HakuTouGin

年來自分が考へた叉自分が多少實行し來りたる處世の方針は何處へ行つた。前後を切斷せよ、妄りに過去に執着する勿れ、徒らに將來に望を屬する勿れ、滿身の力を込めて現在に働けというのが乃公の主義なのである。                      「倫敦消息」

2007/05/22

そのなを

五月のあおい,空の上にあなたの名前を呼ぶ.名前はいかにしてもあなたのもとへとむかう.それは名前だから.可能な世界のもとでも可能な状況のもとでも,名前はあなとのもとへ.それは名前だから.しかしあなたは名前などではない.「あなた」も名前などではない.僕は一体誰に呼びかけるのか.誰を呼びかけるのか.

どうせじきにながながと雨期へと進む.そして入道雲がそびえ立つ.僕は季節すら知らないのに.あおいあおい,ごがつの空が高い.僕は見上げずにはいられない.日光がC繊維を刺激するだけだというのに.

ごがつの空の下であなたの名前を繰り返す.は,C繊維なぞ.東海岸のとんちきなどぼくらを妨げはしない.鈍痛,懊悩,どんとこい.名前はいつでもどこでもあなたに向かう.歴史をゆがめてもいい,人の世が滅びてもいい,火星と金星が入れ替わる世間で,僕はあなたの名前を呼ぶだろう.そのなはあなたへとむかう.「その」「あなた」を僕は知るだろう.「その」まなこをまっすぐと指差すだけ.指差すだけで.

2007/05/21

しなどものす

ふと,苦しみたい,て,ねえ,緯度ねえーそんなもん,さあ君に何を伝えたい,どこで,その緯度ねえー
人の形が消耗,でもそうそう道が続くわけではない.路上?ああ,靴ははいてるからな.なんとかはなる.どうとでも.小銭が欲しいのか,僕は何が欲しいのか.僕の思考にどんな制約がかせられているかって,さあ,まだ笑える,歩ける,歩ける.歩ける,市内に.どこでもたいがいおんなじや,アスファルトか,石畳か,農道がそれに変わるだけ.黒い目が,黒い髪が闊歩する.力技,レベル上げは嫌いではないんだ,ごりをし,ごりおすだけ.バイキングが攻めてくる,そっちはゴッドファーザーか.僕の黒い目が輝くうちは御用ではない.世紀が変わる,人が沢山いる.後ろを向く,前を向く.

僕は君に何を伝えよう.何がしたいのか.どうせただの蒙昧,僕は季節もひとのこころも知らない.おしつぶれそうだよ,少しだけ少しだけ,希望.楽観,しかしあまりにひとり,命題的知識では足りないのだよ,は,あなたのビリーフボックスになにをおしこんでもいい,しかしそんなものがいらないのはあたり前田.足りないのは当たり前だ.半歩も育ったのか,育ちたいのか,育ちたくなどない.

わがわが,わがわが,これで半言も成人をなのれようか,いやそうはいくまい.

かくも未熟な僕にただしいことができるでしょうか,誰かを守れるのでしょうか.大西洋,地のはて,どこまで歩いていけばいいのでしょうか.あなたのことを500時間ばかりおもうだけです.熱帯のにおいと凍える建物.

しかしこれはいかにも心の弱い.いかにしよう.まあどうともなるまい.

2007/05/10

アリとキリギリス

でいうと僕はアリなので今学期も多少の余裕を持って終われそう.キリギリスは騒ぐ.僕は一日五つペーパーを採点するだけで期限以内に終了する.一つのクラスの課題終了.あとはゼミの論文修正.はたして投稿までたどり着けるか否か.

あり童話.ググると,The Ant and the grasshopper. 定冠詞をどうふるのか迷うが,こういう場合は定冠詞でうまくいく.'ant'を複数形も多いようだ.だがまあ,'the whale'か.日本語ではどんな仕組みなのか.

アリくらい働けば,十分何とかなる.とはいえアリほども働いてはいないが.平均にならすと8時間くらいじゃないだろうか.さて3ヶ月どうしよう.何がしたいか.そして長期的にも何がしたいか.

あーいろいろどうしよう.当面は身の振り方を考えないのがいいのだろうな.別に選択肢がある訳でもないし.

2007/05/05

まじめに

でもないけど哲学の話.好きに勉強したいことを縁次第で勉強している訳だが,やはり好みというのは出るものだ.生物学の哲学や因果性などを少しやるがすごくおもしろいとはおもわない.もちろん沢山やってないからおもしろくない,というのはあると思うが,言語がやっぱりおもしろい(沢山やってるからおもしろいというのが正しい理由の気はする).

哲学よりではやはり二次元主義とかがあついのではないかと思う.夏はソームズとかを沢山読もうと思っている.ちなみに次の学期の曖昧さゼミが楽しみである.形而上学よりより形式意味論よりのトピックで論文を書きたいがまあそこは未知で.一年間論理学を一切やっていないのがきがかり.夏はそして出来事をそうざらいしようかと思う.出来事に関する80年代くらいまでの新しくない形而上学をやってみようか.新しいのは多分すごく苦手,生理的にダメかもしれない.いや,わからないが.

ところで言語学科は日進月歩でどこまで首を突っ込めばいいのか全く謎.Direct compositionality ってなんだそれは.これはおもしろそう.変項なし論理学を使うよう.量化子移動をすると量化子と変項のつながりについての複雑な理論がいるし形と意味のインターフェースは複雑になるが,この直接合成主義によると...