こだわり栽培について(ガイドライン等)

チャヤ農園は減農薬・減化学肥料栽培に登録認定済みです。
 国の特別栽培農産物に係る表示ガイドラインを基に作られた青森県特別栽培農産物認証要綱は、おおむね5割以下という解りづらい表現を使わず、はっきり5割以下と表現しています。青森県特別栽培農産物認証要綱は国のガイドラインよりさらに一歩踏み込んだ解りやすい表現になっています。

■特別栽培農産物に係る表示ガイドライン(農林水産省)

◎適用の範囲
 このガイドラインは、農産物(野菜及び果実(加工したものを除く。)並びに穀類、豆類、茶等で乾燥調製したものをいう。)であって、不特定多数の消費者に販売されるものに適用するものとする。

◎減農薬栽培農産物
 特別栽培農産物のうち、当該農産物の生産過程等における化学合成農薬の使用回数が、当該地域の同作物において当該農産物について慣行的に行われている使用回数のおおむね5割以下(土壌消毒剤、除草剤等を含めた使用回数の合計を比較するものとする。)の栽培方法により生産された農産物をいう。

◎減化学肥料栽培農産物
特別栽培農産物のうち、当該農産物の生産過程等における化学肥料の使用量が、当該地域の同作物において当該農産物について慣行的に行われている使用量のおおむね5割以下(化学肥料の窒素成分量を比較するものとする。)の栽培方法により生産された農産物をいう。

■青森県特別栽培農産物認証要綱
◎特別栽培農産物の目的
 この要綱は、青森県で生産される特別栽培農産物の認証について必要な事項をさだめることにより、特別栽培農産物に対する消費者の信頼の確保と生産者の生産意欲向上を図るとともに、有機栽培や、特別栽培等の環境に優しい農業に取り組む産地を育成することを目的とする。

◎減農薬・減化学肥料栽培農産物(認証の基準)
 特別栽培農産物のうち、当該農産物の生産過程等における化学合成農薬(「有機農産物の日本農林規格第4条の別表2」に揚げる農薬を除く。)の使用回数及び化学肥料の使用量が、当該地域の同作期において当該農産物について慣行的に行われている使用回数及び使用量の5割以下(化学合成農薬についは土壌消毒剤、除草剤等を含めた使用回数の合計を、化学肥料については窒素成分量を比較するものとする。)の栽培方法により生産されたものであること。
チャヤ農園では除草剤を使用していません。

チャヤ農園はエコファーマーに登録認定済みです。
 エコファーマーとは、平成11年7月に制定された「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律(持続農業法)」題4条に基づき、「持続性の高い農業生産方式の導入に関する計画」を都道府県知事に提出して、当核導入計画が適当である旨の認定を受けた農業者(認定農業者)の愛称名です。
この生産方法は
(1) たい肥等の活用により、農業生産の基盤である農地について、土壌の性質に由来する農地の生産力の維持増進を図るものであること(農地の生産力の向上)
(2) 化学的合成された肥料・農薬の使用を減少させる技術の利用により、農業生産に伴う環境負荷の低減を通じ、良好な営農環境の確保に資するものであること(良好な営農環境の持続性)
(3) その生産物の量や質の水準を従来の生産方法の水準から低下させるようなものではなく、かつ、経営的な合理性を有しているものであること(生産物の量及び質の持続性、経済的な持続性)という性格を備えており、将来にわたって農業生産を持続的に行うことができる効果が特に高いものであると位置付けられる。