HakuTouGin

年來自分が考へた叉自分が多少實行し來りたる處世の方針は何處へ行つた。前後を切斷せよ、妄りに過去に執着する勿れ、徒らに將來に望を屬する勿れ、滿身の力を込めて現在に働けというのが乃公の主義なのである。                      「倫敦消息」

2010/02/12

日記

晴れた!明日にはギターセンターに僕の愛するフェンダージャパンのジャズマスターを取りに行けるだろう.修繕したのだ.久津川かどっか近鉄沿線で買った気がする.

論文手直し,雪かき,不確定記述,掃除洗濯.

孤独と不安は生きている限り消え去るものではなく,あとはもうそれとうまく付き合っていくしかなく,すなわちなんとかmanageするしかないのである.O先生の自伝調の本にあった,「頭を壁にぶつけたくなることが,卒業論文(修士?)では一回,博士論文ではn回」というような下りがあったと思うがうまく思い出せない.あれは,憤死するというような意味合いだっただろうか.nの値も気になるところだ.

2010/02/10

日記

なんとなく,カレカノを観たりする.10年前テレビでみたりみなかったりしたが,最終回まで観るのは初めて.おもしろい.村上春樹の小説くらいおもしろい.村上春樹は少女マンガっぽいということか.

親云々ていうのはずるい.

カラザースの最近の理論によると,命題的心的態度はすべて解釈的なもので主体は何ら直接的なアクセスを持たないという.すばらしい理論だと思う(合ってるかは知らないが).フロイドが示したことの一部は当然正しかったわけで,それをさらに推し進めなければならない.

誰が自分のことを知っていようか.

自分にすら自分のことがわからないのに,人に期待してはいけない.人はアニミズムなくせして,行動主義者なのだから.

他者問題は自分へとむけられるのだ.

雪が積もっている.

さあ働け.

2010/02/03

ハーバーマス

は「なうなう」言っていなかった!!

ここ