専門領域 : 声楽作品・音楽舞台作品の研究や演奏、ならびに発音・発声法研究。


洗足学園音楽大学卒業。同大学オペラ研究所、二期会オペラスタジオ修了。

卒業ならびに修了時に優秀賞を受賞。

日生劇場公演 ウェーバー作曲 『魔弾の射手』 のキリアンで、

バリトンとしてオペラ・デビュー。

幅広い声域とキャラクターを活かし、数多くの公演で研鑽を積んだ後、テノールに転向。

東京二期会公演 日本初演 R・シュトラウス作曲 『エジプトのヘレナ』 の

主役メネラス役を好演、テノールとして再デビューを飾り、

その後、『蝶々夫人』 ピンカートン、『魔弾の射手』 マックス、

『ラ・ボエーム』 ロドルフォ、『カルメン』 ドン・ホセ、『椿姫』 アルフレード等、

テノールの主要な役柄でのオペラ演唱は高い評価を得ている。

コンサート歌手としては、ベートーベン作曲 『第九』、マーラー作曲 『大地の歌』、

オルフ作曲 『カルミナ・ブラーナ』 など、数多くの独唱者も務める。

また、多くのプロ合唱団における合唱経験を活かしてコーラス・トレーナーとしても、

積極的に活動中。

それぞれの音楽活動では、チョン・ミョンフン、リッカルド・ムーティ、

ヘスス・ロペス=コボス、アントン・グァルダーニョ、秋山和慶、小澤征爾、若杉 弘、

大野和士、大友直人各氏をはじめ、国内外の数多くの指揮者と共演。

また、幼児音楽全般についても、演奏や指導、普及に取り組むなど、

幅広い音楽活動を行っている。

第27回 イタリア声楽コンコルソ入選。

第24回 ベルヴェデーレ国際声楽コンクール入選。

第6回 日本アンサンブルコンクール第一位受賞。
    優秀演奏者賞。全音楽譜出版社賞受賞。

著書 : コードで弾く幼児歌曲100曲集(カワイ出版)

声楽を近藤允弘氏に師事し、ガブリエルラ・トゥッチ、アントニエッタ・ステッラ、

フィオレンツァ・コッソット各氏の指導を受け、

舞台演技を、鈴木敬介、平尾力哉両氏から学ぶ。

現在、洗足学園音楽大学講師。同こども短期大学教授。
   東京二期会会員。横浜シティ・オペラ会員

ページの先頭へ