2018-2019年度の会長方針

会長主題:「ワイズの未来を考える」
新年度方針:1.YMCAとのパートナーシップ委員会から出された、3つの課題に対して行動を起こす。これらの進捗状況をワイズ2クラブの中で行い、YMCAやリーダー会とのパートナーシップを強化する。
 1)子どもの貧困プロジェクト
 2)小来川キャンプサイトでの活動
 3)リーダー会への応援
2.上記1)と2)に関しては、タスクチームを作り、公開講演会を開催し、一般の人たちも巻き込んで働きかけていく。宇都宮東クラブも含め、メン、メネット、リーダー、一般の人たちと共に行動するワイズでありたい。
3.宇都宮ワイズ設立から40周年を来年5月に迎える。40周年記念事業委員会を作り、そこで計画(ゴルフや公開落語会などを含め)をする。
4.会員相互の親睦を深めるイベントや旅行を計画する。

宇都宮クラブ会長 山田公平


キャビネット:役員
役員の顔ぶれ:山田会長、佐藤会計、南部書記、大久保知宏副会長、中村俊幸ブリテン担当