石塔 (層塔・宝塔・宝篋印塔・五輪塔)
      (9)
近畿(和歌山・大阪・兵庫)の石塔巡拝 
                  
    



 石造美術の中心は、九州の国東半島を含
む豊後地方は別格として、歴史的には関西
地方ということになる。
 京都や大和・近江がその中核となってい
るが、その他の関西地域(和歌山・大阪・
兵庫)にも中央文化の影響は及んでおり、
質の高い洗練された作品が数多く残されて
いる。

 神戸や加古川地区には未訪の地が多く、
この地方の石造美術を語る資格は無いが、
近年中に集中的な探訪旅行をしたいものと
考えている。


 

          梶原の五輪塔 (鎌倉期)
                沼島神宮寺

          (兵庫県南あわじ市沼島)

 
                         

     
       
     青岸渡寺宝篋印塔 (和歌山県那智勝浦町那智山)
     
     
   熊野詣でと西国巡礼(第一番札所)を兼ねて、
  この寺を訪ねた。展望台から眺める三重塔と那
  智大滝の絶景に歓声を上げ、それからふと振り
  返った時、何とも豪壮なこの塔が目に飛び込ん
  できたのである。

   重要文化財「宝篋印塔」元亨二年(1322)、と
  書かれた看板が横に立っている。
   京都などのものと比べ、全体に野太い印象を
  受けるが、随所に手をかけて施された意匠を見
  る事が出来る。

   塔身の梵字は金剛界四方仏で、正面の「アク」
  から左に「ウン」「タラーク」「キリーク」が
  彫られており、其々が不空成就、阿シュク、宝
  生、阿弥陀の各如来を象徴している。
   見事な格狭間を彫った基礎の上下に複弁反花
  が意匠されていて、剛毅な中に繊細な美意識が
  散りばめられている感がする。

   隅飾はやや小さい二弧式で、輪郭の中に月輪
  を浮き彫りとし、中に梵字が刻まれている。
   大勢の参詣が有るにも関わらず、この見事な
  石塔に目を向ける人がほとんど居ないというの
  は余りにも残念でならない。
             

      
   
     藤白峠宝篋印塔 (和歌山県下津町橘本)
      
      
     藤白峠は海南市を出発する熊野古道の最初の
  難所であり、峠の頂上に建つ地蔵峰寺は藤白塔
  下王子のあった場所である。
   古道は更に、山路王子、山口王子を経て、有
  田市の宮原町へと続いている。
   現在は峠まで車の道が通じているので、蜜柑
  畑の中を快適に登ることが出来た。
   地蔵峰寺の地蔵尊に詣で、少し先の民家の脇
  を抜けると、写真の巨大な宝篋印塔を祀った覆
  屋が建っていた。

   高さが
370cm 程の誠に剛毅な宝篋印塔で、
  緑色の緑泥片岩や赤っぽい砂岩などを各部に巧
  妙に用いて色彩的な演出が施された珍しい石塔
  である。
   相輪は、宝珠・請花・九輪・請花・伏鉢が完
  備している。
   笠は上六段、下二段で、上三段と下二段が緑
  泥片岩であり、笠の大きさが全体像の中で重厚
  で美しい姿を示している。隅飾りは輪郭付きの
  二弧で、先端が微妙に反っている。鎌倉後期か
  ら南北朝へと至る時代を示している。
   塔身には輪郭を巻き、月輪の中に洗練された
  筆致の梵字(種子)が薬研彫りされている。金
  剛界四仏を表わすもので、写真は阿しゅく如来
  を表わす「ウーン」である。
   年号を示す銘が無いので年代は不詳だが、堂
  々たる笠と梵字の大らかさ、そして隅飾の反り
  が、南北朝に近い鎌倉末期を示しているように
  思える。
                     

     
   
     西南院五輪塔 (和歌山県高野町高野山)
    
    
   高野山の大門に最も近いこの寺には、
  現代庭園の鬼才重森三玲氏の作品が在る。
  その庭園の最奥に、美しい四基の五輪塔
  が並んでいた。
   いかにも古びて苔むしてはいるが、均
  整のとれた何と素晴らしい石塔であろう
  か。
   右端は弘安七年(1284)の作で、梵字は
  下から「ア・ビ・ラ・ウン・ケン」とい
  う大日報身真言が刻まれている。
   二番目の五輪塔は弘安四年(1281)で、
  梵字は五輪塔の種子である「キャ・カ・
  ラ・バ・ア」が見える。
   三番目は弘安六年(1283)で、種子は大
  日報身真言である。
   一番手前は地輪に建長八年(1256)の銘
  があるが、上部は後補である。
   中の二基は一石で彫られているが、笠
  の反り具合や風輪と火輪の一体化など、
  全体にキリっとした美しさを見せている。
   奥の院に並ぶ桃山・江戸期の一連の武
  将の五輪塔を見ると美意識の退化は歴然
  としており、名品遍歴は自ずと鎌倉期へ
  と回帰せざるをえなくなるのである。
          

     
   
     高野山町石五輪卒塔婆 (和歌山県高野町高野山)
    
    
   高野山の麓の慈尊院から壇上伽藍を経由して
  奥の院まで、一町毎に217基立てられた町石
  で、五輪塔の地輪を長くした卒塔婆である。現
  存する当初のものは180基弱とのことで、写
  真は奥の院20番の町石である。

   文永二年(1285)から年々造立されたといわれ、
  近年改修されたものも在ると聞く。写真のもの
  がいつ造立されたかは不明だが、火輪の笠の反
  り具合や各輪の姿からは、鎌倉後期の美意識が
  感じられ、古いものであることは確かである。

   彫られた梵字は上から五輪塔の種子「キャ・
  カ・ラ・バ・ア」だが、その下の本尊とおぼし
  き種子は苔むして判断出来なかった。

   それにしても、鎌倉期の石造卒塔婆を一町毎
  に見ながら、奥の院弘法大師廟所まで参詣をす
  るという、何とも贅沢な旅であった。
   御廟橋より奥は撮影禁止だったので、御廟の
  脇に在った36番目の町石と嘉元二年銘の美し
  い五輪塔は、眺めるだけでその写真は諦めた。
            

      
   
     丹生都比売神社五輪卒塔婆 (和歌山県かつらぎ町上天野)
      
      
     鬱蒼と繁る杉林に朱色の社殿が映えるこの
  神社は、天照大御神の妹神、稚日女命(わか
  ひかるめのみこと)である丹生都比売大神を
  祭神とする由緒正しい古社である。
   さらに、祭神の一神であり、狩場明神とも
  呼ばれる高野御子大神が、弘法大師を高野山
  へと導いたとされ、高野山との密接な関連を
  示している。神仏混淆という日本人の宗教観
  が、如実に形成されていった時代だったのだ
  ろう。

   神社の境内から少し離れた草むらの中に、
  四基の五輪卒塔婆が一列に並べて建てられて
  いる。写真は左側の二基だが、いずれもが境
  内のあちこちに散在していたものだそうだ。

   写真の右側は四基の内の最古の塔で、正応
  六年 (1293) という中期に最も近い鎌倉後期
  の銘が在る。陰になって見えないが、正面の
  みに空輪(キャ)風輪(カ)火輪(ラ)水輪
  (バ)地輪(ア)の梵字が彫られている。
   笠(火輪)の屋根の傾斜が緩やかであり、
  軒にも極端な反りが見られないことからも、
  古式の風情が感じられる五輪塔である。

   写真左側の五輪卒塔婆には、正応塔に次い
  で古い文保三年 (1319) 鎌倉後期という年号
  が彫られている。火輪の軒の両端の強い反り
  具合や、屋根の傾斜が急であることなどが、
  時代が下がったことを証明している。

   他の二基は、正安四年 (1302) 鎌倉後期、
  延元元年 (1336) 南北朝初期、の在銘塔で
  四基の並ぶ景観は感動的である。
                     

       
       
     鹿谷寺跡十三重塔 (大阪府太子町山田)
    
    
   大津皇子の墓で知られる二上山山麓には、難波
  の港と大和を結ぶ竹ノ内街道が通じており、かつ
  てそれは大陸からの仏教伝来の動脈でもあった。
   その二上山の南側中腹に、古代からの石切り場
  でもあった鹿谷(ろくだに)寺の跡地が残ってい
  る。現代の竹ノ内街道である国道166号線に車
  を停め、山道を歩いて上るしか手段は無い。

   写真でも判るように、石塔は一石を彫りぬいた
  ものであり、なおびっくりするのは地面の岩盤と
  も一体であることだった。
   中国や半島の塔を連想させるようなシルエット
  は、各層の軒の彫り込みが浅いこと、厚い屋根の
  反りがほとんど無いこと、などといった印象から
  くるものであろう。

   奈良時代後期のものと言われ、石塔寺三重塔・
  龍福寺層塔・塔ノ森十三重塔などと共に、古石塔
  を代表する最も古いものである。また、ただ古い
  だけではなく、大陸的なおおらかさや、石塔の持
  つフォルムの美しさや優美さを十分備えているこ
  とに驚嘆する。

   塔の傍にある石窟に描かれた線彫の三尊像は、
  同時代の傑作であり見逃せない。   
           

      
   
     岩屋峠層塔 (大阪府太子町山田)
      
      
     前述の鹿谷寺跡から、旧竹内街道の山道を
  東に向かってしばらく歩くと、そこは大和の
  当麻町 (葛城市)との境界に近い二上山の山
  懐に当たる場所だった。
   現在の竹内街道(国道
166号線)の竹内峠
  から、直接登って来ることも出来る。

   その名の通り、そこは岩壁に掘られた岩窟
  か、石切り場のようなイメージの浮ぶ場所だ
  った。インドの石窟寺院の佇まいにも似てい
  るように思えた。
   岩窟の中央に、写真の層塔の一部が残され
  ている。驚いたことに、鹿谷寺の石塔と同様
  ここでも基礎の岩と層塔が一体であり、さら
  に岩屋の岩盤とも一体であったのだ。

   層塔の様式は大陸や半島の石塔のイメージ
  にも通じる古式なスタイルであり、この場所
  が難波の港を介して、大陸と大和とを結ぶ重
  要な文明の道の上に在ったことを想わずには
  いられなかった。
   実際にこの層塔は、奈良時代末期の建造に
  なるものと思われるのである。
   現在の層塔は三重だが、屋根の幅の逓減率
  から判断して、おそらくは五重塔であっただ
  ろうというのが定説となっている。
   背後の岩窟の壁面に三尊仏が半肉彫りされ
  ており、堂中央の層塔を含め、正に石窟寺院
  の様相を呈していたのであった。   
                     

  New     
       
     森屋墓地五輪塔 (大阪府千早赤阪村森屋)
    
    
   森屋は、南北朝の戦いで知られる、南朝方
  の楠木正成が立てこもった千早城跡へ行く玄
  関口の集落である。
   森屋地区の惣墓(共同墓地)が、集落外れ
  の小高い場所に設けられている。

   写真は墓地の北側に建つ「寄手(よせて)
  塚」と呼ばれる五輪塔である。千早赤坂の戦
  いで死んだ敵(鎌倉幕府勢)の霊を弔うため
  に、楠木正成が建立したと伝えられる。

   空輪(宝珠)と風輪が、大き目で堂々とし
  ている。火輪は、屋根が緩やかな傾斜で、軒
  口はやや厚目、両端が軽く反っている。
   水輪(塔身)はやや扁平な球形で、最も特
  徴的なのは四方に金剛界四仏の梵字が彫られ
  ていることだろう。写真には北のアク(不空
  成就)と東のウーン(阿しゅく)が見える。
   地輪は無地で、井戸のような穴の上に架け
  られた切石の基壇に載っている。墓室だった
  のだろうか。
   鎌倉後期と思われる、整然とした造りの五
  輪塔である。

   墓地の南側には、味方(南朝方)の死者を
  祀るとされる「身方塚」があるが、造立時期
  は南北朝期まで下がりそうである。
                                 

  New     
       
     寛弘寺神山墓地五輪塔 (大阪府河南町寛弘寺)
    
    
   寛弘寺は古墳で知られる河南町西部の地区
  で、同名のお寺は見当たらない。
   千早川を望むこの墓地は神山地区との共同
  墓地で、展望の開けた高台に位置している。

   目指す五輪塔は墓地の一番奥、坂上の小高
  い場所に、惣墓供養塔として泰然とした姿で
  建っていた。

   空輪と風輪は一石から彫られている。形は
  良いが、やや小振りの様な気がする。
   火輪(笠)は理想的とも思える姿で、緩や
  かな曲線を描く屋根が美しく、厚めの軒口は
  微妙な反りを見せ、両端での反りも優雅であ
  る。
   正和四年(1315)鎌倉後期という年号が確認
  されているそうで、同じ後期でも屋根の反り
  具合は、実に穏やかで品格のある形である。
   水輪はやや扁平で、下すぼみの壺形に見え
  る。人の顔と同じで、同じ部材ながら微妙な
  形状の差、配置の機微によって千差万別な表
  情が感じ取れるのである。
   地輪は、大和様式の複弁反花座に載ってお
  り、四面無地だが正面に先の年号が彫られて
  いるらしい。
   久しぶりに巡り合った秀麗な五輪塔と思え
  て、やや感動的であった。
                                 

  New     
       
     高貴寺十三重塔 (大阪府河南町平石)
    
    
   平石は河南町の最東端、葛城山脈の麓に位
  置する山間の集落である。
   更に北へと沢に沿って登った所に、行基に
  よって創建された古刹高貴寺が建っている。
   かつて空海も滞在した真言宗の寺院で、金
  堂を中心とした境内は落ち着いた静寂な雰囲
  気に満ちている。

   金堂西側の崖を背にした壇上に、写真のよ
  うに宝篋印塔と並んで十三重塔がすっくと建
  っていた。
   基礎部分に永仁五年(1297)鎌倉後期という
  年号が彫られていることが確認されている。
  石造美術では最も最盛期とも言える年号の一
  つだろう。
   塔身には金剛界四仏を象徴する梵字が、月
  輪内に薬研彫りされている。梵字は小ぶりだ
  が、鋭い筆致の美しい彫りである。写真は南
  正面のタラーク(宝生)である。
   各層の屋根幅は上部へのやや少ない低減率
  を示しており、少なからず末期へ向かっての
  風潮を示しているようだ。
   軒口は緩やかな曲線で、両端が強く反って
  いるのはこの時代らしい特徴である。軒裏に
  一重の垂木型が意匠されており、丁寧な仕事
  を立証している。
   隣の宝篋印塔は、小型だが同じ時代の制作
  と思われる秀逸な塔である。  
                                 

  New     
       
     佐備惣墓宝篋印塔 (大阪府富田林市中佐備)
    
    
   佐備は富田林市のほぼ中央にある広範な
  地域だが、中佐備に地域の惣墓とも言うべ
  き共同墓地がある。
   墓地中央の一画に、写真の宝篋印塔が周
  囲を囲った中に保存されていた。
   この塔に関しては、ほとんどの資料にも
  記載されていないかもしれない。
   小生は手元の古い資料で、この存在だけ
  は知っていたが、このような組み合わせ石
  塔だったとは知らなかった。

   しかし良く見ると、二段の笠の上に塔身
  が載り、更に二段の笠が重なり、最上部の
  塔身と笠が載っているのである。
   恐らくは三重宝篋印塔の部材が混ぜこぜ
  に積まれてしまった姿なんだろうと思う。
   塔身(初重軸部)を最下部の基礎上に載
  せ、二つの笠の間の失われた二層目塔身を
  補充すれば、見事な三重宝篋印塔が復活す
  る、と思うのだが如何でしょうや?

   この手の組み合わせ塔は好きではないの
  だが、これは同一の部材の組み合わせ方の
  問題で、磨耗はしているが塔身の梵字など
  非凡な出来の旧秀塔と判断した。世の石造
  美術愛好家諸氏のご高覧を期待して、敢え
  て掲載をした次第。
                                 

  New     
       
     西琳寺五輪塔 (大阪府羽曳野市古市)
    
    
   7世紀後半に創建されたかつ
  ての巨刹で、多くの伽藍が建ち
  並んでいたという。現在は真言
  宗の寺院である。
   山門を入った左手に写真の五
  輪塔五基が並んで建っている。
   中央に大塔一基、両側に小塔
  二基づつである。
   特に中央の大塔は、堂々たる
  空風輪、厚い軒口の水輪、やや
  扁平な球体の水輪、程良い高さ
  の地輪で構成されたバランスの
  良い傑作だろう。
   大和西大寺の叡尊の墓碑説が
  ある程の名塔で、かつては奥の
  院宝生院にあった塔だという。
   左奥の小塔には、大和様式の
  複弁反花座が設けられており、
  大和とのつながりが伺える。
   境内に保存された、五重塔心
  礎の巨石が、この寺のかつての
  壮大な姿を思わせる。   
                                 

     
   
     五風荘十三重塔 (大阪府岸和田市岸城町)
      
      
     岸和田城内に造られた重森三玲氏の石組庭園
  を見学した後、昭和初期の名建築と回遊式池泉
  庭園で有名なこの五風荘を訪ねたのだった。
   旧寺田財閥の当主で、市長も務めた寺田利吉
  氏の別邸だったが、現在は別の団体が管理し料
  理屋となっていた。
   この石塔の存在は、回遊式庭園を巡る最中に
  初めて知ったもので、古い石塔が示す格別のオ
  ーラが感じられて撮影していたものである。

   この石塔は昭和初期の築庭時に移入されたそ
  うで、それまでは各地の愛好家の間を転々とし
  ていたらしい。従来は近江の安土に在ったもの
  で、近江源氏佐々木氏や織田信長にも所縁のあ
  った石塔とされている。

   相輪は明らかに後補で、特に上層部や基礎の
  破損が目立つが、全体的には古式の色濃い優雅
  な姿を呈していると思える。
   軸部の三面に、舟形内の如来坐像が彫られて
  いる。それだけでは何の像か判然としないが、
  残りの一面に金剛界四仏の阿しゅく如来を表わ
  す梵字の「ウーン」が彫られていることから、
  如来坐像が宝生・弥陀・不空成就であることが
  想定出来そうである。
   写真には基礎正面の二区格狭間に彫られた、
  近江紋様の開蓮華紋様が写っている。
   文永元年 (1264) 鎌倉中期、という在銘に相
  応しい秀麗な十三重塔だった。  
                     

     
   
     逢阪五輪塔 (大阪府四条畷市逢阪)
      
      
     大阪から南山城の木津へと至る国道163号線
  は、四条畷の市街を過ぎると清滝峠への登りと
  なる。現在は清滝トンネル新道を抜けて容易に
  通過出来るのだが、その峠の旧道の登り口が逢
  阪(おうさか)の集落である。

   この五輪塔は以前は山中に在ったもので、現
  在は集落の上部に手厚く祭られている。
   空輪の宝珠には、鎌倉時代の蓮のつぼみのよ
  うなふくよかさに替わって、玉ねぎのような軽
  やかさが見られる。
   火輪の屋根の軒の反りは鎌倉後期の面影を残
  してはいるが、降棟の下部が強く反り上がって
  おり、これは明らかに南北朝以降の様式を示し
  ていると言える。
   水輪はやや華奢な感じのする球形で、下部が
  少しほっそりとしている。これも鎌倉期のもの
  とは違った優雅さを示しているように思える。
   五輪の四方門を表わす梵字は全く刻まれてお
  らず、地輪にのみ、この地の人達の結衆によっ
  て延元元年 (1336) 南北朝初期に造立された旨
  が刻まれている。

   五輪塔のシルエットはいずれも上から、宝珠
  ・半円・三角・円・四角、というワン・パター
  ンであるにもかかわらず、眉毛・目・鼻・口で
  成り立つ人間の顔の如く、千差万別の個性にひ
  とつとして同じものの存在しない面白さが感じ
  られる。そしてそこに、時代が示す様式の違い
  が加わって複雑怪奇な特性を示す五輪塔の魅力
  を、改めて感じた次第である。
                     

     
   
     忍頂寺五輪塔 (大阪府茨木市忍頂寺)
      
      
     その日、私達は京都亀岡市の庭園や石造美術
  を探訪した後、大阪へ向かって車を走らせてい
  た。車のナヴィは県道豊中亀岡線を選定してい
  たが、途中の清阪峠を越えたあたりで忍頂寺と
  いう字名を偶然見つけたのだった。小生の「石
  造探訪リスト」に記されたお寺の名だった。
   8世紀に行基によって創建されたという古刹
  だが、現在は唯一残った子院の寿命院が本堂と
  なっている。

   五輪塔は、本堂横から登った高台に据えられ
  ている。高さが
230cm近くもある巨大な五輪塔
  で、先ずはその大きさに驚愕させられる。
   空・風輪には、いかにも鎌倉的な落ち着きが
  感じられる。梵字は全く刻まれていない。
   火輪(笠)は特徴的で、軒の反りが両端でき
  つく、更に厚みを増やしている。屋根の降棟の
  傾斜も先端で強く反り返っており、どうも鎌倉
  期のものではなさそうに感じられた。あまり好
  みではなかったが、軒裏に一段の垂木型が彫り
  出されており、五輪塔には珍しいので笠は別物
  か、という疑問がちらついていた。しかし、こ
  れだけの大型塔で均整が取れていることから、
  その説はすぐに撤回することとした。
   水輪はやや扁平な壺形で、その下の地輪は複
  弁反花座に載っており、大きな文字で銘文が彫
  られている。元亨辛酉という年号から、元亨元
  年 (1321) 鎌倉後期に造立された事が知れる。
                     

      
   
     都島神社三重宝篋印塔 (大阪市都島区都島本通)
      
      
     都島の中心に鎮座する由緒有る神社で、天照
  大神や応神天皇など十五柱を祀る事からかつて
  は十五神社と称していたが、昭和
18年に現在
  の都島神社と改称されている。

   宝篋印塔が神社の境内に建っている姿からは
  妙に妖しい雰囲気が感じられたが、大阪最古の
  石造美術と聞いて、この石塔がたどったであろ
  う激動の歴史に思いを馳せてしまった。
   三重宝篋印塔の事例は、次掲の豊中金禅寺や
  宝珠寺、近江石山寺などに限られるが、その中
  では最古の在銘塔である。

   相輪は完存形で、宝珠から伏鉢までが揃って
  第三重の笠の上五段に載っている。
   第二重、第三重(初重)いずれも上二段、下
  二段で、やや荒削りながら隅飾が軒口と一体に
  なった古式であり、反りの無い垂直に立った形
  は鎌倉期の制作を想定させてくれる。内側は一
  弧で装飾のない無地である。
   三つの笠の姿はなんとも古風で、落ち着いた
  石塔の美しさを示している。
   三層の軸部(塔身)にやや物足りなさが感じ
  られるのは、実は軸部と相輪は喪失しており現
  在のものは後に復元されたものだそうだ。
   上二段の基礎は当初のもので、銘文と共に嘉
  元二年
(1304) 鎌倉後期の年号が刻まれている。
   創建当初のものは笠と基礎だけだが、鎌倉期
  の石塔が持つ格別な重厚感を十分に備えた遺品
  である。
               

      
   
     金禅寺三重宝篋印塔 (大阪府豊中市新免)
      
      
   そもそも宝篋印塔を三層に重ねる、という意匠
  そのものに違和感を覚えていた。だが、三重塔の
  屋根の部分を、宝篋印塔の段と隅飾に置き換えた
  もの、と考え直して訪ねてみることにした。
   阪急豊中駅から山手へ少し行った所にある寺で、
  三重宝篋印塔は本堂の石段左手に建っていた。
   石山寺や都島神社に類例は在るが、ここでは特
  に、相輪以外が完備している事や、初重の塔身に
  阿弥陀如来像が彫られていることに感激した。

   基礎部分に銘が在り、貞和五年 (1349) つまり
  南北朝初期に当たる年号が彫られている。
   最大の特徴は塔身で、正面は阿弥陀如来の坐像
  が陽刻されているのだが、他の面には梵字が彫ら
  れていた。左から「アク・ウーン・サ」と読むこ
  とが出来た。これはあまり見かけない組み合わせ
  だが、「サ(観音)」が「タラーク(宝生)」に
  変れば、通例の金剛界四仏になる。
   どういった解釈が成されたものかは不明だ。
   三重の笠が上へ行くほど小さくなっていくのは
  条理だが、こうして見ると微妙な意匠で逓減させ
  ていることが判る。

   豊中には宝珠寺というお寺にも、銘は無いが南
  北朝初期とされる三重宝篋印塔があり、何らかの
  地域的な宗教観や石工技術が存在したのかもしれ
  ない。
     

  New    
   
     宝珠寺三重宝篋印塔 (大阪府豊中市熊野町)
      
      
     宝珠寺には、前述の金禅寺に似た、三重の宝
  篋印塔が保存されている。金禅寺から更に東へ
  行った熊野町に在る、浄土宗の寺院である。

   石塔は、本堂の西側にある墓地内の、塀に囲
  まれた場所に手厚く保護されていた。
   三重の宝篋印塔は、写真のように二基が並立
  しており、とても壮観だった。

   東塔(右側)は、無地の基礎に二段、初重軸
  部(塔身)の四面は無地。笠は、最上部が上六
  段で、隅飾は三層共に一弧で無地、やや直立し
  ている。相輪は九輪の上下が失われている。

   西塔(左側)は、基礎正面に二僧の並坐像、
  二段上に四方仏を半肉彫した塔身が特徴。
   笠最上部は、上五段で下は東塔と同様に二段
  になっている。隅飾は三層共に二弧で無地、反
  り具合は東塔よりやや大きいと見られるが、二
  層目の外側への反り方にはやや違和感が感じら
  れる。改造された形跡なのだろうか。
   笠の下二層は、東西いずれも上下二段の構成
  となっている。
   相輪は、東塔では九輪と請花以外が喪失、西
  塔は九輪の最上部より上の請花や宝珠が失われ
  ている。

   三重宝篋印塔の事例は、豊中の二例と都島神
  社、石山寺が著名だが、希少な石造美術として
  貴重である。   
                                 

  New    
   
     無二寺宝篋印塔 (大阪府池田市古江町)
      
      
     池田市は猪名川を挟んで兵庫県の川西市に隣
  接しており、無二寺はその中央部に在る曹洞宗
  の禅刹である。
   境内に続く墓域の山寄りに、この特徴的な宝
  篋印塔が建っている。ひと目で、上から下まで
  が完存する秀麗な塔であることが判る。

   相輪は上から、宝珠、請花、九輪、請花、伏
  鉢が見事に残っている。伏鉢の背が高いことは
  やや時代が下がっていることを示している。
   笠は上六段下二段で、四隅の隅飾りが大変珍
  しい。輪郭を巻いた二弧は普通だが、中に蓮座
  に坐す渦巻状の蕨手文が意匠されている。ほと
  んど類例を見た記憶が無い程珍しいだろう。

   塔身の四方には、月輪の中に金剛界四仏の種
  子(梵字)が薬研彫りされている。陰になって
  写真では見えないが、正面に写っているタラー
  ク(宝生)の裏側は、従来はアク(不空成就)
  である。しかし、ここでは何故か、正体不明の
  梵字が彫られていた。タラン(金剛幢)という
  説が有力だが、単にタンとも読めそうであるが
  判然としない。
   基礎上の反花は背の高い見事な複弁で、基礎
  三面に輪郭を巻いた中に格狭間が意匠されてい
  る。東面に貞和五年(1349)南北朝中期の年号を
  見ることが出来る。時代は下がるが、完璧な秀
  塔のひとつと見るべきだろう。
                                 

    
     
     勝尾寺五輪塔 (大阪府箕面市粟生)
             
           
   箕面の応頂山勝尾寺は、西国三十三ケ所観音霊
  場巡りの第二十三番札所である。
   近年の観光化は著しく、巡礼者にも入山には拝
  観料がかかる。山門をくぐると、歓迎の意味なの
  か噴水が上り、水煙がたちこめる仕掛けがしてあ
  る。霊場がテーマパーク化しているかの様相だが、
  「これも仏縁」と言うには、ちょっと違った方向
  を目指しているように見えてならない。

   御本尊の十一面千手観音に詣でた後、私達は伽
  藍の横から奥の院へと通じる石段を登って行った。
  写真の五輪塔にたどり着くまでには、相当の石段
  に汗を流さねばならず、あんなに大勢いた観光客
  の姿はここには全く見当たらない。

   久しぶりに見る抜群の造形美に、私達は思わず
  見惚れてしまっていた。
   剛毅さの中に、大らかな気品とはかなさを感じ
  させる静かな存在感。
   誰もが蓮の花の蕾と称する宝珠(空輪)が大ら
  かであり、火輪(笠)の屋根の勾配や軒の反りが
  泰然と緩やかで、水輪が少し歪んだ球形であるこ
  と、などからは、この五輪塔が平安末期の上質な
  品性を遺伝子的に受け継ぎながら、鎌倉期の磊落
  な造形へと進んでいく過程で咲いた大輪、といっ
  たイメージを受けた。

   四方の梵字は五輪塔四方門種子で、浅い薬研彫
  りの書体はやはり気品に満ちている。   
         

      
   
     地黄丸山九重塔 (大阪府能勢町地黄)
      
      
     能勢妙見で知られる能勢町は、大阪府の北端
  の町である。地黄はその東南端に位置する山間
  の地で、多田源氏の末裔とされる能勢一族が本
  拠とした丸山城の跡が残っている。
   旧丸山城の大手登り口付近の藪の中に、金網
  に囲まれた一画が在り、数基の石塔が保存され
  ていた。
   写真は、その内の石造九重塔と、手前の宝篋
  印塔である。

   九重塔は、相輪を失っているが、美しい九重
  の屋根と塔身などは完璧に残されている。
   逓減率の美しいこと、屋根の軒口両端の反り
  がいかにも美しいことが、間違いなく鎌倉期の
  古風な良さを示していると感じた。
   柵内に入れないので詳細は見えなかったが、
  説名の案内板によれば基礎の部分に弘安十一年
  
(1288) 鎌倉中期 という素晴らしい年号が彫っ
  てあるそうだ。さらに、各層の屋根の軒裏に薄
  いものの一重の垂木型が作り出されているとの
  ことで、格調の高い古石塔であることを物語っ
  ている。
   塔身の四方に梵字が彫られており、キリーク
  やアクなどが確認出来るので、金剛界四仏の種
  子だろうと思われた。

   手前の宝篋印塔は、相輪は別物のようだが、
  全体に均整の取れた上品な塔と思われる。
   銘文には延文五年
(1360) の年号があるそう
  で、南北朝前期の作である。
                     

     
   
     名月峠宝篋印塔 (大阪府能勢町)
      
      
     名月峠は能勢町の中央を南北に走る丘陵を越
  える峠のひとつで、名月姫の伝説の残る情緒に
  満ちた場所である。
   能勢町は板碑なども含めまことに石造美術の
  宝庫であり、この名月峠にもその姫の墓と伝え
  られる宝篋印塔が残されていた。
   鬱蒼とした杉木立の中に建つ、苔むした古石
  塔の佇まいが素晴らしかった。

   相輪の上部は欠落している。
   笠は上六段、下二段で、隅飾は一部崩壊して
  いるが二弧輪郭付きで、写真では良く見えない
  が、耳の各面に一片づつの散蓮華が意匠されて
  いるのである。こんなデザインは見たことが無
  いが、能勢一帯には隅飾面に近江の蓮華紋様を
  浮彫した事例が多いとのことである。
   塔身部分には、蓮華座に載る月輪内に、金剛
  界四仏の種子(梵字)が薬研彫りされている。
  写真の梵字は「アク」で、不空成就如来を象徴
  している。時計回りに、ウーン(阿しゅく)、
  タラーク(宝生)、キリーク(阿弥陀)が彫ら
  れている。
   基礎の上は二段で、四面とも輪郭を巻いた中
  に格狭間が意匠されている。
   年号は刻まれていないが、鎌倉後期を示す典
  型的な宝篋印塔のひとつと言えるだろう。
   両側の五輪塔は室町期の作である。
                     

      
   
     興徳寺宝篋印塔 (大阪府能勢町野間)
      
      
     能勢妙見を初めとして、能勢町に日蓮宗寺院
  が数多く集中しているのは、桃山時代に能勢妙
  見を篤く信仰していた能勢頼次が、強制的に改
  宗を勧めたためと言われる。
   この興徳寺も現在は日蓮宗だが、かつては天
  台寺院であったという。
   本堂の背後、墓地の入口右側に、天台時代の
  遺構ともいうべき石塔類が並べられている。

   白眉は写真の宝篋印塔で、永仁四年 (1296)
  という、鎌倉後期だがかなり中期に近い年号を
  有しており、府内最古の宝篋印塔とされている
  のである。

   相輪が喪失しているのは残念だが、上六段下
  二段の笠は堂々としており、小柄な塔ながら迫
  力ある造形を示している。
   隅飾は輪郭を巻いた一弧で、この時代の割に
  は微かだが外側へ反っている。バランス感の優
  れた美しい笠である。
   塔身には、輪郭を巻いた中に、金剛界四仏の
  種子(梵字)が彫られている。写真の正面はア
  ク(不空成就)で、左隣はウーン(阿しゅく)
  である。
   上二段の基礎は全くの無地だが、石塔全体の
  姿が、鎌倉中期的な品性を感じさせる秀塔と言
  えるだろう。
                     

  New     
       
     満願寺九重塔 (兵庫県川西市満願寺町)
    
    
   宝塚市と川西市の境界線は複雑だが、満願
  寺町は宝塚市にくい込んだ飛地である。
   満願寺は奈良時代に勝道上人によって開基
  された真言宗の古刹で、多田源氏の祖満仲が
  帰依したので源氏の信仰が篤かったという。

   写真の九重塔は金堂の左手に建っており、
  貴重な九重石塔として国の重要文化財に指定
  されている。
   基礎は粗い仕上がりの無地である。
   初重軸部には四方仏が梵字で刻まれている
  が、類例を見ない珍しい組み合わせになって
  いる。写真は西側のキリーク(弥陀)で、時
  計回りに北側ウーン(阿しゅく)、東側バイ
  (薬師)、南側アーン(胎蔵界大日)となっ
  ているのである。
   北側の梵字ウーンの横に銘文があり、正応
  六年(1293)鎌倉後期の年号が確認されている
  そうだ。後期でも、最も中期に近い年号で、
  随所にそれらしい特徴を見ることが出来る。
   屋根幅の低減率が高く、上へ行くほど幅が
  小さくなっており塔の躍動感を生んでいる。
   軒口はそれ程厚くなく緩い曲線で、両端に
  も急な反り上がりは少ない。
   相輪には一部後補が施されている。
   様式化されていく一歩手前の、中期ならで
  はの品格ある落ち着きが見られる秀塔だと思
  う。
                                 

  New    
   
     普光寺宝篋印塔 (兵庫県宝塚市長谷北畑)
      
      
     宝塚市の最西北端で、神戸市の水源ともなっ
  ている千刈水源地に面した山間の里である。
   現在はローカルな寺院にしか見えないが、奈
  良期養老年間に創建された、かつては大規模な
  寺域を誇る名刹であった。

   宝篋印塔は、本堂の右手のやや小高い場所に
  建っているので、すぐに見つかるだろう。
   何故か、塔全体が数段の基盤の上に乗ってい
  るが、勿論当初からのものではないだろう。
   宝篋印塔の基礎より下は、単弁の反花も含め
  江戸期に後補されたものである。

   基礎は輪郭を巻いた中に格狭間が意匠されて
  おり、観応元年(1350)南北朝初期の年号が確認
  されている。
   基礎上の複弁反花に載る塔身はやや華奢で、
  月輪の中に金剛界四方仏の種子が薬研彫りされ
  ている。南北朝という時代性なのか、筆致がや
  や貧弱に見えるのは致し方ないところだろう。

   笠は下二段で、上七段が珍しい。隅飾は二弧
  で、輪郭を巻いた中は無地である。
   相輪は、下から伏鉢、請花、九輪、請花まで
  が揃っているが、先端の宝珠だけが欠落してい
  る。豪放な相輪で、鎌倉期の面影を伝える素晴
  らしい遺構だろう。
   迫力には欠けるが、全体的に均整の取れた秀
  麗な宝篋印塔である。   
                                 

  New    
   
     八幡神社宝篋印塔 (兵庫県宝塚市波豆谷田東掛)
      
      
     昭和6年の波豆川を堰き止めた千刈ダムの建
  設で、水源地のダム湖が出来たため、波豆の集
  落は高所への移転を余儀なくされた。この神社
  は背後の山丘の上に建っていたので移転はしな
  いで済んだが、鳥居などは移転したようだ。

   ダム湖を見晴らす境内の一画に、石造美術品
  を並べた一画が設けられている。旧集落にあっ
  た金福寺から移転したものである。
   写真は、明徳二年(1391)南北朝最末期の年号
  が記された宝篋印塔である。
   写真の基礎は輪郭を巻いた中に格狭間だが、
  右正面のみ近江文様の三茎蓮が彫られている。
   塔身には金剛界四仏の種子、笠は下二段上六
  段で、輪郭付き二弧の隅飾はかなり外側へ反っ
  ている。
   背の高い伏鉢が時代を象徴。相輪はやや見栄
  えの悪い形へと変遷していた時代なのだろう。

   他に、康永二年(1343)南北朝初期の五輪塔、
  嘉暦三年(1328)鎌倉末期の三尊種子板碑、室町
  期の宝篋印塔、笠塔婆などが集中して祀られて
  いる。正に「石造美術館」と言えそうである。
                                 

  New    
   
     普明寺笠塔婆 (兵庫県宝塚市波豆向井山)
      
      
     ダムに架かる普明寺橋を渡って、お寺に至る
  対岸の急斜面を登る。
   参道途中の右手高台に墓地があり、そこに写
  真の笠塔婆が二基建っていた。ひと目で、美し
  い梵字の筆致に魅了されてしまう。

   左側の塔は笠が残っており、ほぼ完存してい
  るといえるだろう。
   上部の梵字は整然とした筆致で、梵字のお手
  本のように綺麗である。鎌倉期の豪放さとは全
  く異質の美しさだろう。
   上がキリーク(阿弥陀)一字で、下は右にサ
  (観音)左にサク(勢至)、つまり阿弥陀三尊
  を表した塔婆なのである。
   梵字の下、中央に正平十九年(1364)南北朝中
  期の年号が刻まれている。孝子の文字も見える
  ので、両親を供養した塔婆だったのだろう。
   正平十九年は南朝の年号で、北朝の貞治三年
  に相当する。南朝表記は珍しい。

   右側の塔は笠を喪失しているが、梵字の薬研
  彫りはキリリとして魅力的である。
   上がバン(金剛界大日)。下はウーンで様々
  な主尊を象徴するので難しいが、阿閦(あしゅ
  く)とするのが普通だろう。降三世明王、愛染
  明王、馬頭観音などにも用いられる多様な性質
  を持った種子なのである。
   年号の表記は見られなかった。

   墓地の左奥に建つ、室町期の形の整った宝篋
  印塔も見逃せない。
                                 

      
   
     素盞鳴尊神社十三重塔 (兵庫県尼崎市武庫元町)
      
      
     尼崎周辺は、須佐男(素盞鳴尊)スサノオと
  名のつく神社が、あちこちに幾つも存在する不
  思議な地域である。この石塔の建つ須佐男神社
  はかつての西武庫に位置している。
   神社の境内とはいえ、周辺が完全に宅地化さ
  れてしまったために、背後の景観は石塔の建つ
  雰囲気に全く似つかわしくないものとなってし
  まっている。

   境内の右隅、駐車場に隣接して建つ本塔は、
  高さが
5m近い堂々とした秀麗な塔である。
   最初に気が付いたのは、塔身(初重軸部)に
  あるはずの彫刻が見られないことだった。何と
  阪神大震災による破損の修理準備中に、その塔
  身が盗まれてしまったとのことだった。
   塔身に半肉彫された釈迦、阿弥陀、地蔵とい
  う珍しい組み合わせに興味があったので、残念
  でたまらない。また、銘文も彫られており、元
  応二年 (1320) 鎌倉後期という年号が確認出来
  たそうである。石造美術愛好家として、一日も
  早い返却を望むものである。
   相輪は後補なので、当初のものは笠と二層目
  より上の軸部だけとなるのだが、各屋根の幅の
  美しい逓減率と、軒口両端での反り加減が示す
  いかにも鎌倉後期らしい風貌は、一級品のみが
  持っている格別の光を放っている。
                     

      
   
     常春寺宝篋印塔 (兵庫県尼崎市水堂町)
      
      
     前述の武庫地区とは東南に隣接する町で、
  古墳や代官屋敷など多くの歴史的名所がある
  古い集落である。
   この寺は、集落の中に隠れるようにして建
  つ小さな寺で、かつて水堂集落の路傍に建っ
  ていたこの宝篋印塔が、現在は境内の一画に
  安置されている。

   相輪は、上部の宝珠・請花が崩落している
  が、九輪と請花、そして大きな伏鉢が特徴的
  である。
   上六段下二段の笠は重厚だが、隅飾が一部
  破損している。輪郭を巻いた二弧の隅飾で、
  中に月輪を置き梵字を彫りこんでいる。外側
  への傾斜がやや強いのは時代性だろう。
   塔身は複弁の反花座に載っており、連座に
  載る月輪内に金剛界四仏を表わす梵字が四面
  に彫られている。筆致はかなり弱々しく、鎌
  倉期の豪放な薬研彫りには遠く及ばない。
   基礎は、基盤に彫られた複弁反花座の上に
  載っており、上下に意匠された蓮弁はまこと
  に豪華で、この宝篋印塔の施主の格を示して
  いるのかもしれない。
   基礎正面には、輪郭を巻いた中に格狭間が
  意匠され、中に近江紋様の愛らしい宝瓶三茎
  蓮が浮彫されている。他の三面は、格狭間の
  みで中は無地になっている。
   銘文は無く、制作年代は不明だが、相輪の
  形式や隅飾の傾斜具合、梵字の筆致などから
  は、南北朝中期あたりと考えるのが妥当だろ
  うと思う。
                     

      
   
     如来院笠塔婆 (兵庫県尼崎市寺町)
      
      
     阪神電車の尼崎駅から西南一帯は、文字通
  り各宗派の寺院が建ち並ぶ静かな地区で、こ
  のお寺はその中心部に位置している。

   門を入った境内の右壁際に、写真の笠塔婆
  が建っている。
   名月姫の供養塔という伝承があるそうで、
  何かの縁なのかと、能勢で見た名月姫の墓と
  される宝篋印塔を思い出していた。

   上部が欠落しているので、当然笠の部分は
  不明である。
   塔身上部に、見事な地蔵菩薩立像が、連座
  に載った姿で半肉彫されている。
   その下に願文が刻まれており、両親の三十
  三回遠忌を祈願する旨が、嘉暦二年 (1327)
  鎌倉後期という年号と共に記されている。
   最下部の図像は、格狭間の彫られた台に座
  って合掌する両親らしき像が彫られている。
   塔身の他の三面には、書体を変えた「南無
  妙法蓮華経」の六字名号が意匠されている。
   さらに注目すべきは基礎部分で、特に正面
  には、二区それぞれに一羽づつの近江孔雀が
  向き合って彫られている。孔雀が半分地面に
  埋まってしまっているのが残念だったが、稀
  に見る優雅な笠塔婆の意匠にしばし見惚れて
  しまっていた。
                     

     
   
     清盛塚十三重塔 (兵庫県神戸市兵庫区切戸町)
      
      
     平清盛が行った福原遷都の中心となった大
  輪田泊は、現在の兵庫区にある新川運河あた
  りとされている。
   中央市場へと通じる大輪田橋はその運河に
  架かる橋で、清盛塚と呼ばれる写真の石塔は
  その橋の西側の一画に祀られている。
   市電敷設に伴い現在地へと移転したそうだ
  が、その際の調査で墓碑ではなく供養塔であ
  ったことが判明しているそうである。

   高さは相輪を除いて
8.5mという堂々たる十
  三重塔で、基礎の南面に弘安九年 (1286) と
  いう年号が彫られているのが判る。鎌倉中期
  から後期へと移行していく時代の作である。
   相輪は古いものではなく、初重軸部(塔身)
  には梵字などの彫刻も無いが、屋根の軒口の
  厚さと両端の反りに、鎌倉中期の気品と後期
  の剛毅な力強さを見ることが出来る。
   屋根の一部が破損したり補修されているの
  で、方向によってややちぐはぐな部分もある
  が、総体的なシルエットは屋根の幅の逓減率
  が古典的であり、上に行くほどかなり小さく
  なっていくのでとても自然で美しい。
   本塔と清盛が直接結びつく根拠は希薄だが、
  宋との貿易の中心だった大輪田泊近くに建つ
  この塔を見ながら、稀代の革命児平清盛を想
  うのも一興だろう。  
                     

  New    
   
     真光寺五輪塔 (兵庫県神戸市兵庫区松原通)
      
      
     遊行で知られる一遍上人入寂の地とされる
  時宗の寺院で、前述の清盛塚のすぐ西側に位
  置している。
   境内は広いが、阪神大震災で強烈な被災を
  受けた。現在は見事に復旧している。

   山門を入った左手に、無縁仏を祀った塚と
  並んで、玉垣に囲まれた一遍上人の廟所が設
  けられており、中央に写真の五輪塔が建って
  いる。五輪各部の石材の色が多様だが、震災
  の影響があったのだろうか。

   二段の基壇に載っており、上部は単弁の反
  花が意匠されている。
   基礎(地輪)は四方共無地で、やや欠けた
  箇所が見られる。
   塔身(水輪)はふっくらした球形で、焼け
  焦げたような色をしている。震災で崩落した
  際に、一遍上人の骨片と思われる骨の入った
  壺が出たのだそうだ。
   笠(火輪)は柔らかな曲線だが、屋根の勾
  配はやや強く、軒の反りは泰然としている。
   宝珠(空輪)と請花(風輪)は一石から彫
  られており、宝珠はやや扁平になっている。

   均整の取れた秀麗な塔で、様々な要素を考
  えると限りなく鎌倉末期に近い南北朝初期、
  というのが小生の結論だった。
                                 

  New    
   
     須磨寺十三重塔 (兵庫県神戸市須磨区須磨寺町)
      
      
     須磨の海岸から程近い山麓に建つ名刹で、
  正式には福祥寺という真言宗須磨寺派の大本
  山である。

   写真の石造十三重塔は、本堂の東に建つ護
  摩堂の脇の泉水の中に建っている。
   元は大和山辺郡のお寺に在ったものだが、
  数人の所有者の手を経て福祥寺に寄贈された
  という。

   基礎北面の中央に、嘉暦二年(1327)鎌倉末
  期の年号が確認出来る。
   初重軸部(塔身)部分には、鎌倉らしい剛
  健な筆致の梵字が、見事な薬研彫りで表現さ
  れている。金剛界四仏で、写真に見えるのは
  ウーン(阿しゅく)である。
   十三重の屋根は、その幅が上へ向かって減
  少する低減率がまあまあで、鎌倉末期らしい
  特徴を示している。軒の反り具合は、両端が
  反り上がった形式で、これも鎌倉末期から南
  北朝初期に見られる特徴である。

   相輪は露盤の上に立てられており、上から
  宝珠、珍しい水煙、九輪、請花と揃っている
  が、伏鉢は喪失しているようだ。
   震災で完全に崩壊したことも影響している
  のだろうか。
                                 

  New    
   
     久昌寺宝篋印塔 (兵庫県神戸市垂水区下畑町)
      
      
     須磨区に隣接する垂水区の東端地区で、急
  速に開発された住宅地に囲まれている。
   久昌寺は臨済宗の禅刹だが、本堂裏手に保
  存されている写真の宝篋印塔は、一遍上人に
  関係した時宗の僧集団によって建立されたも
  のである。元来は、近隣の路傍に立てられて
  いた石塔であるという。
   切石の基壇に載るこの宝篋印塔の姿は何と
  も清雅であり、一遍上人の供養塔ではないか
  と言われるのもうなづける気がした。

   基礎は、輪郭を巻いた中に格狭間を意匠し
  ており、輪郭部分に観応三年(1352)南北朝前
  期の年号が刻まれている。格狭間の形がやや
  窮屈に感じられるのは、この時代らしいから
  とも言えるだろう。
   複弁の反花の上に塔身が載っている。金剛
  界四仏の種子が薬研彫りされているが、写真
  はタラーク(宝生)である。写真には写って
  いないが、アク(不空成就)とウン(阿しゅ
  く)は具足点で荘厳されてアーンク、ウーン
  となっているのが珍しい。
   笠は上六段下二段で、輪郭付き二弧の隅飾
  の中に四天王と四菩薩の種子が月輪内に彫ら
  れている。やや外側へ向いて反っている。
   相輪は完存しており、この時代を代表する
  ような秀逸な宝篋印塔だといえる。
                                 

  New    
   
     旧遊女塚宝篋印塔 (兵庫県神戸市垂水区仲田町)
      
      
     JR垂水から北へ少し行った西垂水共同墓
  地に、写真のような驚くほど立派な宝篋印塔
  が建っていた。
   かつては山陽道の路傍に在った遊女の供養
  塔と伝わるが、並々ならぬ目的で建立された
  由緒を秘めているものと思われる。

   三段の切石基壇に載る石塔全体が、4mに
  も及ぶ巨大な宝篋印塔である。
   基礎は二区に仕切られ、格狭間が意匠され
  ている。基礎北面に建武四年(1337)南北朝初
  期の年号が、他の面には塔建立の趣旨が記さ
  れている。
   二段の上に塔身が載り、四方に金剛界四仏
  の種子が彫られている。写真は南面のタラー
  ク(宝生)である。
   笠は上六段下二段で、それぞれが別石であ
  る。隅飾は輪郭を巻いた三弧で、中に陽刻さ
  れた月輪に梵字が彫られている。並々ならな
  いと感じたのはこの部分で、隅飾八面の梵字
  が四天王と、中台八葉院という曼荼羅に記さ
  れた四菩薩の種子が交互に彫られていること
  だった。この曼荼羅を散りばめたような内容
  を持つ石塔は、荘厳の内容からもその造立に
  はそれなりの高潔な意思が感じられる。
   相輪の請花が欠落しているのが惜しいが、
  鎌倉期に近い見応えのある宝篋印塔のひとつ
  だろう。
                                 

      
   
     藍那五輪卒塔婆 (兵庫県神戸市北区山田町)
      
      
     神戸電鉄粟生線の藍那駅から県道
  を隔てて直ぐの北斜面に、写真のよ
  うな七基の五輪卒塔婆と五輪塔、宝
  塔などが一列に並んでいる。
   現在の形に並べられたのは近代の
  ことで、従前の写真では、宝塔を中
  心として七基の卒塔婆がこれを囲む
  ように建てられていたのだそうだ。
   かつての墓地の、この地ならでは
  の供養のスタイルだったのだろう。
   卒塔婆先端の五輪は、火輪の屋根
  の傾斜がきつく、軒反りに魅力は感
  じられず、水輪は扁平な球形なので
  見るからに弱々しい。
   一基のみであれば大きな評価は出
  来ないが、七基全体が作り出す面妖
  な空間が気に入ってしまった。
   宝塔も含め、南北朝前期の作と考
  えられる。
   線路の反対側(藍那下手)のお宅
  の庭先にも、南北朝期と思える宝篋
  印塔が残されていた。
                     

  New    
   
     畑ノ辻宝篋印塔 (兵庫県神戸市北区山田町原野)
      
      
     阪神高速北神戸線の箕谷インターを出て西へ
  直ぐの辺り、大滝橋というバス停の近くに大滝
  地蔵尊のお堂が建っている。その東側の一画に
  写真の宝篋印塔が祀られている。

   康安元年(1361)南北朝中期の年号が刻まれて
  いるらしいのだが、確認は出来なかった。
   宝珠から伏鉢までの相輪が完存しており、堂
  々とした中に清雅な佇まいを見せている。
   笠は上六段下二段で、隅飾は輪郭を巻いた二
  弧である。やや外側に反っている。いかにも南
  北朝らしい反り方だろう。中には八面全て、月
  輪の中に梵字アが彫られている。

   塔身には、胎蔵界四仏の種子が彫られている
  のが珍しいだろう。写真は西面で、本来はアン
  である筈なのだが、この面のみ金剛界の弥陀を
  象徴するキリークが彫られている。他の面には
  時計回りで、アク(天鼓雷音)、ア(宝幢)、
  アー(開敷華王)が薬研彫りされている。

   複弁の反花の下に基礎が設けられているが、
  四方を輪郭で巻き、中に格狭間を彫っている。
  更にその中には近江文様の開蓮華が半肉彫され
  ており、写真の西側だけに宝瓶三茎蓮が意匠さ
  れている。
                                 

  New    
   
     清光寺宝篋印塔 (兵庫県神戸市北区山田町中)
      
      
     前述の畑ノ辻から、西へ向かって2キロ直進
  した左手の小高い丘の上に、真言宗の清光寺の
  本堂が見えてくる。
   境内西側の見晴らしの良い場所に、整然とし
  た宝篋印塔が建っていた。
   ひと目見た途端に、先ほど見た畑ノ辻の宝篋
  印塔にとても似ているなと感じた。
   
   こちらは四段の立派な基壇に載っているが、
  建立年代を示す銘文は見当たらない。
   基礎の四方を見ると、畑ノ辻と全く同じ意匠
  が用いられている。写真は南面と東面で、近江
  文様の開蓮華が格狭間の中に彫られている。

   複弁反花の上に塔身が載るのは同じだが、こ
  ちらの梵字は蓮華座に載る金剛界四仏で、写真
  は右がウーン(阿しゅく)、左がタラーク(宝
  生)である。他は時計回りに、キリーク(阿弥
  陀)、アク(不空成就)である。
   畑ノ辻との違いは、この部分が大きい。

   笠の意匠、相輪の形状など、瓜二つと言える
  ほど似ており、おそらくは同じ作者(石工)の
  手になるものだろう。ただ、梵字の筆跡が違う
  ので、同時代の作とだけ言うことにする。
   塔身の幅に比して、笠の幅が畑の辻より狭い
  印象は受ける。畑の辻の方が好みではある。   
                                 

  New    
   
     常楽寺宝塔 (兵庫県加古川市大野)
      
      
     JR加古川線日岡駅の東側、日岡山公園の山
  裾に在る真言宗の寺院である。
   境内の入口に層塔や石仏が並んでいるので、
  期待を抱かせる雰囲気になってくる。

   裏手の墓地入口付近に、写真の様な独特のオ
  ーラを放つ宝塔が、これも格別の風情を示す二
  基の五輪塔に挟まれて建っていた。

   高さが2.5mという大型の宝塔で、塔身の
  どこかに正和四年(1315)鎌倉後期という年号が
  彫られているらしい。
   基礎は、神戸の遊女塚宝篋印塔と同じ二区格
  狭間の意匠である。
   塔身胴部には、扉形が四方ぐるりに彫られて
  いる。開扉や二仏並座は見られない。
   塔身首部は、縁板状の作り出しの上に二段の
  首部が設けられている。この辺りはとても繊細
  で美しい形を示している。
   それに比して、笠はとても重量感に満ちてお
  り、やや頭でっかちの印象は拭えない。軒は厚
  く、両端が極端に反り上がっている。これは鎌
  倉後期の特徴と言える。
   素晴らしいのは、屋根の降棟と屋根裏の二重
  の垂木型、隅木の意匠であり、鄭重な仕事が成
  されたことを示している。
   相輪上部が欠落しているが、意匠の珍しさも
  含め、貴重な鎌倉期の遺構である。
                                 

  New    
   
     報恩寺十三重塔 (兵庫県加古川市平荘町山角)
      
      
     平荘(へいそう)町は、日岡駅の次の神野
  (かんの)駅の北、加古川を隔てた対岸一帯
  の石造美術の宝庫である。

   平荘町の東端に山角という地区があり、報
  恩寺はそこに建つ森を背景にした真言宗の寺
  院である。明治の神仏分離前には、隣接する
  平之荘神社とは一体だったという。

   本堂左の墓地入口に、写真の十三重石塔が
  すっくと建っている。
   基礎は二石を合わせており、西面に「常勝
  寺、元応元年(1319)鎌倉後期という刻銘が確
  認出来る。常勝寺は不明だが、塔頭だった可
  能性もあるそうだ。
   初重軸部(塔身)には梵字や仏像などは見
  られず、素地のままである。事例は多いが、
  墨書だったという説もあるそうだ。

   各層の屋根幅は、鎌倉後期らしい美しい低
  減率を見せている。やはりこの時代の層塔の
  魅力は、上へ向かって伸びていく表現にある
  のだろうと思う。
   屋根の軒の厚いこと、両端が力強く反り上
  がっていることなどにも時代の特徴が表れて
  いる。
   陳腐な相輪は、勿論後補である。
                                 

  New    
   
     報恩寺五輪塔 (兵庫県加古川市平荘町山角)
      
      
     墓地から更に林の奥へ進ん
  だ所に、四基の形の良い五輪
  塔が並んでいる。写真は、左
  側の三基である。
   写真中央の五輪塔に、正和
  五年(1316)鎌倉後期の銘があ
  る。地輪(基礎)の北面に彫
  られているそうだが、うっか
  り確認し損なってしまった。
   水輪(塔身)は下が細る壺
  型である。笠(火輪)は屋根
  の軒厚く、両端が反り上がっ
  ている。
   空・風輪は一石で彫られて
  おり、特に空輪(宝珠)の形
  がふっくらとした理想的な姿
  を示している。
   写真左は室町期、右は無銘
  だが鎌倉末期、更に右のもう
  一基は南北朝中期の作である
  という。
   各時代の微妙な特徴の違い
  が学べる、実に良いテキスト
  だった。
                                 

  New    
   
     養老天満宮宝篋印塔 (兵庫県加古川市平荘町養老)
      
      
     報恩寺とは県道を隔てた反対側の養老地区に
  ある天満宮である。
   建築が新しいので、一体どこに中世の石造品
  が在るのか迷ってしまった。
   拝殿の右奥に倉庫の様な建物があり、更に陰
  になった塀際に写真の宝篋印塔がひっそりと建
  っていた。

   基壇は無く、基礎部分が直接地面に置かれて
  いた。基礎は四面共、輪郭を巻いた中に格狭間
  が彫られ、中央に近江文様の開蓮華が正に花開
  いている。応安三年(1370)南北朝中期の銘があ
  るらしいのだが、狭くて発見は出来なかった。

   二段の上に塔身が載っており、四方に金剛界
  四仏の種子が彫られている。蓮座や月輪は見ら
  れない。写真は南側から撮ったものだが、従来
  は北側に位置するアク(不空成就)が写ってい
  る。塔身の向きが裏返しになっているのだが、
  修復の際にでも置き違えたのだろうか。

   笠は上六段下二段で、隅飾は輪郭付き二弧、
  中の月輪内に梵字ア(胎蔵界大日)が彫られて
  いる。残念ながら、かなり摩耗が激しい。
   相輪は完全に失われており、全くの別物が載
  せられている。
   貴重な南北朝の遺構であり、細心の保全を祈
  念するものである。
                                 

  New    
   
     益気神社五輪塔 (兵庫県加古川市平荘町池尻)
      
      
     池尻は加古川に沿った平荘町の南端に当たる。
  神社は石段を登ったところに建っているが、建築
  に見るべき特徴は無い。
   お社の裏へ回り、雑木林を少し進んだ辺りに三
  基の石塔が建っていた。
   一番左に建ってたのが、目的の五輪塔である。
   すっきりとした佇まいで、鎌倉期の豪快さから
  見れば繊細で弱々しい印象は受ける。

   切石を組み合わせた二段の基壇に載っており、
  地輪(基礎)の中央に貞和五年(1349)南北朝前期
  の年号が確認出来る。
   水輪(塔身)はやや偏平な壺形でをしている。
   笠(火輪)の屋根はかなり急な勾配で、先端が
  大きく反っている。軒はほぼ水平で、両端が少し
  反っている。この笠の形は凡庸かもしれない。
   空輪(宝珠)と風輪(請花)は一石で彫られて
  いる。どちらも扁平で、膨らみの感じられない形
  には南北朝という時代の特性が反映しているのだ
  ろうと思われる。
   五輪それぞれの四方に、五輪塔四門の種子(梵
  字)が彫られている。写真の塔右面が発心門(上
  からキャ・カ・ラ・バ・ア)、左面が(キャー・
  カー・ラー・バー・アー)で発心門を表現してい
  る。時計回りに、菩提門、涅槃門と続いている。
   他の二基の塔はいずれも室町期の作で、時代ご
  との様式の変遷を学べるテキストとなるだろう。
                                 

  New    
   
     円福寺宝篋印塔 (兵庫県加古川市志方町高畑)
      
      
     志方町は加古川市北部の広大な町で、高畑はそ
  のほぼ中央に位置している。高砂と北条を結ぶ県
  道に面している。
   円福寺は、下克上の発端となったとされる嘉吉
  の乱で、悪名高い足利義教を討った赤松満祐の開
  基とされている浄土宗の寺院である。

   本堂前の左手に、写真の宝篋印塔が端正な雰囲
  気で建っている。
   三段の基盤と複弁反花の上に基礎が置かれてい
  る。基礎は四面共、輪郭を巻いた中に格狭間を陰
  刻、更にその中に近江の開蓮華を陽刻している。
  正面左側に銘文と共に年号が彫られており、康暦
  元年(1379)南北朝後期の制作が確認される。
   複弁反花の上に塔身が載り、四面に金剛界四仏
  の種子が月輪内に彫られている。やや線の細い筆
  致で、梵字の魅力は感じられない。写真の梵字は
  タラーク(宝生)である。
   笠は下二段上六段であり、隅飾は輪郭を巻いた
  二弧でやや外側への反りが大きい。特徴となるの
  は、隅飾内に陽刻された月輪に彫られた梵字だろ
  う。八方天という十二天の内の天部衆なのだが、
  東面隅飾の左から時計回りに八つの梵字が彫られ
  ている。写真は南面で、右にイー(帝釈天)左に
  ア(火天)が見える。
   相輪は全て後補で、オリジナルが塔の右手に置
  かれている。下部は欠落したらしい。
                                 

  New    
   
     福田寺十三重塔 (兵庫県加古川市加古川町稲屋)
      
      
     加古川に近い集落の中に建つ曹洞宗の寺院で、聖
  徳太子の開基と伝わる古刹である。
   山門を入ったすぐ左手に、背の高い植木に囲まれ
  て、写真の石造十一重塔が建っている。上から四層
  目と五層目の間に段差が見られるので、おそらくは
  十三重塔であったと考えられる。

   基礎は見えにくいのだが、二区に輪郭を巻き、格
  狭間が意匠されていた。
   初重軸部(塔身)には、三面に仏像が舟形の中に
  浮彫されており、背面のみに梵字ウーンが彫られて
  いる。正面の脇に、正和二年(1313)鎌倉後期の年号
  が確認されているそうだ。
   屋根幅の下から上への低減率も理想的で、石造美
  術の成熟した年代を想定させる。軒両端の反りも程
  良く美しい。

   教育委員会の案内板が建っており、塔身の四方仏
  の表現に関して記してあった。正面(写真の部分か
  ?)は阿弥陀、左は弥勒、裏は梵字ウーン(阿しゅ
  く)、右は釈迦、とのことである。阿しゅくが薬師
  であれば顕教四仏と考えられるが、珍しい四如来の
  組み合わせである。西にあるべき阿弥陀が正面とい
  うのも妙だが、移築や補修の際に向きが変わってし
  まった可能性もある。左は不空成就、右は宝生とい
  う金剛界四仏の可能性は無いのだろうか。
                                 

  New    
   
     鶴林寺宝篋印塔 (兵庫県加古川市加古川町北在家)
      
      
     聖徳太子開基と伝わる古刹で、本堂や太子堂など
  の国宝を筆頭に重要な建物が境内に林立しており、
  俗に播磨の法隆寺と称されている。
   写真の宝篋印塔は、本堂の左手に建つ講堂の裏側
  の塀際にひっそりと建っている。余り注目はされて
  いない様子だった。

   二枚の切石の基壇に載っており、基礎には輪郭を
  巻いた中に格狭間が彫られている。正面の輪郭部分
  に、暦応二年(1339)南北朝初期の年号が確認されて
  いるが、実際には微かにそれらしい痕跡しか見るこ
  とが出来なかった。

   大小の複弁を交互に配した反花に、塔身部分が載
  っている。塔身には、蓮座に載る月輪の中に、金剛
  界四仏の種子が薬研彫りされている。梵字の筆致は
  鎌倉期のものに比べるとやや力弱くなっているが、
  南北朝時代という一時的な公家文化の影響だと解釈
  出来るだろう。
   笠は、下二段上六段で、隅飾は輪郭付の二弧、中
  は無地である。隅飾両端は外側に反っている。
   相輪部分は、伏鉢・請花と九輪の半分が残り、上
  部は欠落している。

   全体的には、宝篋印塔のスタンダードとも言えそ
  うな、至極常識的な意匠なのだが、各部の彫りがと
  ても深く端正で、際立った美しさを示している、と
  感じられた。
                                 

  New    
   
     時光寺宝篋印塔 (兵庫県高砂市時光寺町)
      
      
     高砂市の北部、JR曽根駅に近い阿弥陀という地
  名があり、時光寺町はその直ぐ隣の一画である。
   町の中心に文字通り時光寺という浄土宗の寺院が
  建っている。下記の時光坊が海中より阿弥陀像を引
  き上げたという伝説から、阿弥陀という地名が生ま
  れ、播磨の善光寺と呼ばれる時光寺の由来となった
  のだそうだ。

   立派な伽藍へと入る山門の前に、写真の宝篋印塔
  がキリリと建っていた。
   二段の基壇と複弁反花の上に建つ姿は端正なイメ
  ージなのだが、違和感を覚えるのは相輪で、どうし
  ても全体像に合っていない。案の定、後補だった。
  
   笠は上六段下二段で、隅飾は輪郭を巻いた二弧。
  中は陽刻された月輪内に梵字が陰刻されている。梵
  字の内容が、前述の加古川高畑の円福寺塔と同じ八
  方天の種子のように思えた。ア(火天)やエン(閻
  魔天)などが見えるからである。読めない梵字もあ
  ったので、確認がおろそかになってしまった。
   二段の下の塔身には、月輪に囲まれた金剛界四仏
  の種子が刻まれている。薬研彫りの美しい筆致で彫
  り込まれており、端正な佇まいの要因は梵字の見事
  さにも依るものだった。
   基礎には輪郭が巻かれ、中には格狭間、更に開蓮
  華が意匠されている。正面部分に康暦二年(1380)南
  北朝後期という年号が彫られており、円福寺塔の翌
  年に造立されたことになる。何らかの関連があった
  に違いないだろう。  
                                 

  New    
   
     大日寺五輪塔 (兵庫県高砂市阿弥陀町阿弥陀)
      
      
     先述の時光寺が管理する浄土宗の小さな末寺で、
  建造物が火災で焼失したため、現在はガランとした
  広場になっている。
   それにしても、阿弥陀町阿弥陀という地名には、
  かなりのインパクトが感じられる。

   旧境内の真ん中に、室町期の石仏と写真の五輪塔
  がポツンと並んで建っている。

   暦応五年(1342)南北朝初期という年号が確認出来
  ているそうである。
   上から、空輪と風輪は全体の姿からは異質で、ほ
  ぼ別物と考えてよさそうである。特に空輪(宝珠)
  の偏平な形が悪すぎるだろう。
   笠は、時代に相応しく、屋根は急勾配であり、軒
  両端の反りがとても大きい。
   水輪(塔身)は下膨れの球形で、どっしり座った
  大らかさが感じられる。

   明治期の地元では、南朝方の児島高徳の父範長の
  墓としての認定を役場に申し出たそうだが、暦応と
  いう北朝の年号との矛盾が解決出来ず、伝説の一つ
  として処理されたようである。

   銘文に、一結講中とあり、現世の安寧と極楽浄土
  への往生を祈念して、地元の有志が建てた供養塔だ
  ったのだろうと思われる。  
                                 

  New    
   
     阿弥陀墓地五輪塔 (兵庫県高砂市阿弥陀町阿弥陀)
      
      
     阿弥陀地区に在る共同墓地で、国道から少し北へ
  入った経塚山の南麓に広がっている。古墳も散在し
  ており、古代から現在までが受け継がれた貴重な共
  同墓地なのである。

   五輪塔は、墓地入口の正面中央付近にさりげなく
  建てられていた。これは見るからに古そうな五輪塔
  だな、と直感した。

   基礎部分に、文保二年(1318)鎌倉後期という魅力
  的な年号が確認されている。現在は摩耗してはっき
  りとはしなかったが、五輪の各部材がその時代を明
  確に示していると感じられた。

   空輪(宝珠)のふっくらとした形が美しく、風輪
  とは一石から彫られている。
   火輪は、屋根の曲線がしなやかで、軒の両端が程
  良く反っている。このあたりのバランスが実に素晴
  らしい。
   水輪は、ふっくらとした球形で、やや下膨れな形
  になっている。前述の大日寺に影響を与えているか
  もしれない。

   基礎(地輪)には年号と一緒に銘文も刻まれてお
  り、念仏信仰で結ばれた民衆を表す「一結衆」とい
  う文字もあるそうだ。当時の信仰の形態を知る上で
  の、貴重な歴史的遺産と言えるだろう。
                                 

  New    
   
     仏心寺五輪塔 (兵庫県姫路市別所町小林)
      
      
     高砂市阿弥陀町の隣が姫路市別所町小林である。
  小林の集落の中にポツンと空いた一画があり、小さ
  なお堂が一軒建っている。石棺と五輪塔の説明文を
  記した看板は見られるが、空地だか墓地だか判らな
  いような所に、写真の五輪塔が、これは堂々と建っ
  ていた。

   全体が古風な雰囲気であり、いかにも鎌倉期を物
  語るような古武士の風情が感じられた。
   
   空輪の宝珠は明らかに異質で、どう見ても後補だ
  ろう。梵字の薬研彫りの鋭さが、他とは明らかに違
  っている。
   火輪の笠は、屋根の緩やかな傾斜曲線と、軒の緩
  やかな微妙な反りなどは最も古風と言えるだろう。
   やや偏平に膨らんだ水輪や、長めで平たい基礎地
  輪の大らかさは、時代の様式を反映しており、梵字
  の彫りの豪快さからも、鎌倉中期を下ることはない
  だろうと想定した。

   写真の梵字は上から、キャ・カ・ラ・バ・ア(東
  方発心門)であり、他三面にも四方門の梵字が彫ら
  れている。先述の加古川市の益気神社五輪塔の項に
  記した二面の他に、西方菩提門(ケン・カン・ラン
  ・バン・アン)と北方涅槃門(キャク・カク・ラク
  ・バク・アク)が同様に彫られているのである。
   凝灰岩で制作された、温かみの感じられる傑作だ
  と思われたのだった。
                                 

      
   
     書写山円教寺笠塔婆 (兵庫県姫路市書写)
      
      
     平安時代後期(十世紀末)に創建された天台
  宗修行道場の古刹で、西国三十三観音巡礼の二
  十七番札所として知られる。
   大講堂と食堂が作り出す建築美の空間が好き
  で、何度も訪ねたことのあるお寺だったが、あ
  る本でこの笠塔婆の所在を知り再訪した。
   摩尼殿下の茶屋脇の石橋を渡った路傍の小高
  い場所に、この笠塔婆がすっくと建っていた。

   間口より奥行のやや短い扁平な角柱の塔身上
  部には、定印を結ぶ阿弥陀如来の坐像が彫られ
  ている。優雅な花頭窓形に刳り貫かれた龕内に
  半肉彫りされており、蓮弁に坐す姿が美しい。
   仏像の下に銘文が彫られているが、崖の下か
  らでは詳細を確認出来なかった。現地の案内に
  よれば、延慶四年 (1311) 鎌倉後期の建立にな
  るそうだ。
   従来笠の上には伏鉢、請花、宝珠が載るのだ
  が、ここでは五輪塔の空・風輪に替わっており
  後世に載せられたものだろう。
   笠の形が何とも美しい。屋根の降棟の傾斜が
  優美な緩やかさを示しており、伝統を学んだ石
  工の作品であることが推察出来る。
   軒口の適度な厚さ、全体的な緩やかな反り、
  両端でやや強く反り上がった形など、申し分の
  ない笠の傑作と言えるだろう。
   後述の一乗寺笠塔婆との関連は不明だが、こ
  の播磨の国に残る二基の笠塔婆は魅力的な存在
  である。   
                     

      
   
     広峯神社宝篋印塔 (兵庫県姫路市広峯山)
      
      
   西国三十三観音巡拝で書写山円教寺へ詣でた
  帰りに、ふとこの宝篋印塔の存在を思い出し、
  車を飛ばし同じ姫路の北の広峯山へと向かった。
   山腹の神社までは車道が通じていて、アクセ
  スには何の問題も無かった。
   文化財にも指定された重厚な社殿に詣でた後、
  楼門の石段下にあるこの宝篋印塔を鑑賞した。
   好天は幸運だったが、石の白さに陽射しが強
  過ぎて、写真撮影には最悪の条件となった。

   2m以上もある大型の石塔だが、昭和になっ
  てから神社周辺に埋もれていたものが発見され
  たとのことである。石の表面の劣化や褪色も少
  なく、時代の経過を感じさせない石の白さは、
  そこに要因があったのだった。

   大きな特徴は、宝篋印塔が乗る台座に、複弁
  反花が彫られていることだろう。類例は多いが、
  丹後縁城寺や桃島など、播磨や丹波を中心にし
  た南北朝時代の作品に多く分布しているようだ。

   銘は無いが、相輪以下全てが完全に揃ってお
  り、これが宝篋印塔のお手本です、と言ってい
  るように感じられた。しかし、全体的な主張の
  無さや笠の弱弱しさから、南北朝初期と考える
  のが妥当なところだろう。   
     

  New    
   
     神積寺伝慶芳上人墓五重塔 (兵庫県福崎町西田原)
      
      
     10世紀平安後期に慶芳上人によって開山
  された天台宗の古刹で、福崎町の北方に位置
  している。
   山門手前に塔頭悟真院があり、そこから西
  へ播但連絡道路を越えたあたりにこの墓所が
  在る。土塀に囲まれてはいるが、どう見ても
  荒廃の極みでしかない。五重塔だけは無事に
  保存されてはいるようだったが、開山の墓所
  らしい整備を切望する。

   基礎は無地だが、塔身(初重軸部)には豪
  快な筆致の梵字が薬研彫りされている。この
  部分だけでも、制作年代がかなり古いものだ
  ろうという想像は出来る。
   写真の右面(西)にはキリーク(阿弥陀)
  が見えるが、左面(北)は無地である。東面
  にはバイ(薬師)、南面にはバン(大日)が
  彫られている。変則的な四仏だが、基本は顕
  教四仏で、北の弥勒(ユ)を省略し、南の釈
  迦(バク)を大日(バン)に入れ替えたのだ
  ろうと思われる。
   各層の笠は格軸部と一体化して彫られてお
  り、軒口は厚く両端の反りは緩めである。五
  重塔にしては、屋根幅の低減率が大きいのは
  古式な姿であろうと思う。
   相輪の上部が欠落しているが、伏鉢部分に
  蓮弁が彫られており、細工の丁寧さが伺える
  だろう。鎌倉中期から後期にかけたあたりの
  遺品だろうと思う。  
                                 

  New    
   
     慈眼寺五重塔 (兵庫県加西市吸谷町)
      
      
     福崎町から県道を東へ進めば、直ぐに加西
  市に入る。その南側に位置しているのが吸谷
  町である。集落の中心に瓦屋根の慈眼寺観音
  堂が建っており、平安期の吸谷廃寺の礎石を
  利用した庭園などが残されている。

   写真は観音堂の左横に建つ五重塔で、基礎
  部分に彫られた涅槃経などと共に、弘安六年
  (1283)鎌倉中期という年号が確認できるそう
  だ。前述の神積寺の塔とはほぼ同じ時代かと
  思われるが、印象は全く違っていて面白い。

   最大の特徴は、塔身(初重軸部)である。
  よく見ると、輪郭の四隅が円柱になっている
  のである。余り類例は見たことがない。
   写真の梵字は、右がキリーク(阿弥陀)、
  左がバク(釈迦)で、更に裏はア(胎蔵界大
  日)とバイ(薬師)であった。ここでも顕教
  四仏の変形が行われたようだ。

   各層の屋根は、軒口が厚く、軒下の線はほ
  ぼ水平で微かに反り、上の線は両端が少し反
  り上がっている。
   相輪が喪失しているのは惜しいが、屋根上
  に露盤の名残があり、丁寧な細工の相輪であ
  っただろうことが想像出来る。
   落ち着いた好ましい五重塔の遺構である。
                                 

  New    
   
     阿弥陀堂五重塔 (兵庫県加西市坂元町)
      
      
     先述の加西市吸谷から、少し南へ下がった
  あたりに坂元町がある。
   大歳神社が目印で、その少し南のやや小高
  い場所に、阿弥陀堂という小さなお堂が建っ
  ている。境内だか空地だか判別の付かないよ
  うなところに、写真の五重塔が建っていた。

   切石の基壇の上に建っており、基礎は見ら
  れない。初重軸部の背が高いので、これに基
  礎があったのでは、かなり不安定だったから
  かもしれない。
   塔身には、従来は四方仏の種子が彫られる
  べきなのだが、ここでは全くの無地である。

   各層の屋根は、吸谷慈眼寺観音堂の五重塔
  にとてもよく似ている。厚い軒口や微かな反
  りなど瓜二つなのだが、各層の軸部の背がこ
  ちらはとても高い。
   軸部と屋根が一体で、屋根裏の彫り込み穴
  に差し込む技法はどちらも同じである。

   ここも相輪が失われているが、屋根上の露
  盤はしっかりと残っている。
   各部の形はとても似ているのだが、軸部の
  背の高さの違いが、塔のイメージを大きく変
  えてしまっている。人間の容姿と同じで、あ
  とは好みの問題だろう。
                                 

  New    
   
     薬師堂五輪塔 (兵庫県加西市玉野)
      
      
     石棺仏で知られる山伏峠がある地区で、県
  道の反対側を少し入った所に小さなお堂が建
  っている。
   境内の一画に、板碑の断片や石仏などと共
  に、写真の五輪塔が無造作に置かれているの
  に驚く。

   空輪と風倫は一石で、空輪は割とふっくら
  した良い形をしている。
   火輪は屋根の傾斜が程良く、軒の厚さや軒
  口の反りも中庸な感じである。特徴も無く凡
  庸という意味だが、ほぼ様式化しつつある時
  代だった、ということだろう。
   地論(基礎)部分に銘があり、一結衆とい
  文字と応安四年(1371)南北朝中期という年号
  が確認出来るそうだ。ちょっと見ただけでは
  判読出来そうにない。

   最も特徴的なのは、水輪(塔身)に刻まれ
  た梵字である。写真は南面するタラーク(宝
  生)で、左からキリーク(阿弥陀)アク(不
  空成就)バイ(薬師)が順番に彫られている
  のだが、本来バイの部分はウーンで阿しゅく
  を表すはずである。この一帯では、尋常では
  ない四方仏を見かける事が多いが、内容をア
  レンジした仏塔が流行したのだろうか。
                                 

    
     
     一乗寺五輪塔 (兵庫県加西市坂本)
             
         
   ここは西国三十三観音巡礼の第二十六番札所で、石
  段で通じる山腹の本堂へと先ず詣でた。御本尊は聖観
  音菩薩である。

   境内は広く、石造美術の宝庫と言われるだけに、随
  所に古びた石塔が数多く残されている。
   奥の院の石造宝塔などを見た後、石段の下の林の中
  で、木製の柵に守られたこの写真の五輪塔をようやく
  探し当てた。

   隙間の狭い柵が邪魔になって、側面からの写真を撮
  ることがどうしても出来なかった。
   苦肉の策で、上方からワイドレンズで撮ったのだが、
  五輪塔のあるべき美しさが表現出来なかったのは残念
  だった。
   火輪の屋根の勾配がやや強く、少し厚めの軒の両端
  がキュっと反っている。
   写真では判らないのだが、水輪は球形の下部が細ま
  った縦長の壺形である。また、基礎地輪の下部の巾が
  上部より少し狭まった矩形になっており、同じ鎌倉期
  にあってもかなり後期の様式を示すものだろう。

   地輪正面に刻銘があり「権律師、元亨元年(1321)」
  と読める。どうやら没年らしく、五輪塔の様式もその
  年号から近い鎌倉末期と考えられる。
   四方の梵字は四方門種子で、写真では北側涅槃門の
  「キャク・カク・ラク・バク・アク」と、西側菩提門
  の「ケン・カン・ラン・バン・アン」が上から読める。
          

     
   
     一乗寺笠塔婆 (兵庫県加西市坂本)
      
      
     前述の続きになるが、一乗寺では国宝の木造三
  重塔を拝さねばならない。承安元年 (1171) 平安
  末期に創建された塔で、建立年号が明らかな塔で
  は本邦屈指の古塔である。三層の屋根の幅の逓減
  率が、何とも言えず魅力的である。

   駐車場から境内へ入ったため、この笠塔婆が建
  つ本堂前の石段下へは、五輪塔を拝してから最後
  に訪れることとなってしまった。

   広場の真ん中に堂々と建っているが、立派な石
  の柵に囲まれていることで尚更そう見えるのかも
  しれない。しかし、石柵と基盤は後の補修である
  そうだ。
   反花の彫られた基礎の上に建つ方形の角柱で、
  全体の高さは
290cmである。
   上部に梵字が彫られているが、胎蔵界大日如来
  を表わす「アーク」である。端正な薬研彫りで、
  見事な筆致を表現している。
   種子(梵字)の下に「金輪聖王、自金堂一町、
  正和五・・・」と刻まれており、鎌倉後期の正和
  五年 (1316) に建立されたと知れる。また町石と
  しての意味合いも有していたようだ。
   蓮弁を刻んだ請花と宝珠が、笠上の露盤に載っ
  ている。なかなか良い形である。
   笠は、屋根の傾斜は緩やかだが、降棟が先端で
  やや反り上がった感じで、軒口の反りは当代らし
  い美しさを示している。笠裏に一重の垂木型を彫
  り出すという、至極丁寧な仕事が成されている。
                     

  New    
   
     清慶寺宝篋印塔 (兵庫県加西市中野町)
      
      
     加西市東部を走る国道372号線に面して、
  町の中央に建つ浄土宗の寺院である。
   境内に、正和三年(1314)鎌倉後期の板碑があ
  ることでも知られている。

   本堂の左手、土塀に沿った一画に、この特異
  な宝篋印塔が建っていた。
   基礎に嘉暦二年(1327)鎌倉末期という年号が
  確認されている。
   しかし、宝珠を失った相輪、上六段下二段で
  二弧の隅飾を持つ笠には、格別の特徴は見られ
  ないのである。

   際立って特徴的なのは、笠の下の塔身部分だ
  った。四方仏を梵字ではなく仏像で表現するこ
  とは多いのだが、舟形に彫りくぼめず仏座像を
  ここまで厚く半肉彫した事例は余り知らない。
   仏坐像がどういう仏様を表現したかを判断す
  るのは難しい。現に、地元の解説文や石造美術
  関連の書籍の説明が多様なのに驚く。
   そこで小生も勝手な解釈を掲載しておくが、
  あくまで私論であると御解釈願いたい。
   写真の左が正面(南)で釈迦如来、右(東)
  は薬師如来、左奥(西)は阿弥陀如来、という
  顕教四仏だが、右奥(北)は弥勒如来ではなく
  どう見ても地蔵菩薩だろうと思う。ここでも、
  顕教四仏の変形が行われたのだろうか。
   蓮座に載る各像は、磨崖仏としても表現力の
  優れた彫刻だと言えるだろう。
                                 

  New    
   
     中村氏邸五輪塔 (兵庫県加東市上三草字木戸)
      
      
     加東市北部、篠山へ通じる国道372号線の
  北に上三草という地区が在る。国道を北へ曲が
  り三草橋を渡って直ぐの左手に、写真の様な一
  画が五輪塔のために設けられていた。
   銘が無いので年代不詳とのことだったが、全
  体の風貌からは明らかに鎌倉期、それもかなり
  古い時代のものだろうと感じられた。

   空風輪は一石から彫られており、宝珠の形が
  ふっくらと穏やかで好ましい。
   火輪の屋根は緩やかな勾配で、先端も微かに
  反っている程度である。軒口は軽やかな反り具
  合で、両端の反りも誠に古式で上品である。
   水輪はやや扁平だがふっくらとした球形で、
  上部が破損しているものの、理想的とも思える
  造形に箕面の勝尾寺五輪塔以来の感動を味わう
  ことが出来たのだった。
   地輪の背は低く、二段の切石基盤と併せて、
  どっしりとした安定感をもたらしている。

   五輪四方に四門の種子(梵字)が鋭い薬研彫
  で刻まれている。正面(東方発心門)は上から
  キャ・カ・ラ・バ・アだが、写真は背後からの
  ものなので、右側が(西方菩提門)でケン・カ
  ン・ラン・バン・アン、左側が(北方涅槃門)
  でキャク・カク・ラク・バク・アクである。梵
  字の剛健な筆致からも、鎌倉中期は下らないで
  あろう風格が感じられた。
                                 

       
   
     温泉寺宝篋印塔 (兵庫県豊岡市城崎町)
      
      
   城崎温泉街から少し歩いた山の中腹に建つ、創
  建が天平時代という由緒正しい古寺である。秘仏
  の十一面観音像拝観は、2017年まで待たねば
  ならないそうだ。

   この宝篋印塔は本堂から少し石段を登った高台
  に建てられており、温泉三昧のついでに立ち寄る
  には勿体無いほどの“絶品”であった。
   相輪から基礎・基壇まで完璧な形で残っており、
  改めて洗練された宝篋印塔の美しさを見直させら
  れてしまった。

   写真の基礎の格狭間は側面で、正面には飾りの
  付いた格狭間が配されている。
   最大の特徴は、基礎上段に細く一段設けた上に
  複弁反花が彫られていることだろう。大きな段を
  造った事例はあるが、このような繊細な意匠は見
  たことが無い。
   
   笠は通例通りの六段で、下は二段となっている。
  輪郭の付いた隅飾はやや外側に傾斜しており、鎌
  倉から南北朝への移行期を感じさせる。
   全体的には泥臭さの微塵も感じられない洗練さ
  れた南北朝的な意匠ではあるが、相輪の豪快さや
  笠と基礎に残る力強さが感じられるので、限りな
  く南北朝に近い鎌倉末期、という推定をしたい。   
     

     
   
     桃島宝篋印塔 (兵庫県豊岡市城崎町)
      
      
   城崎温泉から約1キロという至近で、JR山陰
  本線の踏切の手前の路傍に、この宝篋印塔がさり
  げなく建っている。こんな場所にこんな古塔が見
  られるというのも、やはり関西ならではで、それ
  だけでも感動的な出会いだった。

   三段の基壇に乗る高貴な塔で、おまけに上段に
  は複弁の反花座が設けられている。
   基礎の裏側に応安五年(1372)という銘があり、
  この宝篋印塔が南北朝の中頃の作であることが知
  れるのである。

   写真は背後からであり、写っているのは側面で
  はっきりしないが、基礎の格狭間に特徴がある。
  普通の単純な波型花頭曲線ではなく、複雑な線で
  模様が付いているのである。峰山の縁城寺でも見
  られたが、この飾り付き格狭間は丹波・但馬地方
  に多く分布しているのだという。

   塔身には、月輪内に金剛界四仏の種子が、蓮座
  に乗った形で彫られている。写真は右がアク(不
  空成就)、左がウーン(阿しゅく)である。
   笠は六段だが、段が低いので、全体が偏平な印
  象を受ける。隅飾は二弧輪郭付きで、背面以外の
  三面に「ア」(金剛界大日)が彫られている。
   隅飾はかなり外へ向かって傾斜しており、笠全
  体のシルエットにはやや重厚さが欠けるようにも
  見えてしまうのは、南北朝という制作年代を知っ
  てしまった先入観によるものなのだろうか。
     

      
   
     玉田寺宝篋印塔 (兵庫県新温泉町浜坂)
      
      
     城崎温泉へ旅した際、餘部鉄橋や香住、湯村
  温泉などを周遊したが、その途中で立ち寄った
  のがこの玉田寺だった。
   江戸中期の枯山水庭園が主眼だったが、この
  宝篋印塔のことも資料で知っていた。
   宝篋印塔は山門を入ったすぐ右手に祀られて
  いる。思ったより細長く見えるのは、塔身の大
  きさに比して笠の幅が小さいからなのだろう。
   近年まで大阪の能勢町に在ったのだが、所蔵
  者がこの寺に寄贈したものだそうだ。

   相輪は、宝珠、請花、細線彫の九輪、請花、
  伏鉢と完備しており、上六段下二段の笠に載っ
  ている。隅飾は二弧の無地で、微妙に外側へ向
  いている。
   笠の幅が小さいことで、全体の均整がやや不
  安定に見えるのが残念である。
   興味深いのが塔身に彫られた梵字である。写
  真は南側の「キリーク(釈迦)」で、左が西側
  の「カ(地蔵)」、更に北側は「バイ(薬師)」
  となっていて不規則な四仏であることが判る。
  問題は東側の梵字で、専門書でも不明とされて
  いるものだが、小生にはキリークの変形かコク
  ではないかと思える。しかし、どういった種子
  なのかは判らず、何故他の三仏と組み合わせた
  かは更に謎である。
   輪郭内に格狭間の彫られた基礎に、正和三年
  (1314) 鎌倉後期の年号が彫られている。
                     

           このページTOPへ  石造美術TOPへ 

       次のページ (中国・四国・九州<大分以外>の石塔) へ 

  前のページ(大和南部の石塔)へ  日本庭園TOPへ  ロマネスクTOPへ  
   
   世界の建築  古代巨石文明TOPへ  総合TOPへ  掲示板へ