HakuTouGin

年來自分が考へた叉自分が多少實行し來りたる處世の方針は何處へ行つた。前後を切斷せよ、妄りに過去に執着する勿れ、徒らに將來に望を屬する勿れ、滿身の力を込めて現在に働けというのが乃公の主義なのである。                      「倫敦消息」

2006/01/24

見た映画

見た映画をちゃんと記録すべし.
The Motorcycle Diaries, (Diarios de motocicleta), Walter Salles
Appleseed
Bedazzled, (悪いことしましょ)
ウォルターサレスはcentral stationの人なのか.予備知識無しでこの主人公のErnestとかいう若者が誰か知らずに見る.風土が素敵だなあとか思いながら,非常に面白く,いい映画だなとか思ってると,最後こいつがゲバラの若い頃だと知る.えー知らんかった.Guevaraとスペルするのか.出てきてったけ?見落とした模様.誰だろうが,ロードムービーはいつだって素敵.
アップルシードはちょっと残念な感じ.なんか戦い以外微妙.あと予備知識無しで見てどれくらいストーリーが分かるのだろうか素朴に疑問.
BedazzledはたまにはB級映画もいいかなということで.ブレンドンフレイザー主演.

2006/01/20

訃報

僕はもちろんO教授と大した接点があった訳ではないが,多分二つほど演習に出ていたはずだ.ライルや科学哲学の教科書を読んだ記憶がある.印象としては,まだまだ元気で頭がよく回り,まさかその後数年でこうなるとは全く思わなかった.というか,もう退官するんだあ,と考えたような.僕ら学部生に対しては,これからはロースクールに行きなさい.試験で英語と論理的思考力を試すなんて,まさにわれわれにうってつけじゃないですか,などとおっしゃっていた.いろいろと教育に心砕いていたという噂も聞いたことがある.合掌.

2006/01/09

映画

School Ties(青春の輝き)
With Honors(きっと忘れない)
School ties のがおもしろいかな.『破戒』みたいで.ネタになることがあってもユダヤ系でそんなに苦労してたとはよく知らなかったのは僕が不明.ファミリーガイで犬のブライアンが雨の中 cowards!! と叫ぶシーンは,これがリファレンスだったのか.でもあの犬はブラウンがalma materらしい.

2006/01/06

くだらないこと

何が下らないことか決めるのはおそらく下らない.
近頃の日本語は乱れているーと似たり寄ったりの大ボラであろう.

しかし,mixiなんぞをみて,知人等があまりにも陳腐な発言を繰り返していくのを見るは非常に心苦しい.何だろうこれは,「自分の軸」とか「目標」とか「一生懸命」とか「夢」とかを冗談でなく口に出せる人々が,自分の周囲にいるのかと思うと,ぞっとする.身近なのがぞっとする.例えば,ブッシュとかなら,彼が下らない大嘘を言っている見ていて,冗談にしか聞こえない.わお,すごいですね,と笑える.しかし,身近な人々がドラマ派生的な語彙を操って,冗談にしか聞こえないような会話を,冗談でなく,交わしているのを見ると,僕は自分がとんでもなくひとりぼっちにかんじる.

2006/01/03

Walnut


ミスチルの「くるみ」という曲を聴いた.

ねえくるみ,この町の景色を...

と始まるが,M下くるみに語りかけてるのだろうか,と素直に考えた僕はもう駄目だろうか.
この曲を聴いて一体何人がそう思ったのか知りたい.
これは木に向かって喋っているのか?

最近はJpopとかをよく聴いている.わからんが,泣きたいんだろうか.たぶんヒップホップに飽きている時期なんだろう.今はRJD2とかよりバンプとか元ちとせのがいい.