日本庭園紀行     
      
     
   
   日本庭園という「美術作品」が、文化財として
  は「名勝」という呼称で分類されている事に私は
  疑問を感じている。それは、松島や天橋立といっ
  た自然の景勝と、全く同じ視点で評価されている
  事に他ならないからである。
   石や植栽など自然の素材を用いて、自然に模し
  た風景を造っているのだから、一見それは致し方
  の無い事かもしれない。しかし、それは自然その
  ものではなく、抽象的に再構築された、人の手に
  よる超自然の空間なのである。それは造形そのも
  のであり“美術作品”なのである、という認識や
  とらえ方が、余りにも欠けている。
   作者が持てる美意識を駆使して造形に取り組ん
  だ庭園というものは、正に芸術作品以外の何物で
  もなく、自然に姿を借りたモニュメント或いは空
  間芸術であると思う。
   
   日本庭園の美しさを構成する最も重要な要素は
  石と石を組み合わせることから生まれる均衡や緊
  張感や変化などを作り出す「石組」と、それらを
  どう配置するかという庭全体の設計図ともいうべ
  き「地割」とに尽きる、と私は考えている。
   この二つの物差しを重視すると共に、自然を愛
  でる感性を大切にしながら庭園を鑑賞すれば、楽
  しさは大きく広がるだろう。
   
   旅人としての視点から、私の心に強い印象を残
  した全国の古庭園を巡ってみたいと思う。
 
       小川氏邸庭園(島根県江津市)   
     
            INDEX 目次     (全387庭)New+12
                             
  京都の庭園 <91>
     
  近江(滋賀)の庭園 <46>  
     
  近畿(京・近江以外) <47>  New+12 
     
  西日本の庭園 <93>  New+2
     
  東日本の庭園 <72>   
 
  日本庭園の源流 <13> 
   
  重森三玲の庭園/造形美の世界 <17>  
                             
 

        このページTOPへ  古代巨石文明TOPへ  石造美術TOPへ 

           世界の建築   総合TOPへ  掲示板へ