TOP PAGE  こんなかんじで張ってます。頭の中にあることを思いつくまま書きなぐったので理解しずらいかと思いますが、ちょっとづつ補正していきますので。また、この張り方が個人的に現段階でのベストだと勝手に思っていますが、よりベターを求めて予告なしに張り方は微妙に変更していきます。  




全 体 的 な 流 れ
 (一般的なフレームで通常の1本張りの場合)
 1、お客様からお預かり グロメットの破損状況、フレームにヒビなどがないか確認して湿った布で汚れを落とします。
 2、マシンにセット プロファイルアームとビリヤードの6点で固定します。
 3、縦糸から張っていきます ご指定がないかぎり1本張りです。センターから均等に左右に張っていきます。
 4、横糸に移ります テンションロスが発生しないように作業します。ストリングに傷がつかないように注意。
 5、タイオフ 上のノットを作ったあとに、残りの横糸を張り、下のノットを作ります。
 6、最終仕上げ オウルでストリングの目をきれいに揃えます。
 おわり 張り上げた日時、ストリングの品名、テンションを記載したテンションラベルを貼ります。



1.お客様からお預かり

 お預かりする際にフレームの状態を確認します。その後湿った布で汚れを拭き取ります。バンパーガードに小石や砂が挟まっているときはオウルで取り除きます。グロメットはスロート周辺のストリングの角度がついている箇所(写真右)が破損しやすく、ストリングがフレームに直接食い込んだ状態になっていることもあります。そのような場合は補修します。
 写真のような単体グロメットやチューブを入れることでフレームの破損とストリングの切断を防げます。



単品グロメットとチューブ、
グロメットグラインダー
 張りの強さを指定するのは張力指定で張り上げます。ごくまれに面圧で指定されるお店もありますが、、、うーん?目指すものはわかるんですがやはり賛同できません。お客様が混乱するでしょうし、面圧指定のメリットは僕には理解できません。高価な面圧測定器がありますが、有効的に利用することは難しいと思いますし必要ないと考えています。
 一部のポリ系ストリングの場合は伸びやすいのでマシンでプレストレッチの設定をします。うちは5%の設定ですが、どういうことかというと、たとえば50lbs.の場合テンションをかけると+5%の52.5lbs.に到達するまで張力をかけ、すぐに50lbs.に下がるというものです。これをやっておくとテンション維持時間が少し違いますが、ポリはとくに横糸を張る際のテクニックが重要だと思います。

道具は主に以下の道具を使います。
 ・スターティングクランプ(BABOLAT)・・・2本あったほうがよいです
 ・ニッパー(GOSEN)・・・コンパクトで切れ味ばつぐんです。
 ・シザース(GOSEN)・・・フレームに張ってあるストリングをスピーディに切ります。これは便利。
 ・セッティングオフオウル(BABOLAT)・・・仕上げに使います。滑り止めにオーバーグリップを巻いています。
 ・リペアプライヤー(BABOLAT)・・・ノットを作ったりストリングを引くときに使います。てこの原理を利用した本来の使用方法をする人はほとんどいないと思います(^^;)
 ・カーブドプライヤー(BABOLAT)・・・穴に通しにくいときに使用。便利です。
 ・90mmオウル(BABOLAT)・・・ノットを作るときなどに使いますが、うちではあまり使いません。緊急的な使い方が多いですね。
 ・ストリングメーター・・・張り上げたラケットの1本1本のテンションを測定します。テンションが測定出来るわけではありません。測定値は相対的な数値でしかないので、正確性を確認するために1本のラケットの中のストリング1本1本のデータをとるときに使用したり、まったく同じ条件で張り上げた複数のラケットのチェックなどに有効です。
・キャリブレーター・・・マシンが正確にテンションを出しているか定期的にチェックします。
※たまたまBABOLATの工具が多いですが、GOSENの工具も性能がよいわりに安価でおすすめです。YONEXもけっこうこだわって工具を作っていますね。基本的に工具メーカーのOEMなので、ホームセンターや工具専門店でも納得のいくものが手に入ります。

2.マシンにセット
 その前に冬場の話ですが、作業を始める前に室温を確認したほうがいいでしょう。室温が低く、ストリング自体の温度が低いと、テンションロスが発生しやすく目標テンションに到達しにくいです。細いポリだと作業中に切れるかもしれません。僕は冬場はエアコンのタイマーで開店の1時間前から室温をがっつり上げておきます。

 BABOLATのストリンギングマシン「SENSOR」はラケットをプロファイルアームとビリヤードの6点で固定するようになっています。このマシンはラケットの固定の精度が高く安心して作業できますが、ラケットはストリングを張ると必ず変形するので、固定する際は締め過ぎないよう調整には気を使います。閉めすぎるとラケットの横幅が縮み、スウィートスポットが狭くなるので圧力に気を使いながら固定します。フレームのトップには必ず保護のためアタッチメントを追加します。

 ちなみにこのマシンの最大の特徴は、ストリングにテンションをかけた際に生じるロスを検知するセンサーがひじょうに優秀で、常に高精度なテンションで張り上げれることです。といっても半分は人間のテクニックで差が出ますが。
 あと、すべてやっているわけではありませんが、張り上げ前後のラケットの縦横の長さを計測してデータとして残し、参考にするようにしています。忙しいときはやっていませんが。

 セットが終わったら、ストリングをパッケージから出して、もつれないようクルクルまわしながら解きます。その後、必要な長さだけ計測して不要な部分をカットします。長さを間違えないよう慎重に。必要最小限の長さで作業することでクロスストリングを編み込んでいくときにメインストリングにかかるダメージをわずかですが軽減できます。

3・縦糸(メインストリング)から張っていきます

 まず最初に話しておきますが、この張り方はBABOLATのマシン 「SENSOR」を使用した場合の張り方です。バネ式、分銅式、低価格の電動式マシンでは、細部にわたり異なる張り方をします。ホームストリンガーの方にはあまり参考にならないかもしれません。ごめんなさい。また、テンションロスを発生させない細かい作業や工夫については省略して記載しております。いちおう企業秘密ということでm(_ _)m

 スタート時のマシンクランプとスターティングクランプは通常は写真の位置ですが、ポリエステルストリングの時は負担を減らすため位置を変えています。
 まずメインストリングをセンターから左右へ均等に張り上げていきます。最初にストリングをフレームの5〜6本分の長さ(ラケットの種類により変わります)だけ計り、そこがセンターの位置になります。5〜6本分とったほうをショートサイド、逆をロングサイドと呼びます。ショートサイドはメインの半分とクロスストリングの下から2〜4本分(ラケットの種類により変わります)になり、ロングサイドは同じくメインの半分とクロスのほとんどになります。

 メインのセンター8本分の作業は、ゆっくり慎重に行い、しっかりテンションをかけるようにしています。クランプで固定と開放を繰り返して縦糸を張っていくわけですが、固定する場所は常にフレームの直近です。フレームに近いところで固定したほうが誤差を抑えられ、指定のテンションに近づけます。
 メイン作業時でもっとも気を使うのがクランプの滑りです。プリングヘッドでストリングを引き、クランプで固定したあとに張力を開放しますが、このときクランプで挟んだストリングが数ミリずれるだけでテンションが大きく緩んでしまいます。やわらかいマルチフィラメントや滑りやすいコーティングのストリング、高いテンションのときは要注意です。ポリは角切れしやすいのでトップ部周辺のストリング固定は慎重に行います。縦糸は最後まで慎重に張っていきます。(横糸で気を抜いているわけではありません(^^;)) マシンの毎日のクリーニングとメンテナンスは欠かせません。

 メインは指定したテンションが簡単に出せると思われるかもしれませんが、私はメインはすごく難しいと思っています。マシンのクランプ部の構造上の特性で、かならず決まったパターンのばらつきが発生します。そしてラケットの種類によってメインストリング16本の中のロスのバラつきが違います。これらの状況を理解して解消することが必要です。いくら高価なマシンを使用しても、作業をするラケットの構造とマシンのクセを理解しておかないと目標のテンションには近づけないでしょう。

 また、メインストリングはテンションロスが少ないと思われがちですが、グロメットを岐点に約180度の角度でテンションをかけるのでグロメットとの摩擦で指定のテンションに到達していません。とくに、フレームからプリングヘッドまで角度をつけて張力をかける場合は明らかにロスがでています。こういう部分は指で数回、圧力をかけて指定のテンションに近づけてやります。こうする事で張り上がり後、大きくストリングが緩むことを防げます。圧力が強すぎるとその部分だけ高くなってしまうので、こればかりは何度も練習してデータをとりながらマスターするしかないですね。

 新しいラケットはこの部分のグロメットが抜けやすいのでしっかり押さえながらテンションをかけます。グロメットが抜けるとストリングが直接フレームに当たってしまい、フレームの陥没やストリングの切断につながります。また新品のラケットはグロメットがしっかり奥まで入っていないことがよくあります。というか、かなり多いので張る前にオウルなどを使ってしっかりと押し込んでおくとトラブルが防げます。新品ラケット、グロメットのときは、0.5lbsアップで張ります。
 縦糸のいちばん端のテンションは横糸に移る際に緩みが発生するので、うちでは、数ポンドアップしています。ガットの種類で変更します。
 ロングサイドを横糸に移す前にショートサイドはいったんスターティングクランプで留めておきます。


 ストリングガイドをきれいに通すことでストリングの負荷を減らします。見た目もきれいですね。ウーファー、マッスルパワーなどはストリングガイドがなくても構造上、負担をかけずに張れますがプレステージやラジカルなどはストリングガイドがないうえ、面圧が高いのでナチュラルを張るときは慎重に通さなければなりません。

↑スタート


↑クロスに移行

4.横糸(クロスストリング)に移ります
 横糸にテンションをかけているときにオウルで圧力と振動を加えてやり(ストレッチ)、摩擦抵抗によるロス(ムラ)を取り除きます。1本ずつきれいにストリングが直線になるように揃えながら張り上げます。こうする事で縦糸同様、張り上がり後に大きくストリングが緩むことを防げます。このときストリングの交差する部分の負荷を少なくするためオウルの角度はほぼ直角に侵入させ、力の大半は横方向に加えます。これはコンスタントプル方式の電動マシンだからできる技術です。

 ストリングの種類、ゲージなどにより力加減の調整をしますが必要以上のストレッチをかけると指定したテンションより硬くなってしまったり、フェイスの横幅が変形して打球感が変わってしまうので、ここは経験が必要です。また横糸が緩いと振動の原因にもなるので、これをしっかりやっておくとクリアな打球感になるようです。太目のストリング、摩擦抵抗の大きいストリングはここをより丁寧に時間をかけたほうがいいでしょう。


 横糸を通していく際にはプレレーシングといって、テンションをかける糸の次の糸を先に通しておきます。ストリング同士の摩擦を抑え、ストリング内部やコーティングにかかる負荷を軽減します。
 ちなみにご指定がないかぎり横糸のテンションは縦と同じ(デュアルテンション)です。横糸を落とすとよく飛ぶようになると考えておられる方が多いですが、実際は面圧が下がり、スウィートスポットが横長に拡大して楽に飛んでいると感じているだけで飛びはほとんど変わらないと思います。デメリットとしてスウィートスポットがぼんやりしていて爽快感が減少するようです。
 以前のヨネックスのラケットは横糸を2,3lbs落とさないと、フレームの横幅が若干狭くなり、スウィートスポットが狭く感じることがありましたが、最近のヨネックスは変形に強くなってきているので最近のモデルに関しては縦横同一テンションで張上げています。
 上側の横糸が残り5,6本となったところで必要な長さを計測して余丁分を切ります。わずかですがスポット上部のメインストリングに与える摩擦の負荷を軽減することが出来ます。

オウルで圧力と
振動を与えてやります。

5.タイオフ
 ノットを作る前の横糸の張力は必ず大幅に緩むので、ノットポイントはストリングの種類、そのラケットの構造を考え5〜8lbsテンションを上げています。ノットを作る穴に通してから1度テンションをかけるなどの工夫をしてもいいと思います。ポリ系ストリングではしっかりやらないと確実に緩みます。ノットを作るときの手で引く力加減も注意して下さい。硬めのストリングは破断してしまうこともありますし、柔らかいストリングは緩みが発生してしまうこともあります。

 またノットを締めながらクランプを開放することでグロメット内部に食い込むのを防げます。一般的なモノフィラメント以外はさらに慎重に作業する必要があります。カットするときは先端が尖らないようにカットしつつニッパーの先端で塗装を傷つけないように。
 余談ですが、ラケットによってはクロスストリングの最後ホールからノットポイントまで不自然に離れていることがよくあります。かなりロスになりますし、なぜ改善しないのか不思議でなりません。緩みがけっこう違うと思うのですが。

 通常のシンセティックに使用するエイトノットです。→
 パーネルノットもグロメットへのダメージが少ないのでどちらでもいいと思いますが個人的には、エイトノットのほうがしっかり締まっている印象があるので、エイトノットを使用しています。グロメットホールが大きくなっていてノットが入り込んでしまいそうなときはナチュラルストリングの切れ端を挟んでいます。結び方の種類を変更するよりこのほうが緩み、ダメージも少ないと考えています。
 他にナチュラルに使うダブルノット、極細ストリングに使うフィッシャーマンズノットがあります。ポリは、短めにカットします。ナチュラルのダブルノットにはほつれ防止のために、僕はBABOLATの専用接着剤を塗ってフィニッシュします。


6.最終仕上げ

 これで張り終わったわけですが縦横のストリングは少し歪んでいます。オウルを使ってまっすぐにしてやります。張り上げ直後にやらないときれいになりません。柔らかいストリングは作業の途中でクセがついてしまうので途中で直しながらさらにストリングの動きを予測しながらクランプを固定していきます。(とくに注意はTECや850、柔らかいポリなど)

7.おわり
 ラケットをマシンから外し、スロートの内側にテンションラベルを貼ります。これで完成です。
 意外と肉体労働なんです。疲れが全身に、とくに目にきますね。テニスの練習が少ないのに腱鞘炎気味になることはしばしば、、、。(^^; 

 あと、ほんとうにわずかな差ですが、私は張り方を夏仕様と真冬仕様に分けています。

 ナチュラルガットの場合は撚りがもどらないように各工程を慎重に行うので通常のシンセティックストリングより少し時間がかかります。1つの工程を2段階に分けて行うなどの工夫が必要です。
 パッケージから取り出して再度ストレッチをかけてやるといいんですが一人なので出来ません。マシン設定変更と張力をかける時間を長めにしています。オーストラリアンオープンなどではストリンギングルームから廊下にまで出て引っ張ってるんだとか。
 ポリ系ストリングもキンク(折れ目)ができないように注意しながら張っていき、マシンでプレストレッチの設定もすることもあるので少しだけ時間がかかります。プレステージなどの目が細かいラケットにポリを張るのはしんどいですね。横糸がきちんと張れてるか確認しながら進めていきます。

テンションラベル

 『通常の1本張り以外の張り方』

 ZIP'Sでは指定がないかぎりほとんどが通常の1本張りです。メインの最後が下にくれば横糸のスタートは下から、上で終われば上からスタートします。すべてのラケットを上から張るお店もありますが、前記の張り方が専門店では普通の張り方だと思います。その他では、

1.アラウンド・ザ・ワールド(何種類かあります)
 これは変形に弱いラケットに使用します。1本張りで縦糸の最後1本づつを残し最後に残りの糸を1周させるという手法です。横糸を上から下に向けて張っていきます。横糸のテンションを少しずつ落としてやるのが主流のようですが、ストリンガーにより微妙に工程が違いますね。うちはBABOLATのオフィシャルが使用する張り方とほぼ同じです。作業時の変形量が少なく、フレームに対する負荷を軽減する効果もありますが現代の高性能ラケットにはほとんど必要ないかなと思っています。2本の同じラケットを普通の張り方と、この張り方で張り、変形の過程や打球感の違いなどを何度かテストしましたが、違いはほとんどありません。
 うちでこれを使用するラケットは、ラジカルなどヘッドのラケットの多く、ハンマーのでかいの、RIMの一部など。スウィートスポットがやや上にできるのも特徴ですが、かなり敏感な人でないとわからないですね。少しだけ手間がかかりますが、フレームへの負荷がわずかに少ないのは間違いないです。○ンダハウスの社長の山森さんが考案した山森スタイルというのもあります。さすがです。


2.2本張り
 最近はハイブリッドタイプが多く、仕方なくよく使います。横糸は上から張ります。まったく同じ条件で、下から張ったラケットと打ち比べましたが、ほとんどの人がその打球感の差はわからないので負荷が少ないと思われる上から張っています。緩みの原因になる結び目が4ケ所できるので、縦糸の結びはとくに緩みが出ないよう慎重な作業と工夫する必要があります。ノットポイント周辺ではとくに工夫が必要だと思います。

3.50:50(フィフティ・フィフティ)
 横糸をフレームの中央から張り上げていく張り方。うちは使いません(BABOLATがナチュラルの撚りの戻りを防ぐために考案した張り方)。これで張るお店はないと思います。

 最近では、J’sボックスという張り方も公表されています。ツアーでも使用されてますね。数回やってみましたがあまりメリットはないように思います。これは保留かなー。



 『ぢっぷすのストリンギングに対する考え方』

 もっとも重要視しているのは、テンションロスを出さないことです。どんな工夫した張り方でもロスが出ると、フィーリングが変化します(使うたびに緩くなり、飛びすぎやコントロール性能の低下、振動の増加につながります)。
 またテンションロスを出さないということは必然的に指定されたテンションで正確に張上げるということになります。ストリンギングパターンを工夫することも大事ですが、この点に気をつけることの方が大事だと考えています。

 また、張り上げ作業はできるだけお受け取り希望日時に近い時間帯に行っています。この理由は、ストリングの緩み(時間による劣化)は張り上げ直後にそのほとんどが発生するからです。
 ナイロンに張力をかけるとその瞬間から原子構造が変化(破壊)してゆき、張力が少なくなるまで続き、その後安定します。

 ストリンギングのテクニックは永久不変ではありませんから、それぞれのお店で独自の手法で進化していると思います。まったく同じ張り方はほとんど存在しないと思いますが、こだわりを持っている専門店であれば納得のいく打球感を提供してくれるはずです。
  、、、とまあ、もっともらしいことを言っておりますが(^^;)、日頃から自分自身でストリング、ラケットの試打を繰り返し、製品の特徴をしっかり把握して1本1本を丁寧に張ることが最良の張りだと心掛けています。お客様によく打球感の感想をお聞きしています。うっとおしいかもしれませんがぜひ厳しいご感想をお聞かせ下さい。

TOP PAGE