昨年末のつくば100本のクリスマスツリ−では大変お世話になりました。
 今回で3回目の参加となり、年末の我が家の恒例行事となりつつありました。娘が小学校2年生の時からお世話になりましたが、はじめは全く知識もなく、悪天候などでツリ−が倒れたりとアクシデントの連続でした。年々どうしたら倒れないか?オ−ナメントが壊れないか?飛ばないか?と、経験を積むごとに改善されていった気がします。また、来場者の方にも何か参加して直接手で触れていただき楽しんでもらいたいという気持ちから、いろいろなアイデアも浮かびました。昨年の制作は、途中親子の対立が多く、一時は参加を取りやめようかというところまで発展しました。反抗も成長ととらえ、嬉しいような気もしましたが、実際のところ大変でした。
 娘は絵を描くことや工作が大好きで、紙と鉛筆があればいつも絵を描いたりしています。自分なりにキャラクタ−を作り物語なども作ったりしています。ツリ−に関しても、設計図やキャラクタ−など細かく図にしてくれるので親としては安心心なのですが、こだわりもあるので大変なこともありました。親としては、設営の方を全面的にバックアップしました。我が家はバラバラな性格なので、全員の長所が合うとパワ−全開になります。
 つくばに住んでいてこのような貴重な体験をさせていただいたことは、大変感謝しています。これからもつくばを楽しく・美しく・元気にしてガンバって活動していってください。

  ■P.S.
 この春、急な転勤になりつくばを離れることになりました。私たち家族にとってすばらしい思い出をありがとうございました。





 2005.02. 第7回「つくば100本のクリスマスツリー」に参加して.

    絵や工作が大好きな娘が考えたツリーです。
   
    家族全員の長所を合わせてパワー全開でした!     

                                    
                       「なっとうQ&Aツリー」 塚本美花さん ( お母さんからのお手紙 )
 
〜なっとうQ&Aツリ−制作者 塚本美花の感想〜

 今回は、今までなかったことがたくさんありました。家族でもめてツリ−を作るのをやめようかと思ったこともあったし、オ−ナメントは飾りつけの前日まで作っていました。いろいろなことがあったけれど、とても素晴らしいツリ−ができてよかったです。