サイコドクター心理学のページ
Site menu

サイコドクター心理学のページ
Total accesses

 
トップページへ
サイコドクター心理学のページ
Information
主な登場人物
お奨め心理テストリンク
心理学って?(外)
サイコドクターとは(外)
亜木氏のブログ(外)
サイコドクター心理学のページ
Psychological test
自由連想テスト
バウムテスト
ロールシャッハテスト
ゴミ箱連想テスト
二十答法
日常の心理トリック集
サイコドクター心理学のページ

サイコドクター心理学のページ
サイコドクター心理学File.1「高層恐怖症」
サイコドクター心理学File.2「シャドウ(影)」
サイコドクター心理学File.3「男らしさコンプレックス」
サイコドクター心理学File.4「洗脳解体」
サイコドクター心理学File.5「恋愛妄想」
サイコドクター心理学File.6「セックスレス夫婦」
サイコドクター心理学File.7「食べ過ぎる女」
サイコドクター心理学File.8「出生の傷」
サイコドクター心理学File.9「閉ざされた過去」
サイコドクター心理学File.10「歪んだひまわり」
サイコドクター心理学File.11「女神の見た悪夢」
サイコドクター心理学File.12「追いかけられる女」
サイコドクター心理学File.13「セックス依存症」
サイコドクター心理学File.14「ノイズ」
サイコドクター心理学のページ
Site Master Site
AoE3 -Carolina-
創世記1602
中世 騎士と城
イタリアワイン散歩道
安くて美味しいワイン
心理テクニック研究
サイコドクター心理学
風と共に干からびる

サイコドクター心理学のページ

File.8「出生の傷」の大まかなストーリー

主な登場人物旧・主な登場人物も参照して頂ければわかりやすいです)
大まかなストーリーなので詳細を知りたい方は是非、本のほうをお読みになってください。


犀川 理 :八尾の後輩で新人刑事。コインロッカー殺人事件以来、閉所恐怖症に陥り、楷を訪ねる。


大曽根 茂 :文部大臣。今回のコインロッカー殺人事件の容疑者に浮上する。

第1話 死体遺棄事件発生
新宿のコインロッカーで身元がわからないバラバラの死体が見つかった。
警部の八尾と新人刑事の犀川(今回の患者)は事件解決に乗り出すが、この日から犀川に異変が起きる。
何故か、「暗くて狭い場所」が耐え難い場所となってしまい、刑事生活に支障をきたし始めたのだ。
その治療を八尾の友人の楷に頼むこととなり、カウンセリングを始める。
特に原因が見つからない中、犀川から「養子だった」という話を聞き、楷は犀川の実家へと訪ねる。
そこで楷は犀川の義理の母から「コインロッカーベイビー」だと打ち明けられる。

コインロッカーに捨てられた犀川

第2話 むごすぎる過去
楷は犀川がコインロッカーベイビーだったことを本人に伝え、治療のために退行催眠を掛けることにする。
そこで得たのは彼が逆子で生れたこと、母親は死産だったこと、そして父親の僅かな情報。
輪郭や顔の特徴、左手に火傷があるなどなど。
雑誌から似ている人はいるかと探していると「大曽根 茂」という現職文部大臣の名前が浮上してきた。

第3話 26年目の符号
なんとか大曽根に会いたいと楷に懇願する犀川。
楷は心理学の研究のためという名目の元、自分の勤める大学へ大臣を呼ぶことに成功する。
そこでいくつかのテストを行ってもらい、彼の心理状況を調べた。
その際に、左手を調べ火傷の後も確認も行い、彼が犀川の父親であるとの確証を得た。

そして心理テストの結果を見ると驚くべき結果が出てきた。
コインロッカーや赤ん坊のスライドを見た際の反応が大きかったが
今回の殺人事件に使われた凶器「ガラスの灰皿」の反応が一番大きかったのだ。

第4話 自問自答
大曽根が凶器の灰皿を知っているという話を八尾にすると
八尾は「実は・・・」と大曽根と大学の癒着問題の話を始めた。
犀川はすぐに大学関係者を当たり、身元不明の被害者の特定を行うことを提案。
そして身元がわかったものの、犯人に繋がる証拠がないので事件が起きた場所に戻ると
女子高生が硬貨を落とすのを見て、あることに気付く。
これからヒントを得て犀川は犯人逮捕のために動く。
そして、証拠も揃い、犯人逮捕のために楷と共に大曽根の元に向かう。

第5話 哀しき再会
まず、八尾が秘書である佐伯を死体遺棄の容疑で逮捕した。
次に楷と犀川は文部大臣の大曽根を訪ね、犀川の父親であることを認めさせようとした。
「何故、コインロッカーに子供を捨てた」という犀川の質問にシラをきる大曽根。
しかし、「その捨てられた子が今、刑事になってあなたの前にいる」というセリフに大曽根の心は動く。

第6話 贖罪
しかし、それでもシラをきる大曽根。
否定を続ける大曽根に犀川は「何故、私が誇りを持てる人間になってくれなかったのか」という彼の顔に昔の自分を思い起こした。
楷が「父親として勇気を出してほしい」と言う楷の言葉に心では「大きくなったな」と思っているが口には出せなかった。
彼が次に言った言葉は「よく調べた。殺したのは私だ」と罪を認める発言だった。
そんなことよりも父親かどうかの言葉が聞きたかった犀川は大曽根を呼び止めるが「殺人犯の息子になりたいのか?」という

殺人犯の息子になりたいのか?

大曽根の子供を気遣う親の発言により、彼はトラウマを克服することとなる。

第7話 開かれた扉
大曽根が殺人を犯した経過の話。
癒着問題を告発された大曽根は証拠を表に出さないために反学長派の男を殺した。
その死体は佐伯にチェーンソーでバラバラにさせてコインロッカーに捨てたと自供により判明した。

犀川はトラウマから解放され、刑事としての人生を大手をふって進めるようになった。



サイコドクター心理学と心理テスト   サイコドクター心理学と心理テスト  サイコドクター心理学と心理テスト
 戻る   トップページ  次へ