第9回 つくば100本のクリスマスツリー

 「おいでよ、世界の子どもたち!」

皆さんの温かいエールに支えられ、冬の風物詩いよいよ準備開始。
厳しい資金難でのスタートです。ぜひカンパにご協力を!

■今年は開催費用の目処がたたず、はたして実現できるものかどうか危ぶんでいました。けれども、今まで、子どもたちと一緒に歩んできたこの催しには、家族のきずなを見直したり、手づくりや自由な表現をする楽しさを味わったり、自分たちの手でまちを楽しく、美しく、元気にすることができることを実感したり、お年寄りから生まれたばかりの赤ちゃん(写真で!)まで参加し、交流できるなど、失いたくないものがいっぱい詰まっています。
 これまで参加してくれた多くの人たちのそんな声に励まされて開催することになりました。
2005年の応募作品。こんなふうな子どもたちの「夢のツリー」が、今年は海外から、そしてTX沿線からも寄せられる予定です。
■つくばに住んでいる外国から来た子どもたちには、これまでも参加してもらっていましたが、今年は「NPO世界の子どもネット」の協力で、各国の子どもたちからツリーの原画を寄せてもらうことになりました。その原画を元に、日本の家族・グループが楽しくツリーをつくるというアイデアです。会期中、ツリーがいっぱい飾ってある広場の壁にスクリーンをつるし、絵を描いた外国の子どもたちにその絵を元につくられたツリーや会場の様子を見てもらい、日本の子どもたちともリアルタイムでやりとりができたら感激です。