ほあぐらの自己紹介
 
 
   ハンドル・ネーム
        昔PC−VANというパソコン通信に、日本トラヴェル・クラブというシグ
       が有った。温泉や一杯の“オフミ”も盛んで、楽しい仲間が集っていた。
        その仲間内で、私は
ほあぐらという、いかにも美味そうなハンドル・ネーム
       を使っていた。ちなみに家人は
とりゅふといい、どっちにしても食いしん坊な
       夫婦であることは間違いない。
        私達はこのやや退廃的なハンドル・ネームがとても気に入っていたので、イ
       ンターネットの現在でもそのまま使用している。
                        
 
   ●生い立ち
        東京生まれを誇りに思っており、精神だけは
江戸っ子を自負している。
        父は周防(山口)の貧乏士族出身。母は満州生まれだが、実家が元来江戸っ子
       の家系だ。父が夭折したので、小生は母の実家の祖母に育てられた。祖母は三
       代続いた生粋の江戸っ子だった。
        食い物に対する趣向や偏執的なこだわりが強いという小生の性格には、この
       祖母の言動が大きく影響しているものと思われる。それがどうした、ってなも
       んだ、べらぼうめ。
                     
 
   ●学歴・職歴
        バンカラな校風に憧れて入学した
□□□大学では、マルクスに傾倒して学生
       運動に参加する友人も多かった。左翼的な考え方が解らないではなかったが、
       小生に限れば過激な行動には終始懐疑的なノンポリだった。
        文学や歴史志向だった小生は意に反して、当時花形で初任給の高かったエン
       ジニアを目指して
理工学部を選択し、卒業と同時に社会資本の構築を商いとす
       る大手土木企業に就職した。
        数年は、石狩平野や親不知天険トンネルなんぞで測量をしたり、某競輪場の
       修復工事責任者をやったりしていた。
        “本も読めない不毛な生活”を理由に、飯場暮らしの土木屋を辞めた。その
       後の職歴は甚だ多彩だが、ここでは割愛する。

                        
  ●現況
        縁有って経営を担っていた老舗会社の暖簾を、2001 年夏に下ろした。
        小さな会社なれど愛着があり、営業には最善を尽くした。しかし、業界の不
       振と低価格競争の影響で成績は回復せず、借金ばかりが増え続けた。無念至極
       ではあったが、結果的には万策が尽きたということである。
        社員への処遇を最優先させ、仕入先や得意先への迷惑を最小限に抑えられる
       内に撤退、という考えが強かった。
        ちょうど定年の年齢だったし跡取りも無く、二度と経営のリスクやストレス
       を背負い込みたくもなかったので、きっぱりと隠居の道を選んだ。どうせなら
       と、生甲斐のある
正しい隠居の姿を現在模索している。
          
 
   ●住まい
        40年来東京
渋谷の住人で、所帯を持ってからは、原宿の皇室専用駅近くの、
       マンションとは名ばかりの集合住宅に住む。
        明治神宮の森や新宿御苑や神宮外苑を我が家の庭と勝手に決め込んでおり、
       この地の利便性と併せ、郊外など他所へ移る気遣いは今のところ全く無い。
        但し、京都とフランスの田舎に一定期間住まうことに関しては、何度も検討
       した経緯がある。
              
 
     趣味
        唯一の自慢が趣味の多さだが、単なる八方美人であり、気が多いだけの代物。
       やらなかったモノを探したほうが早そうだけれど、どれ一つとして満足に達成
       したものが無い。

        非日常としての
そのものを楽しむ姿勢は昔からで、その目的が明確に絞ら
       れてきてからは、旅がほとんどライフワーク化しつつある。その意味では趣味
       の範疇を超えている、と言えるかもしれない。
        
ロマネスクなどの中世美術、石組の造形美によって構築された日本庭園
       塔や石仏といった
石造美術
古代巨石文明などの探訪が中心となっている。
        もっとも、表向きの“御題目”よりも、その後の“精進落とし”の方に主眼
       が移っていると見る向きも多い。行く先々に銘酒あり、が元凶だろう。
     
        能書きの楽しさから、近年は
蕎麦ワイン秘湯にはまっている。
        テレビを置かず
読書音楽中心の生活をずっと続けていたが、老眼になって
       以来読む本の数と内容が質的に低下してきている。
     
        
写真は風景専門で、昔はSLも追いかけた。仲間と石仏写真展を開催したこ
       ともある。6×7判でジックリ撮るのが好き。
        
木版画は小さい頃からの趣味で、結婚以来毎年の年賀状は自分で彫ったもの
       を手刷りしている。版画の個展を開くことが夢。
     
        スポーツは年齢的な制約もあり、
ゴルフだけが残った感じだ。スキーは、炬
       燵で一杯やっているほうに魅力を感じ始めてからは、とんと御無沙汰だ。
        
野球は見るだけだが、駒沢時代の東映フライヤーズ以来だから、筋金入りの
       パリーグ・ファンと言えるだろう。野村監督以来、ヤクルト・阪神もひいき。
       楽天も応援することになった。
        手を使わず、あの固いボールを頭で受けたり、ヘディングシュートしたりす
       るという、何とも下劣な当世流行の
サッカーには余り興味が無い。そりゃあ、
       ダンディーな
ラグビーのほうが好きに決まっている。

        学生時代からだから、45年以上続いているJAZZ落語が“命”だ。
        
レスター・ヤングクリフォード・ブラウンバッド・パウエル志ん生
       
円生文楽三木助可楽を越えるプレーヤーや噺家がいまだに現れない。
        ビル・エヴァンス
志ん朝談志の早逝があまりにも惜しまれる。

        近年或る機会を得て以来、すっかりと
人形浄瑠璃(文楽)にはまっている。
       国立小劇場の公演はほとんど欠かさない。人形遣いの吉田蓑助さんは健在だが、
       浄瑠璃の竹本住太夫さんの引退が惜しまれる。毎回感涙させてくれる太夫の出
       現を期待している。

        
クラシック音楽はごくポピュラーなものしか聴いていない。しかし近年、ピ
       アノの鬼才岡田博美さんを聴いて以来、研ぎ澄まされたような彼の演奏に魅了
       されている。

   ●好きなもの
        拙サイトに掲載したものは全て大好きなものなので、それ以外について思い
       つくまま列記、嫌いなものも含め暫時追加の予定。

       
レスター・ヤングとビリー・ホリデイの共演盤、ビル・エヴァンスのソロ・
        アルバム、プレスティッジ時代のマイルス・デイヴィス、レッド・ガーラン
        ドのピアノ・トリオ、ソニー・ロリンズ Newk's Time とそのジャケット、
        クリフォード・ブラウンのアルバム全部、
       
八代目三笑亭可楽の「らくだ」と「子別れ」、五代目古今亭志ん生の全演目、
        六代目三遊亭
円生の「蒟蒻問答」と「首提灯」、八代目桂文楽の「つるつる」、
        三代目桂三木助の「へっつい幽霊」と「ねずみ」、「味噌蔵」も絶品、
       
ブラームスの「弦楽六重奏曲第2番第2楽章」、ジプシーキングスの「イン
        スピレーション」、パコ・デ・ルシアの「二筋の川」、
       
京都川端通の居酒屋「赤垣屋」、島田「宮本」と山形「あらき」の蕎麦、
        尾山台「徳助」の寿司、「浜町藪」の天丼、
       
松茸の土瓶蒸しとフグチリ鍋(滅多にゃあ食えないが)、豆腐と油揚の味噌
        汁、大阪の串揚げ、家人の焼いたパン、茂木の枇杷、京都のかぶら蒸し、名
        古屋山本屋の味噌煮込うどん、うさぎやのどら焼、
       
菊姫酒造の「賀陽菊酒」、ボルドーの赤「ランシュ・バージュ」、サウナの
        後の生ビール1杯目、シャンパーニュ「クリュッグ」(こいつも滅多に飲め
        ない)、ワインのコルクを抜く瞬間、
       
袖ヶ浦カントリークラブ3番ホールの桜、八幡平藤七温泉「彩雲荘」の雪の
        露天風呂、明治神宮の森の散歩
       
友人の旅先からの絵葉書、阪神タイガースの勝利、イスラム・モスクでのコ
        ーランの響きやアザーン、列車を待つ駅のホーム、高野山梵語の読経、親し
        い友人または家人と交わす酒、松籟(釜の湯が滾る音)のみ聞こえる茶室、
        古本屋のはしご、居酒屋のざわめき、母校ラグビー部のエンジと紺のジャー
        ジ、
       
明朝体の活版印刷、フランス国土地理院発行10万分の1地図、
       
自分の旅の写真アルバム、愛用のカメラ・マミヤRZ-67、
       
三島由紀夫「午後の曳航」「豊饒の海」、大江健三郎「個人的な体験」、
        吉川英治「宮本武蔵」、白洲正子「かくれ里」、
       
映画のベスト1はちょっと古いですが、邦画は工藤栄一監督、片岡千恵蔵主
        演の東映映画「十三人の刺客」、洋画はシドニー・ルメット監督、ヘンリー
        ・フォンダ主演の「十二人の怒れる男」、
       
奈良薬師寺の聖観音立像、京都太秦広隆寺の不空羂索観音立像、若狭羽賀寺
        の十一面観音立像、近江西明寺の木造三重塔、出雲神魂神社の本殿、
       
シモーネ・マルティーニの「受胎告知」、フィリッポ・リッピの「聖母子」、
       
文楽・浄瑠璃の太棹三味線、
      
   ●嫌いなもの

       
納豆、コリアンダ、ぐちゃ飯、マヨネーズ、腰の無い麺、油濃いラーメン、
        ウィスキーの水割、アメリカンコーヒー、生のまま食べる肉、
       
汗を拭わずに水風呂に飛び込むサウナの客、尻を上げる単語の発音、
       
傲慢さが感じられる寿司店、ワインを出す蕎麦屋(白ワインを出す寿司屋も
        同列)
       
重低音ばかりが響くオーディオ、お笑いタレントが軽薄に騒ぐTV番組、
        音を立てずに蕎麦を食べる人の気味悪さ、
       
藪蚊に刺された痒さ、長虫とナメクジ、庭園のお化灯篭、巨人が勝った日、
       
つまらんことに腹を立てる自分自身

   ●その他
        それ以外は謎。

                   


 総合TOPへ