私のお気に入り


★手紡ぎウサギ
栃木県益子の陶芸作家さんの作品。
糸車や糸を紡ぐ手つきがリアルで、何ヶ月も待って作っていただきました。
「ゴルフするウサギ」「釣するウサギ」「農夫ウサギ」などウサギシリーズがありますが、どれも表情が豊かで素敵です。


★手作りチェア
河口湖畔で手作り家具を作っている木工作家さんのイス。
手紡ぎの糸車に向かうとぴったりの高さで、肘掛も付いているので、長く紡いでも疲れません。
元々紡ぐ時用に買ったわけではないのですが、今では紡ぎになくてはならないイスです。


★ひつじ・羊・hituji
手紡ぎを始めてから、「ひつじ」モノが目につきます。置物、プリントされたものなど、つい買ってしまいます。少しご紹介を。
(左から)・入り口横の棚に並ぶひつじの置物。ひとつ、ひとつ表情が違い、かわいい!
・自作のミニ額。ひつじは、ニードルフェルトという技法で立体感があるのですが、よくわかりませんね。
・箸置きでしょうか?5センチぐらいの大きさです。ドアの横に貼り付けて、アトリエを守ってね。


★羊のモビール
ニューヨークMOMAのミュージアムショップのモビール。
(買ったのは日本ですが)
シンプルなデザインですが、絶妙なバランスでふんわり動いているところがいい感じ。
★羊コースター
フェルトの型押しで作られたコースター。厚みがあります。
作品展のときに友人Tさんがプレゼントしてくれました。
羊グッズを見つけると、つい買ってしまうのよとのこと。いつもありがとうございます。


★レース織のカーテン
アトリエの窓に手織のカーテンをかけたいと思いながら、幅も広いし、なかなか取り掛かれないでいました。
2008年夏、長年の懸案事項が出来上がりました。
ラミーという表面がつるっとした麻糸で織ったので、レース織の感じが上手く出た、ちょっと自慢のカーテンです。
★北欧みやげ その1
2008年北欧旅行の折、ヘルシンキのアーリッカで買った羊の置物。
私の数ある羊コレクションの中でもダントツの高い羊です。
なんでも一つ一つ手作りで木を彫って作ったものなので、高価なのだとか。
コロンとした形と、木の手触りが気に入っています。
北欧の国旗を飾って、おめかし。アレ、生まれ故郷のフィンランドの国旗はありませんね。


★北欧みやげ その2
スウェーデンのおみやげで一番有名なのがダーラヘストという馬の置物です。
木を彫ってカラフルな伝統模様を彩色されたダーラヘストは、古き良き伝統工芸を感じさせるもの。
そのダーラヘストが、デザイン化され、パズルとなった現代版ダーラヘストを見つけました。
本当は周りのビニールをとって置くものなのでしょうが、きちんとした形を保ってくれそうにないので、いまだそのままです。


始めのページに戻る