五島列島・平戸・長崎キリシタン教会巡礼
     
   秘められたキリシタン殉教の歴史と信仰
  
          
   写真左:旧五輪教会(久賀島)    右:大曽教会(中通島)  
                    
    
  今年 (2010年)の春に、長崎県下に点在するカトリック教会を巡拝する旅をした。
     五島列島・平戸・西彼杵半島・長崎・島原と2週間かけて歩き、全部で60箇所の教
     会やキリシタンの史跡などを巡拝することが出来た。
      秀吉の時代から明治初期に至る、キリシタン弾圧の長く悲惨な歴史を知ると同時に、
     日本にもこんなに素晴らしい教会建築群が在った事に驚愕した。
      迫害や殉教の歴史を乗り越え、静かに敬虔な信仰を守り続けてきた里人たちによる
     手造りの聖堂が大半である。美しい西海の風景に溶け込むような聖堂・天主堂の佇ま
     いは、その歴史と共にいつまでも心に残るであろう風景となっている。
      ここでは、特に印象の深かった五島列島と平戸の教会を御紹介するのだが、世界遺
     産登録への運動もある反面、観光的に開発されることを心から危惧している。
      これら純朴な祈りの聖地へ、観光バスの団体が無神経に踏み込んで行く姿は、想像
     するだけで身の毛がよ立つ思いだ。

              

   
   
     堂崎教会 (福江島/五島市奥浦町)
   
   
   禁教令の解かれた明治6年(1873)
  に、フランス人宣教師フレノ神父が
  この浜辺でミサを行い、年末には最
  初のクリスマスも祝ったという。
   明治12年にマルマン神父が建て
  た木造の聖堂は、当時五島最古の教
  会建築だった。
   現在の聖堂は明治41年に建てら
  れた煉瓦造りで、ペルー神父が設計
  したものを、福江の大工野原与吉が
  施工した。教会建築の第一人者とな
  る若き鉄川与助も、ここで修行して
  いたという。
   西洋建築を見たこともない大工の
  棟梁が、かくも荘重な聖堂を建てた
  事に驚かざるを得ない。
   教会は風光明媚な入り江のほとり
  に建っており、周辺から船でミサに
  訪れる信徒のための船着場も設けら
  れている。
   建築は県指定の文化財になってお
  り、木造三廊式の内部はキリシタン
  受難の歴史資料館となっている。   
                   

    
     水ノ浦教会 (福江島/五島市岐宿町)
   
   
   明治維新直後に、大浦天主堂で
  祝福を受けた水ノ浦の信徒達がこ
  の地で信仰を表明したことから、
  五島崩れと呼ばれる迫害が福江島
  でも次々と起きていった。
   五島崩れの発端は久賀島だが、
  維新後の新政府までがキリシタン
  弾圧を行ったという事実を知らな
  かったので、私にとってはかなり
  衝撃的な史実であった。
   穏やかな水ノ浦の港に面した高
  台に建つ、実に気高くエレガント
  な聖堂で、昭和13年に鉄川与助
  によって再建されたものである。
   三廊式のゴシック様式で、リブ
  ・ヴォールトの天井が実に美しい。
   我が国最大の木造教会なのだが、
  ファサードに見られるレース装飾
  のような繊細さも備えている。
   一体どうやって、与助は西洋の
  聖堂建築様式を学んだのだろうか。
         

   
   
     楠原教会 (福江島/五島市岐宿町)
   
   
   水ノ浦の海岸から少し山側に入った場所にある集
  落で、大村藩の政策によって寛政年間に外海地方か
  ら移住したキリシタン達が開墾した地である。
   水ノ浦に続いてここでも五島崩れの迫害が起き、
  信仰を表明した信徒達は、禁教令廃止までの間の悲
  惨な受難を経験する事となる。キリシタンが投獄さ
  れた帳方屋敷が聖堂の近くに復元保存されている。

   現在の聖堂は明治45年に竣工した煉瓦造りで、
  写真のような剛健なファサードが目を引く。
   内陣は木造の三廊式で、木造のリブ・ヴォールト
  天井で構成された空間は誠に清々しい。
   聖堂の設計施工者は不明だが、他の仕事と比べて
  見た時、やはり鉄川与助の卓越したセンスが感じら
  れてくる。何らかの形で関与していた可能性は、か
  なり強いのではないだろうか。

   聖堂最奥の祭壇部分の壁や天井だけが、リブ・ヴ
  ォールト造りでない。これは、この部分だけ、鉄筋
  コンクリートに改修されているからである。
   
   写真は煉瓦造りの正面ファサードで、重層の屋根
  構造であるのに左右の妻面が独立した「へ」の字形
  になっているところに、ファサードの装飾性が強調
  されているように感じられた。
                                  

     
   
     貝津教会 (福江島/五島市三井楽町)
   
   
   空海もここから旅立ったと
  される、遣唐使の寄港地とし
  て著名な三井楽の町に在る。
   昔の小学校を想わせるよう
  な板張りの木造平屋建築で、
  瓦屋根の風情が心を和ませて
  くれる。
   聖堂の内部は三廊式で、平
  天井という質素な建築である。
   何よりも感動したのが写真
  のステンド・グラスで、素朴
  なデザインと優しい色が創出
  する光の空間に思わず見とれ
  てしまっていた。
   現在の聖堂は鐘塔や玄関の
  部分など、何度か改築されて
  いるのだが、竣工は大正13
  年であり、簡素ながら均整の
  取れた温もりの感じられる魅
  力的な建築だった。
                        

   
   
     井持浦教会 (福江島/五島市玉之浦町)
   
   
   玉之浦は五島独自の椿でも知られ
  ており、フィヨルドのように入り組
  んだ入り江の美しい場所である。
   教会は明治30年に建立された五
  島最古の煉瓦造聖堂だったのだが、
  台風のために損壊し、昭和62年に
  タイル張の鉄筋コンクリート造に改
  築された。
   写真は、教会背後の山畔の崖に掘
  られた洞窟で、聖母が出現したとさ
  れる奇跡の聖地、フランスのルルド
  洞窟を模した井持浦ルルドである。
   フランスと同様の神聖な湧き水も
  あり、聖母像も飾られて神秘的な雰
  囲気に満ちている。
   ペルー神父が明治32年に作った
  もので、日本最初のルルドである。
   長崎の教会には、ルルドやファテ
  ィマなどの聖地を模した一画を設け
  た所が多く見られた。日本人の現世
  利益的な宗教観に合っているのだろ
  うか。
     

   
   
     旧五輪教会 (久賀島/五島市蕨町)
   
   
   今回の旅で最も感銘を受けた教会
  の一つである。
   五輪の里へは陸路からは数キロの
  山道を歩かねばならず、私達は福江
  港からのジェット船海上タクシーを
  奮発して直接海路から訪ねた。
   五輪港の直ぐ前に建つ教会は、写
  真のように何とも素朴な木造の聖堂
  だった。
   明治14年の創建で、かつては浜
  脇教会の聖堂だった。大浦天主堂に
  次ぐ古さであり、五島では最古の木
  造教会として国の重要文化財に指定
  されている。
   背後の外陣と側面の尖頭窓以外の
  外観はまるで普通の民家のようなの
  だが、一歩内部へ入ると様相は一変
  する。(当ページの巻頭写真参照)
   小規模ながら三廊式で、リブ・ヴ
  ォールト天井やアーケードを木造で
  意匠したセンスに舌を巻いた。
   陸の孤島とも言うべき、たった数
  軒の集落の人たちの信仰に守られて
  きた聖堂。このままの純朴な姿を守
  り続けて貰いたい、と切望する。
       

    
   
     浜脇教会 (久賀島/五島市田ノ浦町)
    
   
   前述の旧五輪教会の聖堂は、実はここ浜脇教会
  に造られた木造建築だった。現在の建築は昭和6
  年に改築された鉄筋コンクリート造りだが、その
  際に木造の旧聖堂を解体し、筏で同島の五輪へと
  運び移築したものである。
   福江島を望む田ノ浦瀬戸に面した穏やかな里の
  高台に建つ白亜の塔は、田ノ浦港へ向かう船から
  も遠望出来るほど壮麗である。
   
   正面の玄関の上に鐘塔が立ち上がり、上部は八
  角錐のトンガリ帽子のような印象的な屋根になっ
  ている。
   聖堂内部は三廊式で、太い円柱、大きな柱頭、
  豪壮なアーケード、リブ・ヴォールト形式の天井
  など、とてもコンクリート造とは思えないような
  繊細な意匠が施されている。

   明治元年にここ久賀島でキリシタン信徒が発見
  されたことから、「五島崩れ」と呼ばれる厳しい
  弾圧や殉教が起こった。
   田ノ浦から程近い久賀町大開の猿浦という所に
  「牢屋の窄」と呼ばれるキリシタンを投獄した牢
  屋があった。そこではわずか6坪の牢屋に信徒が
  200余名も押し込められる、という迫害が行わ
  れた。8ヶ月の迫害の間に、子供も含めた39名
  が牢内で死んだという。
   現在は、牢屋の窄記念教会が建てられ、聖堂横
  に殉教者の信仰の碑がある。聖堂内の床に6坪の
  広さを示す絨毯が敷かれているが、そこに200
  人が押し込められていたという実体は想像する事
  すら不可能だ。
                           

   
   
     江上教会 (奈留島/五島市奈留町)
   
   
   五島とは、西から福江島・久賀島・奈留島・若松
  島・中通島の総称であり、福江島から奈留島までが
  五島市に合併されている。
   福江・長崎間を結ぶフェリーが寄航する奈留港か
  ら、峠を越えた辺鄙な場所に江上の里がある。
   瀟洒なこの聖堂は、木立の間にその優雅な姿を見
  え隠れさせていた。
   
   大正7年に鉄川与助が設計施工した、完璧とも言
  える美しさを備えた木造平屋の教会である。
   板張りの壁面、瓦葺き重層屋根の構成で、軒天井
  に繊細な装飾が施されている。
   内陣は三廊式で、主廊側廊共に漆喰仕上げのリブ
  ・ヴォールト天井になっている。
   半円アーチ構成のアーケードや重なった二つの柱
  頭を持つ列柱が、木造ならではの華奢で繊細な聖堂
  の雰囲気を創出している。
   木目が手描きされた柱や、ステンドグラス風に手
  描きされた窓ガラスなど、豊漁の利益と労働奉仕で
  自分達の聖堂を建立した信徒達の血と汗とが染み込
  んでいる様に見えた。

   この集落も外海など西彼杵半島から移住してきた
  キリシタン農民によって開墾された里だが、暮らし
  ていくだけでも厳しい状況の中で、かくも美しい聖
  堂を守り続けてきた信徒達に心からの敬意を抱かざ
  るを得ない。
         

     
  五島市の他の教会  
                              
  浦頭教会   三井楽教会     
    (福江島/五島市平蔵町) 
                
    (福江島/五島市平蔵町) 
                 
 
       
    ----------------------------------------------------------------------------------------------------
                           
  牢屋の窄教会   奈留教会     
    (久賀島/五島市久賀町大開) 
                 
    (奈留島/五島市奈留町浦) 
                 
 
     
                            

    
   
     土井ノ浦教会 (若松島/新上五島町若松郷)
   
   
   若松島と中通島の間には若松瀬戸と
  いう矮狭だが風光明媚な海峡があり、
  現在はその上に架かる若松大橋で結ば
  れているので、離れ小島だった若松島
  への行き来は楽になった。
   土井ノ浦集落の漁港を見下ろせる高
  台に、白亜の近代的な意匠の鉄筋コン
  クリート造教会が建っている。この玄
  関と鐘塔は平成10年に改修されたも
  のだが、写真の聖堂内部は明治後期に
  建てられたもので、従来は後述の中通
  島青方にある大曽教会の聖堂だった。
   木造平屋の三廊式で、天井構成は全
  て漆喰仕上げ4分割リブ・ヴォールト
  である。
   列柱アーケードの上に太い横木が通
  っているのがやや無骨に目立つが、緩
  やかな円弧のアーチがそれと調和しな
  がら穏やかな雰囲気を醸し出している。
   若松島では大平教会と有福教会へ詣
  でることが出来た。いずれも素朴な里
  の、自然に溶け込んだような美しい聖
  堂だった。
     

   
   
     福見教会 (中通島/新上五島町岩瀬浦)
   
   
   福江港から中通島を結ぶ高速船
  は、島の南端に近い奈良尾の港に
  着く。私達はそこでレンタカーを
  借り、中通島の浦桑に4泊5日の
  滞在で上五島の教会群を巡拝する
  ことにしていた。
   この里のキリシタンは、五島崩
  れの際には追求迫害を逃れて生月
  島などに逃れたそうで、ここにも
  受難の歴史が秘められていた。
   現在の聖堂は、大正2年に建て
  られた煉瓦造りの平屋建築である。
   内陣は三廊式だが、煉瓦造りに
  は珍しい台形の折り上げ天井であ
  り、簡素でとても美しい。
   老朽化が激しかったためか、随
  所に改修の痕跡が見られるが、五
  島灘を望む景勝の地で、あたかも
  苦難の歴史を信徒と共に歩んでき
  たかのような筋金入りの風格が感
  じられた。
                              

   
   
     中ノ浦教会 (中通島/新上五島町宿ノ浦)
   
   
   中ノ浦の集落は中通島の南部に位置しており、深
  く入り組んだ入り江の奥にひっそりと暮らす人達の
  里である。ここにも五島崩れの悲惨な迫害の歴史が
  秘められているが、この穏やかな光景からは想像を
  することも出来ない。
   教会は写真の如く、入り江に面して建つ簡素な木
  造平屋造りで、重層の瓦屋根と白い板張りの壁面と
  の対比が鮮やかである。
   大正14年の建築で、玄関上部の鐘塔は後に増築
  されたのだそうだ。

   聖堂の構造は三廊式で、折り上げ天井となってい
  る。祭壇部分だけが漆喰仕上げのリブ・ヴォールト
  天井になっているのは不自然で、身廊部分は後世の
  改築ではないか、という説もあるそうだ。
   内部に入って先ず目を引くのが、主廊と側廊との
  間の壁面に描かれた大きな椿の連続模様だろう。左
  右の壁に五個づつ並んでいるのだが、その大胆な意
  匠は見事だ。
   椿は五島のシンボルとも言うべき花であり、四弁
  の花びらが十字架を象徴しているようでもある。
   この折り上げ天井と椿のモチーフは、現在は廃墟
  と化してしまったのだが、鉄川与助が大正9年に久
  賀島に建てた細石流(ざざれ)教会にとても類似し
  ているそうだ。その美しさを絶賛された細石流教会
  の存在が、中ノ浦教会改築の理由となったのかもし
  れない。
                          

   
  
     大曽教会 (中通島/新上五島町青方)
   
   
   新上五島町の中心である青方の町の東、青方港の
  入口の高台にこの堂々たる煉瓦造りの教会が建って
  いる。
   創建は明治12年で、現在見る聖堂は大正5年に
  鉄川与助の設計施工で再建したものである。その時
  の旧木造教会が、前述の若松島土井ノ浦教会へ移築
  されたのだった。

   鐘塔の八角ドームの屋根は斬新な意匠で、そのア
  イディアは後述の頭ケ島教会へと継承される。
   煉瓦の壁面を良く見ると、色の違う煉瓦で変化を
  着けたり、ヨーロッパでは“ロンバルディア帯”と
  呼ばれる鋸状の装飾が施されているなど、与助の非
  凡な技量を外観からも窺い知ることが出来る。

   内部は三廊式で、主廊側廊共に漆喰仕上げ4分割
  リブ・ヴォールト天井が素晴らしい(当サイトの巻
  頭写真参照)。アーケードは束ね柱列柱になってお
  り、木造ならではの優しい雰囲気を創出している。
   
   鉄川与助は明治12年に新上五島の丸尾郷に生ま
  れ、昭和51年に亡くなるまでの97年間に約50
  ヶ所のカトリック教会を設計施工したという。
   このサイトでも本教会のほかに、堂崎・水ノ浦・
  楠原・江上・冷水・青砂ケ浦・頭ケ島・旧野首・紐
  差・山田・田平などを取り上げた程、与助抜きに日
  本の教会建築は語れないほど、その業績は偉大であ
  り重要な存在なのである。
      

     
     冷水教会 (中通島/新上五島町網上郷)
    
    
   奈摩湾に面した集落の背後の高
  台に、この瀟洒な木造教会が建っ
  ている。
   トンガリ帽子の屋根の付いた八
  角形の鐘塔が、下見板張の聖堂に
  とても似合ってチャーミングに感
  じられた。
   堂崎のペルー神父達から西洋建
  築技術を学んでいた鉄川与助が、
  初めて自身の手で設計施工した建
  築史に残る聖堂である。
   会堂は三廊式で、写真のように
  主側廊共に漆喰仕上げの4分割リ
  ブ・ヴォールトである。
   四角柱の使用、太いリブ、低い
  位置の柱頭など、重苦しさを感じ
  させる聖堂として、まだ若い与助
  の欠点を指摘する人もいるようだ
  が、明治40年という年代を思え
  ば、ずば抜けた進取の精神と努力、
  優れた感性を感じさせる素晴らし
  い作品だと思う。
        

   
   
     青砂ケ浦教会 (中通島/新上五島町奈摩)
   
  
   冷水教会とは奈摩湾を挟んだ対岸に在り、現在で
  は比較的大きな集落になっている。迫害を逃れて西
  彼杵の外海から移住してきたものの、禁教令解放ま
  での迫害はここでも厳しかったようだ。
   
   現在の聖堂は3代目とのことで、明治43年に鉄
  川与助が冷水・旧野首に続いて設計施工した自身三
  作目の建築である。
   聖堂は平屋の煉瓦造りで、正面に大きな尖頭アー
  チの入口を設け、その両脇に色の濃い煉瓦を用いて
  控壁を付け、十字架を象徴している。構造体である
  煉瓦そのものをデザインとして利用しようとする意
  図には、与助の並外れたセンスが感じられる。

   内部の構造は一連の与助の作品に共通しており、
  三廊式で主側廊共漆喰仕上げの4分割リブ・ヴォー
  ルト天井になっている。ただ、ここでは、アーケー
  ド上の横木が後陣にまで延びているのが最大の特徴
  だろう。
   高い天井と壁面にどっしりとした荘厳な印象を与
  える役目を果たしており、きりっとした聖堂空間を
  構成している。

   基本的な疑問として、煉瓦造り建築の屋根はどう
  いう構造なのだろうと思っていたが、木骨トラス架
  構つまり木組みなのである。聖堂の輪郭構造だけが
  煉瓦であり、天井やインテリアは木造ということで
  ある。
                         

   
   
     仲知教会 (中通島/新上五島町津和崎郷)
   
  
   中通島の北は細長く延びる半島状になっており、
  かつては新魚目町であったが合併で島全体が新上五
  島町となった。仲知(ちゅうち)の里の教会はその
  最北端である津和崎という郷に属している。津和崎
  にはもうひとつ、米山(こめやま)の里に教会があ
  った。やはりここも外海からのキリシタン移住者の
  手で開墾された土地で、五つの集落で成り立ってい
  るという。

   鄙びた里なのだが、仲知の聖堂建築の堂々たる大
  きさとモダンな姿にびっくりした。
   現在のこの聖堂は、昭和53年に建てられた三廊
  式の明るい光に満ちた美しく壮麗な建築である。
   特に素晴らしかったのがステンド・グラスで、聖
  堂の壁面全てに飾られており、キリストを主題とし
  た見事な図像が描かれていた。
   ガリラヤ湖を渡る奇跡、エルサレム入城、最後の
  晩餐など、聖書の中の著名なキリストの奇跡の場面
  が描かれている。

   気になった一枚が、写真の左側の妙なステンドグ
  ラスだった。日本人らしき男達の群像が、キリスト
  と一緒に描かれているのである。
   キリストの最初の弟子となったガリラヤ湖畔の漁
  師達になぞらえて、教会設立に尽力した地元仲知の
  五人の漁師達の肖像が描き込まれていたのだった。
                             

   
   
     旧鯛ノ浦教会 (中通島/新上五島町鯛ノ浦郷)
   
   
   細長く深い入江の最奥にある鯛ノ浦の里から、少
  し小高い丘を登った所にこの教会が建っている。
   外海の出津から移住してきたキリシタンの末裔が
  暮らす里であり、ここも明治初年の五島崩れで多大
  な迫害を経験している。

   教会の創立は明治14年とのことだが、この旧聖
  堂は明治36年の建築である。
   木造平屋造りで、下見板張りの外壁はどこか郷愁
  を誘うような懐かしさを感じさせる。
   聖堂は三廊式で、主側廊共に漆喰仕上げのリブ・
  ヴォールト天井である。列柱は四角柱で、柱の間隔
  が狭いことと、リブ・ヴォールトの伸びやかなこと
  で、中規模の割に大らかな空間を創出している。

   旧聖堂の正面入口に建てられた煉瓦造の鐘塔は昭
  和24年に増築されたもので、被爆した長崎の旧浦
  上天主堂の煉瓦が積み上げられたものだそうだ。
   シックな造りで、明治期の木造聖堂との間に違和
  感は無く、最初からあったかのような風情で一体化
  している。

   建物の老朽化が激しかったので、昭和54年に新
  聖堂が旧聖堂の前面に建てられた。現在、旧聖堂は
  図書館や信仰教育の場として活用されている。

   ここ鯛ノ浦は、幕末から明治初期にかけて、上五
  島のキリシタンを指導したドミンゴ森松次郎の出身
  地として知られる。
       

   
   
     頭ケ島教会 (頭ケ島/新上五島町友住郷)
   
   
   頭(かしら)ケ島と中通島とは狭い瀬戸を隔てて
  はいるが、頭ケ島大橋で結ばれているので離島とい
  うイメージは無い。おまけに島の中央に上五島空港
  が建設されたので、道路も拡張整備されている。

   幕末までは無人島だった島で、迫害を逃れた鯛ノ
  浦のキリシタンが移住した。ドミンゴ森松次郎は神
  父を島にかくまい、青年伝道師を養成する場所を提
  供していたという。
   教会の創建は明治20年だが、明治43年に大崎
  八重神父が石造聖堂の建築を鉄川与助に依頼し、大
  正8年にようやく現在の聖堂が完成したという。
   資金面でも労働奉仕の面でも、信徒達の信仰の強
  さが大きな役割を果たしたようだ。

   教会は写真で見るように、五島唯一の石造教会建
  築であり、鉄川与助が手掛けた最初で最後の石造聖
  堂作品である。
   正面中央の鐘塔は大曽や田平と似ており、左右壁
  面にはロンバルディア帯装飾を大胆に取り入れてい
  る。
   建坪40坪強のこじんまりとした聖堂で、内部は
  柱の無い単身廊である。天井は船底のようなイメー
  ジで、ハンマービーム架構と呼ばれる二重の持ち送
  りによる折り上げ天井となっている。
   又、持ち送りや天井部分に施された花模様の装飾
  が、聖堂内の雰囲気を清雅な明るさに導いている。

   教会の前方にある海辺のキリシタン墓地の佇まい
  は、迫害を乗り越えてきた信徒達の過酷な受難の歴
  史が秘められているような鮮烈な光景だった。
   
                             

     
  新上五島町の他の教会  
         
  桐教会   高井旅教会     
    (中通島/新上五島町桐古里) 
                
    (中通島/新上五島町奈良尾) 
                 
 
     
    -----------------------------------------------------------------------------------------------------
                          
  浜串教会   若松大浦教会     
    (中通島/新上五島町岩瀬浦郷) 
                
    (中通島/新上五島町宿ノ浦郷) 
                 
 
     
          
椿の台座に載る聖母マリア像

            
 
    -----------------------------------------------------------------------------------------------------
                             
  大平教会   有福教会     
    (若松島/新上五島町西神ノ浦) 
                
    (有福島/新上五島町有福郷) 
                 
 
       
    ------------------------------------------------------------------------------------------------------
                                     
  船隠教会   佐野原教会     
    (中通島/新上五島町東神ノ浦) 
                
    (中通島/新上五島町東神ノ浦) 
                 
 
     
    ------------------------------------------------------------------------------------------------------
                                  
  真手ノ浦教会   焼崎教会     
    (中通島/新上五島町今里郷) 
                
    (中通島/新上五島町飯ノ瀬戸郷) 
                 
 
     
    ---------------------------------------------------------------------------------------------------
                                
  猪ノ浦教会   跡次教会     
    (中通島/新上五島町続浜ノ浦) 
                
    (中通島/新上五島町三日ノ浦郷) 
                 
 
     
   --------------------------------------------------------------------------------------------------- 
                                      
 
  青方教会   丸尾教会     
    (中通島/新上五島町青方郷) 
                
    (中通島/新上五島町丸尾郷) 
                 
 
     
    -----------------------------------------------------------------------------------------------  
                                 
 
  曽根教会   大水教会     
    (中通島/新上五島町小串郷) 
                
    (中通島/新上五島町曽根郷) 
                 
 
     
    ------------------------------------------------------------------------------------------------ 
                            
 
  小瀬良教会   江袋教会     
    (中通島/新上五島町立串郷) 
                
    (中通島/新上五島町曽根郷) 
                 
 
     
                    
火事で焼失していたが、近年再建された。ぜひ再訪したい。

               
 
   --------------------------------------------------------------------------------------------------
                              
 
  赤波江教会   米山教会     
    (中通島/新上五島町立串郷) 
                
    (中通島/新上五島町津和崎郷) 
                 
 
       

   
   
     野首教会 (野崎島/小値賀町野崎郷)
   
  
   住民が全て離島し、無人島となっ
  てしまったこの野崎島を訪ねるには、
  小値賀(おじか)島からの村営連絡
  船に乗るか、中通島の漁船をチャー
  ターするしか方法が無かった。
   中通島に滞在していた私達は、津
  和崎港で釣客輸送の船を仕立て、野
  崎島へと渡った。
   壊滅し廃墟と化した集落の中に、
  写真の野首天主堂だけが毅然と建っ
  ている姿に感動した。
   明治41年創建の煉瓦造りで、鉄
  川与助が手掛けた最初の煉瓦建築だ
  った。内部の三廊式、主側廊の漆喰
  仕上げ、4分割リブ・ヴォールト様
  式は、すでにここで完成している。
   閉ざされていた聖堂に入り、全て
  の窓の外扉を開くと、素朴だが色鮮
  やかなステンドグラスを通して明る
  い光が差し込んできた。
   この時代にかくも優れた意匠のカ
  ソリック聖堂が、かくも辺鄙な孤島
  に存在したことだけでも奇跡に近い。
   この静謐な雰囲気のまま保存され
  ることを切望してやまない。
       

   
   
     宝亀教会 (平戸島/平戸市宝亀町)
   
   
   平戸島のこの地区にも、外海地方から移住した潜
  伏キリシタンが多かったらしい。
   教会の歴史は古く、明治11年に出来た民家御堂
  が原点となった。現在の聖堂は、明治31年に紐差
  のマテラ神父が指導し、紐差の信徒も加わり、宝亀
  の信徒全員の力を結集して建てられた。
   施工したのは宇久島の宮大工で、黒島のキリシタ
  ンの熱心な信仰に感化され洗礼を受けたという。

   建築はファサード部分だけが煉瓦造りの木造平屋
  で、ファサードは写真のように色鮮やかで印象的な
  意匠となっている。朱色と白のモルタル仕上げにな
  っているが、従前は全て煉瓦そのものの色だったら
  しい。全体が白く塗られた時代もあったそうで、従
  来の煉瓦の姿に戻すべきだ、と言う人もいる。

   聖堂建築プランの大きな特徴が、コロニアル風の
  アーケードになった左右のテラスだろう。連続する
  尖頭アーチで結ばれた柱廊で、長崎東山手の洋館を
  見るような気分だ。誰が設計したのかは、はっきり
  とはしないようである。

   内部は三廊式で、主廊側廊共に板張りの4分割リ
  ブ・ヴォールト天井になっている。
   柱や柱頭・天井等がファサード同様色鮮やかに彩
  色されており、やや荘厳さに欠けた印象を受けた。
   だが高い天井が作り出す空間は実におおらかで、
  片側5ヶ所づつの出入り口にもなる窓のステンドグ
  ラスが明るく開放的である。
  
     

       
    
     紐差教会 (平戸島/平戸市紐差町)
     
     
   平戸島のほぼ中央に位置しており、この地で宣教師
  ペルー神父が潜伏キリシタンを見つけて洗礼させ、仮
  聖堂を建てたのが始まりだという。
   最初に建てられたのが明治18年に建築された木造
  の聖堂で、昭和4年に鉄筋コンクリート造に改造され
  た。何と、設計施工は鉄川与助である。
   ちなみに、木造の旧聖堂は佐賀の馬渡島教会となっ
  ているそうで、いつか訪ねてみたいと思っている。

   鉄川与助は97歳までの長寿を全うした人で、生涯
  に約50のカトリック教会を手掛けたという。鉄筋コ
  ンクリート造りは熊本の手取教会に次いで2作目であ
  り、天草の大江教会・崎津教会へと継承される。

   高台に建っているので、かなり遠方からもこの美し
  い白亜の聖堂を眺望することが出来る。
   ある本にはロマネスク様式と紹介されていたが、半
  円アーチの開口部やロンバルディア帯装飾を見ると納
  得してしまう。ヨーロッパを見たことも無い与助は、
  一体どうやって知識をものにしたのだろうか。宣教師
  の指導のほかにも、図面や絵や写真を参考にしていた
  のだろうか。

   内部は三廊式で、側廊は板張り平天井、主廊は板張
  りの折り上げ天井である。俗に船底天井と呼ばれる様
  式だが、与助得意の花柄模様が巧みに描かれている。
   やや大きな柱頭を持つ円柱のアーケードは、壮麗な
  聖堂を荘厳に演出している。
   時間外で閉まっていた入口の扉を、少しだけと言っ
  て親切なシスターが開けてくださった。
      

   
   
     山野教会 (平戸島/平戸市主師町)
   
  
   生月大橋が完成して生月島へ行くのは大層楽に
  なったが、橋の手前から山野の里へと登って行く
  道は分かり難かった。

   キリシタン禁教の時代に外海地方から五島へ移
  住した人達が、更なる厳しい弾圧のために五島を
  離れ、平戸島のこの地に住み着いたのだという。
  現在でも、住民の全てがカトリックだそうだ。

   写真で見た聖堂は板張りだったが、現在の外壁
  は別の建築材か化学ボード張りのように見える。
   創建は明治20年で、現在の聖堂は大正13年
  に完成している。昭和54年に玄関部分を取り込
  んで改築が行われたので、旧来の素朴な味わいが
  消失したことを惜しむ声もある。不釣合いな尖塔
  が付け加えられたのも、この時期らしい。
   平成12年の改造で板張りの風情も失われてし
  まい、外観のイメージが一変してしまった。

   聖堂の外観にかなりがっかりしていた私達を、
  インテリアが救ってくれた。写真の通り、内陣は
  ほぼ大正時代のままで、黒崎教会の建築に携わっ
  た川原清次という棟梁が施工した。
   三廊式で、俗にコウモリ天井と呼ばれる板張り
  4分割リブ・ヴォールト天井がとても美しい。
   上下にコリント風の柱頭が飾られ、半円状の付
  け柱が各面に付いた四角柱が並ぶアーケードはと
  ても壮麗である。40坪弱の小規模な聖堂だが、
  外観からは想像もつかないような優美な空間を創
  出している。   
                                       

   
   
     平戸ザビエル記念教会 (平戸島/平戸市鏡川町)
   
   
   平戸の観光名所に“教会と寺院の見える石畳の
  道”というのがある。歩いてみたが、光明寺の瓦
  屋根の本堂や鐘楼の向こうに、ゴシック風の教会
  の尖塔が聳える光景は、不思議に調和して違和感
  無く見えるところが平戸らしいと言えるのかもし
  れない。

   仮聖堂が出来た明治43年が創立期であり、現
  在の教会は昭和6年に、大天使聖ミカエルに捧げ
  て建てられた。
   献堂から40年たった昭和46年に、3度にわ
  たるフランシスコ・ザビエルの平戸訪問を記念し
  て、ザビエルの記念肖像が聖堂の前に建てられ、
  以来ザビエル記念教会と呼ばれるようになった。
   
   案内書にドイツ・ゴシック様式と書かれている
  のが可笑しいが、八角形の鐘塔の四隅に小尖塔を
  配した意匠は、我が国の聖堂としては異色なデザ
  インだったかもしれない。
   建築は鉄筋コンクリート造で、大天使聖ミカエ
  ルに捧げた聖堂らしく、天に飛翔するイメージが
  尖塔として表現されている。

   内陣は堂々たる三廊式で、8分割のリブ・ヴォ
  ールト天井を採用している。太い円柱によるアー
  ケード列柱が豪壮な印象で、表面に塗った漆喰の
  下から装飾塗装の模様が浮き上がって見える技法
  が珍しい。
   上下に柱頭を配した円柱や、三連の尖頭盲アー
  ケードが連なる“見せ掛け”トリビューン(側廊
  上部の階上通路)が配されている。
   鉄筋コンクリート造とは思えぬほどの繊細なリ
  ブ・ヴォールトの印象が、聖堂全体を明るく壮麗
  な空間に仕立て上げている。      
                                     

   
   
     山田教会 (生月島/平戸市生月町)
   
   
   現在では大橋の開通で平戸島と直接結ばれている
  が、従前は船でしか渡れない孤島であった。西坂で
  処刑された長崎十六聖人の一人聖トマス西を筆頭に
  して、多くの殉教者を出した島で、禁教令が解かれ
  て以後も隠れキリシタンとして従前の信仰スタイル
  を守ってきたという。

   大橋を渡った館浦の集落から背後の高みへと少し
  登った場所に在る山田免という里で、明治13年頃
  には仮聖堂が設けられていたそうだ。現在の建築は
  大正元年にマタラ神父の指導で鉄川与助が設計施工
  した。

   当初の構造は、木造の玄関を付けた煉瓦造りであ
  ったが、昭和45年に玄関部分が鉄筋コンクリート
  造に改築され、方形の鐘塔が増築された。現在の聖
  堂の側面を見ると、玄関部分以外は煉瓦造りのまま
  になっていることが判る。
   聖堂の正面だけを見た限りでは、とても鉄川与助
  の手による建築とは思えない。

   しかし、内部に一歩足を踏み入れれば、そこには
  与助ならではの美意識が集約された別世界が広がっ
  ている。
   三廊式で、主廊側廊共に4分割リブ・ヴォールト
  天井なのだが、板張りならではの木の温かみを感じ
  させる造りになっている。
   全てのアーケードやリブが半円アーチを基調とし
  ているので、聖堂全体にゆったりとした気品を感じ
  させる快適な雰囲気が漂っている。
   
                          

    
   
     田平教会 (平戸市田平町)
    
    
   現在は平戸市に合併されたが、平戸島とは狭い瀬
  戸を隔てた九州本土側にある旧田平町にこの教会は
  ある。かつての平戸島へのフェリーの玄関口JR平
  戸口駅は、日本最西端の駅として知られていた。

   五島の教会を巡拝した後にこの聖堂を訪ねたのだ
  が、本当に日本にこんな教会が存在したのか、と改
  めて感動した。
   九州の教会建築を語る上で外すことが出来ない鉄
  川与助の設計施工で、大正7年に完成した煉瓦造り
  の聖堂である。福岡の今村教会に次ぐ煉瓦造聖堂の
  傑作とされるのだが、これ以後何故か、煉瓦造を止
  め木造か鉄筋コンクリート造へとシフトする。今回
  訪ねた教会では、紐差、水ノ浦などがこれ以後の仕
  事ということになる。

   板張りの4分割リブ・ヴォールトは得意な手段だ
  が、高窓の下に完全な形のトリビューン(トリフォ
  リウムと言う階上回廊)が設けられているのが大き
  な特徴である。
   正面ファサードは荘重なデザインで、与助独自の
  手法でもある八角ドームを載せた鐘塔が印象的。や
  や装飾過多な感はあるものの、日本の聖堂建築史に
  残る荘重な傑作であることは間違いない。

   国の重要文化財に指定される程の完成度であるこ
  とは誰もが認めるところだろうが、完璧な与助の表
  現の中に、もうこれ以上何を表現すれば良いのか、
  といった達成感と閉塞感が同時に感じられるような
  気がしてならなかった。
                                 

        
    長崎各地のカトリック教会と史跡
                                                            
         長崎県の九州本土にも、多くのカトリック教会が分布している。
         長崎市内を中心に、キリシタン迫害の歴史を残す大村市、旧外海町、島原
        半島などがその中心である。
         私財を投じて大野教会を手造りしたド・ロ神父の感動的な逸話や、多くの
        殉教者たちの受難の歴史を知る旅となった。
         深い信仰を背景に建つ聖堂は、大小新旧を問わず、いずれもが風土に溶け
        込んだ美しい佇まいを見せてくれた。

                     
        
  大野教会 (長崎市下大野町/旧外海町)    出津教会 (長崎市西出津町/旧外海町)   
     
            

         
  黒崎教会 (長崎市上黒崎町/旧外海町)    野道共同墓地 (長崎市西出津町/旧外海町)
      キリシタン墓地
 
     
            

                                            
  大浦天守堂 (長崎市) 
         サンタマリアの御像
  浦上教会 (長崎市)   
     
            

                        
  西坂刑場跡 (長崎市) 
         二十六聖人殉教地 
  中町教会 (長崎市町)   
     
            

      
  三ツ山教会 (長崎市三ツ山町)    神ノ島教会 (長崎市神ノ島町)   
     
            

     
  沖ノ島馬込教会 (長崎市伊王島)   雲仙教会 (雲仙市小浜町)  
     
            

    
  島原教会 (島原市白土町)    原城址 (南島原市南有馬町)
          島原天草の乱史跡
  
 
     
            

     
  白浜キリシタン墓碑 (南島原市口之津)    水主(かこ)町教会 (大村市)   
     
                                   

      このページTOPへ    前のページ (Romania)  

   石造美術TOPへ 日本庭園TOPへ  ロマネスクTOPへ

   古代巨石文明TOPへ  世界の建築  総合TOPへ  掲示板へ