TOP PAGE
                 
      


ラケットは25%OFFです。ご購入時のガット張り工賃はいただきません。

お店に在庫をしないのでお取り寄せとなります。入荷に5日~10日程度かかります。ご了承下さい。









   


 初心者の方に多いのですが、あきらかにその人の身体能力に適していないラケットを購入している人を多く見受けます。
 「デザインが気に入ったから」とか「好きなプロが使っているら」という理由も間違ってはいないと思います。でも合っていないスペックのラケットを購入する方が多く、「もったいないなぁー、相談してくれれば、、、」と考えさせられることが多いです。

 最初の1本は自分のプレースタイルを見つけるために、体格、身体能力を選択の基準に加味しながらもクセが無くバランスのとれたオールラウンドなラケットをおすすめします。運動能力の高い人であれば、適度な重量があり、面の大きくない(100平方インチ以下)ラケットを。非力な人、中高年の方は、やや軽めである程度の反発力があるラケットでもいいと思います。

 パワーがあるのに、高反発な軽量厚ラケを使ったり、逆にパワーのない人が重くて硬いラケットを使ったりすると、フォーム作りに悪影響をおよぼす可能性があるばかりか、故障の原因にもなりかねないので注意してください。
 でも、適したスペックから外れていても、少しであればデザインや好きな選手が使っているからという理由で選択してもいいいと個人的には思います。ストリングとテンションで調整できますから。好きなラケットでプレイしたほうが楽しいですし、それもテニスの醍醐味ですよね。
 上級者になることが目標であったり、試合で勝ちたい人、快適にプレイしたい人は、専門店で相談することをおすすめします。




 
グリップサイズにも注意して下さい。

 
一般的には太いと打ち負けにくくなり、スピンがかかりにくくなる。細いとスピンがかけやすく操作性が高くなるといわれています。ただし、太すぎるとスピンがかかりにくくなりバックアウトの原因に。細すぎるとパワーが伝わりにくくなるので注意してください。
 でも2を選択する人がほとんどですね。手が大きい男性で3。手が小さい女性で1 というケースがほとんどです。それと、オーバーグリップで厚くなることを考慮して選択して下さい。
 もしグリイプグリップサイズ間違ったかな。と思っても少しぐらいならオーバーグリップの巻き方で調整できます。薄いリプレースメントグリップに交換するという手もあります。
 いろいろ調整してパフォーマンスを向上してください。

 


 
「ストリングはなんでもいいや」は、もったいないです!
 
初心者のうちはなかなかストリングは切れないので長期間使用することになります。慎重に選びましょう。
 飛びすぎず打球感のわかりやすいストリングがいいですね。耐久性重視のストリングは腕に負担がかかるし、ムリなフォームになってしまうかもしれないのでおすすめしません。

 テンションも、そのラケットのメーカーの指定適正テンションの真ん中あたりではなくではなく、そのラケットの一般的に使われている平均的なテンションで張るとよいでしょう。難しいですがこのあたりのデータは経験者や専門店にアドバイスを聞くことをおすすめします。


もちろん当店もご相談にのりますので、お気軽にご相談下さい。
すみませんがメールはご遠慮ください。お電話でお願いします

TOP PAGE