イタリアワイン散歩道

イタリアの県 略記号一覧
北部イタリアの県略記号
中部イタリアの県略記号
南部イタリアの県略記号
生産者サイト一覧
イタリアワインの格付け
DOCG格付けの一覧
イタリアワインの用語一覧
葡萄品種略記号一覧

イタリアワイン ライン

イタリアワイン散歩道 PR

イタリアワイン ライン

イタリアワイン インポーター

アーク
アグリ
アヴィコ
アサヒ/マキシアム
アッシュ・トレーディング
新井清太郎商店
アルコトレード・トラスト
アルトリヴェッロ
イズミ
イタショク
イタリア商事
稲葉
イネス
岩田醸造
ヴィナイ太田
ヴィナリウス
ヴィーノフェリーチェ
ウィンターローズ
ヴィントナーズ
エスティ・コーポレーション
エトリヴァン
エトルスコ
エノテカ
エル・カミーノ
えん
オーデックス
オーバーシーズ
クリオ・インターナショナル
グローバル
コンステレーション
37ワインズ
相模屋本店
サンリバティー
ジャパンソルト
ジィエィインク
ジェロボーム
ジャルックス
湘南貿易
ストーンマーケット
スマイル
大栄産業
ティーアイトレーディング
ディスコ・イタリア
テラヴェール
DKSH
トレージャーフロムネイチャー
中島董商店
ニップンインターナショナル
日欧商事
日本リカー
野村ユニソン
ノンナアンドシディ
八田商店
パシフィック洋行
パンタレイ◆
ビアンコロッソ
光が丘興産
フィラディス
伏見ワイン
フードライナー
ペルバッコ
ミレジム
ミレニアムマーケティング
明治屋
メイワ
メモス
モトックス
モナカ
モンテ物産
ラシーヌ
ワインウェーブ
ワインオリエンテッド

ワイン天国

イタリアワイン ライン

【DOCG一覧】
【DOCG DOC IGT VdT】
イタリアワインの格付け
イタリアワインには様々なランク付けがあります
法的に規制されていたりされていますが主な分類はDOCG、DOC、IGT、VdTの4つ
この格付けにより、イタリアの高品質なワインが維持されています

イタリアワイン ライン長い

イタリアワイン散歩道 PR
 

イタリアワイン ライン長い

【DOCGについて】
格付けの種類
イタリアのワイン法において、イタリアワインは以下の4つの分類がなされる。

格付け DOC DOCG IGT VdTD.O.C.G [ Denominazione di Origine Controllata e Garantita ]
デノミナツィオーネ・ディ・オリジーネ・コントローラータ・エ・ガランティータ
統制保証原産地呼称ワイン

格付け DOC DOCG IGT VdTD.O.C [ Denominazione di Origine Controllata ]
デノミナツィオーネ・ディ・オリジーネ・コントローラータ
統制原産地呼称ワイン

格付け DOC DOCG IGT VdTI.G.T [ Indicazione Geografica Tipica ]
インディカツィオーネ・ジェオグラフィカ・ティピカ
地理的表示付きワイン

格付け DOC DOCG IGT VdTV.d.T [ Vino da Tavola ]
ヴィーノ・ダ・ターヴォラ
テーブルワイン

上から順番に格付けの認定が厳しいものとなっている。


格付けの条件
格付け DOC DOCG IGT VdTDOCG
細かく書くと相当な厳しい規制がなされている。
原料のブドウの産地/ワインの醸造および貯蔵場所/ブドウ品種
混醸の比率/アルコール度数/畑の原産地/醸造方法
最大収量/ワインの最大収率/熟成の方法/法定熟成期間
容器の形状と容量/ワインの化学分析/ワインの利酒検査 などの規制がある。
さらに最低5年間DOCであること、その地でよく知られていることなどと
少し曖昧なところも持ち合わせている。

格付け DOC DOCG IGT VdTDOC
上の条件と被るが、もう少し緩やかな規制となっている。
基本的にはフランスのAOC法を真似たもの。
現在、DOCの数は300以上あり、これからも増え続けていく。
バルベーラ・ダスティ=ピエモンテのバルベーラ種を使ったワインというように
DOCの内容さえ覚えていれば、産地と葡萄品種が大体わかるので便利。多いけど。

格付け DOC DOCG IGT VdTIGT
分類的にはテーブルワインだが、いわゆる地酒である。
エチケッタにブドウ品種名と生産地名を記載しなくてはならない。

格付け DOC DOCG IGT VdTVdT
Vino da Tavola。つまり、テーブルワイン。
特に必要な表記はないため、
産地やブドウ品種を調べるのに苦労する。
イタリアは品質を維持するためにDOC、DOCGなどの格付けに様々な規制をしいている
例えば、国際品種(カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー)などをブレンドすると
DOC,DOCGを名乗れないことが多々ある
しかし、イタリアの生産者は格付けに関係無しに美味しいワインを作る、という信念の元、
「テーブルワイン」の格付けのもとに最高品質のワインを生み出している
いわゆるサッシカイアやオルネライアなど「スーパートスカーナ」と呼ばれるワインである
これらのワインはテーブルワインと呼ばれながらも、DOCGなどより高価に取引されている


格付けの趣旨
これらの格付けの狙うところは原産地の保護にある。
DOC/DOCGには原産地の表記や葡萄品種、昔ながらの製法での醸造など
様々な条件や規制が敷かれている。
しかし、これによってイタリアにおけるワイン造りという文化の保護が行われていることになる。
美味しいものが単純に高い格付けになるのであれば、
パーカーポイントに代表される樽感のしっかり出た濃厚なワインばかりが高い格付けをされるであろう。
それによって引き起こされるのはワインの味の平均化だと思われる。
消費者が濃くてわかりやすいワインを求めれば、ワイナリーも追随せざるを得ない。
自然と似通った味のワインが多く生産されることになるだろう。

イタリアワインの最もたる魅力はワインの多様性にある。
現在でも300を超える地元原産品種が残り、味わいもまさに多種多様である。
DOC法によるワインの保護、そして生産者の情熱がこの多様性を作りだしているのかもしれない。

とは言え、原産地を保護しても味が悪ければ自然と淘汰されて行くことになる。
そのため、DOC/DOCG法は共に改良が進められ品質を顧みられるようになったことは一歩前進だと思いたい。

イタリアワイン ライン長い

イタリアワイン 検索

イタリアワイン 関連リンク

イタリアワイン ライン

イタリアワイン 楽天商品

楽天市場へのリンクはこちら

イタリアワイン ライン

イタリアワイン 関連リンク

VinoVinoVino
A.V.Iアヴィ

イタリアワイン ライン

イタリアワイン アクセス数

イタリアワイン ライン

イタリアワイン散歩道 管理人 maru(丸山)
yue@kub.biglobe.ne.jp (@は半角文字でお願いします)
ご意見・ご感想、お待ちしております。

Copyright c MARUYAMA. ALL rights reserved.