ブルターニュ(北西)
        の古代巨石文化
    Mégalithique Civilisation
     de Bretagne nord-ouest
 
 
       

       
Dolmen de Pors-Poulhan 
           
(Plouhinec
/Finistère) 
 
     ドルメン、メンヒルという言葉の語源は、この地の
    古語ブルトン語にあるという。石のテーブル、石の柱
    を意味するという。
     新石器時代から青銅器時代、つまり紀元前50~5
    世紀にわたって築造された巨石遺跡である。
     ドルメンは古代の墓所というのが一般的な定説なの
    だが、私は、“絶対なるものの降臨する場”であった
    と考えている。
     組まれたり立てたりした石が示す神々しいまでの聖
    性や神秘な美しさを、古代の人々が知っていたことに
    驚かざるを得ない。
 
 
       

         ■
ブルターニュ北西部

             3 Finistère
             2 Côte-du-Nord
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     モエラン・シュル・メール
       ケルグスタンスのドルメン

     Moëlan-sur-Mer/
      Allée couverte
de Kergoustance
 
 
               
3 Finistère
       
       
 
     ドルメンというものは通常三石か四石で屋根石 (キ
    ャップ・ストーン) を支えるものだが、これが幾つか
    繋がったような細長いものがある。
     ブルターニュに多く、この様式のドルメンは、屋根
    付通路
Allée Couverte と呼ばれている。
      墳墓というよりも、イメージは聖道といった方が正
    しいように感じた。

     カンペールの東南、州境に近いモエランの町を西側
    に出たあたりの、地方道に沿った麦畑の向こう側に巨
    石の集団が見えた。
     支石の一部が崩れかかっているが、四石の巨大なキ
    ャップ・ストーンをやや尖った石で支えている構造は
    危なげでありながら或る美しさを秘めた鮮烈な印象を
    受ける。
     石に囲まれた通路は、一体何を目的として構築され
    たのだろうか。
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     ケランドレジュ
        ケルコルドネールのドルメン

       Kerandrège/
     Allée couverte
de Kercordonner
 
 
               
3 Finistère
       
      
 
     モエランの町から西南に3キロほど走った辺りに、
    この小さな集落がある。その南の外れの麦畑の中にこ
    のドルメンがあり、案内板には“ケルコルドネールの
    古代遺跡”と書かれていた。
     キャップ・ストーンは三石だが分厚い巨石もあり、
    なかなかの迫力を示している。支石群も堂々としてい
    るが、やや丸味がかった石が多く、全体的には優しい
    感じがする。
     ドルメンの通路入口正面から少し離れた位置に、写
    真のように一基のメンヒルが立っている。
     この位置関係には重大な意味が含まれていそうな気
    がするが、結局は何やらミステリアスなメッセージが
    予感されるだけだった。   
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     ケルムールビアンドルメン
       Kermeur-Bihan/
     Allée couverte de parc Biourac'h
 
 
               
3 Finistère
       
       
 
     モエランの町から西へ向かい、ベロン Belon 川に
    突き当たる辺りにこの小さな集落がある。地図には全
    く載っていないので、何回か人に聞きながらようやく
    たどり着いた。
     集落で尋ねると、ドルメンへは更に15分ほど林の
    中を歩かねばならないという。
     林を抜けた辺りの広々とした草原の奥に、この圧倒
    的な巨石を連ねたドルメンの姿が見えた。
     長さが16mもある豪快なドルメンで、キャップ・
    ストーンは現在は6石だが、本来は9石はあったもの
    と思われるほどの規模である。
     石が崩れている箇所が多く、内部の通路をのぞく事
    が出来なかった。
     雑草が生い茂り、苔むして荒れ果てた風情にも捨て
    がたいものがある。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     トルシュ島ドルメン
      Île de la Torch/Dolmen 
 
               
3 Finistère
       
       
 
     カンペール Quimper の西に突き出たラズ岬から南
    へ延びる海岸線には、絵のような白砂の浜がサン・ゲ
    ノレ
St-Guénolé の町まで続いている。
     この島は町の少し手前にあって、江ノ島のように現
    在は歩いて渡れるようになっている。
     波濤打ち寄せる島の先端の崖の上に、写真のような
    ドルメンが残されている。
     このドルメンが珍しいのは、仕切られた部屋と廊下
    のようなものが付帯していることだろう。

     
Dolmen à chambre compartimentée と、現地の
    案内板に記されていた。コンパートメント部屋のドル
    メンという説明だ。
     屋根を覆うキャップ・ストーンは一つしか残ってい
    ないのだが、どこまでが覆われていたのかを想像する
    のは難しい。   
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     ポル・プーランドルメン
       Pors-Poulhan/
        Dolmen (Allée couverte)
 
 
               
3 Finistère
       
       
 
     先述の白浜海岸を北上して行くと、オーディエルヌ
    
の町の手前にこの瀟洒な住宅の並ぶ集落がある。
     町の中心の高台部分に広い牧草地のような空き地が
    あり、そこにこの何とも豪壮なドルメンが保存されて
    いた。
     二つのドルメンが並んでいるように見えるが、中央
    部分が失われたものだろう。全部が繋がった姿を想像
    すると、さぞや壮観であっただろうと思える。
     キャップ・ストーンは扁平で壮大であり、支石群も
    また扁平で鋭い美意識の感じられる立石ばかりだ。
     ドルメンとは屋根の巨石を支えること、そのことに
    格別の意味があったのだろう、と思えるような構造体
    である。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
      プーラン・シュル・メール
             
レスコニルのドルメン
       Poullan-sur-Mer/
        Allée couverte
de Lesconil
 
               
3 Finistère
       
       
 
     ドゥアルヌネ Douarnenez の西にある町で、ドル
    メンはその中間の林の中にある。
     写真で見る通り、最大の特徴は二枚の板石を立てか
    けて尖頭状のアーチ
Arc-Boutée を組むことで、通
    路を構築していることであろう。
     他には限られた類例しか存在しない、まことに貴重
    な遺構である。
     先端の尖った板石が使用されているので、やや荒々
    しい印象を受ける。
     しかし、周辺の石組も含めた全体像は、まるで現代
    アートの作品を見るようだった。
     モニュメンタルな美しさを備えた、五千年も昔の石
    組の集団を前にして、ひたすら感嘆するしか方法は無
    かった。  
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     ケリネックケリネックのドルメン
       Kérinec/
      Dolmen de Chapelle de Kérinec
 
 
               
3 Finistère
       
      
 
     前記ドルメンの南3キロにケリネックの聖母礼拝堂
    が在り、近くの森の中にこのドルメンが眠っている。
     支石は数石見られるが、よく見ると天蓋石を支えて
    いるのは三石であることに気が付く。ドルメンの原点
    と言えるかもしれない。
     重量感溢れる天蓋石、それを支える石組、そしてそ
    こに構成される洞内空間。いずれのドルメンにも共通
    しているのだが、この造立に膨大なエネルギーを注い
    だ古代の人々の意図は、果たして墳墓のためなのか、
    あるいは聖霊が降臨する祭祀の場だったのだろうか。
     同じ森の中に、高さ3mのメンヒルもあった。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     ブセック・カップ・シザン
        
ケルバラネックのドルメン
      Beuzac-Cap-Sizun/
      Allée couverte de Kerbalannec
 
 
               
3 Finistère
       
     
 
     ラー岬 Pointe du Raz のある Cap Sizun シザン半
    島の中ほど、北海岸沿いに在る村である。
     村から4キロ程東へ行き、そこから海岸方面へ向か
    うと農場へ突き当る。さらに北へ歩くと、この壮絶な
    ドルメン
Allée couverte が見える。
     割と武骨な天蓋石が5枚連なっており、思わず唾を
    飲み込ませる様なかなりの迫力である。
     内部は部屋が繋がったような通路状に構築されてお
    り、単体のドルメンとは異なった長さが謎である。部
    屋ではなく、なぜ通路なのだろうか。
     根源的な疑問に、深まる思いは尽きない。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     ブセック・カップ・シザン
           
リュゲネのメンヒル
       Beuzec-Cap-Sizun/
          Menhir de Luguenez
 
 
               
3 Finistère
       
     
 
     村の西2キロ地点から、北の海岸方向を目指す。
    農家を回り込んで、トウモロコシ畑の畦道を歩く。
    対岸の岬
Cap de la Chèvr) が霞んで見える。
     生垣の向こうに立つメンヒルの先端が見えたので
    畑の中へと入らせていただく。
     3m弱の高さの立石で、細長く丸みを帯びた優し
    いメンヒルだった。
     一体、このブルターニュには何基のメンヒルが立
    っているのだろうか。立てることにどういう意義が
    あったのだろうか。この世の見えざる大きな存在に
    対する畏敬、崇敬、の念の発露なのだろうか。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     カマレ・シュル・メール
         ラガチャーの列石

       Camaret-sur-Mer/
        Alignements de Lagatjar
 
 
               
3 Finistère
       
     
 
     ブルターニュの西側に突き出た半島の一つに、クロゾ
    ン
Crozon 半島がある。この先端の町がカマレなのだ
    が、このリゾートのような美しい町の外れに、かくも壮
    烈な列石群が在るとは想像もつかなかった。
     カルナックには及ばないまでも、東西・南北各方向に
    1~3mの高さの石が、数百mの長さで数列並んでいる
    光景は戦慄的だった。
     列石の不思議さは、実際に見てみないと判らない。見
    れば見る程不思議に思えてくるから不思議なのである。
     方向に意味があるとしても、規模が壮大過ぎる。それ
    とも、石を並べる行為そのものが重要なのだろうか。
     半島の先端ペニル岬
Pointe de Pen-Hir まで近い。 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     クロゾンロストゥデルのドルメン
      Crozon/Dolmen de Rostudel
 
               
3 Finistère
       
      
 
     この町が中心のクロゾン半島には、巨石遺跡が密集
    している。
     シェーブル岬への道の途中に在る遺跡で、夏は生い
    茂る草木をかき分けてしばらく歩く。
     テーブル状の愛らしいドルメンで、西北部編に掲載
    したサン・ナザール
St-Nazaire のドルメンを想起さ
    せる。あちらはかなり改造されたものと解釈したが、
    かくも辺鄙な場所で見ると、この単純な構造は当初か
    らのもの、という気もしてくる。
     かなりの省略形のようだが、石を組むという行為そ
    のものに意味合いがあったのかもしれないと感じてい
    た。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
    クロゾンロマルコのメンヒル列石
       Crozon/
     File de Menhirs de Lostmarch
 
 
               
3 Finistère
       
      
 
     クロゾンの町の西南7キロに在る岬の集落で、断崖
    に囲まれた小さな半島の付け根部分に、大小の立石が
    繋がった遺跡があった。
     写真はその内最大のメンヒルで、高さは4m弱であ
    る。干潮の桃色海岸を背景にした絶景の地であった。
     他の石は比較的小粒のものが多く並んでいて、同じ
    列石でも
File であって Alignements とは区別さ
    れているようだ。
     スコットランドなどにも共通するのだが、メンヒル
    が海辺の断崖の上に立てられたケースはとても多い。
    先人は、ドラマチックでスリリングに開けた場面に、
    一体何を望んだのだろうか。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
    サン・ニックムヌ・リエのドルメン
      St-Nic/Dolmen de Menez-Lié 
 
               
3 Finistère
       
      
 
     クロゾン半島の付け根部分、南海岸近くに在る寒村
    である。村の中心から東へ2キロ程斜面を登った畑地
    の向こうに、このドルメンの上部がチラっと見える。
     分厚い天蓋石を支えているのは、割と華奢な石なの
    だが、この危うさみたいな緊迫感がドルメンの魅力と
    言っても良いだろう。
     内部の空間には、どっしりと安定している構造より
    も、より聖なるものが感じられなくもない。単なる思
    い入れだろう、と同行の家内と笑い合った。
     道無き畑の畦道を歩かねばならない。
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     プルーアルゼケルロアのメンヒル
       Plouarzel/Menhir de Kerloas
 
               
3 Finistère
       
           
 
     ブレスト Brest の西の町サン・ルナン St-Renan
    のさらに西の外れ、麦畑の遥か向こうに、天に向かっ
    て屹立する勇壮なメンヒルが見られる。
     道沿いの駐車場に車を停め、麦畑の間を歩いて行く
    ことが出来る。
     近付くにつれて、立石の表情が変化する。高さは9
    mちょっとあるが、扁平な石なので正面から見ると細
    長い洗濯板みたいに見える。だが、写真のように、真
    横から見ると、鋭利な刃物のように先端が尖った鮮烈
    な印象に変貌する。
     英国のストーン・サークルやブルターニュのメンヒ
    ルの多くに、扁平な片岩系の石が用いられている。日
    本でも、庭園や板碑などの素材として重用されてきた
    魅力的な石である。
     ここのメンヒルは片岩ではないが、扁平な石が選ば
    れたことは間違いない。とすれば、見る方向によって
    全く異なった様相を見せる石の神秘性を、古代の人々
    も注視していたのだろうか。
     こんな巨石をどうやって運搬し、どういう方法で構
    築したのかは想像の域を出ない。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     ポルスポデール
        サン・ドネックのメンヒル

      Porspoder/Menhirs de St-Denec 
 
               
3 Finistère
       
           
 
     ブルターニュの西端の海岸線に位置するこの町の周
    辺は、ドルメンやメンヒルの密集する古代の一大祭祀
    場であった可能性がある。
     林に囲まれた広大な畑地の中に、この印象的なメン
    ヒルが二基立っていた。耕された畑には、春まきの作
    物の芽が出ていた。
     写真では二基の石が近く見えるが、実際は10mく
    らい離れて立っている。
     二基の石の微妙な傾斜の具合が、何ともたまらない
    魅力である。日本庭園の石組や、生け花のバランス感
    覚にも通じる美しさだろうと思う。
     こんな微妙な美意識が古代の巨石文化の中に存在し
    た、などと言う気は毛頭無い。全く次元の異なった、
    別の目的や意識で立てられたに相違ないからで
    ある。しかし、それにしても美しい石組だ、と思えて
    ならない。
     二基の石が重なり合う方角から見ると、そういうこ
    とが言えるのだが、正面から見ると二基の石が門のよ
    うな格好で立っていることに気がついた。
     天体の動きとの関連を唱える説を否定することは出
    来ないし、絶対なるモノが入ってくるための門、或い
    は結界という考えも面白い。もっとも、色々と考えら
    れるところが最も面白い、ともいえる。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
      ポルスポデール
          
ケリヴォレットのドルメン
     Porspoder/Dolmen de Kerivoret
 
               
3 Finistère
       
       
 
     前述のメンヒルからそれほど遠くない場所に在る大
    きな農場の一画に、羊の群れる緑濃い牧草地がある。
    そこに一基のメンヒルが立っており、その向こうに写
    真のドルメンがどっしりと座っていた。
     五基の立石が方形に組まれ、一方が入口のように開
    かれている。
     そして、その上に巨大なキャップ・ストーンが載っ
    ていた。メンヒルに使われるような、巨大で扁平な石
    である。その重量感を支える為の構造が示す石組が、
    地面から突き出したキノコのような存在感がある。
     この形式は五石で支える単純なドルメンだが、安定
    感もあり重厚な構築物となっている。
     定説となっている墳墓のようにも見えるし、神々の
    降臨する場所としても相応しいように思える。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     ポルスポデール
           
プーイヨットのドルメン
      Porspoder/Dolmen de Poulliot 
 
               
3 Finistère
       
       
 
     古代遺跡群の中では最も南に位置しており、やはり
    広大な畑の最奥に立っている比較的小さいドルメンが
    見える。
     道の路肩に車を停め、畑の畦道を作物の芽を踏まぬ
    ように注意しながら歩いて近付いた。
     ドルメンは三石でコの字型に支えた最も単純な構造
    で、見るからにすっきりとした姿である。
     正面から見ると、鳥居のようにも見えるし、また何
    かを祭った祠のようにも見える。
     単純だが構築された空間は囲われていることに意味
    があるのであり、神聖な部屋、或いは祭祀の場所とし
    て造られたものだろう。
     小さいとは言っても、天井の高さは2m弱ある。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
    ポルトサルギイギュイのドルメン
      Portsall/
       Allée couverte
de la Guilliguy
 
 
               
3 Finistère
       
       
 
     ブレストの北西の海岸に、小さな港のあるこの町があ
    る。干潮時には堤防の中が干潟になってしまうような港
    で、零細な漁船と個人のヨット等どが繋留されている。
     港に突き出した岬の高台は急峻な崖地で、その頂上に
    ドルメンが在るという。
     背後の草原を横切って高台への坂道を登って行くと、
    背の高い十字架が立っており、その少し手前に写真のド
    ルメンが保存されていた。
     細長い通路状の空間があり、現在は屋根石が一個だが
    従来は数個はあったものかと思われる。
     支石に扁平で尖った石が多いので、全体のたたずまい
    からは鮮烈な印象を受ける。
     写真手前に写っている平石は、かつては屋根石として
    支石の上に載っていた石のようだ。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
      コッマナムーゴウのドルメン
        Commana/
        Allée couverte
de Mougau
 
               
3 Finistère
       
       
 
     ブレストの東50Km、アレー山塊の麓の町である。
     町の教会でカルヴェール彫刻を見た後、町外れにあ
    るこのドルメンを訪ねた。
     果樹園に隣接した牧草地の中で、黒っぽい色の石の
    集団が小雨に煙って凄絶な光景に見えた。
     良く見ると見事な通路式ドルメンで、しっかりと腰
    の座った支石の上に五石の屋根石が載っている。
     この形式のドルメンは、どう見ても墳墓だとは思え
    ない。手前に入口が有り、突き当たりは祭室のような
    部屋に見えるが、中間はトンネル状の通路になってい
    る。
     この他に、南東部に在る
St-Just Essé のドル
    メンを見れば、通路を出来るだけ長くする工夫が成さ
    れている様に思える。長いこと、にどういう意義があ
    ったのだろうか
。 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     プルエガット・モイザン
           ケルルーのメンヒル

       Plouégat-Moysan/
           Menhir de Kerellou
 
 
               
3 Finistère
       
          
 
     モルレーの東、フィニステール県の最東端、自動車
    道路
N12 のインターのある村だが、人口数百の辺
    鄙な集落だった。
     インターから地方道
D42 を南へ2キロ程行った右
    手の牧草地の奥に、写真のメンヒルがすっくと立って
    いた。

     余り好きではないのだが、古代の巨石にはニックネ
    ームが付いている。“観音岩”とか“獅子岩”といっ
    た類で、観光名所の代名詞のようなものだが、このメ
    ンヒルには“お婆さんの糸巻”という別名がついてい
    るそうだ。

     高さが6mもある巨大なメンヒルで、ブルターニュ
    でも屈指の存在と言えるだろう。
     写真は斜め左から撮ったものだが、真横から見ると
    もっと扁平になっており、パイ皮のような片岩のこう
    した特性を、古代人は意図的に利用していたように思
    える。
     詳しく調べた訳ではないので明確には言えないが、
    この周辺の地形を見ても畑地や牧草地の続く高原で、
    岩山らしきものは全く見当たらない。石は遠方から、
    選別して運んできたものかと思われる。
     しかし、この一帯
Côtes d'Armor にはメンヒルが
    東西に十数基も分布している事から、古代には石の産
    出場所が比較的近い場所に存在したのかもしれない。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     ベリアン
       ケランプールヴェンのメンヒル

     Berrien/Menhir de Kerampeulven 
 
               
3 Finistère
       
         
 
     モルレーから南へ25キロ行った地点、アレー山地
    
の中心部にある小さな村である。前述のケルルーのメ
    ンヒルからは、県道
D42 で直接行く事が出来る。

     メンヒルは、村から分岐する
D14 でユエルゴア
    面へ3キロ行った場所にある公園のような広場の奥に
    立っている。

     写真からは想像つかないが、高さが6mもある巨石
    である。石の近くに立って見上げると、その迫力は格
    別だった。
     メンヒルには二通りあるように思える。もちろん、
    使用された石質に大きく左右されるのだが、このメン
    ヒルのように全体のヴォリューム感を表したものと、
    見る角度によって変質する片岩のような板石を用いて
    スリリングな緊迫感を示したもの、とである。

     ユエルゴア周辺にはメンヒルの遺跡が数多く集中し
    ており、もっと多くの遺跡を訪ねたかったのだが、時
    間や予定の関係で果たせなかった。
     それにしてもこれ程の巨石の多くを、4~5千年も
    前(青銅器時代)の古代人が、何処からどうやって運
    び出したのだろうか。全ての巨石遺跡に共通する謎だ
    が、ここでもしみじみと感じてしまった。
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     サン・ゴアゼック
        カステル・ルッフェルのドルメン

     St-Goazec/Dolmen de Castel-Ruphel 
 
               
3 Finistère
       
       
 
     ユエルゴアの更に南、オーヌ川 Aulne の南岸に在
    る町である。町の南に丘陵
Montagnes Noires が横
    たわっており、一帯には巨石遺跡が集中している。
     丘陵の中ほどに石切り場が在り、その近くにこの不
    思議なドルメンがある。
     板石を斜めに組み、三角状のアーチ通路を構築して
    いる。前掲のプーラン・シュル・メールのドルメンに
    類似しているが、他に数例しか見たことがない。
     ユニークだが、緊迫感に満ちた素晴らしい造形で、
    丸で現代アートのようだ。
     一連の石は、この丘陵から切り出されたものかもし
    れない。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     グールヴァン
        クレアック・ガイックのドルメン

        Goulven/
      Allée couverte
de Créacq-Gallic
 
 
               
3 Finistère
       
       
 
     ブレストから北東に進み、北の海岸線に出た辺りに
    この小さな町が在る。干満の差の大きい砂浜や干潟が
    続いている。
     町の南東1
キロほどの田園地帯、牧草地の中にこの
    ドルメンが在る。
     支石が一列に数基並んでいるのだが、屋根石は一つ
    だけしか載っていない。
     倒石も多く、元は通路式のドルメンであったと想像
    される。かなり改修されているのかも知れないが、立
    っている石の表情に古代の風情が感じられて嬉しかっ
    た。
     屋根石の載った部分は五支石で、通路の最奥部が残
    っているのだ。
     写真の一番手前の石は扁平な巨石で、おそらくは屋
    根石だったものだろう。
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
    ポル・ムールギニルヴィのドルメン
     Porz-Meur/ Dolmen de Guinirvit 
 
               
3 Finistère
       
       
 
     先述のグールヴァンから、海岸沿いに東へ18キロ
    走る。プルエスカ
Plouescat の手前の湾に突き出し
    た岬付近に、この小さな別荘地の集落が在る。
     ドルメンはここに在るのだが、これほどまでに風変
    わりな場所に在る巨石遺跡は見たことが無い。写真の
    ように、浜辺の、それも砂浜の波打ち際に造られてい
    るのである。
     満潮時には冠水するらしく、岩肌にびっしりと青海
    苔が付着している。
     ストーン・サークルのようにも見えるが、中央部分
    は屋根石の落ちた通路式ドルメンの一部だろう。
     こんな場所に構築されたドルメンが、今日まで保存
    されてきたことだけでも奇跡に近い。
     青く澄んだ海と輝く白砂が清冽な印象だが、このド
    ルメンの周辺だけが格別なオーラを放っているように
    感じられた。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
    プルエスカカム・ルイスのメンヒル
     Plouescat/Menhir de Cam-Louis    
 
               
3 Finistère
       
          
 
     モルレー Morlaix の北西、大西洋岸の静かな町で
    ある。古代巨石遺跡の町で、町のテリトリー内には前
    述のドルメン
含め、主だった遺構だけでも5基のメン
    ヒルと2基のドルメンが数えられるのである。その内
    の印象に残った3基のメンヒルを御紹介する。

     ここでは最も著名なメンヒルで、町の北端の岬の先
    端に立っている。突き当りの集落サン・テダン
に車を
    止め、奇妙な形の岩の間を抜けて歩いて行く。カム・
    ルイスという入り江
Anse de Cam-Louis 辺りで、
    メンヒルの先端が次第に見えてくる。
     
Cam-Louis というのは愛称で、正式には Menhir
      de
Kergoarat-St-Éden という集落の名を付けて呼
    んでいる。

     高さが7mもある堂々たる立石で、石の形状は断面
    が菱形に近い四角錘だろう。
     ここでも、海辺の高台に在って、開けた海に向かっ
    て立っている。
     メンヒルの周囲に大小の倒石が見られたが、サーク
    ル状にメンヒルを囲んでいるように見えた。英仏海峡
    を挟んだ英国の、コーンウォール地方に分布するスト
    ーン・サークルを思い出していた。サークルの中心に
    石を立てているのである。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
    プルエスカクアナンドルのメンヒル
     Plouescat/Menhir de Couinandre 
 
               
3 Finistère
       
          
 
     町の東南部、国道の南側の農家の背後に小高い茂み
    があり、その一画にこのメンヒルが立っている。
     雑草が背の高さほど繁茂していたので、写真を撮る
    のに苦労した。

     高さは4m程だが下から見上げる格好になるので、
    高さ以上に天を衝くイメージが強かった。
     斜面に立っているので、いろいろな角度から眺める
    ことが難しかったのだが、どうやら扁平な石ではなさ
    そうだった。この海岸線一帯では、片岩は産出しなか
    ったのだろう。

     それにしても、こんな名も無き石くれを古代人が建
    造して以来、4千年近くもこの場所に立ち続けて来た
    のかと思うと、人間たかだか百年の命、大切に使わね
    ばといつになく神妙になっていた。石の持つ神秘性、
    絶対性、永遠性の功徳といったところなのだろうか。

     ここから直ぐの別の農家の裏山に、どう読めば良い
    のか判らない名前の通路式ドルメンがあるが、かなり
    地中に埋まってしまっていた。
 
     
Allée couverte de Créac'h-ar-Vrenn という。
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
    プルエスカイルヴィのメンヒル
      Plouescat/Menhir de Irvit 
 
               
3 Finistère
       
          
 
     町から北へ、海岸の町 Kerfissien に向かう地方道
    
D330 を2キロ程行くと、麦畑の中を東へと続く農道
    との交差点に出る。未舗装の地道で、分岐に案内板は
    一切無かった。車を表通りの窪地に止め、感を頼りに
    歩くこと5分で写真のメンヒルを探し当てることが出
    来た。

     麦畑を背景にして路傍に立つ姿は慄然としていた。
    と言うのは、写真でもお分かりのように、最上部にく
    びれた部分が有り、まるで長い髪の女性のように見え
    てしまったからだった。
     おまけに、その下に和服の袖のような出っ張りがあ
    るので尚更だった。
     見た途端から通俗的なイメージに支配されたのか、
    冷静にメンヒルを観察出来ずにいたのだが、角度を変
    えて眺めているうちに落ち着いてきていた。
     高さ4mのキリっとしたメンヒルで、断面は丸味を
    帯びてはいるがほぼ方形に近い。珍しく見る角度によ
    って大きく形状が変わる、という特性を持ち合わせて
    いない立石で、こういうものもあるのかと思いつつ、
    基本的には石を“立てる”という行為そのものに意義
    があったのだろうか、とまた元の根源的な疑問へと戻
    ってしまっていた。

     もう一基のメンヒル
Menhir de Kergoarat は、町
    の西側の民家の間の草地に立っていた。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     サン・ポル・ド・レオン
           ケリヴァンのドルメン

     St-Pol-de-Léon/Dolmen de Kerivin 
 
               
3 Finistère
       
       
 
     モルレーの北西20キロにある地方都市で、その南
    一帯は広大な農耕地になっている。
     このドルメン遺構は、入江からの段丘の上、葱畑の
    向こうに残されている。
     対岸はカランテック
Carantec の町である。
     二枚の天蓋石
が残っており、内部は通路になってい
    る。典型的
Allée couverte (通路式ドルメン) なの
    だが、現地の案内板には、昔は
Tumulus 土に覆われ
    た塚
だったと表記され、
Dolmen à Couloir とも呼
    ばれたそうで、この辺りの用語の定義は一定していな
    い。凡例がまことに多様なため、様々な呼ばれ方をす
    るのは致し方ないところだろう。  
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     プルエゾックバルヌネの大ケルン
       Plouézoc'h/
        Grand Cairn de Barnenez
 
 
               
3 Finistère
       
        
 
     モルレーの真北15キロに在る、ブルターニュでは
    最も著名な古代ケルン遺跡である。
     ケルンは石を積み上げて造った巨大な石塚の事で、
    横穴式の石室が11箇所設けられている。
     写真の手前に写っているのが石室の一つで、入口は
    反対側にあるのだが、現在入口は塞がれていて入るこ
    とは出来ない。石室はドルメンの構造と同じであり、
    ドルメンの上にピラミッドのように石を積み上げた構
    造になっているのである。
     それにしても、石の塊の何と言う量感だろうか。凡
    その大きさは縦20m横60mで、二つのケルンが連
    結した形になっている。
     ケルンも墳墓だとされているが、これも単純にそう
    信じるには不思議が多過ぎる。やはり神の降臨を願っ
    た祭祀の場、としか思えないのである。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
    トレドルトゥーラル・ランのメンヒル
     Trédrez/Menhir de Toul-al-Lann
 
               
2 Côtes-du-Nord
       
          
 
     ラニオンLannion から D786 号線を西南へ8キロ
    行き、ロックモー
Locquemeau 方面への十字路を
    過ぎて直ぐ右手の牧草地の中に、すっくと立つこのメ
    ンヒルが見える。
     正式な入口は無いが、立入禁止の様子も見られない
    ので、柵の脇からちょいと失礼した。

     立石の近くに寄って見上げる迫力は、遠くから眺め
    たものとは大違い。やってみなければ、絶対に感じら
    れないものである。
     このメンヒルの高さは4m、巻き尺で測ったわけで
    はないが、同行の家人を前に立たせると明確に計測出
    来る。
     石の形状はほぼ四角柱であり、眺める方向による変
    化は余り見られない。スリリングな形状を好む小生に
    とっては、やや物足りなく感じられてしまう。しかし
    反面、全体のどっしりと安定した重量感は、地面に根
    を生やしたような存在感を生んでいる。
     堂々とした見事なメンヒル、と言えるだろう。

     直ぐ近くの森の中にもう一基メンヒルが在るらしい
    のだが、駐車する場所が無かったことなどで探すのを
    断念してしまった。
     古い資料に載っていたロックモーの町のドルメンは
    
Dolmen de Roscoualc'h は、雑草に覆われ完全に崩
    壊していた。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     トレブールダン
          ラン・ケレレのドルメン

       Trébeurden/
          Dolmen de Lann-Kerellec
 
 
               
2 Côtes-du-Nord
       
      
 
     ラニオンの西、海岸に沿った景勝の地である。この
    町にも巨石遺跡が集中的に残されている。
     町の北側にドルメン通りという名の道が在り、或る
    お屋敷の庭に写真のドルメンが在った。
     夏期の別荘なのか、窓は全て閉ざされ住人は見えな
    かったが、見学のための門扉は開かれていた。
     左右に各二石、奥に一石を“コ”の字型に立て、上
    に板石を載せてある。単純なドルメンにも見えるが、
    立地条件や周辺に散在する石の断片から、通路式ドル
    メン
Allée couverte の一部が残ったもの、という見
    方も出来るだろう。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     トレブールダントエノのメンヒル
      Trébeurden/Menhir de Toenno 
 
               
2 Côtes-du-Nord
       
      
 
     町の北端にトエノという小さな漁港が在り、その海
    岸に写真のようなメンヒルが立っている。
     干満の激しい海岸らしく、満潮時には海水がここら
    まで来るのだろう。
     石は高さ2m程の愛らしいものだが中央で割れてお
    り、あたかも大小の石が密着しているように見えた。
     大した意味は無いのだが、色々見てくると、たまに
    は冗談ぽい発想も良いかということで、陳腐過ぎるが
    私たちは“夫婦岩”と名付けることにした。
     心成しか、寄り添っているように見えるから不思議
    である。美しい景色の中に立つ、心に残るメンヒルだ
    った。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     グランド島ドルメン
       Île-Grande /
        
Allée couverte de Ty-Lia
 
 
               
2 Côtes-du-Nord
       
       
 
     ラニオンの町の西北に続くバラ色海岸西端の、本土
    から少し離れた沖合いにこの島が浮かぶ。
     現在は橋が架かっているので、車で容易に渡ること
    が出来る。
     島の北側の少し荒れ果てた草むらの中で、この見事
    な通路式ドルメンがひっそりと、しかしどっしりとし
    た存在感を堂々と示していた。
     半分草に埋もれた支石はやや迫力不足だが、扁平な
    巨石が三枚屋根石として載っている姿は量感に満ちて
    いる。
     ここも典型的な通路式ドルメンの一つであり、奥深
    く通じている狭い通路はミステリー・ゾーンへの入口
    のように見える。
     古代の人々はいったい、何が入っていくことを想定
    していたのだろうか。   
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     トレブールダン
        プラジュー・メニールのドルメン

       Trébeurden/
      Allée couverte de Prajou-Menihr
 
 
               
2 Côtes-du-Nord
       
      
 
     主要道 D788 の北側、前述のグランド島へと渡る
    
D21 号の西側との一画は、ぽっかりと空いた草地に
    なっており、そこに写真の豪壮なドルメンが保存され
    ていた。
     明らかな通路式ドルメン
で、奥行きは15mある。
    華奢な支石に載る、6枚のキャップ・ストーン天蓋石
    は、薄目だが大きな板石である。
     これだけの一枚石はそう有るものではないだろう。
     古代人は何故かくなる通路を、巨石を用い汗水流し
    て構築したのだろうか。明らかに“何か”が通るため
    の廊下
Couloir なのである。 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     プルームール・ボドゥー
        ケリヴォンのドルメン

       Pleumeur-Bodou/
         Dolmen de Keryvon
 
 
               
2 Côtes-du-Nord
       
     
 
     トレガステル Trégastel 方面へ D788 を進むと、
    直ぐにケリヴォンへの分岐点となる。反対側の路傍、
    海岸側の草むらの中に、写真のような小さなドルメン
    が隠れるようにして建っている。
     三基の支石によって、巨大な屋根石を支えており、
    ドルメンの原点のような構造である。周辺の雑草を刈
    り取ったのだが、写真の状態が精一杯だった。「海外
    旅行で草むしりする奴も居まい」と言って私たちは笑
    い合った。
     崖の奥続きに石組の遺構が見えるので、ここも通路
    式ドルメンの一部が残っているのかもしれない。
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     トレガステル
       ケルグントゥイユのドルメン

       Trégastel
/
        Allée couverte de Kerguntuil
  
 
 
               
2 Côtes-du-Nord
       
       
 
     グランド島からバラ色海岸をさらに北上すると、周
    辺の島への渡し舟の出る港で知られるこの町が在る。
     町の手前の草むらに囲まれた藪の中に、やや離れて
    二つのドルメンが点在している。
     五支石のドルメンと写真の通路式ドルメンである。
     横長に支石を並べてあり、屋根石が三枚載っており
    入口は右側である。
     通路式の構造が良く判る写真なのだが、反対側は藪
    に接していて見ることが出来ない。
     この姿を見ると、通路の長く奥深いことに意味があ
    ったのだろうと思えてくる。
     屋根の高さは1.3m程で、決して壮大な規模では
    ない。しかし、構造体がほぼ完璧な形で保存されてい
    るのが素晴らしい。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
     ルノット島ティ・リアのドルメン
       Île Renote/Dolmen de Ty-Lia 
 
               
2 Côtes-du-Nord
       
     
 
     トレガステルの町の北端にこの島が浮かび、現在は
    橋で繋がっているので半島のように見える。
     島の中でドルメンを探したのだが、在ると思ってい
    た案内板は見当たらなかった。実は個人の邸宅の庭内
    に在るため、原則としては公開していないのだった。
     島の遊歩道からは、細い生垣の間を入って行き、よ
    うやく発見出来た。
     天板が一枚だけになってしまっているので、やや迫
    力に欠けるが、支石がこじんまりと整った通路式ドル
    メン
Allée couverte である。いつまでも保存して
    いただきたいものである。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
      サン・ケ・ペロス
         クレック・キレのドルメン

    St-Quay-Perros/
      Allée couverte de Crec'h-Quillé
 
               
2 Côtes-du-Nord
       
     
 
     ペロスの南8キロ、主要道 D788 から少し東へ入
    った住宅地の中に在る。
     規模の大きな通路式ドルメンで、天蓋石は写真の迫
    力のある一石だけしか残っていないが、16mもある
    通路(部屋)はとても雄大である。
     最も特徴的なのは写真の場所から左にT字型の通路
    が延びて入口を構成していることだろう。アイルラン
    ドなどで見られる通路付き墳墓
Passage Tomb に似
    ているかもしれない。
     通路に並行したケルンのような盛土も見られたが、
    用途は判らなかった。
     どんな大きさの天蓋石が載っていたのかは、想像す
    るだけでも胸が躍る。
  
 
-------------------------------------------------------------- 
      
   
      ケルボール
        メナル・ロンペのドルメン

       Kerbors/
        Dolmen de Men-al-Rompet

              2 Côtes-du-Nord   

   
       
 
      
 
     トレギエ Tréguier の北東、ジョディ川 Jaudy
    トリュー川
Trieux に挟まれた半島の中心にプルー
    ビアン
Pleubian の町が在る。
     町の西の端に在る集落で、北海岸に近い空地にこの
    遺跡が保護されている。
     長さが8mの通路が付いたドルメンで、この地特有
    のピンク色をした花崗岩が使われている。
     地元では“巨人達の石”と呼ばれているそうだ。
     やや荒廃はしているが、重量感と力強さを持った石
    が積まれていて壮観である。
     村の中心からは、案内の標識が完備している。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
    
     コアラン島 (ランモデ)
               西のドルメン

       Île Coalen (Lanmodez)/
              
Dolmen de Ouest  

              2 Côtes-du-Nord

   
       
 
       
 
     ランモデはプルービアンの東の集落で、この島へ渡
    る最短距離の場所だった。
     干満の差が激しいので、干潮時には船を使わなくと
    も、島へは歩いて渡れるとのことだった。干潮の時間
    を見計らって砂州を歩き、割と短時間でこのドルメン
    にたどり着く事が出来た。
     波に洗われたものか、かなり崩壊が進んでいる。だ
    が、明らかに通路式ドルメンの遺構のように思えた。
    前述の
Porz-Meur の浜辺のドルメンに似ている。
     天蓋石が喪失しているので想像するしかないが、打
    ち寄せる波の中に浮かぶドルメン、どんな姿だったの
    だろうか。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
    
     ロギヴィー・ド・ラ・メール
            メルのドルメン

       Logivy-de-la-Mer/
             Dolmen de Mélus
 

              2 Côtes-du-Nord

   
       
 
           
 
     トリュー川を隔てたペンポル Paimpol 側の半島の
    北西端に在る集落である。行政上の区画としては、半
    島の北側は全てプルバスラネック
Ploubazlanec
    いう町に属している。

     ロギヴィーの集落に入って直ぐに西海岸方向に向か
    うと、ドルメンへの案内板が出てくる。
     家並の最後に車を止め、畑の畦道をしばらく歩くと
    この豪壮なドルメンが見えてくる。

     花崗岩の分厚い天蓋石
が九枚も並ぶ様は、何とも壮
    観で感動的だった。
     全体の長さは15m弱位だろう。長い通路を覆った
    通路式ドルメン
であり、それぞれの天蓋石を数石づつ
    の支石が支えている。
     天蓋石にはかなり分厚い石が用いられているのに、
    ドルメン自体の高さが低く感じられるのが不思議だっ
    た。だが、それは、周囲の雑草が繁り過ぎていること
    と、ドルメン全体がやや地中に埋まっているからだっ
    た。
     通路の両端は壁石で塞がれており、内部への入口は
    南側側面の中央部分に設けられている。

     家人が写った写真を使用させて頂いたのは、ドルメ
    ンの長さや規模が分り易いのではと思ったからで、何
    卒ご容赦のほどを。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
    
    カンタンロッシュ・ロングのメンヒル
       Quintin/
        Menhir de la Roche longue
 

              2 Côtes-du-Nord

   
       
 
        
 
     サン・ブリウー St-Brieuc の南西に、カンタンと
    いう面白い名前の城下町がある。
     城の南側を南西に向かって進むと、左手に広大な牧
    場が見えてくる。
     “長い石のメンヒル”という名前の通り、背の高い
    石が牧草地の端に立っていた。7mはあると思われ、
    根元が細くなっているので不安定な感があるが、実際
    にはさらに地中深く埋まっているのだろう。
     地面から突き出たように堂々とした石は何とも魅力
    的だが、倒れないのが不思議なほど不安定に見えるこ
    のような石にも違った緊迫感がある。
     こんな巨石を、何のために手間ひまかけて立てたの
    だろうか、という疑問がここでも難題となった。立て
    た石に意味があるのか、立てるという行為そのものが
    目的であったのだろうか。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
    
     ラニスカ
      ランド・ド・リスキューのドルメン

       Laniscat/
        Dolmen de Lande de Liscuis
 

              2 Côtes-du-Nord

   
       
 
      
 
     カンタンから更に西南へと30キロ行った地点に在
    る町で、この貴重な遺跡は近年開通した国道
N164
    のバイパスの南側に在る。
     かなり山林の中を歩かねばならないが、全域に三基
    の通路式ドルメンが保存されている。
     写真はその内の一基で、片岩を立てて通路を構成し
    た上に、同じ片岩の天蓋石を載せている。天蓋石は一
    枚しか残っていないが、石の特性が独特の繊細なイメ
    ージを創出している。やや箱型に収まった単純さが気
    になるところだが、同様のドルメンがあと二基集中し
    ていることは特筆するべきだろう。
 
 
-------------------------------------------------------------- 
      
    
     フレール岬
      ドワ・ド・ガルガンチュアのメンヒル

       Cap Fréher/
       Menhir le Doigt de Gargantua
 

              2 Côtes-du-Nord

   
       
 
          
 
     サン・マロ St-Malo の北に続くエメラルド海岸の
    西端にこの岬があり、半島の東の先端にラ・ラット要
    塞
Fort la Latte がある。
     駐車場から岬の要塞へと続く遊歩道の中程に、エメ
    ラルド海岸を背にしてこのメンヒルが立っていた。
     直訳すれば“大食漢の指”という、妙な名前が付い
    ている。3m弱という高さのそれ程大きな石ではない
    が、「指」なら話は別だ。
   
     このメンヒルの特徴は、立てられた石がほぼ角柱で
    あることだろう。自然石であるはずなのだが加工され
    ているようにも見える。
     多くのメンヒルが扁平な巨石であることを思えば、
    この立石は風変わりなメンヒルであると言える。
     もう一つの特徴は、立石の根元に石組のあることで
    ある。ストーン・サークルの中心石のようでもあり、
    ヒンドゥーのリンガ石のようにも見える。
   
     遠く沖合いの英仏海峡を眺めながら、対岸の英国コ
    ーンウォールとの関連を想った。大陸を追われたケル
    ト民族が渡った海であり、現在でも共通する文化圏の
    中にある。
     しかし、それよりも遥か以前の旧石器時代から、共
    通した巨石文化が存在した事実は注視されなければな
    らない。   
 
 
-------------------------------------------------------------- 
   
      このページTOPへ  
           
     次のページ(Bretagne SE) へ 
 
     古代巨石文明TOPへ 
 
      総合TOPへ    掲示板へ