Age of Empires III -Carolina- AoE3 総合攻略ページ
-フォーメションの活用-
/Use of Formetion/

AOEシリーズの流れで近作でも軍隊の「フォーメーション」が設定できます
有効に使うことによって操作量の軽減や部隊の無駄な突撃を無くすことが出来、少しばかり有利になるかもしれません
是非、活用してプレイしましょう

なお、デフォルトの設定では指定が出来ないのでオプション設定で「戦術コマンドボタンの表示」をチェックしてください

実際使ってみると・・・
/When actually using/

Age of Empires III フォーメーションページ Age of Empires III フォーメーションページ

通常の陣形です。特にメリットはないですね
Age of Empires III フォーメーションページ Age of Empires III フォーメーションページ

ユニットの間隔がかなり広がります。これにより、大砲などの範囲攻撃のダメージをかなり抑えることが出来ます
キュイラシェ・シパーヒなどの範囲攻撃を持ったユニットにも有効な陣形です
Age of Empires III フォーメーションページ Age of Empires III フォーメーションページ

近接系ユニットはデフォルトでこの陣形になっています
射撃ユニットがこの陣形を指定すると上のように武器を持ち替えます(弓→剣?)
竜騎兵、ロイテルなどがこの陣形にした上で大砲を壊す、などが有効です
Age of Empires III フォーメーションページ Age of Empires III フォーメーションページ

防御モードは1種類のユニットをこの陣形に変更してもボックスを作るだけですが
近接ユニット・射撃ユニットの2種類で行うことにより、射撃を内側、近接を外側に配置します
上の図ではユニット数が少ないので効果が解りづらいですが近接を増やせば、馬の突撃に耐えられます
Age of Empires III フォーメーションページ Age of Empires III フォーメーションページ

腰を低くし遠隔攻撃に備えます
移動速度減少・攻撃速度減少などのデメリットの代わりに砲撃・遠隔攻撃に対する防御力が50%上昇します
Age of Empires III フォーメーションページ いわゆるトランプルモード
重騎兵しか使えませんがこのモードにすると範囲攻撃を持つようになります
移動速度が落ち、さらに当てたダメージの半分が返ってくる諸刃の剣
(範囲ダメージの反射はないですが・・・)
速度減少のため追撃にも向かず、反射ダメージが高いので直接戦闘にも向かない不思議な陣形
Age of Empires III フォーメーションページ パッチにより追加された陣形
防御モードと違い、ユニットは完全に移動しなくなります
下手に追撃して撃破されてしまうより、このモードにして移動を止めるのも良いと思います
おまけ実験
/OMAKE/

実験1 カバーモードのまま戦うとどうなるのか?

近接VS近接
Age of Empires III フォーメーションページ
ノーマルモードで普段出番の少ない矛槍兵10 VS 矛槍兵10で戦ったところ、いい勝負でした(当然ですが)
結果に多少のむらがあるものの、大体同じような結果になります

しかし、片方ノーマルモード、もう片方カバーモードで戦うと・・・

9:1で圧倒的にカバーモード側がSATSUGAIされます
近接対決ではとんでもなく弱いことがわかりました

ちなみにスカミ10に対して矛槍が近接/援護モードにして突撃した結果、こちらもカバーモードのままのほうが被害が大きかったです
攻撃を受ける前にカバー、移動の際には通常モード、と切り替えが出来れば被害ほとんどなく倒せそうですね



実験2 範囲攻撃を持つユニットに千鳥隊列で戦うのは有効なのか?

まずは通常陣形にて、我らがおじさん(20人兄弟)が範囲攻撃をデフォルトで持つキュイラシェ3を迎え撃ちます
Age of Empires III フォーメーションページ

おじさん全員討ち死にまでの時間:20秒
キュイラシェに当てた総ダメージ量:約630(死亡0)


そして次は千鳥隊列にて迎え撃ちます


一人一人の間隔が広いので範囲攻撃のダメージがかなり下がっています

おじさん全員討ち死にまでの時間:42
キュイラシェに当てた総ダメージ量:約1000(死亡1)

結局、おじさんは全員討ち死には変わりませんが結果は大きく変わりました
全滅までの時間が約倍掛かるようになり、さらに当てるダメージも1,5倍以上です
敵に範囲攻撃を持つユニットがいる場合は千鳥隊列がかなり有効だとわかりました
しっかりと操作を行えば上のような戦いの場合、おじさん側が勝てるかもしれませんね


実験3 範囲攻撃モード(トランプルモード)で戦ってみる

今度の実験は ハサー5 VS おじさん(20人兄弟)でやってみました
まずは通常の陣形での戦闘
Age of Empires III フォーメーションページ





おじさん全員討ち死にまでの時間:30秒
ハサーに当てた総ダメージ量:770(死亡2)


上のキュイラシェの範囲攻撃の実験により、密集しているおじさん相手に範囲攻撃はかなり有効だとわかりましたので
さっそくハサーで範囲攻撃モード/トランプルモードを使っておじさんの殲滅に掛かります

攻撃モーションがかっこいい範囲攻撃モード




Age of Empires III フォーメーションページ
ハサー全滅




AAだとズレた



逆にハサーが全滅しました

きっと農民狩りに効果を発揮するに違いない
ウーラーン騎兵でクルールをトランプルモードで狩ってみる
Age of Empires III フォーメーションページ



Age of Empires III フォーメーションページ
瀕死

外套付クルール相手だと逆に返り討ちに合いそうです
トランプルモード、上手く使える方法が思いつきません





The WarChiefs

お役立ちリンク
AoE3 JP Community
こうえきいのち AJC出張
あおえさん?
用語集WIKI
AoE3 Wiki
AoE3 公式

国カードリスト
オスマンカード
ドイツカード
フランスカード
スペインカード
オランダカード
イギリスカード
ロシアカード
ポルトガルカード
イロコイカードページ
スーカード
アステカカード
各国チームカード一覧
探索者・チーフカード

各国特性
オスマン特性
ドイツ特性
フランス特性
スペイン特性
オランダ特性
イギリス特性
ロシア特性
ポルトガル特性
イロコイ特性
スー特性
アステカ特性
各国ベストユニット

初心者ガイド
ゲーム必要スペック
AoE3の新しい機能
体験版/製品版
ゲームの大まかな流れ
各資源の取得方法

町の中心の機能
入植者の機能
探索者/物資/ミニマップ
革命関連Tips

小技 テクニック集
初心テクニック集 α
初心テクニック集 β
テクニック集T
テクニック集U
オプション設定
ホットキー/検索キー
フォーメーション活用

検証と比較
交易所色々検証
駐留についての検証
修理の検証
治療の検証
アビリティの検証
建築速度の検証
LvUpに必要なEXP
軍事アプグレの検証
軍事ユニットの速度
大砲の特性
大型大砲の能力比較
先住民関係検証
スコアの特性考察
近接攻撃範囲の検証
遠隔攻撃範囲の検証
カードコスト比較
家畜防御の検証
味方の建物利用の検証
高低ボーナスの検証
財宝の守護者暴走検証

マップ関連データ
マップ(データ)
マップ特性1(攻略)
マップ特性2(攻略)
マップ特性3(攻略)
マップ特性4(攻略)
財宝の種類・守護者1
財宝の種類・守護者2
財宝の種類・守護者3
財宝の守護者種類
動物・家畜・海資源

お役立ちデータ
神殿ユニークテク
兵器庫のテクノロジー
家畜の太る速度データ
建物データ
建物攻撃データ

おまけデータ
カスタマイズ迷言集
船の名前
探索者の名前
犬の名前
各国の砦の名前
スカウトの名前
ESOの称号
中のデータの見方

Q&A
シングル・シナリオ
マルチプレイヤー
リプレイについて
ゲームプレイ
ゲーム全般
チート関係
チートコードで遊ぶ

Site Master Site
AoE3 -Carolina-
創世記1602
中世 騎士と城
イタリアワイン散歩道
安くて美味しいワイン
サイコドクターから学ぶ
お役立ち心理学
心理テクニック研究
風と共に干からびる

関連広告

お薦めゲーム

このサイトが紹介しているゲーム
中世の時代が終わりを告げる頃、科学は大いに発展していきました
人々は遠くまで航海出来るようになり、新たな植民地が形成されます。
また、軍事面では火薬が台頭し、戦術が大きく変わります。
そんな時代のRTSゲームです。
2つの拡張版のふくまれたセット



大航海時代、貴方は一隻の船で旅をして新たな植民地を形成します。
交易を中心としたまったり系箱庭ゲームです
船、そして海がテーマのゲームですがグラフィックの良さに驚きます。


個人的には近代より中世のほうが好きです。
中世 騎士と城というサイトを作っています。
その時に一番、中世の雰囲気を味わえるゲームを見つけました。
AOEとは少し違うタイプのRTSです
こちらも廉価版でリーズナブル。


飽きない、止められないゲーム。
歴史系のゲームが好きな人だったら、ほぼ間違いなくはまります。
そうじゃなくても、少しでも「楽しいな」って思ってしまったら中毒になるゲームです。
世界の文明のうち、1つを選び文明を発展させていく、というよくある内容ですがシステムが素晴らしい。

関連広告