《第1回パープルリボン作曲賞本選会の開催

Final Session of 1st Purple Ribbon Composition Award


【パープルリボン作曲賞創設の趣旨】 ━━音楽で 非暴力の輪 広げよう! ━━

パープルリボンは、セクハラ・DV・性暴力{注1}など、女性に対する暴力防止{注2}のシンボルマークです。誰もが女性・男性の良好な関係を築きたいもの、また、本来、暴力が好きな人はいないはずです。そこで、私たちはここに、非暴力の文化としての音楽財産を掘り起こす《パープルリボン作曲賞》を創設し、その理念を持つ音楽を広く公募します。暴力に対抗するのは「音楽による美的体験」なのです。

さらには、この作曲賞の活動によって、職業音楽家や音楽愛好家の方々が、「stop セクハラ・DV・性暴力」推進の楽曲と出会い、レパートリーに取り入れていただき、パープルリボンの理念が広がることも期待しています。音楽によって、皆が安心して暮らせる、住みよい社会環境を目指しましょう。

{注1} セクハラ・DV・性暴力には、女性被害者だけでなく、男性被害者・LGBTの被害者も存在し、現実は多様であり、我々はこれら全ての暴力の根絶を実現していきます。
{注2}11月25日は、国連の定める女性に対する暴力撤廃デーです。その日程に合わせ、内閣府男女共同参画局は、「令和3年度 女性に対する暴力をなくす運動」の期間を、11月12〜25日と定めました。また、パープルリボン・コンサートは、その時期合わせ、開催されてきました。


  

パープルリボン作曲賞本選会】
11/25は国連の定める女性に対する暴力撤廃デーです。この作曲賞の理念にふさわしい日に、本選会を行います。作曲コンクールの本選会は、新しく曲が誕生し、それが世に出ようとする最初の段階に立ち会うスリルと楽しみを体験する、独特の時間です。
本選会では応募作を演奏し、その中から審査員の合議で受賞作を決定します。「stop セクハラ・DV・性暴力」推進をテーマに集まった作品の数々を、当日は心ゆくまで味わっていただけると幸いです。今回はピアノ曲の公募です。

※応募曲をできる限り演奏し、音を実際に聴いて審査する方針とする。

本選会での演奏曲数を最大8曲とする。
※応募曲が9曲以上あった場合、譜面審査を行い、8曲に絞り込む。譜面審査を行った場合、応募者全員にその結果をメールで通知する。
受賞曲を、次回の《パープルリボン・コンサート》の開催、および、第2回パープルリボン作曲賞本選会、の際に演奏する。

〔日 程〕 20221125日(金)18:50〜20:30
11/25・国連の定める女性に対する暴力撤廃デーに開催
〔入場料〕 予約500円(当日600円)

〔曲 目〕
野村誠「DVがなくなる日のための『インテルメッツォ(間奏曲)』」
※応募曲が多数あった際、時間の関係で演奏されない場合もあります。
《曲の紹介》心理臨床家・草柳和之(本作曲賞審査員)は、その幅広い活動の発展の中で、DV根絶を願う音楽の必要性を思い立ち、自らのピアノ演奏のために、2001年、野村誠に作曲を委嘱、作曲者初演により、同曲は誕生した。曲名は「DVがなくなる日までの間に演奏される曲」という意味で、「同曲が少しでも早く演奏されないことを願う」という逆説的な意図が込められている。初演以降、草柳は国内のシンポジウム等で演奏するほか、韓国・中国の平和イベントでも演奏、英国・マレーシアなど、広く海外のピアニストにもコンサート曲目に取り上げられている。
■ピアにスト・大井浩明氏による演奏(Apr 13, 2011)→→https://www.youtube.com/watch?v=3Dyo4Fm2SII
※同曲が気に入って、弾いてみたいと思った方は、楽譜をメンタルサービスセンター(Tel.03-3993-6917)までご請求ください。

※応募の作品名・作曲者名は、締切りの8月末を過ぎて譜面審査終了後、サイトに掲載予定です。

〔会 場〕 スタジオ・ヴィルトゥオージ(JR新大久保駅5分):〒169-0073 東京都新宿区百人町2-16-17 B1(AVANTI-21)-Aスタジオ
     https://www.s-virtuosi.jp/


〔参加申込み・お問合せ〕 パープルリボン作曲賞事務局(メンタルサービスセンター内)
〒176-8799 練馬郵便局留 Tel03-3993-6147、070-5016-1871

《その他、留意事項》
・審査は非公開とし、選考結果は後日に発表する。
・受賞作の発表は、本選会終了後、日を改めてメールで応募者に発表する。
・審査員による応募曲全体に対する講評と、受賞作に対するコメントを、参加者全員に送付する。選考結果と講評およびコメントをサイトにも掲載する。
※ご応募いただいた個人情報は、当コンクールの事務処理のみに使用し、本人の同意なしに第三者に提供されない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【パープルリボン作曲賞募集要項と審査に関する要項細目=抜粋= ※詳しくはサイトをご覧ください.
《パープルリボン作曲賞》サイト→→http://www5e.biglobe.ne.jp/~m-s-c/purple%20ribbon%20composition%20award%20page.html

《2021.11.15:作曲賞創設の記者会見(Youtube)》→→https://youtu.be/QSRpbDwUf5o


[No.1] 応募曲と褒賞について
  

応募曲の楽器編成:今回は《ピアノ曲》とする。(2回は歌曲を予定)

褒賞の構成
@パープルリボン作曲賞 8万円
Aひまわり賞 最大3作まで、各1万円

各賞の趣旨説明
@「パープルリボン作曲賞」は、この作曲賞本来の賞です。
A「ひまわり賞」は、今回のみの特別賞という位置づけです。DV被害体験の朗読劇「ひまわり〜DVをのりこえて」の劇中音楽にふさわしい音楽を、賞として選定します。

 「ひまわり賞」設定の事由
本作曲賞審査員・清水友美(最下部に詳しいプロフィールあり)は、長年、DV被害体験をもとにした朗読劇「ひまわり〜DVをのりこえて」の上演に関わり、女優として出演してきました。そして、昨今のコロナ禍の情勢に合わせて、インターネットによる朗読劇の配信を行うにあたり、著作権フリーの劇中音楽の作曲を清水友美が担当することになりました。そこで、以上の事情と、この作曲賞の事業を連動させ、応募曲の中から朗読劇にふさわしい音楽を選び、賞として設定しました。

  

[No.2] 応募に際しての必要事項
《応募曲に関する留意事項》
・演奏時間は最大10分程度で、それを下回る時間であれば何分でも可とする.
・応募曲は新作に限定せず、旧作も可とする。
・過去の自作の改作および編曲も可とする。
・連弾曲も可とする。

・エレクトロニクスの使用は可とする.本選の演奏の際、機器は作曲者持ち込みとする.
・内部奏法は不可とする。
・ピアノ本体を叩く奏法は、ピアノを傷つける恐れがない限り可とする。
・演奏者自身のボディパーカッション、打楽器・ハーモニカ等の持ち替え楽器の使用は、ピアノ曲であるという体裁を崩さない範囲でならば可とする.
・図形楽譜も可とする。
・一人が複数の作品を応募提出することも可とする.
・本選では自作自演を行うか、主催側が準備した演奏者による演奏を希望するか、選ぶことができる。

応募料:一曲につき3500円.振込手数料を負担の上、口座に振込みのこと.
       振込先[みずほ銀行・桜台支店(普)1438903 名義:メンタルサービスセンター 草柳和之]

応募者資格 国籍、経歴、年齢などは不問
応募の締切 2022831日(当日消印有効)
応募方法 締切日までに、譜面のPDFファイルと必要事項を記入した応募申込書をメールにて送付。または、譜面のコピー4部と、必要事項を記入した応募申込書を添えて、送付のこと。

[No.3] 〜[No.4] (略)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[No5] 審査員・演奏者:profile

野村 誠   (photo by Alexandra Mleczko)
日本センチュリー交響楽団コミュニティプログラムディレクター。作曲家、ピアニスト。インドネシア国立芸術大学客員教授、東京芸術大学講師等を歴任。2003年第1回アサヒビール芸術賞、他の受賞歴がある。著書『音楽の未来を作曲する』(晶文社)他多数。2018年、ボーンマス交響楽団Cornwall Residencyに招待作曲家として参加する。「MITO Settembre Musica 2019」(伊)、「Solo International Performing Arts 2021」(インドネシア)他の音楽祭出演や、BBC Radio3(英)、Polskie Radio(ポーランド)他のラジオで特集されるなど、彼の作品は20カ国以上で演奏されている。パープルリボン作曲賞審査員. https://makotonomura.hatenablog.com/

清水 友美  
ピアニスト、作・編曲家、ダンサー、シンガー、女優。武蔵野音大ピアノ科卒。現代音楽コンクール“競楽VI”第3位等、多数入賞。2002年Luc Ferrari氏の作品を演奏するピアニストとして1位選出されソロリサイタルデビュー。複数の作曲家が清水氏を想定した新作を書き、世界初演を多く手掛け、毎年リサイタルツアーも開催。DV被害者の手記「ひまわり」朗読舞台に、女優・ダンサーとして出演。演劇やダンス音楽を中心に、作曲の依頼も数多い。地元・湘南を音楽やアートで盛り上げる市民団体「湘南SHOW点」代表。FM湘南ナパサのラジオ番組「清水友美のLOVE湘南」 (毎週土曜20:30〜 )を放送中。パープルリボン作曲賞審査員. https://ameblo.jp/tomomi-shimizu/

草柳 和之  
桐朋学園大学講師・早稲田大学講師をへて、現在,大東文化大学非常勤講師. メンタルサービスセンター代表・カウンセラー. 日本カウンセリング学会東京支部会・運営委員.日本カウンセリング学会認定・カウンセリング心理士.日本音楽療法学会会員.DV被害者支援に携わると同時に,日本で初めてDV加害者更生プログラムの実践に着手,その方法論の整備,専門家研修の提供等により,この分野をリードしてきた.その実践は新聞・TV・雑誌等を通じて広く紹介される.著書『ドメスティック・バイオレンス』(岩波書店),共著『標準 音楽療法入門 下』(春秋社)他多数.長年のDV問題の先駆的取り組みが評価され、社会貢献支援財団より、平成27年度社会貢献者表彰を受賞.
音楽によるDV防止キャンペーンのために,野村誠氏にDV根絶を願うピアノ曲を委嘱し,その曲を国内外で演奏して20余年に及ぶ。平和のための音楽会・学会のミニコンサート・自治体の協働イベント・DV問題シンポジウムなど、幅広い機会で演奏活動を展開,《社会の平和は家庭から》を訴えてきた.本作曲賞創設者および審査員.


【本選会出場作品・演奏者】
清水 友美(前出)

米永 志奈乃

武蔵野音楽大学ピアノ科卒。シオン(スイス)及び、デトモルト(ドイツ)にて、F..シュヌアー氏(デトモルト音楽大学教授)に師事。全日本ピアノ指導者賞等を受賞。ピティナ・ピアノコンペティション審査員。日本クラシック音楽コンクール審査員。

ほか


[No6] 寄付のご協力のお願い
 本作曲賞は、DV・性暴力問題を中心に力を尽くしてきた心理臨床家・草柳和之が、その社会貢献的活動の発展形として、褒賞金と運営にかかわる資金を出資しております。心理臨床家が、メンタルヘルス上の問題(暴力被害によるトラウマの問題)に対して人々が取り組む機運を活性化することを目的として、作曲コンクールを立ち上げた、おそらく世界でも類例のないプロジェクトです。

 当然ながら資金が不足しております。本作曲賞の
「音楽で 非暴力の輪 広げよう!に賛同する方々から、広く寄付を募っております。一口3000円、何口でも可です。ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。
■振込先[みずほ銀行・桜台支店(普)1438903 名義:メンタルサービスセンター 草柳和之]


  

【作曲賞創設に至る活動報告としての参考文献

=草柳和之 「DV根絶を目指すコミュニティ音楽療法の活動――それは作曲委嘱からはじまった」 『東京音楽療法協会30周年記念誌』
(2020)
 
本文ダウンロード→→https://researchmap.jp/kusayanagi/misc/25685166


〔パープルリボン作曲賞事務局〕 メンタルサービスセンター内
176-8799 練馬郵便局留 Tel03-3993-6147070-5016-1871
http://www5e.biglobe.ne.jp/~m-s-c/


  


トップページへもどる