考えるのが妥当な
  ようだ。羨道や部屋のついたドルメ
  ンとは、造立の思想が異なっていた
  のではないか、と思えている。
    

      
    
     ベルケルーアンのドルメン
       Belz/Dolmen de Kerhuen

                    
4 Morbihan   

            
     ロリアンの南東20キ
  ロに在る町で、深い入り
  江と聖カド
(St-Cado)
  逸話で知られている。
   町の北側の住宅地の中
  に、この通路式ドルメン
  
(Dolmen à couloir)
  豪快な姿を見ることが出
  来た。
   重厚なキャップストー
  ンを繊細な片岩などで支
  える、という構図が戦慄
  を生むのだが、ここでは
  やや武骨な支石が味気な
  い。しかし、十分にドル
  メンの魅力の感じられる
  遺構であった。
   町の中にあと三基のド
  ルメンが在る、とされる
  が発見出来なかった。
                                               

      
    
     プルイネックゲルドロ・イリオの列石
       Plouhinec/Alignement de Gueldro-Hillio

                    
4 Morbihan   

            
     ロリアンとベルの中間
  に位置する町で、この遺
  構は町の南の外れ、農地
  の先の民家の前庭に広が
  っている。
   いずれも1.5m程の
  高さの石ばかりなので、
  迫力にはやや欠ける。
   しかし、石を並べると
  いう行為、それも古代に
  おいては至難の事業であ
  った筈の仕業の謎を解く
  鍵を、ここに残してくれ
  たであろう古代人に敬意
  を払う良い機会にはなっ
  た筈であった。
   が、広い宇宙観に欠け
  る我々凡人には、想像も
  及ばぬ未知の領域なのだ
  った。
                                               

  
    
  
     プロードランマイン・グーアレックのドルメン
       Plaudren/Dolmen de Mein-Gouarec

                     
4 Morbihan   
       
   ヴァンヌ Vannes の町
  の真北、たった17Km離
  れた場所なのだが、小麦
  畑や牧草地が続く全くの
  田園地帯である。
   このドルメンは広大な
  麦畑のはるか真ん中に有
  り、目を凝らさなければ
  見えないし、畑をかなり
  横切らなければたどり着
  けなかった。
   通路式ドルメンだった
  のだろうが、一部屋根石
  が失われたらしい。それ
  でも、屋根石の残る部分
  は、原形の持っていたで
  あろう緊迫感を留めてい
  る。
   こうした農地や牧草地
  に在った遺跡は、保存し
  易いが故に残ったのだと
  いう考え方もあり、ブル
  ターニュやコーンウォー
  ルが開発の波から外れて
  しまったことが幸いした
  のだ、とも言えそうだ。   
    

      
    
     コルポラルキュストのケルン
       Colpo/Cairn de Larcust

                    
4 Morbihan   

            
     コルポの町の南にあ
  る小さな農村である。
  畑地の中に、この貴重
  な遺構が隠れるように
  保護されている。
   ケルン
(Cairn) が二
  つ並んでおり、いずれ
  にも通路の付いた祭室
  のような部屋が設けら
  れている。そして重厚
  な屋根石が随所に残さ
  れている。本来は全て
  が屋根石と土に覆われ
  ていたのだろう。
   写真は、大きい方の
  
Cairn ll の入口で、塚
  の中心部まで通路が延
  びている。左右の壁に
  は、扁平な片岩などが
  積み重ねられている。
                                               

      
    
     ラ・シャペル・ヌーヴロー・ドゥーのドルメン
       La Chapelle-Neuve/Dolmen de Roh Du

                    
4 Morbihan   

            
     コルポの西10キロ辺
  りに広がっている国有林
  の中に、写真の愛らしい
  ドルメンがひっそりと建
  っていた。車止めからの
  案内は完備していた。
   ドルメンは深い森に良
  く似合う、と感じてしま
  うのは、ケルト神話など
  の影響だろうか。その起
  源を紀元前5世紀頃とす
  るケルト民族と、巨石文
  明の青銅器時代(紀元前
  15〜30世紀)との関
  連性は薄い筈である。も
  っとも、ケルトが既存の
  巨石を好んだことは確か
  だろう。  
                                               

      
    
     モントヌフピエール・ドロアトの列石
       Monteneuf/Alignement des Pierres Droites

                    
4 Morbihan   

            
     モルビアン県の最東北端の町プロエルメ
  ル
(Ploërmel) から東へ16キロに在る村
  である。この遺跡は村の東2キロ、県道に
  沿った場所にあるのでアプローチは容易だ
  だった。   
   それにしても、3mを超える巨石が林の
  如く屹立するという特異な光景が、多くの
  車が走る道路沿いにあるというのは、何と
  も驚愕してしまうのだが、ブルターニュら
  しいと言えば正にその通りだろう。

   全域に400基以上のメンヒルが立ち並
  ぶ様を目の前にして、カルナックで感じた
  戦慄感を再び味わうことが出来た。背筋に
  電流が明らかに走ったのである。
   更に、石の数ではカルナックの足元にも
  及ばないのだが、このメンヒルの石の質が
  紫色をした片岩であることが、他に類を見
  ない際立った鋭さを見せているのだった。
   まるで、重森三玲の庭園の立石みたいで
  はないか。石は立てることによって、安定
  と不安定を生み、感覚を波立たせるのだ。
  そのドラマチックな感性を、どういう目的
  かは不明だが、古代人が持ち合わせていた
  とすれば、これもまた驚愕に値する。

   私たちは、暗くなるまで呆然と遺跡に佇
  んでいた。  
     

   
     
     クロサックバルビエールのドルメン
       Crossac/Dolmen de la Barbière

                 
5 Loire-Atlantique
          
   ここはサン・ナゼール (St-
   Nazaire)
の北北東15Km
  位置する、クロサックの町外れ
  にあるドルメン遺跡である。
   形状からは、通路式であった
  ものが崩落し、二つのドルメン
  に分かれてしまったものと思わ
  れる。
   天蓋石の残っているドルメン
  は、単体のドルメンとしても見
  事な形状である。特に重量感の
  ある天蓋石は、現地の案内板に
  
“Grand Table”と表記される
  くらいの巨石だった。
   このロワール河口一帯には、
  数多くの遺跡が点在しているの
  だが、今回は時間の関係でここ
  以外では数箇所しか探訪できな
  かった。次回には、時間をかけ
  てじっくりと歩いてみるつもり
  である。
                               

      
     
     ポンシャトーメンヒル “マドレーヌの糸巻”
  Pontchâteau/Menhir de le Fuseau de la Madeleine

                 
5 Loire-Atlantique
          
     クロサックの東北7キロの大きな町
  で、ナントからの高速道路
(E60)
  通っている。

   このメンヒルは、巨石文明の書籍に
  も紹介されており、昔から知られた石
  なのだそうだ。しかし、個人の畑地内
  に在り、完全に鉄条網で囲まれている
  ため近付くことが出来なかった。
   仕方なく木々の間から望遠を駆使し
  て撮影したが、これが精一杯だった。
   高さが5mとのことなのだが、遠く
  からでは残念ながらその迫力が感じら
  れない。

   メンヒルの大半は、見る方向によっ
  て全く異なった様相を呈する面白さが
  身上なのだが、ここではその楽しみは
  完全に奪われてしまった。
   石の最上部に鉤形のくびれた部分が
  あり、そこから“糸巻”という連想が
  生まれたのだろう。ケルトの神話めい
  た命名が多いのは、巨石を愛したブル
  トン人へのノスタルジーがそうさせる
  のだろうか。
                       

      
     
     ケルブールケルブールのドルメン
       Kerbourg/Dolmen de Kerbourg

                 
5 Loire-Atlantique
          
   塩田で知られるゲラン
  ド
(Guérande) の北東5
  キロに在る村である。こ
  のドルメンへの目印は村
  外れの古い風車である。
   畑の向こうに、思いが
  けず豪快なドルメンが横
  たわっている。
   単体のドルメンを四つ
  連ねたような、天蓋付通
  路
(Allée couverte)
  いうドルメンである。
   石の塊のように見える
  が、反対側に入口があっ
  て、部屋が幾つか繋がっ
  たような通路になってい
  る。最奥の部屋が神聖な
  場所だったのだろうか。
                               

      
     
     エルビニャックリホロのドルメン
       Herbignac/Dolmen de Riholo  

                 
5 Loire-Atlantique
          
   ケルブールからさらに北
  へ10キロ行った町。
   町の東北に繁る森の中に
  この遺構が在る。
   悲惨な程崩落しているの
  は残念だが、屋根石が載っ
  ていた光景を想像すると、
  かなりの重量感を持った天
  蓋付き通路ドルメンだった
  と思われる。
   数枚の天蓋石らしき巨石
  が確認出来たが、無残な結
  末の中に、滅び行く歴史の
  宿命みたいなものが感じら
  れて感動していた。抒情的
  旅行者の天性とでも言って
  おこうか。
                               

       
     
     サン・ナゼール広場のドルメン
       St-Nazaire/Dolmen de la Place
   

                 
5 Loire-Atlantique
          
     都市の真ん中に古代の
  ドルメンとメンヒルが立
  っている、という特異な
  光景を見る事になった。
   ロワール河口の町の東
  端、港のドックに近い広
  場
(Place du Dolmen)
  である。
   鳥居のような姿のドル
  メンは珍しいとしか言い
  ようがないが、おそらく
  はドルメンの一部が残っ
  たもの、と考えるのが自
  然だろう。門、結界、と
  いったイメージが、何や
  ら神秘的ですらある。
   屹立するメンヒルも存
  在感に溢れており、市街
  の真ん中という場所を忘
  れさせてくれる。  
                       

       
     
     ポルニックジョスリエールのドルメン
       Pornic/Dolmen de Joselière

                 
5 Loire-Atlantique
          
   ロワール川の最下流南岸
  一帯の中心都市で、ナント
  
(Nantes) の西45キロ、
  大西洋に面したリゾート地
  でもある。
   三つある遺跡は全て海岸
  線に沿っており、町の東側
  に在る最も有名なドルメン
  を訪ねた。海辺の崖地に沿
  った遊歩道を暫く歩く。
   壮大なケルン状の塚が在
  り、板状の石が積まれた壁
  の中に、堅固な支石が壁状
  に立てられ、上部に重量感
  に満ちた巨石が載せられて
  いる。写真は通路式部分の
  入口だが、従来は土を被っ
  た円墳状だったのだろうと
  思う。
                               

    
     
     メドレアックランプーイの列石
       Médréac/Alignements de Lampouy              

                     
1 Ille-et-Vilaine
       
   ディナン Dinan の南、モント
  バン
Montauban に近い丘陵地帯
  で、幾つかのメンヒル遺跡が集中
  している。
   ここは壮大な農場で、牛の放牧
  や小麦の栽培が行われている。
   
Le Clos du Rocher, La Grande 
   Épinée
などといった列石も在る
  が、写真の
Les Longs Points
  呼ばれる列石が最も豪快で造形的
  であった。
   石は巨石が漫然と並べられたの
  ではなく、大きな石と小さい石、
  細長い石と太い石などの対比が作
  り出す妙味が、明らかに考慮され
  ているのである。
   このことは誠に驚きであり、何
  を意図したかは不明ながら、或い
  は直裁に造形美を求めたのではな
  いにせよ、ある美的な感覚が働い
  ていたことは間違いない。
   古代人の造形が何らかの“絶対
  的なるモノ”に近付く作業だった
  とすれば、それを美しいと感じる
  感覚が遺伝子となって今日に伝え
  られたのだろうか。  
    

   
     
     トルッセ妖精の岩のドルメン
       Tressé/Allée couverte de la Roche aux Fées

                     1 Ille-et-Vilaine  

       
   
   こんなに美しい森が他にあるだ
  ろうか、とすら思える程の瑞々し
  い新緑で、ドルメンの石までが緑
  に染まってしまっているかのよう
  に見えた。
   ディナンの東
15Kmに広がる
  メスニル
Mesnil という名の森 
  で、妖精が住んでいるという話を
  信じてみたくなってしまいそうな
  雰囲気が漂っていた。
   
Allée couverte と呼ばれる
  屋根付通路式のドルメンで、内部
  には幾つかの部屋が縦に連なり、
  天井には分厚い巨石が数個載って
  いる。
   この形式は明らかに墳墓に通じ
  る羨道をイメージさせるのだが、
  実際に墳墓として建造された形跡
  は無い。
   つまり大半のドルメンの最奥の
  祭室とされる部分には、ほとんど
  の場合埋葬の痕跡は無いのである。  
         単体のドルメンが数個繋がったようにも見え、連続する部屋なのか通路なの
        か、ブルターニュにはこの形式が多く、全く謎の様式としか言いようがない。
        墳墓でないとすると、一体何なのだろうか。
                    

   
     
     ドル・ド・ブルターニュシャン・ドレンのメンヒル
       Dol-de-Bretagne/Menhir du Champ Dolent

                     
1 Ille-et-Vilaine   
       
   モンサン・ミシェルに近いドル Dol の町か
  ら、南へ数キロ行った畑の中にこのメンヒルが
  どっしりと立っている。高さが9mあるので、
  かなり離れた場所からでもその存在を容易に確
  認出来る。
   メンヒルとしては並外れた高さであることを
  表現したいがために、家人に立って貰った写真
  を載せた。家庭アルバムからの抜粋を、御容赦
  願いたい。
   
   古代の人々がいかなる情念を抱き、いかなる
  方法でこの巨石メンヒルを立てたのだろう。古
  代巨石遺跡の前では、この疑念は永遠の謎にな
  ってしまいそうなのだが、天体観測のためなど
  といった陳腐な発想は聞きたくもない。
   そんなことのためなら、何もこれほどまでの
  巨石を用いる必要はなかっただろう。
   巨石であることに深い意味があったのか、或
  いは石を立てるという純粋な行為そのものに意
  義があったのか。いずれにせよ、古代の人々の
  宗教的な行為としての祭祀、或いは祭事であっ
  たのだろう。見えざる大きな力との交信であっ
  たり、崇敬の念の表現であったのかもしれない。
   後世には、世界中いたるところで墓碑として
  石を立てる、という風習が生まれる。石の持つ
  神秘的な永遠性や、立っていることで示される
  存在感や美しさ、が人々をひきつけたのだろう。
     

       
    
     ペン・ポンケルン“ヴィヴィアンヌの家”
       Paimpont/Cairn de l'Hotié de Viviane

                    
1 Ille-et-Vilaine    

            
     モルビアンとの県境に近
  い村で、深い森に囲まれた
  閑静な集落である。
   ペンポンの森の最西端に
  この遺構が残っている。案
  内の標識は完備していた。
   崩落した小さなドルメン
  の遺構で、屋根石は失われ
  ており、本来は土を被った
  状態だったのだろうか。
   現地にはケルン
(Cairn)
  と表記されていたが、形状
  からは
Tumulus の方が
  良いのではないだろうか。
   こうした石組を見ると、
  どうしても日本庭園の石組
  を連想してしまう。その立
  石感覚に、とても似通った
  美的感性が感じられてなら
  ないのである。
                                                              

    
     
     サン・ジュストレアルのドルメン
       St-Just/Allée couverte du Tréal

                     
1 Ille-et-Vilaine  
       
   サン・ジュス地区はレンヌ
  
Rennes とルドン Redon
  の中間に位置しており、古代
  巨石遺跡の集中する広大な歴
  史地区である。
   数多くのドルメンやメンヒ
  ル、ケルンや列石が点在して
  いるのだ。それぞれの遺跡と
  しての質の高さも、特記され
  ねばならないだろう。
   私たちはサン・ジュスの教
  会に駐車し、そこから広範囲
  に広がる遺跡群を一筆書きに
  歩く作戦を立てた。

   最初に町からは最も遠いこ
  のドルメンへ向かって、草原
  や小麦畑を抜けて歩いた。爽
  やかで好奇心に満ちた、素晴
  らしいウォーキングだった。
   小高い丘の上の森の中で見
  つけたこのドルメンの迫力を、
        どうお話すれば良いのか見当もつかない。
         苔むした扁平な石の示す緊迫感、積み重ねられた巨石の重量感、そしてドル
        メン全体から湧き上がるような造形の示す圧倒的な迫力。
         私も家人も共に、完全に地べたにへたり込んでしまっていたのである。
                   

   
     
     サン・ジュスフール・サラザンのドルメン
       St-Just/Allée couverte du Four-Sarrazin

                     1 Ille-et-Vilaine   

       
   前述したトレアルのドルメン
  から、牧草地や耕地の畔をしば
  らく歩いて行くと、小高い丘陵
  に出る。
   見晴らしの良い高台部分に、
  この通路式のドルメンが突然現
  われる。
   石の質が片岩系であるために、
  扁平で鋭く尖っているものが多
  い。そのために、組まれた石の
  印象がまことに戦慄的であり、
  鋭い造形感覚の存在を信じたく
  なってしまうのである。
   青銅器時代の古代人にとって
  は、あくまで宗教的な意図しか
  無かったのだろうが、もしかし
  て、美しいモノを創造すること
  が絶対的なものへ近づける手段
  の一つであった、ということは
  無かったのだろうか。
   サン・ジュスのドルメンは、
  そういう可能性を信じてみたく
  なるほど美しいし、また現代の
  感性にも近いモニュメンタルな
  造形性に満ちている。
     

   
     
     サン・ジュスクロア・サン・ピエールのドルメン群
        St-Just/Dolmens Croix St-Pierre

                     1 Ille-et-Vilaine   

       
   更に丘陵を町の方向へ向かっ
  て歩いていくと、潅木に囲まれ
  た草原の真ん中に数基のドルメ
  ンが集中的に構築されている。
   その中で一際目を引いたのが、
  このケルンを囲むようにして並
  んでいる立石群だった。石の高
  さは2m弱のものが多く、石質
  は前述のドルメンと同じものら
  しい。
   案内板にはドルメンと記され
  ているが、この部分に限っては
  立石群と呼ぶほうが正しいかも
  しれない。
   それにしても、この遺跡は、
  日本庭園の石組のイメージその
  ものではないだろうか。
   それも特に、造園界の鬼才と
  言われた、重森三玲の立てた石
  組のイメージにかなり近い。師
  が故郷の神社で親しんだ磐座や、
  大湯などの環状列石に日本庭園
  の源流を見ていたのは事実だ。
         立石の持つ神秘性や造形的な力強さに対する感性が、時空を超えて、近代芸術
        にまで継承されていることに驚嘆せざるをえない。
               

    
     
     サン・ジュスムーランの列石
       St-Just/Alignements du Moulin

                     1 Ille-et-Vilaine   

       
   クロア・サン・ピエールのド
  ルメンから更に、丘陵の尾根を
  サン・ジュスの町へ向かって歩
  く。なだらかな起伏の草原なの
  で歩きやすく、途中潅木の間に
  小さなドルメンやケルンが点在
  する広大な古代の遺跡の中心で
  ある。
   この列石は付近に風車小屋が
  あるのでこう呼ばれているのだ
  が、今までに見たことの無い不
  思議なものだった。
   石の質や形や大きさに統一感
  が丸で無いのだが、異質なもの
  同士が奏でるハーモニーにも似
  て、かえってとても創造的なモ
  ニュメントに見えるのである。
   古代の人々が、この妙な巨石
  の列に、どのような意志を込め
  て立てたのであろうか。均質で
  ないことに、むしろ何らかのメ
  ッセージが込められているとで
  もいうのだろうか。    
     

     
      
     エッセロシュ・オウ・フェーのドルメン
       Essé/Allée couverte de la Roche aux Fées

                1 Ille-et-Vilaine   

          
   このドルメンと対面した時
  の衝撃を、どのように表現し
  てよいか判らない。予想だに
  しなかった程の圧倒的な石の
  量感が、感動を通り越して戦
  慄的ですらあった。
   高さは3m以上、長さは1
  枚の写真では写せない。画面
  の写真には、全体の半分しか
  写っていない。
   ロワールに住む“ドルメン
  博士”と異名をとるフランス
  人の知人が、これぞ一押しと
  紹介してくれた、ドルメン教
  の別格大本山である。
   内部には五つの部屋らしき
  区分が設けられており、あた
  かも住居らしき設計であり、
  絶対的な“何か”が住む場所
  としての象徴なのだと感じた。
   レンヌ
Rennes の南20
  キロ
、壮大な原野の中に突如
  現れる。
     

  
  このページTOPへ 次のページ (Europe)  前のページ (Bretagne WN) 

     石造美術TOPへ  日本庭園TOPへ ロマネスクTOPへ

  古代巨石文明TOPへ  世界の建築  総合TOPへ 掲示板へ