十和田隕石


隕石一覧に戻る

1997年前後の、春(4月?)、畳屋さんのご主人が倉庫の軒に
穴が開いていることに気づき、下に落ちていた石を回収。
2001年になり、国立科学博物館の米田成一博士による鑑定の結果、
隕石であることが判明。鑑定結果と、倉庫のなりたちから1985年頃の落下と推定されている。

長径4cmほどの小さな普通球粒隕石で、表面形状から上空で分裂して落下した
と思われ、総計ではこの数倍の質量が落下しているのではないだろうか。
付近数キロメートル以内にお住まいの方は探してみては?


十和田市市民センターにて撮影 2002年8月

最も平滑な面 左上は落下の衝撃
による欠けか?
この面は上空高い
所の破砕面か?
右面は低空での
破砕面か?
ピンぼけごめん

発見回収されたのは落下後時間が経ってからで、表面が赤錆色になってしまったが、
いかにも隕石らしい外観である。

およそ4面体の形状であり、展示状態で、下面は見られなかった。
上から見られる3面はそれぞれ滑らかさが違う。
これは、大気中を高温になって溶融落下する際に、
段階的な破砕、分裂が起きたことを示唆する。


隕石の貫通した軒の穴

落下地点お宅にて撮影

ちょうど隕石の形状通りの穴が開いている。
軒の高さは目測3〜4m程度、上面はトタンであり、畳表による裏張りがある。
直ぐ下(写真では穴の上)の木をかすめて地上まで落下した。


リンク

  十和田市民文化センター : 隕石はこちらで展示中。