狭山丘陵の花

初夏

 

ヤマホトトギスとホソヒラタアブ

ヤマホトトギス (09/7/4 糀谷)

 

 

ミゾソバ

ミゾソバ(02/10/1 野山北公園)

夏から秋にかけて丘陵の湿地周辺で見られます。

チガヤ

チガヤ(03/6/2多摩湖上堰堤)

5月に咲いた花のあと、上堰堤に白い穂が一面に広がります。土手の斜面の保護のために育成されます。
(茅萱)

アメリカフウロ

アメリカフウロ(10/6/4菩提樹池)

白花のアメリカフウロ。5月の雨が降るたびに咲いて、6月にはとんがった果実と赤くなった葉先が目立ちます。
(北米からの帰化植物、全国に分布)

コヒルガオ

コヒルガオ(02/6/2六地蔵)

スイカズラ

スイカズラ(06/6/3西久保)
つたのように巻きつきながら成長する常緑の低木です。白色と黄色の花が混じって咲くので金銀花と呼ばれます。白い花が咲いて、徐々に黄色くなっていきます。
 (吸葛、別名:金銀花)

ヤエウツギ

シロバナヤエウツギ(11/6/4菩提樹池)

スイカズラと同時に咲き始める入梅の花です。八重の花が密集して咲く日本の在来種で、日向に自生します。
(白花八重空木)

ウツギ

ウツギ(12/6/6菩提樹池)

スイカズラと同じ頃に咲いて、1週間くらいで散っていきます。
(空木)(卯の花)

ノビル

ノビル(11/6/5菩提樹池)


ネギの仲間で、50cmくらいの花茎の先に6mmくらいの花を10個くらいつけます。水田雑草で、多くは花が咲く前に刈り取られますが、花が咲くのは10株に1株くらいです。夏枯れの前に球根を掘って食用にします。
(野蒜)

オヤブジラミ

オヤブジラミ(11/6/5菩提樹池)

セリ科の多年草で2mmくらいの小さな花をつけます。春のヤブジラミとはことなり、赤紫色が目立ちます。
(雄薮虱)

コモチマンネングサ

コモチマンネングサ(11/6/5菩提樹池)

雑草として花が咲く前に刈り取られますが、水田や川の水際に残された群生が梅雨とともに咲き始めます。種子を作ることができず、ムカゴで繁殖します。
(子持万年草)

オニノゲシ

オニノゲシ(11/6/6西中峰)

明治頃に入った帰化植物として全国で見られます。ノゲシ(ハルノノゲシ)と違って棘(とげ)がちくちくします。
(鬼野芥子)

(02/6/16八国山)

サイハイラン

サイハイラン(05/6/5狭山丘陵)

個々の花房の中からラン科独特ののきれいな花びらが開きます。他のランの仲間と同様に盗掘されてしまって見つからなくなってきています。
(東京都 絶滅危惧U類)

(02/6/16北山公園)

花菖蒲(02/6/16北山公園)

品種:大和姫

 

 

花菖蒲(02/6/16北山公園)

品種:竜紅葉

花菖蒲(02/6/16北山公園)

品種:浮き草の池

花菖蒲(02/6/16北山公園)

品種:五色の珠

花菖蒲(02/6/16北山公園)

品種:櫻船

ワルナスビ

ワルナスビ(02/6/16八国山)

北アメリカ原産の帰化植物。
するどいトゲが多くて要注意です。
(要注意外来生物)

ゼニアオイ

ゼニアオイ(02/6/16八国山)

(地中海原産 帰化植物)

 

 

ヤエクチナシ

ヤエクチナシ(02/6/16八国山)

園芸品種

アジサイ

アジサイ(02/6/16八国山)

(園芸用改良種)

ドクダミ

ドクダミ(02/6/8金堀沢)

フクラスズメ幼虫(02/6/8金沢堀)

テイカカズラ

テイカカズラ(11/6/12菩提樹池)

つる性の木で、大きな木に巻きつかないで覆うように育ちます。スイカズラと同じように、管理された公園や樹林では見られなくなっています。独特の良い香りがします。
(定家葛)

ヘメロカリス

ヘメロカリス(02/6/16北山公園)

キスゲ

(※今までユウスゲと掲載していましたが、園芸種のヘメロカリスの間違いでした。09/7/18)

ボダイジュ

ボダイジュ(05/6/18西久保)

花は細長い苞葉の中から垂れ下がって咲きます。6月になると咲き始めて梅雨が降るころまで咲いています。
(菩提樹)

アカメガシワ 雄花

アカメガシワ雄花(13/6/20 菩提樹池)

有用種として栽培されていたことがあるために、丘陵の各地で見ることができます。葉の基にある蜜腺にはアリが集まるので幹にはアリ道ができていることがあります。幹から樹液を吸うために虫が樹皮に傷をつけると、樹液の甘い匂いに虫が集まります。

イチヤクソウ

イチヤクソウ(11/6/22狭山丘陵)

梅雨の雨が降ると20〜30cmの茎の先に12mmくらいの花が5〜10個咲きます。盗掘で大きな群生は減っています。
(一薬草)

ノカンゾウ

ノカンゾウ(04/6/28八国山)

ママコノシリヌグイ

ママコノシリヌグイ(04/6/28八国山)

ネジバナ

ネジバナ(05/6/29岸)

右巻きと左巻きのほかに、半周巻きもあります。岸では白花のネジバナも見つかります。
(捩花)

オオバジャノヒゲ

オオバジャノヒゲ(02/6/30金堀沢)

ジャノヒゲより葉も花も大きく、秋には青い実をつけます。(大葉蛇の髭)

 ふしぎの森の会

目次に戻る

 

ウマノスズクサ

ウマノスズクサ(12/7/2狭山丘陵)

(馬の鈴草)

ムラサキツユクサ

ムラサキツユクサ(02/7/7玉川上水)

ガクアジサイ

ガクアジサイ(02/7/7野山北公園)

日本固有種。古来、ガクアジサイから改良されてきたアジサイなどの園芸種が世界中で植えられています。
(額紫陽花)

チゴザサ

チゴザサ(10/7/8菩提樹田んぼ)

湿地の周辺で、笹のような葉をつけた、草丈50cmくらいの群をつくり、先端の6cmくらいの花穂に2mmくらいの花が咲きます。
秋に咲く草丈十数センチのハイチゴザサと似ていますが、花茎に黄色い帯があるので区別できます。
(稚児笹)
 

ヤマホトトギス

ヤマホトトギス(10/7/9 神明)

ここでは毎年6月下旬から咲き始めて、毎日新しいつぼみが開き、10日間くらいで咲き終わります。ここの斜面下では、9月なると秋咲きのヤマホトトギスが咲きます。
(山杜鵑草)

セリ

セリ(10/07/10 菩提樹田んぼ)

梅雨から咲き始めて、夏の湿地を彩ります。
 (芹)

ネムノキ

ネムノキ(12/7/12赤坂谷戸)

日暮れに葉が閉じると花が開いて、日が照るとしぼみます。8mmくらいの小さな花弁の上におしべが房状に開きます。ネムノキの根元を掘ると地下水が見つかるというくらい、湿潤な場所を好む木です。(合歓の木)

バイカツツジ

バイカツツジ(05/7/12六道山公園)

ツツジ科で、梅の花ににた2cmくらいの小さな花です。葉の下側に咲くので、なかなか見つかりません。ホタルが飛び始める頃にそばで咲いて、ホタルが消えるころに散ります。
(梅花躑躅)

アカツメクサ

アカツメクサ(02/7/13菩提樹池)

夏に咲くものは春のものより背丈が低いみたいです
(=ムラサキツメクサ)

 

 

ヤブカンゾウ

ヤブカンゾウ(09/7/12 菩提樹池)

(※ノカンゾウの写真をヤブカンゾウと掲載していましたので、写真を訂正いたします09/7/18)

大賀ハス(04/7/15北山公園)

チダケサシ

チダケサシ(07/7/17 狭山丘陵)
湿地や水辺に群生します。ここでは7月になると数百株の群生が一斉に咲きます。
(乳蕈刺、乳茸刺)

コバノカモメヅル

コバノカモメヅル(12/7/20 石畑)

狭山丘陵各地の湿地に咲くつる植物です。チダケサシと同じころに1cmくらいの花が咲いていきます。
(小葉鴎蔓)

ヤブラン

ヤブラン(02/7/24菩提樹池)

オカトラノオ

オカトラノオ(02/7/13狭山緑地)

シロバナコバギボウシ

シロバナコバギボウシ(02/7/13狭山緑地)

(白花小葉擬宝珠)

ヤマトミクリ

ヤマトミクリ(04/7/19菩提樹池)

農薬が無かった時代は水田雑草として嫌われた植物ですが、現在は希少植物です。梅雨の期間中に咲きます。
(大和実栗)
(埼玉県絶滅危惧TB類・環境省準絶滅危惧種)

カンガレイ(04/7/19菩提樹たんぼ)

(寒枯藺)
草丈の低いホタルイ(螢藺)も同じころに雌花が咲きます。

ヤマユリ(03/7/21狭山丘陵)

ここは50株くらいあった自然の群生地でしたが、毎年盗掘にあって、これが最後の一株でした。(この株は04年夏に盗掘されてしまいました。)

ヌマトラノオ

ヌマトラノオ(04/7/28西久保たんぼ)

サクラソウ科の多年草
梅雨が明けると湿地や沼のふちに群生しています。オカトラノオより小さくてまっすぐ立っています。

ゲンノショウコ(04/7/28西久保たんぼ)

赤やピンクもありますが、狭山丘陵では白い花のものが見つかります。(白い花のもの=シロバナゲンノショウコ)
葉や茎を乾燥して、せんじて、おなかの薬に使われてきた日本の民間薬。「現の証拠」が名前の由来。

ヘクソカズラ(03/8/1猿久保)

気にしなければ名前ほど臭くはありません。(屁糞葛)

メマツヨイグサ(03/8/1猿久保)

ウバユリ

ウバユリ(12/8/4西中峰)

タカトウダイ

タカトウダイ(12/8/4菩提樹田んぼ)

高さ50〜70cmの茎の先に5本の花茎が出て花がつきます。花びらはなく、黄色い部分は分泌腺(開花時は紫色)で中央に雄しべがあり、横にたれるのが子房と雌しべです。
有毒植物

コバギボウシ

コバギボウシ(04/8/5野山北公園)

ユリ科ギボウシ属
(小葉擬宝珠=橋の欄干の柱飾りに似ている)

キツネノカミソリ

キツネノカミソリ(04/8/5野山北公園)

ヒガンバナ科の多年草
梅雨が明けると葉が枯れて落ちて、そのあとの茎の先に花だけが咲いています。丘陵のいろんな場所でいっせいに咲きだしますが、公園では夏の雑草と一緒に刈り取られてしまうことがあります。

クサギ

クサギ(04/8/7大谷戸)

花の匂いはとてもいいのですが、葉をもむととても臭いので「臭木」の名前がついたそうです。秋には萼(がく)が赤紫色になって実をつけます。

アメリカアゼナ

アメリカアゼナ(04/8/7菩提樹たんぼ)

田んぼのあぜにたくさん咲いていました。

カラスウリ 雌花

カラスウリ雌花(04/8/7菩提樹池)

雌株には雌花だけが咲きます。日が暮れるころに咲き始めて、朝日が照ると枯れてしまいます(一日花)。秋には赤い実をつけます。

アギナシ

アギナシ(09/8/9狭山丘陵)

5年以上の株には丸みのある大きな葉が出て、高さ150cmくらいの花茎に毎日花を咲かせます。夜明けに咲き始めて、日が照るとしおれていきます。花が終わる頃、根元の茎の間にむかごができるので識別します(写真左下)。
(顎無)(東京都 絶滅危惧TA類)

ミゾカクシ

ミゾカクシ(04/8/12菩提樹池)

別名:アゼムシロ

ツリガネニンジン

ツリガネニンジン(04/8/14岸)

クサノオウ

クサノオウ(04/8/14岸)

ケシ科の2年草。茎から出る黄色い汁はアルカロイド系の毒素。
(草の黄、瘡の王、草の王)

シンテッポウユリ

シンテッポウユリ(05/8/15大森)

野生化した園芸品種のテッポウユリで、丘陵の周囲でよく見かけます。タカサゴユリの交雑種が墓地のお供えから野生化したといわれています。
(新鉄砲百合)

キツネノゴマ

キツネノゴマ(03/8/17赤坂)

ガガイモ

ガガイモ(03/8/18菩提樹池)

多年生の蔓(つる)植物。花は1cmくらいで目立ちません。(蘿芋)

フユイチゴ

フユイチゴ(09/8/18狭山丘陵)

8月半ばから1ヶ月くらい咲きます。足元の葉の下で咲くので目に付きません。12月になると赤い実がつきます。

ミズタマソウ

ミズタマソウ(04/8/24野山北公園)

3mmくらいの小さな花です。

ヤブミョウガ

ヤブミョウガ(03/9/22堀の内)

7月なると咲き始めて、大群生地では9月まで見られます。ツユクサ科の多年草。花は5〜10mmの大きさ。(薮茗荷)

 ふしぎの森の会

目次に戻る

 狭山丘陵の花

秋へ

 

春へ