AM
掃海艇、艦隊掃海艇

※掃海艦艇籍 Mine Warfare shipsだった掃海艇 Minesweeperは、1955年に艦隊掃海艇(鋼製船体) Minesweeper, Fleet(Steel Hull)、航洋掃海艇 Minesweeper, Ocean(Non-Magnetic)と名称が変更される。1920年7月17日、艦種記号AMが各艦に与えられる。PSAは試験航海後の有用性(Post Shakedown Availability)の略
軽荷排水量:950t(AM-5、AM-10、AM-13、AM-15、AM-18、AM-23、AM-26、AM-27、AM-30、AM-35、AM-36〜AM-38、AM-41、AM-44、AM-46、AM-51、AM-52、AM-54は840t、AM-32は850t) 満載排水量:1,009t(AM-29は1,000t) 全長:57.25m(AM-29、AM-32は54.86m) 幅:10.82m(AM-13、AM-15、AM-18、AM-27、AM-35、AM-46、AM-52は10.79m) 吃水:2.77m(3.01mともいわれる、AM-2、AM-3、AM-9、AM-30、AM-33、AM-37、AM-45、AM-51は3.16m、AM-4、AM-14、AM-22、AM-29、AM-31、AM-32、AM-34、AM-38、AM-44、AM-53、AM-54は2.98m(平均)、AM-5は3.15m、AM-7は3.13m、AM-13、AM-15、AM-18、AM-27、AM-35、AM-46、AM-52は2.69m、AM-23は3.93m、AM-24、AM-26は3.16m、AM-25、AM-36、AM-41は2.99m、AM-28は3.87m) 主缶:バブコック&ウィルコックス缶(重油専焼)2基 主機/軸数:ハーラン&ホリングスワース式直立式三段膨張レシプロ蒸気機械1基/1軸 出力(計画):1,400馬力 速力:14.0kt(AM-19は12.4kt) 兵装:50口径76o砲2基、ルイス式7.62o機銃1基(1945年には50口径76o砲1基、20o機銃4基、AM-25は50口径76o砲2基、12.7o機銃3基、AM-26、AM-47、AM-48は50口径76o砲2基、機銃2基) 乗員:78名(AM-5、AM-13、AM-14、AM-18、AM-23、AM-34、AM-41、AM-44、AM-46、AM-53、AM-54は85名、AM-7は62名、AM-8、AM-16、AM-17、AM-19〜AM-21、AM-24、AM-26、AM-30、AM-34、AM-36、AM-40、AM-41、AM-45、AM-47、AM-48は72名、AM-15、AM-17は61名、AM-29、AM-39、AM-38は82名、AM-35は66名、AM-43は59名、AM-52は186名)
↑USS Falcon (AM-28). Photograph taken circa 1919. Note the ship's number ("28") painted on her smokestack and bow. U. S. Naval Historical Center Photograph.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ラプウィング Lapwing AM-1 トッド・シップヤード社 1918/6/12 1946/11/29 1945/12/19
(1946?)
◎1917/10/25 起工
◎1918/3/14 進水
◎1920/2/17 艦種記号AM-1を与えられる
◎1922/4/11 真珠湾にて退役
◎1932/9/1 再役
◎1936/1/22 小型水上機母艦に改装、艦種を小型水上機母艦(AVP-1)に改める
◎Removal of North Sea Barrage, 1919.
オウル Owl AM-2 トッド・シップビルディング社 1918/7/11 1946/7/26 1946 ◎1917/10/25 起工
◎1918/3/4(1918/5/4?) 進水
◎1942/6/1 艦種を航洋曳船(AT-137)に改める
ロビン Robin AM-3 トッド・シップヤード社 1918/8/29 1945/11/9 1945/11/28 ◎1918/3/4 起工
◎1918/6/17 進水
◎ニュー・ヨークにて就役
1919/8/17 機雷により損傷
◎1921/3 海軍工廠ノーフォークにて入渠
◎1942/6/1 艦種を航洋曳船(AT-140)に改める
◎Removal of North Sea Barrage, 1919.
スワロー Swallow AM-4 トッド・シップヤード社 1918/10/8 1938/5/5 ◎1918/3/18 起工
◎1918/7/4 進水
◎1919末 チャールストン海軍工廠にてオーヴァーホール、修理
1938/2/19 カナガ島にて座礁
◎Removal of North Sea Barrage, 1919.
タネジャー Tanager AM-5 スターテン・アイランド・シップビルディング社 1918/6/28 1942/5/8 ◎1917/9/28 起工
◎1918/3/2 進水
1919/5 悪天候により損傷、Kirkwallにて修理
1919/7/12 機雷により損傷、KirkwallとChathamにて修理
1919/8/14 機雷により損傷
◎1919/11下旬 チャールストンにて修理
◎1941初め オーヴァーホール
1942/5/4 コレヒドール島にて日本軍の陸上砲台の砲撃により沈没
◎Removal of North Sea Barrage, 1919. Philippines 1942.
カーディナル Cardinal AM-6 スターテン・アイランド・シップビルディング社 1918/8/23 ◎1917/10/11 起工
◎1918/3/29 進水
◎ニュー・ヨーク沖にて一時的な灯船(NY-2)となる(〜1919/8/3)
1923/6/6 チリコフ島東海岸にて座礁
オリオール Oriole AM-7 スターテン・アイランド・シップビルディング社 1918/11/5 1946/2/6 1946/3/12 ◎1918/3/6 起工
◎1918/7/3 進水
◎ニュー・ヨーク海軍工廠にて就役
◎1922/5/3 退役、真珠湾にて保管
◎1938/5/2 メア・アイランド海軍工廠にて改装
◎1938/8/15 再役
◎1942/6/1 艦種を航洋曳船(AT-136)に改める
カーリュー Curlew AM-8 スターテン・アイランド・シップビルディング社 1919/1/7
(1919/2/7?)
1926/2/28 ◎1918/4/1 起工
◎1918/8/29 進水
◎1919/7/28 機雷により損傷
◎1920/11/16 退役、ポーツマス海軍工廠にて改装
◎1920/12/29 再役
◎1921/2/7 退役、ポーツマスにて保管
◎1921/10/29 再役
◎1922/9 潜水艦母艦となる(〜1923/2)
1925/12/15 パナマのPoint Mosquitoにて座礁、荒波により破壊
◎Removal of North Sea Barrage, 1919.
フィンチ Finch AM-9 スタンダード・シップビルディング社 1918/9/10 1942/5/8 ◎1917/8/22 起工
◎1918/3/30 進水
1942/4/10 コレヒドール島南方キャバロ島泊地にて日本軍の爆撃により沈没、日本に拿捕
◎1943/4/1 第一〇三号哨戒艇となる
◎1943/5/26 第一〇三工作部で整備完成
1945/1/12 仏印ファンリ沖でアメリカ海軍機の攻撃により沈没
◎1945/3/10 除籍
◎Removal of North Sea Barrage, 1919. Asiatic Feet 1921-1941. Yangtze River, 1932. China 1937-1939. Philippines 1942.
ヘロン Heron AM-10 スタンダード・シップビルディング社 1918/10/30 1946/2/12 1946 ◎1917/8/26 起工
◎1918/5/18 進水
◎1919/3上旬 改装
◎1922/4/6 キャヴィテ海軍工廠にて退役
◎1924/12/18 再役
◎1936/1/22(1936/1/27?) 艦種を小型水上機母艦(AVP-2)に改める
◎Removal of North Sea Barrage, 1919. Asiatic Feet 1921-1922. Yangtze River, 1932.
コンドル Condor AM-11 Gas Engine & Power Co. ◎1918/11/23 起工
◎1918/12/4 12%の完成度で建造中止
プローヴァー Plover AM-12 Gas Engine & Power Co. ◎1918/12/4 建造中止
ターキー Turkey AM-13 チェスター・シップビルディング社 1918/12/13 1945/11/6 1945/11/28 ◎1917/10/19 起工
◎1918/4/30 進水
1919/5/16 北海にて機雷により損傷、スカパ・フローにて入渠、修理
1919/7/30 コンデンサ不良、後に修理
1919/8中旬 北海にて機雷により損傷
◎1922/4/12 退役、真珠湾にて太平洋予備艦隊に編入
◎1937/9 メア・アイランド海軍工廠にて改装
◎1938/8/15 再役
◎1942/6/1 艦種を航洋曳船(AT-143)に改める
◎Removal of North Sea Barrage, 1919. Pearl Harbor.
ウッドコック Woodcock AM-14 チェスター・シップビルディング社 1919/2/19 1946/9/30 1947/4/23 ◎1917/10/19 起工
◎1918/5/12 進水
◎フィラデルフィア海軍工廠にて就役
◎1922/5/5 退役、ポーツマス海軍工廠にて保管
◎1924/2/21 再役
◎1920年代〜1934 この間、海軍工廠にて修理、改装
◎1942/6/1 艦種を航洋曳船(AT-145)に改める
◎Removal of North Sea Barrage, 1919. Station ship, Haiti, 1924-1934.
クウェイル Quail AM-15 チェスター・シップビルディング社 1919/4/29 1942/5/8 ◎1918/5/14 起工
◎1918/10/6 進水
1919/7/30 機雷により損傷
1919/8/14 機雷により損傷
◎1925 フィラデルフィアにて修理
1942/5/5 コレヒドール島にて日本軍の攻撃により損傷、日本軍に拿捕されるのを防ぐため沈没処分
◎Removal of North Sea Barrage, 1919. Nicaragua 1926-1927. Philippines 1942.
パートリッジ Partridge AM-16 チェスター・シップビルディング社 1919/6/17 1944/7/29 ◎1918/5/14 起工
◎1918/10/15 進水
◎1942/6/1 艦種を航洋曳船(AT-138)に改める
エイダー Eider AM-17 Pusey & Jones Co. 1919/1/23 1922/4/18 ◎1917/9/25 起工
◎1918/5/27 進水
◎1919/12上旬 チャールストン海軍工廠にて修理
◎退役後、真珠湾にて係船(〜1937)
◎1940 メア・アイランドで扉船(非自走)に改装
◎1940/10/7 艦種を扉船(非自走)(YNG-20)に改める
◎Removal of North Sea Barrage, 1919.
スラッシュ Thrush AM-18 Pusey & Jones Co. 1919/4/25 1945/12/13 1946/1/8 ◎1918/5/27 起工
◎1918/9/15 進水
◎1922/4/3 退役、真珠湾にて保管
◎1935/10/31 再役、メア・アイランドで小型水上機母艦に改装
◎1936/1/22 艦種を小型水上機母艦(AVP-3)に改める
◎Removal of North Sea Barrage, 1919.
アヴォセット Avocet AM-19 ボルティモア・ドライ・ドック&シップビルディング社 1918/9/17 1945/12/10 1946/1/3 ◎1917/9/13 起工
◎1917/11/17 アヴォセットと命名
◎1918/3/9 進水
◎海軍工廠ノーフォークにて就役
◎1919/1/10 海軍工廠ノーフォークにて76o砲2基を撤去
◎1919/5中旬 海軍工廠ノーフォークにて修理
◎1920夏 サン・ペドロにて入渠
◎1922/2 キャヴィテにて修理
◎1922/4/3 キャヴィテにて退役
◎1925/9/8 再役
◎1926/8中旬 キャヴィテにて修理(〜1926/9中旬)
◎192/3下旬 キャヴィテ海軍工廠にて修理、76o砲2基を設置
1928/8/26 煙台市にて台風により座礁
◎1928/8/29 離礁
◎1928/8末? 駆逐艦母艦ブラック・ホーク Black Hawk(AD-9)により修理
◎1928/9上旬 上海にて修理、オーヴァーホール
◎1930 キャヴィテにてオーヴァーホール
◎1931 キャヴィテにてオーヴァーホール
◎1932/4/11 キャヴィテにてオーヴァーホール(〜1932/5/6)
◎1932 水上機母艦に改装
◎1934/6 メア・アイランド海軍工廠にて修理
◎1936/1/22(1938/3?) 艦種を小型水上機母艦(AVP-4)に改める
◎Removal of North Sea Barrage, 1919. Far East 1925-1933.
ボボリンク Bobolink AM-20 ボルティモア・ドライ・ドック&シップビルディング社 1919/1/28 1946/2/22 ◎1917/10/29 起工
◎1918/6/15 進水
◎1919/5/14 機雷により損傷、DevonportのRoyal Dockyardにて修理
1928/9/27 Plum I. にて座礁
◎1942/5/20 航洋曳船に改装(〜1942/7/2)
◎1942/6/1 艦種を航洋曳船(AT-131)に改める
◎Removal of North Sea Barrage, 1919. Pear Harbor.
ラーク Lark AM-21 ボルティモア・ドライ・ドック&シップビルディング社 1919/4/12 1946/2/7 1946/7/3 ◎1918/3/11 起工
◎1918/8/6 進水
◎1944/3/1 艦種を航洋曳船(AT-168)に改める
◎Removal of North Sea Barrage, 1919. Asiatic Feet 1941. Escaped from Java 1942. Philippines 1942.
ウィジョン Widgeon AM-22 サン・シップビルディング&ドライ・ドック社 1918/7/27
(1918/7/28?)
1947/2/5 1947/12/23 ◎1917/10/8 起工
◎1918/5/5 進水
◎1922/4/15 退役、チャールストン海軍工廠で救難艦に改装
◎1923/3/5 再役
1925 潜水艦R-8(SS-85)と衝突
◎1929/9/12(1936/1/22?) 艦種を潜水艦救難艦(ASR-1)に改める
◎Removal of North Sea Barrage, 1919.
ティール Teal AM-23 サン・シップビルディング&ドライ・ドック社 1918/8/20 1945/11/23
(1946/12/5?)
1945/12/5
(1946/12/5?)
◎1917/10/8 起工
◎1918/5/25 進水
◎フィラデルフィア海軍工廠にて就役
◎1922 水上機母艦に改装
◎1936/1/22 艦種を小型水上機母艦(AVP-5)に改める
◎Removal of North Sea Barrage, 1919.
ブラント Brant AM-24 サン・シップビルディング&ドライ・ドック社 1918/9/5 1945/12/19 ◎1917/10/8 起工
◎1918/5/30 進水
◎1942/6/1 艦種を航洋曳船(AT-132)に改める
◎Neutrality patrol.
キングフィッシャー Kingfisher AM-25 海軍工廠ピュージェット・サウンド 1918/5/27 1946/2/6 ◎1917/12/15 起工
◎1918/3/30 進水
◎1942/6/1 艦種を航洋曳船(AT-135)に改める
◎Removal of North Sea Barrage, 1919.
レイル Rail AM-26 海軍工廠ピュージェット・サウンド 1918/6/5 1946/4/29 1946/4/29 ◎1917/12/15 起工
◎1918/4/25 進水
1919/5/12 機雷により損傷
1919/5/14 機雷により損傷
1919/7/7(1919/7/8?) 機雷により損傷
1919/8/24 機雷により損傷
◎1919/11下旬? ノーフォークにてオーヴァーホール
◎1941/12/21 エンジン修理(〜1942/1/19)
◎1942/6/1 艦種を航洋曳船(AT-139)に改める
◎Removal of North Sea Barrage, 1919. Pearl Harbor.
ペリカン Pelican AM-27 Gas Engine & Power Co. 1918/10/10 1945/11/30 1945/12/19 ◎1917/11/10 起工
◎1918/6/15 進水
1919/7/9 機雷により損傷、スカパ・フローにて一時的な修理、Newcastle-on-the-Tyneにて修理
◎1922/5/3 真珠湾にて退役
◎1922/8/17 再役、後に小型水上機母艦に改装
◎1936/1/22 艦種を小型水上機母艦(AVP-6)に改める
◎Removal of North Sea Barrage, 1919.
ファルコン
12
Falcon AM-28 Gas Engine & Power Co. 1918/11/12 1946/6/18 1946/7/19 ◎1917/11/14 起工
◎1918/9/7 進水
◎1918/12 第4海軍管区の一時的な灯船となる(〜1919/5)
◎1921/8/14 艦種記号AM-28を与えられる
◎後に潜水艦救難艦に改装
◎1929/9/12 艦種を潜水艦救難艦(ASR-2)に改める
◎Removal of North Sea Barrage, 1919.
オスプリー Osprey AM-29 Gas Engine & Power Co. 1919/1/7 1946/9/25 ◎1917/11/14 起工
◎1918/11/14(1918/11/19?) 進水
◎1920/12/12 ポーツマスにて退役
◎1922/4/7 ボストンにて沿岸測地測量局に移管されパイオニア Pioneerと改名
◎Removal of North Sea Barrage, 1919.
シーガル Seagull AM-30 Gas Engine & Power Co. 1919/3/6
(1919/3/7?)
1946/9/5 1946/10/15 ◎1918/6/15 起工
◎1918/12/24 進水
1919/9/30 機雷により損傷、後に修理
◎1919/12? チャールストンにて修理
◎1920〜1930 この間、オーヴァーホール
◎1942/6/1 艦種を航洋曳船(AT-141)に改める
◎Removal of North Sea Barrage, 1919.
ターン Tern AM-31 Gas Engine & Power Co. 1919/5/17 1945/11/23 1945/12/5 ◎1918/9/7 起工
◎1919/3/22 進水
◎1942/6/1 艦種を航洋曳船(AT-142)に改める
◎Pearl Harbor.
フラミンゴ Flamingo AM-32 ニュー・ジャージー・ドライドック&トランスポーテーション社 1919/2/12 1922/5/5 1953/4/19 ◎1917/10/18 起工
◎1918/8/24 進水
◎ニュー・ヨーク海軍工廠にて就役、艤装
1919/4/10 ニュー・ヨーク港にてPanama Railroad Co. の曳船と衝突し損傷、後にポート・リッチモンドにて修理、後にニュー・ヨーク海軍工廠にて改装
1919/7/11(1919/7/16?) 機雷により損傷
◎1919/7/17 Inver-gordonへ曳航、入渠、修理
◎1919/11下旬 ポーツマス海軍工廠にてオーヴァーホール
◎1920/11/18 ポーツマス海軍工廠にて保管
◎1922/4/7(1923/1/23?) ポーツマスにて沿岸測地測量局に移管
◎1941/6/27 海軍に移管
◎1941/7/25 サン・ディエゴ・マリーン・コンストラクション社で救難艦に改装
◎1941/8/5 艦種を救難艦(ARS-1)に改め、ヴァイキング Vikingと改名
◎Removal of North Sea Barrage, 1919.
ペンギン Penguin AM-33 ニュー・ジャージー・ドライドック&トランスポーテーション社 1918/11/21 ◎1917/11/17 起工
◎1918/6/12 進水
1919/7/9 機雷により損傷
1919/8/15 機雷により損傷、一時的な修理、後にChathamにて修理、オーヴァーホール
◎1922/6/1 真珠湾にて退役、保管
◎1923/10/13 再役
◎1924 砲艦に改装
1941/12/8 グアム島アガナ港にて日本軍機の攻撃により損傷、日本軍に拿捕されるのを防ぐため沈没処分
◎Removal of North Sea Barrage, 1919. Converted to gunboat for Far East service, 1924. Yangtze River 1926-1927. Guam 1939-1941.
スワン Swan AM-34 アラバマ・ドライ・ドック&シップビルディング社 1919/1/31 1945/12/13 1946/1/8 ◎1917/12/10 起工
◎1918/7/4 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
1920/11/28(1920/11/29?) Duxburyにて座礁
◎1921/2/22 離礁、ポーツマスへ曳航、修理
◎1922/5/23 ポーツマスにて退役
◎1923/6/23 再役
◎1931 小型水上機母艦に改装
1933/8/20 Gaillard Cutにて535型貨客船プレジデント・ウィルソン President Wilson(USSBハル2580)と衝突し損傷
◎1933/12/21 サン・ディエゴにて退役
◎1934/4/2 再役
◎1936/1/22 艦種を小型水上機母艦(AVP-7)に改める
ウィップーアウィル Whippoorwill AM-35 アラバマ・ドライ・ドック&シップビルディング社 1919/4/1 1946/4/17 1946/6/10 ◎1917/12/12 起工
◎1918/7/4(1919/1/28?) 進水
◎1941? 真珠湾にて近代化改装
◎1941夏? キャヴィテとVerdadero Dockyardにてオーヴァーホール
◎1943/3 フリーマントルにてオーヴァーホール
◎1943/12/1 オーヴァーホール、改装(〜1944/3/5)
◎1944/3/1 艦種を航洋曳船(AT-169)に改める
◎Removal of North Sea Barrage, 1919. Atlantic Fleet 1941-1942. Escaped from Java, Mar 1942. Philippines 1942.
ビッターン Bittern AM-36 アラバマ・ドライ・ドック&シップビルディング社 1919/5/28 1942/5/8 ◎1917/12/12 起工
◎1919/2/15 進水
1941/12/10 フィリピンのキャヴィテ海軍工廠にて修理中、日本軍機の攻撃により損傷
◎1942/4/8 マニラ湾にて沈没処分
サンダーリング Sanderling AM-37 トッド・シップビルディング社 1918/12/4 1922/5/2 1937/6/26 ◎1918/5/27 起工
◎1918/9/2 進水
1919/5/20 機雷により損傷
1919/9/4 機雷により損傷、後に修理
◎1919/12? チャールストンにてオーヴァーホール
◎退役後、真珠湾にて保管
1937/6/26 真珠湾〜サン・ディエゴ間にて事故により沈没 
オーク Auk AM-38 トッド・シップヤード社 1919/1/31 1921/12/12 1947/1/28 ◎1918/6/20 起工
◎1918/9/28 進水
◎ニュー・ヨーク海軍工廠にて就役、艤装
1919/3/8 浸水、主錨捲き上げ機が故障、修理するも右舷の錨をなくす
◎1919/3中旬 チャールズタウン海軍工廠にて修理、改装
1919/6/21 機雷により損傷
1919/8/30 機雷により損傷
◎1919/9/2 Invergordonにて入渠、修理(〜1919/9/3)
◎1919/10上旬 プリマスにて修理(〜1919/10/16)
◎1921 係船、保管
◎1922/4/7 チャールズタウン海軍工廠にて沿岸測地測量局に移管されディスカヴァラー Discovererと改名
チェウィンク Chewink AM-39 トッド・シップヤード社 1919/4/9 1947/2/4 1947/6/10 ◎1918/7/8 起工
◎1918/12/21 進水
◎1929/9/12 潜水艦救難艦に改装、艦種を潜水艦救難艦(ASR-3)に改める
コルモラン Cormorant AM-40 トッド・シップビルディング社 1919/5/15 1946/3/29 ◎1918/9/4 起工
◎1919/2/5 進水
◎1920/9/23 ポーツマスにて修理(〜1920/12/27)
◎1921 ポトマックとチェサピーク湾にて海軍兵站局(Bureau of Ordnance)の試験船となる(〜1927)
◎1942/6/1 艦種を航洋曳船(AT-133)に改める
◎1944/5/15 旧型航洋曳船(ATO-133)となる
ガネット Gannet AM-41 トッド・シップヤード社 1919/7/10 ◎1918/10/1 起工
◎1919/3/19 進水
◎ニュー・ヨーク海軍工廠にて就役
◎1931 小型水上機母艦に改装
◎1936/1/22 艦種を小型水上機母艦(AVP-8)に改める
ゴスホーク Goshawk AM-42 トッド・シップヤード社 ◎1918/12/4 未着手のまま建造中止
グレーベ Grebe AM-43 ブルックリン海軍工廠 1919/5/1 1943/7/28 ◎1918/5/25 起工
◎1918/12/17 進水
1919/8/2 機雷により損傷
◎1919冬? ニュー・ヨークにて修理
◎1922/5/12 ポーツマスにて退役
◎1922/11/15 再役
◎1922〜1931 St. Thomasにてstation shipとなる、この間、毎年チャースルトンにて修理
◎1934/5中旬 フィラデルフィア海軍工廠にてオーヴァーホール
◎1941/12 真珠湾にて修理改装
◎1942/6/1 艦種を航洋曳船(AT-134)に改める
マラード Mallard AM-44 スターテン・アイランド・シップビルディング社 1919/6/25 1946/12/10 1947/3/14 ◎1918/5/25 起工
◎1918/12/17 進水
◎1928/6 チャールズタウン海軍工廠で潜水艦救難艦に改装(〜1928/12)
◎1929/9/12 艦種を潜水艦救難艦(ASR-4)に改める
オルトラン Ortolan AM-45 スターテン・アイランド・シップビルディング社 1919/9/17 1947/3/18 1947/6/10 ◎1918/7/9 起工
◎1919/1/30 進水
◎1922/5/3 メア・アイランド海軍工廠にて退役
◎1922/7/11 再役
◎1922 潜水艦救難艦に改装
1925/10/15 サン・ペドロにて潜水艦S-25(SS-130)と衝突
◎1929/9/12 艦種を潜水艦救難艦(ASR-5)に改める
ピーコック Peacock AM-46 スターテン・アイランド・シップビルディング社 1919/12/27 1920/2/14 1941/4/22 ◎1918/8/31 起工
◎1919/4/8 進水
◎1920/2/14 United States Shipping Boardに移管、救難曳船に改装
1940/8/24 カルタヘナ港にてノルウェーの商船Hindongerと衝突し沈没
ピジョン Pigeon AM-47 ボルティモア・ドライ・ドック&シップビルディング社 1919/7/15 ◎1918/6/15 起工
◎1919/1/29 進水
◎海軍工廠ノーフォークにて就役
◎1922/4/25 退役、砲艦に改装
◎1923/10/13 再役
◎1929/4 キャヴィテ海軍基地で潜水艦救難艦に改装(〜1929/7)
◎1929/9/12 艦種を潜水艦救難艦(ASR-6)に改める
レッドウィング Redwing AM-48 ボルティモア・ドライ・ドック&シップビルディング社 1919/10/17 1943/8/19 ◎1918/8/5 起工
◎1919/6/7 進水
◎1922/4/14 退役
◎1924初め 運用開始
◎1924/5/24 沿岸警備隊に移管
◎1941/8/29 海軍に移管、艦種を救難艦(ARS-4)に改める、ブルックリン海軍工廠で救難艦に改装
レイヴン Raven AM-49 ボルティモア・ドライ・ドック&シップビルディング社 ◎1918/12/4 建造中止
シュライク Shrike AM-50 ボルティモア・ドライ・ドック&シップビルディング社 ◎1918/12/4 建造中止
サンドパイパー Sandpiper AM-51 フィラデルフィア海軍工廠 1919/10/9 1945/12/10 1946/4/17 ◎1918/11/15 起工
◎1919/4/28 進水
◎1919 小型水上機母艦に改装
◎1936/1/22 艦種を小型水上機母艦(AVP-9)に改める
ヴィレオ Vireo AM-52 フィラデルフィア海軍工廠 1919/10/16 1946/4/18 1946/5/8 ◎1918/11/20 起工
◎1919/5/26 進水
◎1941/9/5 メア・アイランド海軍工廠にてオーヴァーホール(〜1941/10/7)
◎1942/6/1 艦種を航洋曳船(AT-144)に改める
ウォーブラー Warbler AM-53 フィラデルフィア海軍工廠 1919/12/22 1920/6/16 1947/6/10 ◎1919/4/28 起工
◎1919/7/30 進水
◎1920/6/16 United States Shipping Boardに移管、ニュー・ヨークのMerritt, Chapman, & Scottが運行、Retrieverと改名
◎1941/9/13(1941/9/22?) 海軍に移管、艦種を救難艦(ARS-11)に改める
ウィレット Willet AM-54 フィラデルフィア海軍工廠 1920/1/29 1920/5/29 1947/12/5 ◎1919/5/26 起工
◎1919/9/11 進水
◎1920/6/16 United States Shipping Boardに移管、ニュー・ヨークのMerritt, Chapman, & Scottが運行、Salvorと改名
◎1941/9/13(1941/9/22?) 海軍に移管、艦種を救難艦(ARS-12)に改める


軽荷排水量:810t 満載排水量:956t(1,040tともいわれる) 全長:67.20m(AM-56は67.18m) 幅:9.80m(AM-56は9.75m) 吃水:2.84m(AM-56は2.89m) 主機/軸数:フェアバンクスモース式38RD8ディーゼル機関2基/2軸 出力:3,500馬力 速力:18.0kt(AM-56は18.1kt) 兵装:50口径76o砲1基、40o単装機銃2基、20o対空機銃8基(AM-56は爆雷投下軌条2条) 乗員:105名
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、1234
↑USS Osprey (AM-56). Off the Norfolk Navy Yard, Portsmouth, Virginia, 19 April 1941. Photograph from the Bureau of Ships Collection in the U. S. National Archives.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
レイヴン Raven AM-55 ノーフォーク海軍工廠 1940/11/11 1946/5/31 1967/5/1 ◎1939/6/28 起工
◎1940/8/24 進水
◎1945/6 ノーフォークにてオーヴァーホール
◎退役後、サン・ディエゴにて保管
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-55)に改める
◎North Africa, Normandy, Southern France.
オスプリー Osprey AM-56 ノーフォーク海軍工廠 1940/11/16 1944/8/22 ◎1939/6/28 起工
◎1940/8/24 進水
1944/6/5 シェルブール北方海域にて機雷により沈没
◎North Africa, Normandy.


軽荷排水量:890t 満載排水量:956t(AM-106〜AM-108は1,250t) 全長:67.38m(67.41mともいわれる、AM-105は67.20m) 幅:9.80m(AM-100〜AM-123、AM-129〜AM-131、AM-319、AM-320は9.75m) 吃水:3.27m(平均、AM-100、AM-101、AM-106、AM-113、AM-319、AM-320は3.04m、AM-111、AM-112は3.35m) 主機/軸数:ALCO式539ディーゼルエレクトリック2基(AM-100〜AM-111はブッシュ・スルザー・ブラザーズ式539ディーゼルエレクトリック2基、AM-112〜AM-131はジェネラル・モータース式12-128ディーゼルエレクトリック2基、AM-314〜AM-317はBaldwin VO8ディーゼルエレクトリック2基)/2軸 出力:3,118馬力(AM-64、AM-65は3,198馬力、AM-112〜AM-131は3,532馬力、AM-314〜AM-317は2,976馬力) 速力:18.1kt(公試、AM-59〜AM-61、AM-64、AM-101、AM-104〜AM-108、AM-110〜AM-113、AM-116〜AM-121、AM-123、AM-314〜AM-316、AM-318〜AM-320は18.0kt) 兵装:50口径76o単装両用砲1基、40o対空機銃4基もしくは40o単装機銃2基、20o機銃8基(AM-58、AM-113、AM-116、AM-124、AM-125は20o機銃4基、AM-100〜AM-102、AM-112は20o機銃6基、AM-129、AM-130は40o機銃2基、20o機銃2基、AM-314、AM-315は40o連装機銃2基、20o単装機銃2基)、7.62o機銃2基、爆雷投射機5基(AM-58は爆雷投射機2基、AM-116、AM-124〜AM-126は爆雷投射機4基)、爆雷投下軌条2条 乗員:105名(AM-110は100名、AM-113は101名、AM-126、AM-127は102名)
※緑枠は諸外国に貸与され戦後返還、または売却された艦
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
オーク Auk AM-57 ノーフォーク海軍工廠 1942/1/15 1946/7/1 1956/8/1 ◎1941/4/15 起工
◎1941/8/26 進水
◎1943/6/30 ノーフォークにて入渠、オーヴァーホール
◎1945/6中旬 ノーフォーク海軍工廠にてオーヴァーホール
◎1946/7/15 サン・ディエゴにて太平洋予備艦に編入
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-57)に改める
◎North Africa, Normandy, Southern France.
ブロードビル Broadbill AM-58 デフォー・シップビルディング社 1942/10/13 1954/1/25 1972/7/1 ◎1941/7/23 起工
◎1942/5/21 進水
◎1942晩秋 チャールズタウン海軍工廠にて艤装
◎1945/6/15 ノーフォークにて修理、改装(〜1945/8/30)
◎1945/10中旬 ニューポート・ビーチにて修理
◎1945/12上旬 アストリアにて不活性化オーヴァーホール
◎1946/6/3 サン・ディエゴにて退役
◎後に小型浮きドック(非自走)(AFDL-6)にて入渠
◎1952/3/19 再役
◎1953/8 不活性化オーヴァーホール
◎退役後、オレンジにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-58)に改める
◎Normandy, Southern France.
チッカディー Chickadee AM-59 デフォー・ボート&マリーン・ワークス 1942/11/9 1946/5/15 1976/8/1
(1976/8/15?)
◎1941/8/21 起工
◎1942/7/20 進水
◎1944/11 Palermoにてオーヴァーホール
◎退役後、保管
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-59)に改める
◎Normandy, Southern France.
ナサッチ Nuthatch AM-60 デフォー・ボート&マリーン・ワークス 1942/11/19 1946/6/3 1966/12/1 ◎1942/5/22 起工
◎1942/9/16 進水
1944/6/15 ノルマンディのSeine Bayにて機雷により損傷、後にイギリスにて修理
◎1945/6中旬 ハンプトン・ローズにて修理
◎退役後、サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-60)に改める
◎Normandy, Southern France.
フィーアサント Pheasant AM-61 デフォー・ボート&マリーン・ワークス 1942/12/1
(1942/12/12?)
1945/12
(1947/1/15?)
1966/12/1 ◎1942/7/22 起工
◎1942/10/24 進水
◎ボストンにて艤装
1944/6/7 ノルマンディにて衝突し損傷
◎退役後、サン・ディエゴにて予備艦隊に編入
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-61)に改める
◎Normandy, Southern France.
シェルドレーク Sheldrake AM-62 ジェネラル・エンジニアリング&ドライ・ドック社 1942/10/14 1968/8/1 1968/6/30 ◎1941/6/24 起工
◎1942/2/12 進水
◎アラメダにて艤装
◎1944/10/15 サン・フラシスコのジェネラル・エンジニアリング&ドライ・ドック社にてオーヴァーホール(123
1945/2/28 エニウェトクにてシャフト損傷
◎1945/3/14 ウルシー環礁にて入渠、修理(〜1945/3/16)
◎1945/3/21 入渠(〜1945/3/23)
◎1946/5/31 サン・ディエゴにて退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1952/4/1 艦種を測量艦(AGS-19)に改める
◎Guam, Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Minesweeping 1945.
スカイラーク Skylark AM-63 ジェネラル・エンジニアリング&ドライ・ドック社 1942/11/24
(1942/11/25?)
1945/4/28 ◎1941/7/9 起工
◎1942/3/12 進水
◎1944/5上旬 Purvis Bayにて修理
◎1944晩秋 ストックトンのStockton Ship Worksとアラメダのジェネラル・エンジニアリング&ドライ・ドック社にて修理
1945/3/28(1945/4/28?) 沖縄海域にて掃海中に機雷により沈没
◎Solomons, Guam, Okinawa
スターリング Starling AM-64 ジェネラル・エンジニアリング&ドライ・ドック社 1942/12/21 1946/5/15 1972/7/1 ◎1941/7/11 起工
◎1942/4/11 進水
◎1944/10中旬 西海岸にてオーヴァーホール
◎退役後、予備艦隊に編入
◎1948/10 ロング・ビーチへ曳航
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-64)に改める
◎Okinawa, Guam, Minesweeping 1945.
スワロー Swallow AM-65 ジェネラル・エンジニアリング&ドライ・ドック社 1943/1/14 1945/6/2 ◎1941/7/19 起工
◎1942/5/6 進水
◎1943/1 サン・フランシスコにて艤装(〜1943/3/2)
◎1944/4 Espiritu Santoにて修理
◎1944/9/30? アラメダのジェネラル・エンジニアリング&ドライ・ドック社にてオーヴァーホール(〜1944/12下旬)
1945/4/22 慶良間列島沖にて日本軍の特攻機の攻撃により沈没
◎1957/7/10 沈没船体は琉球政府に寄贈
◎Tinian, Okinawa.
ヒード Heed AM-100 ジェネラル・エンジニアリング&ドライ・ドック社 1943/2/27 1954/1/27 1967/3/1 ◎1942/2/14 起工
◎1942/6/19 進水
◎1947/1/15 サン・ディエゴにて退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1952/3/5 再役
◎退役後、オレンジにて予備艦隊に編入
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-100)に改める
◎Kwajalein, Saipan, Tinian, Okinawa, Minesweeping 1945.
ヘラルド Herald AM-101 ジェネラル・エンジニアリング&ドライ・ドック社 1943/3/23 1955/4/15 1972/7/1 ◎1942/3/14 起工
◎1942/7/4 進水
1943/11/6 Aleutiansにて嵐により損傷
◎1943/12中旬 シアトルにて修理
◎1946/5/31 サン・ディエゴにて退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1952/3/5 再役
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-101)に改める
◎Saipan, Minesweeping 1945.
モーティヴ Motive AM-102 ジェネラル・エンジニアリング&ドライ・ドック社 1943/4/17 1946/6/15 1966/12/1 ◎1942/4/14 起工
◎1942/8/17 進水
◎1944/2 カリフォルニアにて修理
1944/6/17 日本海軍機の機銃掃射により損傷、迅速に修理
◎退役後、サン・ディエゴにて保管
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-102)に改める
◎Kwajalein, Saipan, Guam, Minesweeping 1945.
オラクル Oracle AM-103 ジェネラル・エンジニアリング&ドライ・ドック社 1943/5/14 1946/5/29 1966/12/1 ◎1942/5/7 起工
◎1942/9/30 進水
◎1945/7上旬 シアトルにてオーヴァーホール
◎退役後、サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-103)に改める
◎Kwajalein, Eniwetok, Saipan, Minesweeping 1945.
パイロット Pilot AM-104 ペンシルヴェニア・シップヤーズ社 1943/2/3 1954/10 1972/7/1 ◎1941/10/27 起工
◎1942/7/5 進水
1944/2/18 Naplesにてアメリカ陸軍輸送科EC2-S-C1型貨物船サミュエル・アッシュ Samuel Ashe(MCハル164)と衝突し損傷、Naplesへ曳航、修理
◎1947/1/15 退役、保管
◎1952/3/5 再役
◎退役後、予備艦隊に編入
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-104)に改める
◎Salerno, Anzio, Minesweeping 1945.
パイオニア Pioneer AM-105 ペンシルヴェニア・シップヤーズ社 1943/2/27 1946/7/8 1972/7/1 ◎1941/10/30 起工
◎1942/7/26 進水
◎1944末 本国にてオーヴァーホール
◎1945春 ハワイにて新型レーダーを設置
◎退役後、サン・ディエゴにて保管
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-105)に改める
◎Anzio, Southern France, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Minesweeping 1945.
ポーテント Portent AM-106 ペンシルヴェニア・シップヤーズ社 1943/4/3 1944/3/6 ◎1941/11/15 起工
◎1942/8/16 進水
1944/1/22 アンツィオにて機雷により沈没
◎Anzio.
プレヴェイル Prevail AM-107 ペンシルヴェニア・シップヤーズ社 1943/4/17 1964/1/10 1964/1/10 ◎1941/11/15 起工
◎1942/9/13 進水
1944/1/24 アンツィオにて枢軸軍機の爆撃により損傷、後にOranにて修理
◎1946/4/9 サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1946/5/31 サン・ペドロにて退役
◎1952/4/1 再役、ニュー・ヨーク海軍造船所で測量艦に改装、艦種を測量艦(AGS-20)に改める
◎Salerno, Anzio, Southern France, Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Minesweeping 1945.
パーシュート Pursuit AM-108 コマーシャル鉄工所
(Winslow Marine Railway & Shipbuilding Co.?)
1943/4/30 1960/6/30 1960/7/1 ◎1941/11/12 起工
◎1942/6/12 進水
◎1946/4/28 フロリダ沿岸にて爆雷撃標的として使用(〜1946/9/5)
◎1947/4/30 オレンジにて退役
◎1950/2/15 再役
◎1951/8/18(1952/8/18?) 測量艦に改装、艦種を測量艦(AGS-17)に改める
◎Gilbert Is., Kwajalein, Leyte, Ormoc, Mindoro, Lingayen, Okinawa, Subic Bay.
レクジット Requisite AM-109 コマーシャル鉄工所
(Winslow Marine Railway & Shipbuilding Co.?)
1943/6/7 1963/12/23
(1964/4/1?)
1964/4/1 ◎1941/11/12 起工
◎1942/7/25 進水
◎1944/5? サン・フランシスコにてオーヴァーホール
1945/6/6 沖縄海域にて衝突し損傷
◎1945/8 レイテにて修理改装
◎1947/12/23 オレンジにて退役、大西洋予備艦隊に編入
◎1950/2/15 再役
◎1952/8/18 測量艦に改装、艦種を測量艦(AGS-18)に改める
◎Gilbert Is., Kwajalein, Eniwetok, Leyte, Ormoc, Mindoro, Lingayen, Subic Bay, Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Minesweeping 1945.
リヴェンジ Revenge AM-110 コマーシャル鉄工所
(Winslow Marine Railway & Shipbuilding Co.?)
1943/7/21 1955/3/9 1966/11/1 ◎最初の予定艦名はライト Rightだった(1943/5/15改名)
◎1942/6/19 起工
◎1942/11/7 進水
◎フィラデルフィア海軍工廠にて艤装
◎1944初夏 メア・アイランド海軍工廠にて修理改装
◎1945/1 真珠湾にてプロペラシャフト修理
◎1945/6末 グアムにて修理改装
◎1946/1 チャールストンにて不活性化オーヴァーホール
◎1947/3/18 チャールストンにて退役、テキサスにて大西洋予備艦隊に編入
◎1951/2/14 再役
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-110)に改める
◎Gilbert Is., Kwajalein, Leyte, Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Minesweeping 1945. Tokyo Bay.
セージ Sage AM-111 コマーシャル鉄工所
(Winslow Marine Railway & Shipbuilding Co.?)
1943/8/23 1955/4/19 1972/7/1 ◎1942/7/29(1942/8/1?) 起工
◎1942/11/21 進水
◎1944/5上旬 アラメダにてオーヴァーホール
◎1944/7 新型レーダーを設置
◎1946/3初め チャールストンにてオーヴァーホール
◎1946/10中旬 オレンジにて不活性化工事
◎1947/2 オレンジにて退役、大西洋予備艦隊に編入
◎1951/3/16 再役
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-111)に改める
◎Kwajalein, Eniwetok, Leyte, Ormoc, Mindoro, Lingayen, Subic Bay, Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Minesweeping 1945.
☆AM-111の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/2/16 日本海軍呂号第四〇潜水艦(Kwajalein北西海域にて撃沈(他艦と共同で))
シア Seer AM-112 アメリカン・シップビルディング社Lorain造船所 1942/10/21 1955/3/11 1963/3/1 ◎1941/11/28 起工
◎1942/5/23 進水
◎1943/9下旬 工作艦デルタ Delta(AR-9)により修理
1944/9/10 Rade d'Hyeresにて機雷により損傷、イギリス海軍工兵揚陸艦LSE-2により緊急修理
◎1944/9/20 Palermoへ曳航
◎1944/9下旬 Palermoにて一時的な修理(〜1944/11/9)
◎1944/12/14 ノーフォーク海軍工廠にて修理(〜1945/3中旬)
◎1947/4/26 オレンジにて退役、大西洋予備艦隊に編入
◎1950/11/8 再役
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-112)に改める
◎Tunisia, Sicily, Salerno, Anzio, Southern France, Minesweeping 1945.
センチネル Sentinel AM-113 アメリカン・シップビルディング社Lorain造船所 1942/11/3 1943/8/19 ◎1941/11/28 起工
◎1942/5/23(1942/6/4?) 進水
1943/7/10 Licataにてドイツ軍機の爆撃により沈没
◎Tunisia, Sicily.
スタッフ Staff AM-114 アメリカン・シップビルディング社Lorain造船所 1942/11/11 1955/8/15 1967/3/1 ◎1941/11/28 起工
◎1942/6/17 進水
◎チャールズタウン海軍工廠にて艤装(〜1943/1/9)
1943/7/15(1943/7/16?) シシリー南方海域にて機雷により損傷
◎1943/8/31 Oranにて入渠(〜1943/9/23)
◎1943/11上旬 ノーフォークにて修理
◎1944/3中旬 真珠湾にてオーヴァーホール
◎1946/2中旬 ターミナル・アイランドにて不活性化オーヴァーホール、保管
◎1947/1/15 サン・ディエゴにて退役
◎1952/1/14 サン・ディエゴにて再役
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-114)に改める
◎Sicily, Normandy, Southern France, Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Minesweeping 1945.
スキル Skill AM-115 アメリカン・シップビルディング社Lorain造船所 1942/11/17 1943/10/11 ◎1941/11/28 起工
◎1942/6/22 進水
1943/9/25 サレルノ湾にてドイツ海軍潜水艦U593の雷撃により沈没
◎Sicily.
スピード Speed AM-116 アメリカン・シップビルディング社クリーヴランド造船所 1942/10/15 1946/6/7 1966/6/1 ◎1941/11/17 起工
◎1942/4/18 進水
◎1944/12中旬 ノーフォークにてオーヴァーホール
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-116)に改める
◎Sicily, Anzio, convoy UGS-36, convoy UGS-38, Southern France, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Minesweeping 1945.
ストライヴ Strive AM-117 アメリカン・シップビルディング社クリーヴランド造船所 1942/10/27 1955/1/8 1959/10/1 ◎1941/11/17 起工
◎1942/5/16 進水
◎1944/12中旬 ノーフォーク海軍工廠にてオーヴァーホール(〜1945/2中旬)
◎1946/2中旬 サン・ディエゴにて不活性化オーヴァーホール
◎1946/6/6 サン・ディエゴにて退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1952/1/1 再役
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-117)に改める
◎Sicily, Salerno, Anzio, Southern France, Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Minesweeping 1945.
ステディ Steady AM-118 アメリカン・シップビルディング社クリーヴランド造船所 1942/11/16 1946/6/18 1968/2/1 ◎1941/11/17 起工
◎1942/6/6 進水
◎ボストンにて艤装
◎1943/12/10 ビゼルトにてオーヴァーホール(〜1944/1/2)
◎1944/12中旬 ノーフォーク海軍工廠にてオーヴァーホール
◎1946/2中旬? サン・ディエゴにて不活性化オーヴァーホール
◎退役後、サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-118)に改める
◎Tunisia, Sicily, Salerno, Anzio, convoy UGS-40, Southern France, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Minesweeping 1945.
サスタイン
123
Sustain AM-119 アメリカン・シップビルディング社クリーヴランド造船所 1942/11/9 1955/2/2 1959/10/1 ◎1941/11/17 起工
◎1942/6/23 進水
◎1943/10中旬 ビゼルトにて修理
◎1944/3中旬? 真珠湾にてオーヴァーホール、新型対空捜索レーダーを設置
◎1946/2? サン・ディエゴにて不活性化オーヴァーホール
◎1946/6/17 サン・ディエゴにて退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1952/1/14 再役
◎1954/10/9 Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-119)に改める
◎Tunisia, Sicily, Salerno, Anzio, convoy UGS-38, convoy UGS-40, Southern France, Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Minesweeping 1945.
スウェー Sway AM-120 John H. Mathis Co. 1942/7/20 1947/1/15 1972/7/1 ◎1941/11/18 起工
◎1942/9/29 進水
◎1945/1中旬 ノーフォークにてオーヴァーホール(〜1945/3下旬)
◎1946/2/22 サン・ディエゴにて保管
◎退役後、サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-120)に改める
◎Salerno, Anzio, Southern France, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Minesweeping 1945.
スワーヴ Swerve AM-121 John H. Mathis Co. 1944/1/23 1944/8/22 ◎1942/5/27 起工
◎1943/2/25 進水
◎1944/3 PSA
1944/7/9 アンツィオにて機雷により沈没
◎Anzio.
スウィフト Swift AM-122 John H. Mathis Co. 1943/12/29 1955/12/13 1972/7/1 ◎1942/6/27 起工
◎1942/12/5 進水
◎1944/2中旬 ノーフォーク海軍工廠にて改装
◎1945/1中旬 ノーフォーク海軍工廠にてオーヴァーホール(〜1945/3/5)
◎1945/11 佐世保にてオーヴァーホール
◎1946/2 サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1946/6/4 退役、保管
◎1951/12/19 再役、後にオーヴァーホール
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-122)に改める
◎Normandy, Southern France, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Minesweeping 1945.
☆AM-122の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/4/17 ドイツ海軍潜水艦U986(アイルランド北西海域にて撃沈(他艦と共同で))
(←ドイツ海軍ZC型潜水艦)
◎Korea.
シンボル Symbol AM-123 Savannah Machinery & Foundry Co. 1942/12/10 1956/7/27 1972/7/1 ◎1941/11/18 起工
◎1942/7/2 進水
◎1943/1/6 チャールストンにて艤装(〜1943/1/26)
1944/6/10 アンツィオにてドイツ空軍戦闘爆撃機の爆撃(対人爆弾)により損傷、後にNaplesにて修理
◎1944/11中旬 ビゼルトにてオーヴァーホール
◎1945/1中旬 ノーフォークにてオーヴァーホール
◎1945/3下旬 マイアミにて対空捜索レーダーを設置(〜1945/4/26)
◎1946/2/19 サン・ディエゴにて不活性化オーヴァーホール
◎1946/5/31 退役
◎1947/10/8 ロング・ビーチ海軍造船所にてオーヴァーホール(〜1947/11/26)
◎1950/10/15 ロング・ビーチへ曳航
◎1950/10/28 再役
◎1950/11/19 メア・アイランド海軍造船所にてオーヴァーホール(〜1951/1/26)
◎退役後、太平洋予備艦隊に編入
◎1972/9/19 メキシコに売却されGuillermo Prieto(G02)と改名
◎後に艦種記号をC71に改める
◎Salerno, Anzio, Southern France, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Minesweeping 1945.
◎Korea.
スレート Threat AM-124 Savannah Machinery & Foundry Co. 1943/3/14 1946/5/31 1972/7/1 ◎1941/12/15 起工
◎1942/8/15 進水
◎1944早春 Falmouthにて修理
◎1945/1? ノーフォークにてSA-2レーダーを設置
◎1945/12? 不活性化工事
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-124)に改める
◎Normandy, Southern France, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Minesweeping 1945.
タイド Tide AM-125 Savannah Machinery & Foundry Co. 1943/5/9 1944/7/29 ◎1942/3/16 起工
◎1942/9/7 進水
1943/7/17 北大西洋にて歩兵揚陸艇(大型)LCIL-267と衝突し損傷、後に修理
1944/6/7 ノルマンディ海岸“ユタ・ビーチ”にて機雷により沈没(123
◎Normandy.
トークン Token AM-126 ガルフ・シップビルディング社 1942/12/31 1954/4/16 1966/12/1 ◎1941/7/21 起工
◎1942/3/28 進水
1944/7 プロペラ損傷、シドニーにてプロペラ交換工事
◎1944/8 修理
1944/10/17 台風により損傷
◎1944晩秋 ポートランドにてオーヴァーホール
◎1945/6 慶良間列島にて修理
◎1947/6 オレンジにて大西洋予備艦隊に編入
◎1948/1/6 退役
◎1951/4/12 再役
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-126)に改める
◎Palau, Leyte, Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Minesweeping 1945, Tokyo Bay.
トゥマルト Tumult AM-127 ガルフ・シップビルディング社 1943/2/27 1954/9/21 1967/5/1 ◎1941/7/21 起工
◎1942/4/19 進水
◎1943/4下旬 ノーフォークにて修理
◎1943初夏 修理
◎1944春? Espiritu Santoにて修理改装
1944/9 機雷により掃海具を損傷、後に修理
◎1944/10末 Seeadler Harborにて修理
◎1944/12上旬 サン・フランシスコにてオーヴァーホール
◎1944/6末 慶良間列島にて修理改装
1945/10/30 機関故障
◎1945/11上旬 佐世保にて修理
◎1954/7下旬 オレンジにて不活性化工事
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-127)に改める
◎Palau, Leyte, Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Minesweeping 1945, Tokyo Bay.
ヴェロシティ
12
Velocity AM-128 ガルフ・シップビルディング社 1943/4/4 1946/10/7 1972/7/1 ◎1941/7/21 起工
◎1942/4/15(1942/4/19?) 進水
◎退役後、サン・フランシスコにて保管
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-128)に改める
◎Palau, Leyte, Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Minesweeping 1945.
ヴァイタル Vital AM-129 ガルフ・シップビルディング社 1947 ◎1942/1/1 起工
◎1942/9/7 進水
◎1943/5/18 竣工、イギリスに貸与されStrenuous(J.338)と改名
◎1946/12/10 イギリスより返還
◎Foreign Liquidation Commissionに移管
◎1947/4/23(1948?) 諸外国に売却され商船Evening Starとなる
◎1949 Pride of the Westと改名
◎後に改装の予定がキャンセル
◎1956/7 ハンブルクにて解体
ユーセージ Usage AM-130 ガルフ・シップビルディング社 ◎1942/1/1 起工
◎1942/10/4 進水
◎1943/6/7 竣工、イギリスに貸与されTourmaline(J.339)と改名
◎1947/1 イギリスより返還
◎除籍後、Foreign Liquidation Commissionに移管
◎1947/3/25 トルコに売却されCardak(M507)と改名
◎1976 除籍
ジール Zeal AM-131 ガルフ・シップビルディング社 1943/7/9 1956/7/6 1966/12/1 ◎1942/1/12 起工
◎1942/9/15 進水
◎1943/8/9 ノーフォーク海軍工廠にてPSA(〜1943/8/30)
◎1944/12上旬 ポートランドのAlbina Shinvardsにてオーヴァーホール(〜1945/3/4)
◎1945/7末 沖縄にて修理改装
◎1945/11上旬 佐世保にて修理(〜1945/11/25)
◎1946/2/9 サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1946/6/4 サン・ディエゴにて退役
◎1951/12/19 再役
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-131)に改める
◎Palau, Leyte, Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Minesweeping 1945.
◎Korea.
チャンピオン Champion AM-314 ジェネラル・エンジニアリング&ドライ・ドック社 1943/9/8 1947/1/30 1972/7/1 ◎1943/1/23 艦種を掃海艇(AM-314)に改め、チャンピオンと改名
◎1944/6末 真珠湾にてオーヴァーホール
1945/4/16 沖縄にて日本軍機の爆撃により損傷
◎1945/7下旬 シアトルにてオーヴァーホール
◎退役後、サン・ディエゴにて保管
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-314)に改める
◎Saipan, Iwo Jima, Okinawa.
チーフ
12
Chief AM-315 ジェネラル・エンジニアリング&ドライ・ドック社 1943/10/9 1955/3/15 1972/7/1 ◎1943/1/23 艦種を掃海艇(AM-315)に改め、チーフと改名
1944/2/3 Kwajaleinにて座礁
◎1944秋 サン・フランシスコにてオーヴァーホール
◎1947/3/17 サン・フランシスコにて退役、サン・ペドロにて太平洋予備艦隊に編入
◎1952/2/28 ロング・ビーチにて再役
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-315)に改める
◎Kwajalein, Saipan, Tinian, Okinawa, Minesweeping 1945.
◎Korea.
コンペテント
12
Competent AM-316 ジェネラル・エンジニアリング&ドライ・ドック社 1943/11/10 1955/4/15 1972/7/1 ◎1943/1/23 艦種を掃海艇(AM-316)に改め、コンペテントと改名
◎1943/1/30 進水
◎1944晩秋 西海岸にてオーヴァーホール
◎1947/1/30 退役、保管
◎1952/2/29 再役
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-316)に改める
◎Iwo Jima, Okinawa.
◎Korea.
ディフェンス
12
Defense AM-317 ジェネラル・エンジニアリング&ドライ・ドック社 1944/1/10 1955/4/15 1972/7/1 ◎1943/1/23 艦種を掃海艇(AM-317)に改め、ディフェンスと改名
◎1943/2/18 進水
1945/4/6 沖縄にて日本軍の特攻機2機の攻撃により損傷
◎1946/5/31 サン・ディエゴにて退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1952/2/16 ロング・ビーチにて再役
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-317)に改める
◎Iwo Jima, Okinawa.
◎Korea.
デヴァステーター
12
Devastator AM-318 ジェネラル・エンジニアリング&ドライ・ドック社 1944/1/12 1955/4/15 1972/7/1 ◎1943/1/23 艦種を掃海艇(AM-318)に改め、デヴァステーターと改名
◎1943/4/19 進水
1945/4/6 沖縄にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1945/8中旬 シアトルにてオーヴァーホール
◎1947/1/30 退役
◎1952/2/26 再役
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-318)に改める
◎Iwo Jima, Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945.
◎Korea.
グラディエーター
12
Gladiator AM-319 ジェネラル・エンジニアリング&ドライ・ドック社 1944/2/25 1955/3/15 1972/7/1 ◎1943/1/23 艦種を掃海艇(AM-319)に改め、グラディエーターと改名
◎1943/5/7 進水
1945/4/12 沖縄にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
1945/4/22 沖縄にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1945/8中旬 グアムにてオーヴァーホール
◎1946/10/2(1946/10/4?) 退役
◎1952/2/29 再役
◎後にサン・フランシスコにてオーヴァーホール
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-319)に改める
◎Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945.
◎Korea.
インペカブル
12
Impeccable AM-320 ジェネラル・エンジニアリング&ドライ・ドック社 1944/4/24 1955/10/14 1972/7/1 ◎1943/1/23 艦種を掃海艇(AM-319)に改め、インペカブルと改名
◎1943/2/1 起工
◎1943/5/21 進水
◎1947/3/27 ターミナル・アイランドにて退役
◎1952/3/12 再役
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-320)に改める
◎Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Minesweeping 1945.
◎Korea.
オヴァシア Overseer AM-321 Associated Shipbuilders 1974 ◎1943/1/23 艦種を掃海艇(AM-321)に改め、オヴァシアと改名
◎1943/1/25 進水
◎1943/6/19 艦種をイギリス向け掃海艇(BAM-16)に改め、エルフレダ Elfredaと改名
スピア Spear AM-322 Associated Shipbuilders 1943/12/31 1946/8 1972/7/1 ◎1943/1/23 艦種を掃海艇(AM-322)に改め、スピアと改名
◎1943/2/25 進水
1945/6/6 沖縄海域にて衝突し損傷
◎1945/6 グアムにて修理改装
◎退役後、サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-322)に改める
◎Guam, Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Minesweeping 1945.
トライアンフ
12
Triumph AM-323 Associated Shipbuilders 1944/2/3 1955/8/29 1961/3/1 ◎1943/1/23 艦種を掃海艇(AM-323)に改め、トライアンフと改名
◎1943/2/25 進水
◎1945/8中旬 グアムにて修理
◎1946/1/19 リッチモンドのカイザー造船所にてオーヴァーホール(〜1946/6/12)
◎1947/1/30 サン・ディエゴにて退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1952/2/28 サン・ディエゴにて再役
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-323)に改める
◎Palau, Ormoc, Mindoro, Lingayen, Subic Bay, Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945.
AM-324
アーデント Ardent AM-340 ジェネラル・エンジニアリング&ドライ・ドック社 1944/5/25 1947/1/30 1972/7/1 ◎1943/5/24 艦種を掃海艇(AM-340)に改め、アーデントと改名
◎1943/6/22 進水
◎1945/5末 シアトルにてエンジン修理(〜1945/8/7)
◎1946/12中旬 不活性化工事
◎退役後、サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-340)に改める
◎Iwo Jima, Minesweeping 1945.
☆AM-340の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/11/13 日本海軍伊号第一二潜水艦(ホノルル東方海域にて撃沈(他艦と共同で))
AM-341
ミニヴェト Minivet AM-371 Savannah Machine & Foundry Co. 1945/5/29 1946/1/21 ◎1944/7/19 起工
◎1944/11/8 進水
1945/12/29 対馬海峡にて機雷により沈没
◎Minesweeping 1945.
AM-372
AM-373
AM-374
AM-375
AM-376
AM-377
AM-378
AM-379
AM-380
AM-381
AM-382
AM-383
AM-384
AM-385
AM-386
AM-387
AM-388
AM-389
AM-390


排水量:516t 全長:41.45m 幅:7.31m 吃水:3.41m 主機/軸数:ディーゼル機関1基/1軸 出力:700馬力 速力:10.0kt 兵装:50口径76o砲1基、爆雷投下軌条2条(AM-67のみ)
↑USS Cardinal (AM-67). At Hampton Roads, Virginia, 25 November 1940. Photograph from the Bureau of Ships Collection in the U. S. National Archives.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ブルフィンチ Bullfinch AM-66 バス鉄工所 1940/10/22 1944/9/15 ◎1940/6/6 1937年5月22日起工、1937年10月21日進水のヴィラノヴァ Villanovaを取得
◎1940/8/16 オーヴァーホール、改装
◎1945/7/28 海事委員会に移管
◎Chesapeake Bay.
カーディナル
12
Cardinal AM-67 バス鉄工所 1940/11/2 1944/9/8 ◎1940/8/19 トロール船Jeanne d'Arcを取得し改装
◎1945/8/29 War Shipping Administrationに移管
◎5th Naval District.


排水量:570t 全長:44.83m 幅:8.77m 吃水:3.65m 主機/軸数:ディーゼル機関1基/1軸 速力:12.0kt(AM-69は10.0kt) 兵装:23口径76o砲1基(AM-69は50口径76o砲1基)
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
キャットバード Catbird AM-68 チャールストン・シップビルディング&ドライ・ドック社 1940/11/27 1945/11/7 ◎1940/8/12 ビッターン Bitternを取得し改装
◎1944/8/15 艦種を非分類雑役船(IX-183)に改める
◎15th Naval District, Cristobal.
カーリュー Curlew AM-69 チャールストン・シップビルディング&ドライ・ドック社 1940/11/7 1945/12/5 ◎1940/8/6 Kittiwakeを取得しボストンで改装
◎1944/6/1 艦種を非分類雑役船(IX-170)に改める
◎15th Naval District.


排水量:510t 全長:44.95m 幅:7.62m 吃水:3.65m 主機/軸数:フェアバンクスモース式ディーゼル機関1基/1軸 出力:750馬力 速力:13.0kt 兵装:23口径76o砲1基
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
フリッカー Flicker AM-70 バス鉄工所 1940/10/26 1945/1/3 ◎1940/8/9 1937年起工のトロール漁船Delawareを取得しボストンのベスレヘム・スチール社で改装(〜1941/3/26)
◎1940/8/14 フリッカーと改名
◎1944/3/6 ノーフォークにて修理
◎1944/4/11 艦種を非分類雑役船(IX-165)に改める
◎Brazil.


排水量:465t 全長:40.84m 幅:7.31m 吃水:3.65m(3.68mともいわれる) 主機/軸数:フェアバンクスモース式ディーゼル機関1基/1軸 出力:550制動馬力 速力:10.0kt(最大) 兵装:50口径76o砲1基、12.7o機銃2基、7.62o機銃6基 乗員:40名(AM-72は39名)
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アルバトロス Albatross AM-71 バス鉄工所 1940/11/8 1944/9/11 1944/9/23 ◎1940/8/9 1930年10月25日起工、1931年3月19日進水のRed Diamond Trawling Corp. の漁船Illinoisを取得し、ボストンのGeneral Ship & Engine Worksで掃海艇に改装
◎1940/8/14 アルバトロスと改名
◎チャールズタウン海軍工廠にて就役
1942/1 ニューファンドランド〜アイスランド間にて悪天候により損傷
1943/1/7 グリーンランドにて氷山と衝突し損傷
◎1943/2中旬 ノーフォークにてオーヴァーホール
1943/4/11 ノヴァ・スコシアにて衝突し損傷、後にボストンにて入渠
◎1944/6/1 艦種を非分類雑役船(IX-171)に改める
ブルーバード Bluebird AM-72 バス鉄工所 1940/11/22 1945/1/12 1945/1/19 ◎1940/8/9 1930年10月25日起工、1931年4月7日進水のボストンのBooth Fisheries Co. の漁船Maineを取得し、ボストンのGeneral Ship & Engine Worksで掃海艇に改装
◎1940/8/14 艦種記号を掃海艇(AM-72)に改め、ブルーバードと改名
◎チャールズタウン海軍工廠にて就役
◎1944/6/1 艦種を非分類雑役船(IX-172)に改める
◎Greenland.


排水量:525t 全長:40.35m 幅:7.31m 吃水:3.68m(AM-77は2.98m) 主機/軸数:Cooper Bessemer式ディーゼル機関1基/1軸 出力:500馬力 速力:10.0kt 兵装:50口径76o単装砲1基
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
グラックル Grackle AM-73 バス鉄工所 1941/2/4 1944/8/25 1944/9/16
(1944/11/16?)
◎1940/9/16 1929年6月29日起工、1929年12月2日進水、1929年12月21日引き渡しのボストンのF. J. O'Hara & Sons, Inc. の漁船Notre Dame(1940年8月14日にグラックルと改名)を取得
◎1940/10/1 イースト・ボストンのベスレヘム・スチール社で掃海艇に改装(〜1941/3/15)
◎1946/9/9 海事委員会に移管
◎1946 売却され商船Notre Dameとなる
◎1948 Trulsと改名
1954/3/31 ノヴァ・スコシアのシドニー北東海域にて氷に押し潰される
ゴールドフィンチ Goldfinch AM-77 バス鉄工所 1941/1/30 1944/8/18 1944/8/22 ◎1940/9/18(1940/9/19?) 1929年6月6日起工、1930年1月3日進水、1930年1月14日引き渡しのボストンのF. J. O'Hara & Sons, Inc. の漁船Fordham(1940年8月14日にゴールドフィンチと改名)を購入
◎1940/9/20 イースト・ボストンのベスレヘム・スチール社で掃海艇に改装(〜1941/3)
◎退役後、海事委員会に移管
◎1946/1/9 ニュー・ヨークのNorwegian Shipping & Trade Commissionに売却され商船Fordhamとなる
◎1949 Titusと改名
◎1960 Beaterと改名
1962/12/7 ノヴァ・スコシアのBlandfordにてハリケーンにより難破


排水量:410t(AM-75は482t) 全長:37.88m(AM-76は37.52m) 幅:7.01m 吃水:3.29m(AM-75は3.23m、AM-76は3.65m) 主機/軸数:Cooper Bessemer式ディーゼル機関1基(AM-75、AM-76はフェアバンクスモース式ディーゼル機関1基)/1軸 出力:550軸馬力(AM-75は360馬力、AM-76は400軸馬力) 速力:9.0kt(AM-76は10.0kt) 兵装:50口径76o砲1基(AM-76は50口径76o砲1基、7.62o機銃2基) 乗員:40名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ガル Gull AM-74 バス鉄工所 1940/12/3 1944/7/25 1944/8/22 ◎1940/8/30 1928年6月12日起工、1928年10月17日進水の漁船Boston Collegeを取得
◎1940/9/30 イースト・ボストンのベスレヘム・スチール社ボストン造船所で掃海艇に改装、ガルと改名
◎1946/5/15 海事委員会に移管
◎1946 ボストンのGudron, Inc. に売却され商船Gudron(Gudrun?)となる
1951(1954/1/14?) Cape Race南方海域にて転覆
カイト Kite AM-75 バス鉄工所 1941/3/3 1944/8/14 1944/8/22 ◎1940/9/11 1928年6月18日起工、1928年11月24日進水のH. C. Trawling Corp. の漁船Holy Crossを購入
◎1940/9/12 イースト・ボストンのベスレヘム・スチール社ボストン造船所で掃海艇に改装、カイトと改名
◎1946/3/2 War Shipping Administrationに移管
◎1945 売却
リネン Linnet AM-76 バス鉄工所 1941/3/3 1944/12/18 1945/1/20 ◎1940/9/4 1928年6月18日起工、1928年12月15日進水のボストンのJ. O'Hara & Sons, Inc. の漁船Georgetown(1940年8月14日にリネンと改名)を取得
◎1940/9 イースト・ボストンのベスレヘム・スチール社ボストン造船所で掃海艇に改装(〜1941/3)
◎1944/4/20 艦種を非分類雑役船(IX-166)に改める


※データは沿岸哨戒ヨット・アゲイトの項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ステラ・ポラリス
12
Stella Polaris AM-78 Mathis Yacht Building Co. 1941/1/31 1944/9/29 1944/10/14 ◎1940/10/27 1930年建造のニュー・ヨークのLivingston L. ShortのヨットArmina(後にステラ・ポラリスと改名)を取得し、NeponsetのGeorge Lawley & Sons Corp. で掃海艇に改装
◎1940/11/2 艦種を掃海艇(AM-78)に改める
◎1940/11/14 ゴールドクレストと改名
◎1940/11/23 改装中止、艦種を沿岸哨戒ヨット(PYc-4)に改める


軽荷排水量:400t 満載排水量:469t 全長:37.33m 幅:7.01m(7.01mともいわれる) 吃水:3.32m(3.35mともいわれる) 主機/軸数:アトラス式6H M3358ディーゼルエレクトリック1基/1軸 出力:600馬力 速力:11.0kt 兵装:50口径76o単装両用砲1基 乗員:36名
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、12
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ゴールドクレスト Goldcrest AM-80 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1941/5/15 1945/12/12 1946/1/3 ◎1940/11/29 1928年進水のボストンのMassachusetts Trawling Co. のトロール漁船Shawmutを取得し、イースト・ボストンのベスレヘム・スチール社で掃海艇に改装(〜1941/4/28)
◎1940/12/12 ゴールドクレストと改名
◎チャールズタウン海軍工廠にて就役
◎1946/9/24 海事委員会に移管
◎1946/6/20 ボストンのMassachusetts Trawling Co. に売却され商船Bataviaとなる
◎1955 Minnieと改名
◎1960 Newtonと改名
◎3rd Naval District.
AM-81


軽荷排水量:650t 満載排水量:945t(AM-137は850t) 全長:56.23m 幅:10.05m 吃水:2.97m 主機/軸数:ALCO式539ディーゼルエレクトリック2基/2軸 出力:1,710軸馬力 速力:14.8kt 航続力:12ktで4,500浬 兵装:50口径76o単装両用砲1基、40o連装機銃2基もしくは40o機銃2基、20o機銃6基、ヘッジホッグ1基、爆雷投下軌条2条 乗員:104名
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、123456
※緑枠は諸外国に貸与され戦後返還、または売却された艦
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アドミラブル Admirable AM-136 タンパ・シップビルディング社 1943/4/20 1945/6/12 1983/1/1 ◎1942/2/21 艦種を掃海艇(AM-136)に改める
◎1942/4/8 起工
◎1942/10/18 進水
1944/1 サン・ディエゴ〜アダック島間にて荒海によりソナー損傷
◎1944/2上旬 Kuluk Bayにて入渠、修理
◎1944春? アダック島にて駆逐艦母艦ブラック・ホーク(AD-9)により修理改装
◎1945/5 ダッチ・ハーバーにて湾曲部竜骨(ビルジ・キール)とソナー換装工事
◎1946/7/18 ソヴィエトに貸与され艦種記号をT331(T521?)に改める
◎1947/6/28 Giroskopと命名
◎後に測量艦に改装
◎1954 解体
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-136)に改める
アダプト Adopt AM-137 タンパ・シップビルディング社 1943/5/31 1945/7/18
(1945/7/19?)
1958/1/1 ◎1942/2/21 艦種を掃海艇(AM-137)に改める
◎1942/4/8 起工
◎1942/10/18 進水
◎後にノーフォーク海軍工廠にてPSA
◎1946/7/18 ソヴィエトに貸与され艦種記号をT332(T522?)に改める
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-137)に改める
アドヴォケイト Advocate AM-138 タンパ・シップビルディング社 1983/1/1 ◎1942/2/21 艦種を掃海艇(AM-137)に改める
◎1942/4/8 起工
◎1942/11/1 進水
◎1943/6/25 竣工、ソヴィエトに貸与され艦種記号をT111に改める
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-138)に改める
エージェント Agent AM-139 タンパ・シップビルディング社 1983/1/1 ◎1942/2/21 艦種を掃海艇(AM-139)に改める
◎1942/4/8 起工
◎1942/11/1 進水
◎1943/7/10 竣工、ソヴィエトに貸与され艦種記号をT112に改める
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-139)に改める
アラーム Alarm AM-140 タンパ・シップビルディング社 1983/1/1 ◎1942/2/21 艦種を掃海艇(AM-140)に改める
◎1942/6/8 起工
◎1942/12/7 進水
◎1943/8/5 竣工、ソヴィエトに貸与され艦種記号をT113に改める(1234
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-140)に改める
アルケミー Alchemy AM-141 タンパ・シップビルディング社 1983/1/1 ◎1942/2/21 艦種を掃海艇(AM-141)に改める
◎1942/6/8 起工
◎1942/12/7 進水
◎1943/8/11 竣工、ソヴィエトに貸与され艦種記号をT114に改める
1944/8/12 カラ海にてドイツ海軍潜水艦U365の雷撃により沈没(12
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-141)に改める
エイペックス Apex AM-142 タンパ・シップビルディング社 1983/1/1 ◎1942/2/21 艦種を掃海艇(AM-142)に改める
◎1942/6/8 起工
◎1942/12/7 進水
◎1943/8/17 竣工、ソヴィエトに貸与され艦種記号をT115に改める(1234
◎1955/2/7 艦種を艦隊掃海艇(鋼製船体)(MSF-142)に改める


※データは航洋掃海艇アジャイル級の項を参照
※AM-421、AM-428〜AM-431をアジャイル級、AM-422以降をアグレッシヴ級、またはAM-421を単艦で、AM-428〜AM-431をダッシュ級と資料によっては色々明記されている
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アジャイル Agile AM-421 Luders Marine Construction Co. 1956/6/21 1972/7/28 1977/9 ◎1955/2/7 艦種を航洋掃海艇(MSO-421)に改める
アグレッシヴ Aggressive AM-422 Luders Marine Construction Co. 1953/11/20 1971/7/2 1977/9 ◎1955/2/7 艦種を航洋掃海艇(MSO-422)に改める
アヴェンジ Avenge AM-423 Luders Marine Construction Co. 1954/5/13 1970/1/31 1970/2/1 ◎ニュー・ヨーク海軍造船所にて就役
◎1955/1/14 チャールストン海軍造船所にて改装、艦種を航洋掃海艇(MSO-423)に改める
ボールド Bold AM-424 ノーフォーク海軍造船所 1953/9/20 1971(1975?) 1975/2/28 ◎1955/2/7 艦種を航洋掃海艇(MSO-424)に改める
ブルワーク Bulwark AM-425 ノーフォーク海軍造船所 1953/11/12 1975/2/28 ◎1955/2/7 艦種を航洋掃海艇(MSO-425)に改める
コンフリクト Conflict AM-426 Fulton Shipyard 1954/3/23 1972/6/9
(1973/1/12?)
1972/6 ◎1955/2/7 艦種を航洋掃海艇(MSO-426)に改める
コンスタント Constant AM-427 Fulton Shipyard 1954/9/8 1992/9/30 1994/3/9 ◎1955/2/7 艦種を航洋掃海艇(MSO-427)に改める
AM-428
AM-429
AM-430
AM-431
AM-432
AM-433
AM-434
AM-435
AM-436
AM-437
AM-438
AM-439
AM-440
AM-441
AM-442
AM-443
AM-444
AM-445
AM-446
AM-447
AM-448
AM-449
AM-455
AM-456
AM-457
AM-458
AM-459
AM-460
AM-461
AM-462
AM-463
AM-464
AM-465
AM-466
AM-467
AM-468
AM-469
AM-470
AM-471
AM-472
AM-473
AM-474
AM-488
AM-489
AM-490
AM-491
AM-492
AM-493
AM-494
AM-495
AM-496


Update 14/11/26