2017年6月例会速報

日時:2017年6月13日18時30分〜
場所:ホテル ニューイタヤ
出席者:上野 遠藤 大久保 粕田 川村 佐藤 十河 鷹箸 南部 船津 本多 松本 安井 柳田 山田 15人 メネット:上野 佐藤 十河 南部 山田 5人
北東部:長岡部長 大関書記
ユースゲスト:IYC参加予定者ぐっちょ、佐藤実千代、なすリーダー

 6月例会はY's年度の最終月、年度のまとめと同時に次年度への計画確定の大切な例会です。
 大久保会長の開会点鐘と川村さん伴奏でワイズソングを斉唱で例会をスタートしました。
 今回は開会挨拶は簡単に終わらせ、南部書記の乾杯音頭で、先ずはディナータイムです。
「明日のために、新たな活動をはじめよう」を主題とした一年を振り返る。
新たな活動:ユースリーダーズ・アクト2017を宇都宮で開催し、また塩谷キャンプ場に替わる新キャンプ場を佐藤ワイズの協力で開始。
会員増強は10名のインビテーションで2名入会、2名退会で増減なし。
YMCAとの協働はYMCA・Y3宇・リーダーとの協働
奉仕活動として、チャリティーラン、幼稚園プール組立/解体、宇都宮東Yバザー、とY・さくらんぼ幼稚園・宇Y'sバザー、マイホームきよはら奉仕、国際野外サイト(仮称)準備などに取り組み、ただ参加人数が限られていて盛り上がりに欠けて結果になった。
例会を充実しようと、年間を通じて音楽を楽しむ例会を行った。8月宇短大打管楽器・ジャズバレー、9月大橋雪梅さん二胡、10月長谷川裕美さん津軽三味線、11月中村恵美さん/川村由美子さん、12月マーリンさん/川村由美子さんクリスマスソング、2月Yリーダーによるキャンプソング、3月亀田沙織さん/知久絵里香さんヴァイオリンとピアノ演奏、5月二胡アンサンブルSORAの実績でした。
例会出席状況は、各月のメンバー・メネット・コメット・Y3宇等ユース・ビジター・ゲストの出席数を表示して報告。(これは宇キ宮クラブ初めてのデータ公開です:十河)
第20回東日本区川越大会での区表彰は、CS献金達成賞、EMC-M努力賞、RBM献金達成賞、YIA推進賞、STEP協力賞、ロースター広告協力賞を受賞しました。
◎クラブ報告に合わせて、2016-17年次代議員会での報告および決議事項を台木委員会資料のコピーをはいふして説明
◎更に6/12発行東日本区理事通信第12号の年度まとめの内容が説明されました。
次年度2017−2018の計画は
◎2017-2018年度主題として
国際会長:「国境なき友情」
Henry Grindhein(ノルウェー)
アジア会長:「ワイズ運動を尊重しよう」
Tung Min Hsiao(台湾)
東日本区理事:「広げようワイズの仲間」
栗本治郎(熱海)
北東部部長:「備えよう常に」
〜だから、目をさましていなさい。いつの日にあなたがたの主がこられるのか、あなたがたには、わからないからである。マタイ25;13
鈴木伊知郎(宇都宮東)
◎宇都宮クラブは大久保会長続投
主題:「広げよう ワイズの仲間 仲間作りから 始めよう」
○基本方針:部事業へ積極的に参加する。ワイズ活動に多方面の仲間を巻き込んでいく。
○事業目標:会員+3、国際野外サイト、地球市民P、チャリティーラン、IBCへブリテン、京都GB25th、ユースリーダーズアクト、ミラクルエージエントなど
○2018/9/9北東部部会は宇都宮グランドホテル、プログラムは確定、宇クラブとして協力。
○2017-18会長 大久保知宏 書記:南部利行
会計:佐藤隆久 ブリテン:中村俊幸

6月のデータ
出席率:34%
会員数 32 広義会員 0
第1例会出席数
メン:15 メネット:5 ゲスト:2 メーキャップ:0 Y3宇:0

2017年5月例会写真










2017年4月例会速報

日時:2017年9月14日(火)13時30分〜
場所:YMCA特別養護老人ホーム「マイホームきよはら」
出席者:メンバー:上野 遠藤 大久保 粕田 佐藤 中村 南部 本多 松本 安井 柳田 渡邉 12人 メネット:上野 佐藤 十河 南部 4人
宇都宮東:岡田 鈴木 藤生 塩澤 4人
ゲスト:リーダー 3人
 宇キ宮クラブの4月例会は、YMCA老人ホーム開設以来、老人ホームおよび入居者へのサービスデーとしてきました。サービスの内容は老人ホームの規模拡大に伴って変化してきました。今年はホーム内部の奉仕は換気扇等の清掃でした。外出は最近は入居者の高齢化もあり、デパートとか釣り堀への外出はなくなり、外出は桜の咲いている公園への車での外出主体になっています。その上ここ2〜3年は天候に恵まれず、行き先も道の駅になっています。今年も芳賀道の駅への外出でした。

奉仕前の打合せ
ホーム入居者を外出介助、行き先で一休み
ワイズソングで開会

大久保会長

宇都宮東鈴木会長

石倉サロンからの料理

記念写真

3月のデータ
出席率:34%
会員数 35 広義会員 0
第1例会出席数
メン:12 メネット:4 宇東:4 ゲスト:3 メーキャップ:0 Y3宇:3

2017年3月例会速報

日時:2017年3月14日(火)13時30分〜
場所:さくらんぼ幼稚園体育館
出席者:メンバー:上野 大久保 粕田 川村 佐藤 十河 南部 船津 本多 松本 宮下 安井 柳田 山田 15人
メネット:上野 佐藤 十河 中澤 南部 5人
ゲスト:亀田沙織さん 知久絵里香さん 1人
コメット:川村コメット 1人
メンバー15人 メネット5人 ゲスト2人 コメット1人
 松本ワイズの司会で大久保会長の開会メッセージ、川村さんのピアノ伴奏でワイズソングです

 大久保会長より例会を「音楽のある例会」としては3月例会が最後の例会になること、大災害から6年になる理事メッセージをプリントで、第2回東西交流会が成功裏に終わったこと等の報告がされました。
 今日の例会にお招きした亀田砂織さん知久絵里香さんの紹介とお招きした経緯が話されました。そして演奏へ

先ずはエルガー作曲「愛の挨拶」からスタート

なぜ「愛の挨拶」を選んだかの説明から、次の曲、マスネ作曲「タイスの瞑想曲」の説明、演奏毎に曲の紹介を入れて下さいました。

 この日の生演奏に聴き入りました。

演奏が終わって、大久保会長から記念品を贈り

夕食はお弁当

3月のデータ
出席率:46%
会員数 35 広義会員 0
第1例会出席数
メン:15 メネット:5 ゲスト:2 メーキャップ:0 Y3宇:0

揚がれ希望の凧2017年3月11日
とちぎYMCAでは北日本大震災を覚え続ける思いをもって、どこまでも続く大空へ凧を揚げて、震災発生時刻に黙祷を捧げました。宇都宮ワイズメンズクラブも後援しています。4人の会員が参加しました。

2017年2月例会速報

日時:2017年2月11日(火)13時30分〜
場所:ホテル ニューイタヤ
出席者:メンバー:新井 遠藤 大久保 粕田 熊本  佐藤 十河 南部 松本 安井 10人
メネット:佐藤 十河 南部 3人
ゲスト:塩澤Y総主事 1人 ユースゲスト:Y3佐藤実千代をリーダーにユースボランティアリーダー 他7人 コメット:熊本コメット 1人 メンバー10人 メネット3人 Y3宇キ宮5人 ユースリーダー7人

ワイズソング

大久保会長報告
大久保会長報告
 大久保会長より別印刷資料により報告とアピールがありました。
 例会毎に配布されている理事メッセージでは、第20回東日本区大会登録が2月8日から始まっていること、2月のTOF強調月間にの献金が何に使われているかを太田勝人(東京世田谷)国際・交流事業主任の報告内容が説明されました。TOF資金用途はプサンYとY’sのカンボジア・ラオス・ミャンマーでの医療奉仕、モンゴルYの10代の若者育成、ハイチ、アン・アーバンYの貧困対策、など8件の事業に円換算で1,410万円が活用されていることが報告されました。
 宇キ宮クラブのプロジェクトとしては、2月25日のとちぎYエンジョイドッジボール大会支援。2月26日(日)にY’s北東部と公益財団法人とちぎY主催の「みらくるプロジェクト−福島の子どもたちと一緒に笑顔!〜今、私たちにできること〜」をユース・リーダーズ・アクト2016として行うことのアピールがありました。
 更に、塩谷キャンプ場が原発事故の影響で線量が高く使用できないことから、小来川に新しいキャンプ場を求める計画が話されました。

乾杯

夕食
ユースボランティアリーダーと共に
 食事の後は、普段はYMCAのボランティアとして子ども達の指導に当たっているユースボランティアリーダーのリードで普段歌っている歌を共に手踊りを交えて歌う一時を楽しみました。

2月第4水曜日 ピンクシャツデー
最後にYも取り組んでいるいじめ反対運動のピンクシャツデーに協賛し記念撮影をしました。

2月のデータ
出席率:29%
会員数 35 広義会員 1
第1例会出席数
メン:10 メネット:3 ゲスト:1 メーキャップ:0 Y3宇:1


2017年1月例会速報

日時:1月10日(火)18時30分〜
場所:ホテルニューイタヤ
出席者:メンバー:青木 上野 遠藤 大久保 粕田 佐藤 須田 十河 船津 本多 松本 南部 安井 山田 14人
メネット:青木 上野 川村 佐藤 十河 本多 南部 山田 8人
ゲスト:晴之輔師匠 1人
コメット:川村さん
メンバー14人 メネット8人 Y3宇キ宮0人 ゲスト1人

 1月例会は恒例になった立川晴之輔師匠の落語例会です。

大久保会長開会点鐘

ワイズソング:川村さん伴奏
 大久保会長の開会点鐘、ワイズソングで開会。
 新年に当たり、大久保会長のスピーチは、大久保家では正月のおせち料理は男が作ることになっていて、何種類もの料理を作った話から始まり、今月は2016-17ワイズ年度の後半のスタートで、2月は東山荘での東西日本区ワイズ交流会、エンジョイドッジボール、3月には揚がれ希望の凧、6月の東日本区大会、とちぎYチャリティーランと大きなイベントのアピールがありました。
 例年ですとここでディナーになるわけですが、この日は先ず落語一席から開始でした。
 この日の出し物は、昔の商売の噺、下駄片方とか、引き出しの空かないタンスを売る一寸まぬけな古道具屋の主、市場で古い太鼓を仕入れて来た。この音を聞いた殿が気に入って、侍に屋敷まで持ってこさせた。間違って打ち首かと恐る恐る持って行くと300両で買い上げ、これに又ビックリ、叩いていい値になった、とう言う噺。これは古今亭志ん生が得意とした火焔太鼓(かえんだいこ)と言う演目でした。

安井ワイズの音頭で乾杯

ディナータイム

みんなで記念写真

1月のデータ
出席率:40%
会員数 35 広義会員 1
第1例会出席数
メン:14 メネット:8 ゲスト:1 メーキャップ:0 Y3宇:0

1月はIBC/DBC強調月間
 IBCはInternational Brother Clubs国際兄弟クラブ、DBCはDomestic Brother Clubs国内兄弟クラブ。ここでIBCについて書きます。  IBCは外国クラブとの交流プログラムです。宇キ宮クラブのIBCの現状を書きます。
 韓国の春川βクラブは高齢化で活動停止、オーストラリアのWengaarttaクラブは解散、U.S.AのMonterey Peninsulaは会員が1人、インドのバンガロールR.T.Nagarクラブは高齢化で低迷中、バンガロールJayanagarクラブは会長が交代するとブリテンが出なくなったが活動は継続、ロシアのBryanskは会員半減で8人活動は生年の体育教育で薬剤追放、ブリテンらしきものがE-mail添付で送られてくる。
 宇キ宮からは年4回の英文(ロシアへはロシア語)を送っていましたが、今年度は年2回になりそう。クリスマス例会では、モンテレイ、インド2クラブとブリアンスクへのクリスマスカードに出席者のサインを頂きました。十河