ライン


739-0025 東広島市西条中央233 
tel 082-422-1333
  e-MAIL khigashihiroshima@gmail.com
牧師 李 哲敏 (LEE CHUL MIN)
礼拝  毎週日曜日 10時30分〜12時
祈祷会  毎週水曜日  18時〜19時
ゴスペルアワー 第4日曜 4時〜5時 (5月は28日) 
ようこそ、日本キリスト改革派 東広島教会のホームページへ
みなさんと一緒に礼拝できるのを楽しみにしています。
是非、教会においでください。お待ちしています。

改革派教会のご案内 礼拝時間など
教会への道順 はじめての東広島教会
東広島教会の歴史  他の教会のご案内
教会の集合イラストの歴史 会堂建築の歩み 
教会会堂をお貸しします

Since 2002.10.30 Last up date 2017.2.20


5月28日の礼拝説教 (礼拝 10時半〜12時)
      説教タイトル 救いはただ信仰によって
      説教箇所  ルカによる福音書 17:11〜37
◆重い皮膚病を患っている十人の人をいやす
17:11 イエスはエルサレムへ上る途中、サマリアとガリラヤの間を通られた。
17:12 ある村に入ると、重い皮膚病を患っている十人の人が出迎え、遠くの方に立ち止まったまま、
17:13 声を張り上げて、「イエスさま、先生、どうか、わたしたちを憐れんでください」と言った。
17:14 イエスは重い皮膚病を患っている人たちを見て、「祭司たちのところに行って、体を見せなさい」と言われた。彼らは、そこへ行く途中で清くされた。
17:15 その中の一人は、自分がいやされたのを知って、大声で神を賛美しながら戻って来た。
17:16 そして、イエスの足もとにひれ伏して感謝した。この人はサマリア人だった。
17:17 そこで、イエスは言われた。「清くされたのは十人ではなかったか。ほかの九人はどこにいるのか。
17:18 この外国人のほかに、神を賛美するために戻って来た者はいないのか。」
17:19 それから、イエスはその人に言われた。「立ち上がって、行きなさい。あなたの信仰があなたを救った。」
◆神の国が来る
17:20 ファリサイ派の人々が、神の国はいつ来るのかと尋ねたので、イエスは答えて言われた。「神の国は、見える形では来ない。
17:21 『ここにある』『あそこにある』と言えるものでもない。実に、神の国はあなたがたの間にあるのだ。」
17:22 それから、イエスは弟子たちに言われた。「あなたがたが、人の子の日を一日だけでも見たいと望む時が来る。しかし、見ることはできないだろう。
17:23 『見よ、あそこだ』『見よ、ここだ』と人々は言うだろうが、出て行ってはならない。また、その人々の後を追いかけてもいけない。
17:24 稲妻がひらめいて、大空の端から端へと輝くように、人の子もその日に現れるからである。
17:25 しかし、人の子はまず必ず、多くの苦しみを受け、今の時代の者たちから排斥されることになっている。
17:26 ノアの時代にあったようなことが、人の子が現れるときにも起こるだろう。
17:27 ノアが箱舟に入るその日まで、人々は食べたり飲んだり、めとったり嫁いだりしていたが、洪水が襲って来て、一人残らず滅ぼしてしまった。
17:28 ロトの時代にも同じようなことが起こった。人々は食べたり飲んだり、買ったり売ったり、植えたり建てたりしていたが、
17:29 ロトがソドムから出て行ったその日に、火と硫黄が天から降ってきて、一人残らず滅ぼしてしまった。
17:30 人の子が現れる日にも、同じことが起こる。
17:31 その日には、屋上にいる者は、家の中に家財道具があっても、それを取り出そうとして下に降りてはならない。同じように、畑にいる者も帰ってはならない。
17:32 ロトの妻のことを思い出しなさい。
17:33 自分の命を生かそうと努める者は、それを失い、それを失う者は、かえって保つのである。
17:34 言っておくが、その夜一つの寝室に二人の男が寝ていれば、一人は連れて行かれ、他の一人は残される。
17:35 二人の女が一緒に臼をひいていれば、一人は連れて行かれ、他の一人は残される。」

17:37 そこで弟子たちが、「主よ、それはどこで起こるのですか」と言った。イエスは言われた。「死体のある所には、はげ鷹も集まるものだ。」






わたしが命のパンである。わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は 決して渇くことがない。(聖書 ヨハネの福音書 6章35節 )
「このごろは何を食べてもおいしくない」といった言葉を聞くことがあります。特別、病気というわけではありません。普通の人のことばです。
日本はなんと恵まれた国なのでしょう。
しかし、私たちは、どんなにおいしいものをいつも食べることができても、欲しい物を何の躊躇もなく買うことができても、その満足が一時的で、際限がないこと、そして決してこれでOKとならないこと、けっして自分の中の不安、孤独を満足させないことをうすうす知っています。
如何に富があろうと、その富が決して私たちを幸せにすることができないこと、
如何に自分の体が強靭で病気知らず、自分の力でなんでもできると思っていても、その状態が未来永劫、続かないこと、その自信が、とても足元の弱い自分の思い込みに基づいていることをうすうす感じています。

本当に私たちを満足さて、喜びで満たしてくれるもの、私たちの心を平安に、目の前の困難と真摯に向き合えるようにしてくださるものとはなんでしょう??
それが、イエス様なのです。

聖書には

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。私はあなたを愛している。(聖書 イザヤ書 43章4節)
   
とあります。

神様は、あなたは高価で尊い、そして愛しているといってくださっています。
あなたは、あなたがいかなる存在だったとしても、愛してくださっているのです。

まったくすべてをお任せして頼れる存在、すべてをご存じで、すべてをよく治めている方、イエス様に愛されている。
あなたもまだ知らない、あなたにしかできないイエス様が準備くださった人生の目的のためにイエス様に生かされている。

たとえ、如何に自分がみじめで、不安で、存在している意味がない、そのような存在だと感じることがあったとしても、そのようなみじめな自分が、イエス様に愛され、生かされていることを知った先に、本当の心の平安が待っています。

イエス・キリストについて、もっと知りたいなと思ったら、ともに祈ってほしいと思ったら、是非、教会に、メール、電話、そして日曜日に直接・・・コンタクトを取ってみませんか。お待ちしています。


日本キリスト改革派 東広島教会

〒739−0025 東広島市西条中央2-3-3
TEL 082-422-1333
khigashihiroshima@gmail.com


ライン

このHPにおける聖書引用は、日本聖書協会 新共同訳 聖書を使用しています
本HPに関する御質問のうち、キリスト教や教会に関する御質問は 082-422-1333 または khigashihiroshima@gmail.com、HPの技術的なお問い合わせ(重いとか、うまく表示できないなど)は担当者にメールで連絡ください。
本HPに掲載されてる、文章、写真、図面の無断転載を禁じます。転載希望の方は担当者まで御連絡ください。
私たちの教会は、エホバの証人、統一教会、モルモン教とは一切関係ありません。