ブルゴーニュ地方のロマネスク
      Bourgogne Romane 
 
 
                  
             
             
       各派修道院発祥の地であり、中世以来
  宗教の中心であった。ロマネスクの遺構
  も数多く残されており、有名なブルゴー
  ニュのワインと共に、素晴らしい旅が約
  束されている地方である。

   当地方のヴェズレー、オータン、トゥ
  ールニュ、クリュニー、などの教会を見
  ずして、ロマネスクを語ることは在り得
  ないだろう。

   コート・ドールは正に黄金の丘の名に
  相応しく、ロマネスク美術もワインも、
  全てが一級品と言える格別の地域なので
  ある。
 
  冬の葡萄畑:リシェブール (Richebourg)
   Vosne-Romanée (Côte-d'Or)

  有名なロマネ・コンティの畑に隣接する
  グランクリュの畑















 県名と県庁所在地
   
1 Yonne (Auxerre)
   
2 Côte-d'Or (Dijon)
   
3 Nièvre (Nevers)
   
4 Saône-et-Loire (Mâcon)
 
   
                             

       
       
    ヴェズレー聖マドレーヌ寺院
    Vézelay/Basilique Ste-Madeleine  
       
                   1 Yonne      
       
   余りにも著名なロマネスク巡礼の聖地だが、
  訪れるたびに大きな興奮を覚える。マグダラの
  マリアの聖遺骨に敬意を払う事も重要だが、そ
  れ以上に、玄関間ナルテックスを飾る彫刻と、
  身廊に林立する二十本の柱の柱頭各四面に彫ら
  れた彫刻とに出会えるからなのである。
   アダムとイヴ、カインとアベル、ダヴィデな
  どの旧約聖書からの図像や、ペテロやパウロと
  いった聖人を主題にしたものが大半を占める。
  悪魔のように幻想的な形をした脇役達にも、こ
  こが到底教会とは思えぬほど自由な発想の造形
  が成されている。
   写真の柱頭彫刻は「神秘の粉挽き」と呼ばれ
  ている。モーゼが小麦を機械に入れ、聖パウロ
  がこれを粉にする場面であるが、旧約の預言者
  から人々の糧として新約の聖人へと継承される
  という比喩なのである。
   他の柱頭彫刻も全て、12世紀に彫られたと
  は思えぬ程鮮やかな切り口であり、柱頭という
  制限された形状の中とは見えぬ程大らかな場面
  構成になっている。
   柱の上部に有るので望遠レンズで撮影した。
  見学には双眼鏡などが必要だろう。
   なだらかな丘の上に有るヴェズレイの古びた
  町並みも魅力で、崩れた家壁などを見ながら歩
  きたいものである。
 
          

       
       
    アヴァロン聖ラザール教会
   Avallon/Église St-Lazare  
 
       
                   1 Yonne      
     
     前述のヴェズレーから東へ15Km
  丘の上の城壁に囲まれた中世そのままの
  町である。
   15世紀の時計塔門を通り抜けて町並
  を進むと、そこには小さな広場があり、
  教会はその空間に面して建っていた。
   写真は西側正面の扉口で、12世紀の
  ロマネスク彫刻で飾られている。
   何重ものヴシュールや、左右の円柱に
  施された細密な模様は、イスラムのアラ
  ベスクを想起させる程の密度の濃さだ。
   特に右側の門の半円形タンパンには、
  東方三博士の礼拝、聖堂の奉献、聖霊の
  降臨などを主題とした彫刻を観る事が出
  来た。
   図案のアイディアを競うかのごとき円
  柱部分の多彩な模様や、ゴシックの到来
  を予感させるような細長い人物像、ねじ
  り飴みたいな妙な形の柱など、ロマネス
  ク彫刻の面白さが凝縮されている。
 
                        

     
       
    ポントベール聖母教会
   Pontaubert/Église Notre-Dame  
 
       
                   1 Yonne       
       
     ヴェズレーとアヴァロンの間に在る村で、ク
  ーザン渓谷
(Vallée du Cousin) と交差してい
  る。人口は数百人と言う小さな集落である。

   国道に面して、鐘塔の付いた聖堂が建ってい
  る。12世紀後半から13世紀前半に創建され
  た、後期ロマネスク様式を示している。
    
   身廊は四つの梁間を持つ三廊式で、翼廊は無
  い。身廊の天井は尖頭式の横断アーチで仕切ら
  れており、その間は交差穹窿で結ばれている。
   身廊の柱頭には、古典的な植物文様が意匠さ
  れていて、雰囲気は外観からは想像もつかない
  ような重厚な建築空間を構成している。

   見逃せないのが写真の西正面の門で、特にタ
  ンパン彫刻が興味深い。
   聖母教会として建てられただけに、主題は聖
  母の生涯からの重要な場面が選ばれている。
   左側は、誕生した幼児キリストを抱く聖母子
  に礼拝する三王(東方三博士)の図であり、右
  側は、聖母被昇天の場面である。上部に天使が
  舞っている。
   彫刻は技巧的に格別優れているとは思えない
  が、タンパンにこの二つの主題を取り入れた事
  例はとても希少である。
 
                    

     
       
    エスコリヴ・サント・カミーユ聖ピエール教会
   Escolives-Ste-Camille/Église St-Pierre  
 
       
                   1 Yonne       
       
     オーセールの南9キロに位置する割りと大き
  な集落で、ヨンヌ川
(Yonne) の西側斜面に広
  がっている。古代ローマの遺蹟も残っていると
  いう、歴史的に由緒ある場所だが、オーセール
  に近いことから現代的な住宅地としても発展し
  ているようだ。

   教会は斜面に広がる町の中腹に建っており、
  八角鐘塔の赤い尖塔が直ぐ目に入る。
   翼廊の無い単身廊に半円形の後陣という簡素
  なプランで、祭室に接して鐘塔が立ち上がって
  いる。交差部のような四本の円柱に、尖頭アー
  チが四方に意匠されている。
   12世紀の創建で、地下祭室
(Crypte) が在
  るのだが、残念ながら今回は閉まっていて見る
  ことが出来なかった。
   写真は西側のポーチで、イル・ド・フランス
  などで見かける
Arcades du Porche アーケー
  ド門形式になっている。整然としたアーケード
  が三方に廻らされており、簡素な教会堂に華を
  添えている。
   スペインでは珍しくないが、玄関間としての
  和やかな空間を演出している。
   聖堂西門のタンパンに彫られた唯一の彫刻、
  一頭の羊が印象的であった。
 
                                                  

       
       
    オーセール聖エティエンヌ大聖堂
   Auxerre/Cathédrale St-Étienne  
 
       
                   1 Yonne     
       
     オーセールではサン・ジェルマン修道院付属
  教会のクリプトに描かれた、聖ステファンの生
  涯を描いたフランス最古のフレスコ画が目的だ
  った。カロリング朝時代の作品である。
   しかし、クリプトが修復中で、残念ながら観
  る事が出来なかった。

   もう一つの目玉が、少し離れた場所に建つこ
  の大聖堂で、やはりここにもクリプトがあり、
  11世紀のフレスコ画が描かれている。
   写真はその一部で、白い馬に乗ったキリスト
  の像である。周囲には四人の天使が、いずれも
  馬に乗った姿で描かれている。他所では見たこ
  とが無いのだが、一体何を意味しているのであ
  ろうか。
   もう一つのフレスコ画の主題は、四人の福音
  書家のシンボルである獅子・牛・鷲・人物に囲
  まれた荘厳のキリスト像である。
   聖堂そのものは壮麗なステンドグラスに彩ら
  れたゴシックの空間なのだが、その地下には実
  はひっそりと創建当初のクリプト(地下祭室)
  があり、その天井にフレスコ画が描かれている
  という構図には、何か秘密めいた趣が感じられ
  てとても興奮する。
 
                                               

       
       
    オーセール聖ジェルマン教会
   Auxerre/Église St-Germain  
 
       
                   1 Yonne       
       
     前回は修復中で見学出来なかったクリプトへ、
  今回初めて入ることが出来た。
   8〜9世紀カロリング王朝時代の地下祭室で、
  聖ステファンの生涯と殉教が描かれたフランス最
  古のフレスコ画だそうだ。聖ステファンが石打で
  殉教する場面など、やや黄ばんでおり修復の痕が
  見られるものの、良く保存された素晴らしいフレ
  スコ画であった。残念なことに、クリプト内の写
  真撮影は全く不可能で、折衝の余地すら丸で無か
  った。
   ちなみに、聖ステファノはキリスト教史上最初
  に殉教した聖人で、フランス語ではサン・テチェ
  ンヌ
(St-Étienne) という。

   教会前の広場の反対側、聖堂への入口の階段脇
  に写真の鐘塔
(Clocher St-Jean) が堂々と建って
  いる。
   12世紀の建築で、ロマネスク様式の盲アーケ
  ードやアーチ開口部が意匠されている。
   大聖堂もここ聖ジェルマン教会も聖堂建築は全
  てゴシックに改造されているので、クリプト部分
  を除いた純粋なロマネスク建築はこの鐘塔だけか
  も知れない。
   広場から眺められる大聖堂とヨンヌ川の景観は
  爽快だったが、撮影厳禁の余韻はいつまでも不快
  だった。

 
                                         

       
       
    シャティヨン・シュル・セーヌ聖ヴォルル教会
   Châtillon-sur-Seine/Église St-Vorles  
 
       
                    2 Côte-d'Or     
       
     白ワインで名高いシャブリ (Chablis) の葡
  萄畑を車窓に見ながら、さらに東へと進むと、
  セーヌ河の流れる落ち着いたこの町に出る。
   セーヌの水源である泉の湧く森が、この町の
  南50
Kmの所に在るという。
   町外れの小高い丘の上に、シルエットの美し
  い塔が見えるので、教会の所在はすぐに分かっ
  た。細い路地を抜け、狭い石段を登っていくこ
  とになる。

   10世紀の創建であり、カロリング朝時代の
  プレ・ロマネスク建築の名残を二本の塔や翼廊
  に見る事が出来る。
   第二次大戦の激戦地であったので、勿論修復
  されており、壁などは近年塗り替えられたよう
  だ。しかし、簡素な建築や小さい窓、素朴なロ
  ンバルディア帯装飾などからは、当初のプリミ
  ティヴな雰囲気と美しさが充分に感じられた。
   聖堂内部へは残念ながら入れなかったが、町
  の中心にある中世の石橋から振り返って眺めた
  教会全体の景観は、私達に忘れ難い感動を残し
  てくれた。
 
 
                 

       
       
    ティル・シャテル聖フローレン教会
   Til-Châtel/Église St-Florent  
 
       
                    2 Côte-d'Or      
       
     ディジョンの北20Kmに位置する、ティル
  河
(Tille) の流れに面した静かな町で、教会
  はその町外れの高台に建っている。
   車を教会の背後にある広場に止めたのだが、
  そこからは教会の後陣と鐘塔が、写真で見る通
  りの美しさで目に飛び込んできた。
   ロマネスク巡礼の楽しみの一つに、美しい半
  円形の後陣を見ることが挙げられる。特に、こ
  の教会のように、祭室と二つの小礼拝堂がある
  姿が好きである。
   正面の西門にはアーチ装飾が施されており、
  タンパン彫刻が残っていた。荘厳のキリストを
  支える二人の天使と、四福音書家のシンボルが
  彫られた12世紀の作品らしい。
   内陣は三廊式になっており、以外に身廊は明
  るかった。尖頭アーチの天井や、採光を意識し
  た上部の窓が、後世の補修によって加えられた
  ものと考えられる。
   しかし、腰の座ったずっしりと太い角柱や、
  素朴な意匠の柱頭彫刻には、並々ならぬ歴史の
  年輪が感じられたのだった。
 
 
                 

       
       
    ディジョン聖ベニーニュ大寺院
   Dijon/Cathédrale St-Bénigne  
 
       
                    2 Côte-d'Or      
       
     ブルゴーニュへは何度も旅しているのに、不
  思議とディジョンを訪ねるのは今回の旅が初め
  てだった。大きな町嫌いが要因で、他に深い意
  味は無い筈である。
   この町での目的は、この大寺院そのものに有
  るのではなく、地下に作られた円形祭室にあっ
  た。プレ・ロマネスクとも言える10世紀の建
  築で、創建当初の姿を残しているのは、この地
  下のクリプトだけとなってしまっている。

   ほの暗い地下祭室には、祭壇を取り囲んで外
  側に16本、内側に8本の柱が立っている。
   ほとんどの柱は装飾が一切無いのだが、中に
  数本だけ図像が彫刻されたものがあった。
   写真はその内の一本で、両手をバンザイのよ
  うに挙げた人物像が四方に彫られていた。
   祈る人の姿として古くから描かれてきたオラ
  ンス(仏語ではオラン)である。
   しばらくの間、この素朴な祈りの像を見つめ
  ていたのだが、現代人がとっくに忘れてしまっ
  た、何かとてつもなく大切なモノを示している
  ように思えてならなかった。とてつもなく純化
  されたもの、魂のような・・・
 
 
                  

     
       
    ブシー・ル・グラン聖アントナン教会
   Bussy-le-Grand/Église St-Antonin  
 
       
                   2 Côte-d'Or       
       
     ディジョンとオーセールの中間に在る
  美しい城郭都市として著名なセミュール

  (
Semur-en-Auxois) から、北東 19Km
  
に位置する静かな村である。
   集落中心の高台に建つ堂宇は、ロマネ
  スク最盛期をやや越した様式だが、建造
  は12世紀後半とのことだった。フラン
  ス北部の各地と共にこの地方では、ゴシ
  ック的な意匠の影響がとても早かったの
  である。
   三つのベイを持つ三廊式の身廊のアー
  チは、写真でも判るように全て尖頭アー
  チで構成されている。
   低い位置にある柱頭には、ライオンに
  囲まれた人物像や植物の花弁を図案化し
  たような優れた意匠の彫刻を見ることが
  出来た。
   交差部に聳える鐘塔の壁面に施された
  ロンバルディア帯のデザインが特徴的だ
  った。
 
                  

     
       
   フラヴィニー・シュル・オズラン旧聖ピエール教会
  Flavigny-sur-Ozerain/Ancienne Église St-Pierre  
 
       
                   2 Côte-d'Or       
       
     ブシーの南 13Km の山間に開けた家
  並がとても美しい村で、8世紀に創設さ
  れたベネディクト派修道院の遺構が残さ
  れている。
   聖堂の一部が残っており、特にカロリ
  ング朝時代の特徴を伝える写真の地下祭
  室
(Crypte) は、近年修復されたそうだ
  が良く当初(8世紀半ば)の荘厳な雰囲
  気を伝えており見応えがある。
   写真は四本の円柱が立つ中央祭室部分
  で、粗い平石積みの天井は素朴な交差穹
  窿である。柱頭には伝統的な植物文様や
  人面の彫刻などが見られる。
   回廊部分にある角柱には、細かく連続
  する植物の蔓のような洗練された意匠も
  見られた。
   修道院で中世以来製造されている“ア
  ニス菓子”を土産に買った。
 
                   

       
       
    フォントネー旧シトー会修道院
   Fontenay/Ancienne Abbaye Cistercienne  
 
       
                    2 Côte-d'Or       
       
     12世紀に修道士聖ベルナール・クレヴ
  ォー
St-Bernard Clairvaux が創建した
  シトー派の修道院で、美しい森に囲まれた
  閑静な場所は戒律の厳格なことで知られる
  この会派にはいかにも相応しい。
   修道士たちが暮らした生活の場も残され
  ていて、自給自足を旨とした質素な生活が
  伺われる。
   現在は修道院跡として、世界遺産にも指
  定された博物館となっている。
   しかし、付属教会とその真横に隣接する
  回廊部分は当初のまま保存されていて、ロ
  マネスクの簡素な美しさをたっぷりと味わ
  う事が出来る。
   西側の入口、三廊式の身廊、十字形の翼
  廊、方形の祭室などには一切の彫刻などの
  装飾は見られず、南フランスにあるシトー
  会三姉妹の修道院などの建築と同様の質実
  な意匠である。
   写真は回廊部分のもので、ル・トロネや
  シルヴァカンヌにも見られる二連アーケー
  ドの意匠で、これが唯一の装飾的な部分と
  言えるかもしれない。
   随所に湧水や噴水があり、この地がいか
  に浄化された聖地であったかが伝わってく
  るようだ。
 
                

       
       
    ソーリュウ聖アンドッシュ寺院
   Saulieu/Basilique St-Andoche  
 
       
                    2 Côte-d'Or     
       
     ソーリュウの表通りから一歩入った裏町に有
  るこの教会は、ロマネスクの建築を基礎にして、
  上部や祭室はゴシックに改造されている。

   身廊の柱頭彫刻から下が、れっきとしたロマ
  ネスクである。オータンの影響なのだろうか、
  「エジプトへの逃避」や「ユダの首くくり」と
  いう共通のモチーフが見られたが、「キリスト
  の誘惑」「ロバで行くバラーム」などの他に、
  図案にしたい程巧妙な植物文様も彫られていた。
   特に目を引いたのが写真の「我に触れるな」
  で、墓から復活したイエスがマグダラのマリア
  に「私に触れてはならない。まだ父の御許に上
  っていないのだから。」と告げる聖書の場面で
  ある。
   驚くマリア、優しく見下ろすキリスト、現代
  の子供のほうが余程上手に描くのではないかと
  さえ思えるような稚拙な像容である。
   古代のギリシャ・ローマの彫刻と比較し不思
  議がる家人に、「レンブラントとマティスとど
  ちらが上手か」を論ずるような無意味、と蒟蒻
  問答みたいなことを言った私の例えは、果たし
  て的確だったのだろうか。

   教会に近い「コート・ドール」という、珠玉
  の旅籠レストランが忘れられない。  
 
 
               

     
       
    ボーヌ聖母教会
   Beaune/Église Notre-Dame  
 
       
                   2 Côte-d'Or       
       
     ワインを求めて何度もボーヌへは来ているのに、
  教会はゴシックと決めてかかって一度も訪ねたこと
  がなかった。
   今回はこの教会に保存されている“黒マリア”像
  を見ようと、初めて訪ねたのだった。

   12世紀に建造された三廊式の聖堂は、随所にロ
  マネスクの面影を残しつつ、かなりの部分がゴシッ
  クに改築されている。
   アーチは全て尖頭式だが、天井の尖頭穹窿や左右
  アーケード上の盲アーケード、そして柱頭彫刻など
  にはロマネスク様式が色濃く残っている。「聖ステ
  ファンの殉教」を描いた柱頭が、特に印象深く感じ
  られた。
   側廊を仕切るアーケード、盲アーチが連続するト
  リフォリウム、そして採光のための開口窓が、三段
  に設けられた身廊は威厳に満ちた空間だった。

   正面の祭室、後陣は14世紀の建築で、祭壇に置
  かれた聖母の生涯を描いたタピスリーは15世紀の
  作だそうだ。
   翼廊南北の門はいずれも、連続植物模様の施され
  た半円アーチのロマネスク様式であった。
   目的の黒マリア像は素朴な聖母子像で、11世紀
  初頭の作と考えられ、オーベルニュから移されたも
  のと言われている。   
 
                   

       
       
    セルヴォン聖バーテルミイ教会
   Cervon/Église St-Barthélemy  
 
       
                    3 Nièvre  (Nivernais)   
       
     この小さな村はヴェズレーの南35Km
  ソーリュウの西50
Kmという位置で、モ
  ンルイヨン
Montreuillon という大きな森
  に囲まれた静かな集落である。
   教会は村の小さな広場に面しているが、
  聖堂はかなり修復されていて、鐘塔の一部
  や北門、それに写真の西側扉口を含むファ
  サードの一部にロマネスクの遺構を残して
  いるのみである。
   妙に空白部分の多いタンパンは、ロワー
  ル川に沿ったニヴェルネー
Nivernais
  ブルボン
Bourbon 地方に多く見られる
  意匠である。まぐさ石のような細長い彫刻
  を、半円タンパンにはめ込んだような形式
  のものも多く見られる。
   ここではまぐさ石には何も彫られておら
  ず、四福音書家のシンボルに囲まれた荘厳
  のキリスト像が、タンパンにはめ込まれた
  ようになっている。
   キリストの衣服の表現などは誠に非凡で
  あり、このタンパンが当初からの意匠であ
  るとは到底思えない。どういうものなのか、
  調べる必要がありそうである。
 
 
                  

       
       
    サン・レヴェリアン聖レヴェリアン教会
   St-Révérien/Église St-Révérien  
 
       
                   3 Nièvre  (Nivernais)    
       
     前述のセルヴォンから更に西へ23Km、ロ
  ワールの東岸一帯に広がる壮大な森のちょうど
  真ん中に当たる町である。ここから後述のラ・
  シャリテまでは、約50
Kmである。

   教会は町の北端に位置し、聖堂の北側は墓地
  になっていて、そのまま深い森へと続いている。
   写真は身廊部分で、入口から祭室を眺めたも
  のである。三廊式だが翼廊が無く、しかも祭室
  部分に周歩廊が付いており、翼廊に相当する半
  円形祭室が放射状祭室のように左右に二つ飛び
  出しているという不思議な様式である。
   ドイツ・ケルンの三つ葉形式の祭室に似てい
  るかもしれない。

   柱頭の彫刻に見るべき作品が多く、かなり修
  復は成されているものの、ヴェズレーの影響を
  受けたような作品も見られる。

   西側正面は鐘塔の下に扉口があるが、半円ア
  ーチの門以外には後世の改修が施されているよ
  うだ。
   ヴシュールは三重で、最も中側のアーチには
  蔓草の連続模様が彫られ、内側の側面にはビザ
  ンチン風の二人の天使が半浮彫されている。伸
  びやかな表現がとても気に入った。
 
 
                 

       
       
     ヌヴェール聖エティエンヌ教会
    Nevers/Église St-Étienne  
 
       
                    3 Nièvre  (Nivernais)       
       
       ロワール川が大きく湾曲する北東岸に
  開けた町で、この県の首都として栄えて
  きた。陶器に詳しい方なら、ヌヴェール
  焼の名前を御存知のはずである。
   ここには二つの重要な教会が在る。一
  つは大聖堂
Cathédrale で、祭室のフ
  レスコ画とクリプトが見ものだったが、
  クリプトは閉鎖されていた。
   もう一つが11世紀に創建されたこの
  教会で、大聖堂よりは町のずっと北東部
  に位置している。
   壮大なアイディアの聖堂建築で、三廊
  式十字形が基本となっている。側廊上の
  トリビューン構造が美しい。
   祭室の周囲に半円形周歩廊が設けられ、
  放射状小祭室が三つ付けられている。巡
  礼教会としての風格を、十分に示してい
  るものだろう。
   6本の円柱の連なる祭室の半円アーケ
  ードは、天上のドームの美しさと共に印
  象深い。
   写真はその後陣の写真で、左右袖廊に
  付けられた小礼拝堂と併せ、五つの半円
  形小祭室が並んだ姿は何とも壮観である。
 
 
                  

       
       
    ラ・シャリテ・シュル・ロワール聖母教会
   La Charité-sur-Loire/Église Notre-Dame  
       
                 3 Nièvre  (Nivernais)                   
       
     ヌヴェールからロワールに沿って30Km
  った川沿いの大きな町で、石橋を渡った対岸か
  らの眺めは雄大で、橋の向こうに聳えるこの教
  会の二本の鐘塔から奥に、古めかしい家並が続
  いている。
   教会の建築の規模は大きいのだが、周囲に民
  家が密集しているために、近付くにつれてその
  全貌を見ることが出来なくなってくる。
   外壁にタンパンのある扉口が見られるのだが、
  かつてはここが西正面の門だったようで、現在
  は塞がれてしまっている。この教会に相応しい、
  聖母マリアの生涯を彫ったものだった。

   現在の聖堂への入口は別の門となっており、
  天井を中心にかなりゴシック的な改造が成され
  ている。
   写真は祭室部分のもので、8本の円柱から成
  るアーケード、上部の盲アーチ装飾、さらに最
  上部の採光窓が、石を積んで構築したとは思え
  ない程見事な均整美を示している。
   ロマネスクとしては装飾過多で、かなりゴシ
  ック的な色彩が濃いが、様式の変化の面白さを
  感じさせてくれる傑作だろう。
   翼廊の壁にはめ込まれたタンパン彫刻があり、
  両側にモーゼとエリアの立つキリスト像と、三
  博士の聖母子礼拝、聖堂奉献の場面が彫られて
  いた。
 
                  

       
       
       マル・シュル・アリエ聖ジュリアン教会
      Mars-sur-Allier/Église St-Julien  
       
                       3 Nièvre  (Nivernais)    
                                                                   
       何と言う愛らしい素朴な彫
  刻なのだろう、としか言い様
  が無い。
   しかしこの一見稚拙に見え
  るタンパンの前では、ギリシ
  ャ彫刻が頂点を極めて以来千
  年以上も経ってから到達した
  この像容の時代性を考えざる
  をえない。

   ここはヌヴェールの南16
  
Kmの寒村で、教会は三廊式
  とはいえ村の礼拝堂のような、
  可愛らしい規模の建築である。
   聖堂中央に立つ鐘塔だけが、
  妙に不釣合いな程いかめしい
  感じがした。
 
                 この彫刻は西正面扉口上の半円形タンパンのもので、まぐさ石状に横長に彫
         られている。四福音書家のシンボルに囲まれた栄光のキリスト像と、左右に三人
         づつの聖人が描かれている。鍵を持つ聖ペテロと書物を持つ聖パウロは判り易い
         が、他ははっきりとしない。
          写実を超越した抽象、心的な描写が生んだ最も純化された造形だと感じた。後
         述のオータンの柱頭彫刻と共に、ロマネスク造形の精神ともいうべき魅力を備え
         た忘れ難い作品である。
 
 
                                    

       
       
     サン・パリズ・ル・シャテル聖パトリス教会
    St-Parize-le-Châtel/Église St-Patrice  
       
                  3 Nièvre  (Nivernais)    
       
       教会の聖堂はロマネスクの原形を失
  った殺風景な建築だったが、一歩地下
  のクリプトに降りた途端、私も家人も
  息を飲む程の衝撃的な感動を抱いてい
  たのがお互いに判った。
   六本の太い円柱、大きく剛直かつ精
  巧な柱頭彫刻、素朴な天井の交叉穹窿
  など、全ての役者が見事に演じた芝居
  の如く、ロマネスクの魅力の要素を完
  璧に備えた絶品だったのである。
   彫刻の一部には赤色、全体的には緑
  色が見え、彩色されていたのではない
  かと思わせるのだが、創建当初には果
  たしてどうだったのだろうか。
   一番手前の曲芸師とフクロウ、次の
  口から蔓の延びた獅子、更に竪琴を弾
  く牛のような動物、股の割れた人魚、
  鍋のような器を持つ老婆、弓矢を持つ
  人頭馬などなど、難解な判じモノとし
  か思えない、しかし私たちを惹きつけ
  る魔力を持ったこの謎の彫刻群。
   私たちはここに何時間くらいいたの
  だろうか。
 
 
                   

       
       
     サン・ピエール・ル・ムーティエ聖ピエール教会
    St-Pierre-le-Moûtier/Église St-Pierre  
       
                    3 Nièvre  (Nivernais)          
       
       前述の二つの教会からさらに南へ数
  キロの所にある町で、交通の要所でも
  ありかなり開けた大きな町だった。
   教会の扉は鍵がかかっていて入れな
  かったのだが、教会の周辺は広場にな
  っており、すぐ脇に役場があったので
  頼むと直ぐに開けてくれた。
   身廊は半円筒ヴォールトの素朴な天
  井で、漆喰は新しいが古い様式の平面
  プランを示す建築だった。
   側廊部分や翼廊は交叉リブのゴシッ
  クで、後世に改造されているようだ。
   ここでの見所は身廊アーケードの円
  柱柱頭に彫られた、幾つかの見事な彫
  刻だろう。
   写真はその内の一つで、椅子にかけ
  竪琴を弾く人物と、何かを背負う人物
  とが描かれている。
   この柱頭の右側面には、熊のような
  動物と棒を担いで立つ人物がおり、夢
  に溢れたというよりも、謎に満ちた彫
  刻ばかり。この一帯の石工たちは、全
  体どういう精神構造をしていたのだろ
  うか。
 
                     

       
       
    オータン聖ラザール大聖堂
   Autun/Cathédral St-Lazare 
       
                  4 Saône-et-Loire    
       
       ヴェズレイと共にロマネスクの聖地として著名
  なこの大聖堂は、12世紀に創建されゴシック期
  に再建されている。最後の審判を描いた中央門の
  タンパン彫刻や、身廊の柱頭彫刻はしっかりと残
  されており、ロマネスク期の作品として見応えが
  有る。
   更に、最も素晴らしいのは創建当初の彫刻で、
  聖堂向かいのローラン美術館に展示された「エヴ
  ァの誘惑」像と、僧会堂に保管されている多くの
  柱頭彫刻がそれである。

   「エジプトへの逃避」「ユダの首くくり」「聖
  堂奉献」などロマネスクを代表する傑作ばかりだ
  が、「東方三博士の眠り」と共に私は写真の「東
  方三博士の礼拝」が気に入ってしまった。官能的
  な表現の「エヴァの誘惑」も魅力だが、博士の礼
  拝を受けるこの聖母子の無垢な素晴らしさが、一
  体何に例えられるだろうか。

   稚拙な彫り、歪んだデッサン、無理な構図、そ
  んな従来の価値観からの評価の全てを超越して、
  なお美しく感じられるのはなんなんだろう。
   写実を超えたフォルム、深い精神性や美意識に
  裏打ちされた、ロマネスクの命とも言うべき“抽
  象”が、その背景に見えてくるようだ。
 
                  

       
       
     キュルジー聖フェレオール教会
    Curgy/Église St-Ferréol  
       
                    4 Saône-et-Loire     
       
       オータンの町の東7Kmにある山の
  上の小さな村で、教会は村外れの墓地
  に隣接して建っている。
   ロマネスク様式の窓を持つ堅固なイ
  メージの鐘塔以外は、かなり外観が改
  造された小さな教会である。
   しかし、聖堂は三廊式、半円筒ヴォ
  ールトの天井、角柱のアーケードで構
  成されたバジリカ建築である。
   写真は、祭室のドーム天井に描かれ
  た、ロマネスク期のフレスコ画である。
   黙示録のキリスト像で、周囲に四福
  音家のシンボルである動物たち(獅子
  ・雄牛・人・鷲)が描かれており、栄
  光のキリスト像とも呼ばれている。
   緑や藍がかすかに見られるが、総体
  的には朱色と黄色のみがが鮮やかに残
  っている。
   獅子像など、後掲のグルドンのキリ
  スト像に共通する意匠が見られる。
   隣接する小礼拝堂の天井にも、天使
  像などがかすかに残っている。   
 
                    

       
       
   シャロン・シュル・ソーヌ旧聖ヴァンサン大聖堂
  Chalon-sur-Saône/Ancienne Cathédrale St-Vincent  
 
       
                   4 Saône-et-Loire      
       
     中世から商業の栄えた大きな町で、大
  聖堂はその旧市街の中心に建っている。
   11世紀の創建だが、三廊式十字形の
  聖堂の大半がゴシック様式に増改築され
  ている。最もロマネスク様式が残されて
  いるのが翼廊北側の小祭室で、写真の北
  側側廊の突き当たり部分である。
   この側廊もゴシック期の改築だが、雰
  囲気は十分ロマネスクだろう。部分的な
  改造はあっても、基本的なプランや構造
  は変わっていない筈だからである。
   ロマネスクとゴシックが重複する時代
  の到来は、フランスの北部では特に早く
  12世紀にはサン・ドニが既に完成して
  いる。時代の推移に伴う美意識の変化と
  いうものの、不思議さ面白さを味わうの
  も一興だろうと小生は考えているが、純
  粋なロマネスク一辺倒派には、この場所
  は不向きかもしれない。
 
                   

     
       
    レーヴ聖マルタン教会
   Laive/Église St-Martin  
 
       
                   4 Saône-et-Loire        
       
     シャロンの南15Kmに位置する小さ
  な町で、教会は町外れの丘の上にポツ
  ンと建っている。
   創建は11世紀と古いが、写真の窓
  の尖頭形を見ただけでも判る通り、建
  築の大半にゴシック的な改築が施され
  ている。
   聖堂は三廊式の身廊と翼廊、祭室と
  両翼二つの小祭室、というプランであ
  る。十字の交差部に、やや異質の鐘塔
  が聳えている。
   ファサードは後世に改造されたもの
  だがロンバルディア帯装飾が成されて
  おり、後陣のそれと共にロマネスクの
  貴重な痕跡となっている。
   身廊の天井は古式の円筒ヴォールト
  で、三つの梁間が有って横断アーチで
  仕切られている。側廊の天井は交差ヴ
  ォールトで、アーケードを構成する太
  い角柱が創建時の名残なのだろう。  
 
                     

       
       
    トゥールニュ旧聖フィリベール修道院
   Tournus/Ancienne Abbaye St-Philibert  
       
                  4 Saône-et-Loire    
       
     9世紀に創建された由緒正しい教会で、ロマ
  ネスクの原点のような存在である。
   幹線上の町に有るので、何度も立ち寄った経
  験があるのだが、その度に新鮮な感動を与えて
  くれる教会なのである。

   誰もが最初に驚くのは、写真の身廊の柱の太
  さだろう。ロマネスクの聖堂としては広大すぎ
  るほどの空間だが、それを支えるためには、こ
  れほどまでに不器用な柱が必要だったのだ。

   だが改めてじっくりとこの柱を眺めると、そ
  れはむしろ不細工だが重厚で、純粋で野太い美
  しさを感じさせてくれる。おしなべて大きい教
  会は嫌いなのだが、ここには全く異質の、心を
  安らげてくれる平穏な空気が存在している。

   玄関間の上、パイプオルガンの後ろ側に聖ミ
  ッシェル礼拝堂が有る。11世紀の建造で、石
  積みの魅力に溢れたプリミティヴな美しさが堪
  能できる。
   狭いお堂に太い柱の林立する光景は、ルクソ
  ールの神殿のような迫力に満ちていた。 
 
 
                 

     
       
    ファルジュ・レ・マコン聖バーセレミー教会
   Farges-lès-Mâcon/Église St-Barthélémy  
 
       
                   4 Saône-et-Loire (Mâconnais)     
       
     トゥールニュの南8Kmに在る小さな村だが、教
  会は後述のユシジーやシャペーズと共に、トゥール
  ニュ大修道院の影響を受けた11世紀創建の建築で
  ある。

   ファサードは改装されているが、渦巻や植物模様
  の奇抜な柱頭のある入口を入る。
   円筒ヴォールトの天井、太い円柱の並ぶ身廊、側
  廊の交差穹窿、四つに仕切られた梁間と横断アーチ
  などが、見事にロマネスクの光を放って私達を至福
  の世界へと誘ってくれた。
   身廊は三廊式だが翼廊部分に小祭室は設けられて
  おらず、写真で見るように半円形後陣が一つあるの
  みだった。側廊の幅が狭いことと、翼廊を身廊の幅
  より大きくしていないことによるものと思われた。
   祭室の天井にフレスコ画が描かれているが、どう
  やらゴシック期の作だろう。

   交差部に建つ鐘塔は三層構造で、上二層に開口二
  連アーケードが意匠されている。その両側に施され
  た、やはり二連のロンバルディア帯状盲アーケード
  は、当時には相当洒落た意匠だったのだろう。
 
                                                     

     
       
    ユシジー聖ピエール教会
   Uchizy/Église St-Pierre  
 
       
                   4 Saône-et-Loire (Mâconnais)       
       
     ファルジュからさらに2Km南に下がった所に
  在る村で、見るからにプリミティヴな聖堂が村
  の真ん中に建っていた。
   11世紀に創建された聖堂と聞けば、古い建
  築のみが放つ独特の芳香と共に、強く訴えかけ
  てくるパワーに納得する。
   かつての小修道院時代の建物が西側に隣接し
  ているので、この聖堂の入口は身廊南北に設け
  られた二つの門となっている。

   身廊は三廊式で、翼廊との交差部に背の高い
  鐘塔が聳え、後陣は主祭室と翼廊の両小祭室に
  よって構成されている。
   身廊の天井は尖頭ヴォールトで、四つの梁間
  は尖頭形横断アーチで仕切られている。
   最もロマネスクらしい美しさが見られるのは
  半円アーチで四方を囲まれた、身廊と翼廊の交
  差部分だろう。際立って面白い柱頭彫刻などは
  見られないが、石の建築であるという基本的な
  重量感とそれを忘れさせる優美さが、均衡を保
  って同時に感じられるのが嬉しい。
 
                  

       
       
    ブランシオン聖ピエール教会
   Brancion/Église St-Pierre  
       
                  4 Saône-et-Loire (Mâconnais)     
       
       赤い瓦屋根が美しい丘の上の集落で、村の
  外れの小高い部分には、かつて要塞として機
  能していた城跡が残っている。
   城跡に立つと、中世そのままではないかと
  すら思える村の家並みの向こうに、この教会
  の塔と後陣の全貌を眺望できた。

   教会は12世紀の創建で、シトー派に属し
  ている。内陣へ入ると、確かに装飾と言えそ
  うな物は何一つ無い、剛直かつ簡潔な聖堂だ
  った。
   正面ファサードは、扉口のほかに三つの小
  さな窓があるだけの質素な造りである。
   身廊は側廊のある三廊式で、天井は尖頭ボ
  ールトである。アーケードもゆるい尖頭アー
  チと剛毅な角柱で構築されている。柱頭らし
  きものは部分的にはあるが、彫刻は全く施さ
  れていない。
   祭室の壁にフレスコ画が描かれているが、
  どうやら14世紀のものらしい。
   この教会で最も美しい部分は、やはり写真
  の後陣部分だろう。半円形に飛び出した三つ
  の祭室と、交差部に建つ鐘塔の構成美はどの
  教会でも見所ではあるが、ここは特に絵にな
  る素晴らしさだ。
 
 
                     

     
                                                                                  
   ラ・シャペル・スー・ブランシオン聖母被昇天教会
La Chapelle-sous-Brancion/Église Notre-Dame-l'Assomption  
 
                                                                               
                   4 Saône-et-Loire (Mâconnais)       
                                     
     前述のブランシオンから西側へ谷を下ってい
  くと、村続きのように隣接したチャーミングな
  この集落が見えて来る。
   教会は牧草地に囲まれた小高い場所に建って
  いて、少し離れて眺めた建築の景観はとても象
  徴的だった。
   12世紀半ばの遺構で、十字形単身廊の聖堂
  に半円形の後陣が設けられている。
   西の門や身廊の一部が改造されているようで
  ややがっかりしたが、翼廊との交差部から祭室
  にかけたあたりの建築は、彩色が気に入らなか
  ったものの十分にロマネスク様式の落ち着きを
  感じさせてくれた。
   ブランシオンと同じように、祭室の壁からフ
  レスコ画が発見され修復されたそうだが、ここ
  の作品は13世紀ゴシック期のものらしい。
   この地域の新しい様式の取り入れ方は早く、
  天井はここでも既に尖頭アーチだった。
   写真は聖堂後方の牧草地から撮ったもので、
  全体のシルエットの良さ、大きな半円形後陣、
  素朴な鐘塔などがとても絵になっていたように
  感じた。
 
                                                                                             

       
       
    ランシャール旧修道院教会
   Lancharre
/Ancienne Abbatiale  
       
                  4 Saône-et-Loire (Mâconnais)    
       
     後述のシャペイズの町の聖マルタン教会
  から北東に10キロ余り車を走らせると、
  うねうねと続く牧草地の向こうに、塔と後
  陣が見事なバランスを見せるこの教会が見
  えて来る。
   シャペイズとは双子ではないかと思える
  程似ており、そのたたずまいもまた同じ様
  に美しい。雨上がりの緑の中に白亜の聖堂
  が建つ光景は、滅多にお目にかかれないと
  いう、邪魔物が一切無い絵になる風景であ
  った。
   聖堂の一部は崩壊しており、身廊部分は
  完全に失われている。翼廊と祭室部分及び
  鐘塔しか残っていないのが残念であるが、
  少し離れた所から眺めたロマネスクの後ろ
  姿は魅力的である。

   この地域には、ブランシオン
Brancion
  ラ・シャペル
La Chapelle、シセイ・レ
  ・マコン
Chissey-lès-Mâcon など、チ
  ャーミングな教会が密集しており、マコネ
  ーのワインと共に楽しめる。 
 
 
                  

       
       
    シャペーズ聖マルタン教会
   Chapaize/Église St-Martin   
       
                   4 Saône-et-Loire (Mâconnais)    
       
     トゥールニュの町の西に有る牧草地と雑木林
  に囲まれたいかにも牧歌的な小さい集落だが、
  村の中心に建つ十一世紀の聖マルタン教会を見
  逃してはならない。

   先ず私は教会の背後に隣接した墓地に廻り、
  そこからすっくと伸びる鐘楼と、大小三つの祭
  室の外陣を眺めた。
   それは楚々とした質素な佇まいだったが、あ
  らゆる無駄を省いた典型的なブルゴーニュのロ
  マネスクだった。
   教会堂の建築全体の立ち姿が、かくも優雅に
  バランスのとれた事例は余り無いだろう。 

   内陣に入って驚くべき事は、側廊と身廊を仕
  切る石の柱の太さである。トゥールニュの大聖
  堂のものとほぼ同じ太さだが、この礼拝堂とも
  言えそうな小空間では異常な程の量感である。
  トゥールニュと共に、初期ロマネスクの豪壮な
  力強さを感じさせる事例である。

   森が途切れた草原の向こうに静かに立つこの
  教会の塔の姿は、旅の忘れ難い光景の一つとし
  て必ずや心に残る筈である。
 
 
                                                                   

     
       
    シセ・レ・マコン聖ピエール教会
   Chissey-lès-Mâcon/Église St-Pierre  
 
       
                   4 Saône-et-Loire (Mâconnais)       
       
     シャペイズから森を抜け、南へ 4Km
  行くとこの村に達する。
   教会は12世紀の創建だが、かなり改造
  の痕跡が残っている。鐘塔の下に設けられ
  た門や玄関間などは後世の建築である。現
  在の聖堂入口は、身廊の北に設けられたア
  ーチ門が用いられている。この門は創建当
  初のものだろう。
   四つの梁間が設けられた単身廊の壁面ア
  ーケードが、尖頭ヴォールトの天井ながら
  開口窓との均整がとれていて美しい。
   写真は身廊の柱頭の一つで、キリスト誕
  生の場面である。聖母子を中心に、告知の
  天使、ヨセフ、牛や羊飼いなどが散りばめ
  られた珍しい様式の柱頭彫刻である。
   ダヴィデとゴリアテの戦い、悪魔のよう
  な龍、つる草と怪獣マスクなどを主題にし
  た柱頭が興味深い。
   三層の鐘塔がこの教会の建築を代表する
  もので、ロンバルディア様式の装飾や半円
  アーチの窓が素朴であり、ロマネスクの鐘
  塔らしさを伝えている。
 
                     

       
       
     サン・ヴァンサン・デ・プレ聖ヴァンサン教会
   St-Vincent-des-Prés/Église St-Vincent  
       
               4 Saône-et-Loire (Mâconnais)  
       
       トゥールニュとマコン (Mâcon) の西側は
  マコネー
(Mâconnais) 地方と呼ばれるワイ
  ンの産地で、そこには珠玉とも言える小さな
  教会が数多く点在している。

   写真はクリュニー
(Cluny) の西にある小
  さな村の教会で、前述のシャペイズの佇まい
  にとても良く似ている。
   聖堂は三廊式だが、半円形の祭室は中央に
  のみ造られている。
   鐘塔の建つ位置は翼廊のような体裁となっ
  ているので、従来は身廊との交差部だったの
  だろう。つまり側廊部分は後補ではないか、
  とも思えた。そんなことは、どこにも記され
  てはいなかったのだが。
   鐘や後陣には漆喰が塗ってあるために、積
  み上げた石の表情が見えないので、何かつる
  っとした無表情さが感じられて仕方が無い。
   しかし、それがかえって、独特の簡素な美
  しさを見せていることにも気が付いた。
   ロンバルディア帯に似た盲半円アーケード
  の装飾や、窓が小さく少ないロマネスクの剛
  直さを素朴に表現し伝えているようだ。
 
 
                

     
       
    アムニー聖母被昇天教会
   Ameugny/Église Notre-Dame-de-l'Assomption  
 
       
                   4 Saône-et-Loire (Mâconnais)       
       
     上記教会から更に西へ6キロばかり行ったとこ
  ろに在る村で、教会は集落の中心に建っている。
   創建は11世紀とのことだが、その面影を探す
  のは難しそうだ。写真の、鐘塔を含んだ建築東部
  が、最も古いように見える。
   西門のタンパンにクリスモンのようなリング状
  の十字架が彫られ、謎の“
”の文字とマレーの
  石工
Segvin の名が彫られていたが、余り優れ
  た意匠とも思えなかった。
   聖堂建築は単身廊に半円形の後陣が基本形で、
  後世に増築された翼廊が祭室脇に付いている。三
  つの梁間があるが、尖頭ヴォールトの天井で横断
  アーチで仕切られている。身廊部分は12世紀の
  建築、ということだが確認は出来なかった。
   祭室・後陣部分は半円形のアーチとドームで構
  成されており、ここだけは安心して眺めていられ
  る。
   写真で見る様に鐘塔も古いロマネスクであり、
  一層目のロンバルディア帯装飾や、三層目の三連
  アーケードの開口部などは、余り洗練されている
  とは言い難いが素朴な個性を示している、と言え
  るだろう。
 
                 

     
       
    サン・ティポリット旧聖イポリット教会
   St-Hippolyte/Ancienne Église St-Hippolyte  
 
       
                   4 Saône-et-Loire (Mâconnais)       
       
     この教会遺蹟は、マレ (Malay) の南西5キロ
  前述のアムニー
(Ameugny) の西北5キロに位置
  している。各集落毎にロマネスクの小教会が残され
  ているのかと思わされてしまう程に、このマコネー
  地方はロマネスクの密集地と言えるだろう。

   三廊式十字形の聖堂だが、身廊部分の天井や西正
  面の入口付近は完全に崩壊しており、南北の壁面だ
  けがかろうじて残っている。身廊に四本づつ在った
  とされるアーケードの円柱の内、翼廊交差部に最も
  近い二本の柱頭より下の部分だけが残されていた。

   写真は後陣と翼廊部分で、ここだけが完全な形で
  かつての姿を今日に伝えている。
   半円形の主祭室と二つの小祭室が、何とも健気に
  見えて来るから不思議だ。
   背後の方形の壁状の部分は翼廊で、十字形として
  は袖部が身廊から少ししか飛び出していない。上部
  は鐘楼になっていて、上下二段の開口アーケードや
  ロンバルディア帯装飾が成されている。この壁状翼
  廊兼鐘塔の意匠は、余り見かけない珍しい建築だろ
  う。飛び切り優れたデザインとも思えないのだが。
 
                                                 

       
       
    マレー聖母教会
   Malay/Église Notre-Dame  
       
                   4 Saône-et-Loire (Mâconnais)     
       
       サン・ヴァンサンの東北、シャペーズからは
  真西に当たる、グロンヌ
(Grosne) 川沿いの
  寒村である。
   かなり遠くからでも、牧草地の向こう側に建
  つ白っぽい鐘塔を見ることが出来る。
   教会のある場所は墓地のある町外れの丘で、
  西南に向かって景色が広がっている。

   聖堂の建築は三廊式十字形で、マコネー地方
  に見られる一連の小聖堂と共通したプランであ
  る。身廊と翼廊の交叉部に堂々たるロマネスク
  鐘塔が聳え、中央祭室と左右翼廊に小祭室が設
  けられているので、三つの半円形後陣が見られ
  る。

   残念ながら扉口の鍵が閉まっていて、ここで
  は内部へ入ることが出来なかった。
   外観から察すると、西側正面と側廊部分はゴ
  シック的な改造が成されており、ロマネスク当
  初の様式は翼廊から後陣へかけての部分に残っ
  ているのかと思われる。
   夕暮れ間近であり、塔の影が長く後方へ延び
  ていたのが印象的だった。
 
                             

     
       
    マコン旧聖ヴァンサン教会
   Mâcon/Ancienne Église St-Vincent  
 
       
                   4 Saône-et-Loire (Mâconnais)        
       
     18世紀末の革命の際に身廊から後陣までが
  破壊されてしまったので、現在残っているのは
  西側の玄関間
(Narthex) と二本の八角鐘塔、
  その間の交差部のみとなっている。二本の高い
  塔は、ソーヌ川の対岸からも手に取るように眺
  められた。
   西の門は改造されており、ナルテックスへの
  入口は、かつての身廊部分から両塔の間に設け
  られた近代的な門を使うこととなる。

   写真は、ナルテックス内部から両塔間の交差
  部を写したもので、身廊への入口であった半円
  門とタンパンが素晴らしい。
   タンパンは五段に仕切られており、それぞれ
  に密度の濃い彫刻が施されている。マンドルラ
  内のキリスト像や、まぐさ石部分が開口部とし
  て喪失しているのが残念であり、また彫刻が全
  体にかなり荒廃しているのが惜しまれる。
   マンドルラ(楕円形光背)の周囲には、セラ
  フィムと天使が二人づつ、そして聖母と聖ヨハ
  ネが彫られている。キリストが昇天する、荘厳
  な場面であったのだろう。
   十二人の使徒や二十四人の長老、復活や十字
  架の行進、天国と地獄など、タンパン彫刻のお
  手本のように多彩な場面が彫り込まれていて飽
  きない。
   ナルテックス北側の二連アーチ窓や、鐘塔壁
  面に施されたロンバルディア帯装飾が優れた意
  匠で見逃せない。
 
                                     

       
       
     ベルゼ・ラ・ヴィル修道僧礼拝堂
    Berzé-la-Ville/Chapelle des Moines  
       
                     4 Saône-et-Loire (Mâconnais)     
       
       仕事の現役時代には正月休暇を利用
  してしか旅行が出来ず、冬季閉鎖のこ
  の礼拝堂を見学することは不可能だっ
  た。リタイアのお陰でようやく長年の
  夢が叶い、この素晴らしい壁画と対面
  することが出来た。
   後述するクリュニー大修道院に帰属
  した小修道院だったが、現在はこの小
  さな礼拝堂のみが残されている。
   青い地色の流派と呼ばれる画法で、
  12世紀初頭の作とは思えぬほど鮮や
  かな色彩と、卓越したデッサンとが感
  動的である。
   左手に天国の鍵を持ち、右手でキリ
  ストから巻物を受けているのが聖ペテ
  ロであり、キリストの右手で祝福され
  ながら巻物を持っているのが聖パウロ
  である。十二使徒のほかに、この礼拝
  堂の守護聖人であった聖ヴァンサンや
  聖ローランなども描かれている。
   クリュニーからも程近いこの礼拝堂
  は、かつてのクリュニーの栄華の名残
  を留める唯一の証しのように見える。  
 
                    

       
       
     クリュニー旧聖ピエール聖ポール修道院
    Cluny/Ancienne Abbaye St-Pierre-et-St-Paul  
       
                4 Saône-et-Loire (Mâconnais)   
       
       ベネディクト会の修道院として10
  世紀初頭に創建され、11世紀後半に
  は壮大で絢爛豪華なる建築を誇ってい
  たが、現在ではその大半が失われ、二
  本の塔と袖廊の一部が残るだけだ。
   教会の内陣から移された数多くの柱
  頭彫刻を展示する棟があり、かつての
  栄華が偲ばれる唯一の場所となってい
  る。
   彫刻の主題は、グレゴリオ聖歌の八
  つの音を擬人化したものや、天国の四
  つの河、四季、四美徳などである。こ
  れらは神との交感のために必要な宇宙
  観であり、精神の象徴でもあったのだ
  ろう。
   写真は約25年前のものだが、四季
  の一つ「春」である。
   まことに優美な彫刻であり、これ一
  つだけでも見応えのある作品だろう。
  これらがずらっと立ち並ぶ聖堂内陣の
  壮麗な様を想像するだけで、身震いの
  する思いである。
 
                      

       
       
    マジーユ聖ブレース教会
   Mazille/Église St-Blaise  
 
       
                  4 Saône-et-Loire (Mâconnais)        
       
     クリュニーからパレ・ル・モニアルへと向
  かう途中で、景色が良いという地方道
D17
  
号線へ入ったのだが、直ぐ目に飛び込んでき
  たのがこの教会の佇まいだった。
   緑一色の牧草地に舞い降りた白鳥といった
  形容がぴったりの、輝く白い石が眩しいくら
  いの聖堂であった。

   11世紀の創建と古いが、現在の建築はそ
  の後かなり改造されているようだ。見た限り
  では、後陣部分だけが当初のもので、単身廊
  の平面プランには大きな変化は無いものの、
  外観に比して内陣の現状は、木造天井や近世
  の装飾壁などかなり失望させられる。
   祭室の壁には半円アーチの三つの窓を含む
  五連アーケードが意匠され、窓の間にはアー
  チを支える装飾円柱が彫られている。このあ
  たりがどうやら創建当初のデザインらしいこ
  とに、少し溜飲を下げた思いだった。
   翼廊のような形で身廊北側に鐘塔が建って
  いるが、二層のアーケード窓などロマネスク
  期の様式を保持しているように見える。
   この塔も含め、遠景の素晴らしさはブルゴ
  ーニュ屈指の景観と言えそうだ。
 
                  

       
       
   ペルシー・レ・フォルジュ聖ピエール聖ブノア教会
  Perrecy-les-Forges/Église St-Pierre et St-Benoît  
       
                 4 Saône-et-Loire     
       
       何度も訪れているブルゴーニュのロマネス
  ク教会の中で、この重要な場所が何故か欠落
  していた。ブルゴーニュとしてはかなり辺境
  に孤立した、ブルボネイ地区の山里の村だっ
  たからだろう。
   近年ようやく念願が叶い、ムーランからロ
  ワールを渡りこの静かな村の教会を訪ねるこ
  とが出来た。

   ここも祭室など聖堂の一部がゴシックに改
  造されているのが残念なのだが、身廊部分や
  鐘塔の下の入口の玄関間にはロマネスク様式
  が残されていた。
   特に、写真の門のタンパン彫刻を見るだけ
  でも、この地を訪ねた甲斐が有るというもの
  だろう。
   二人の熾(し)天使に支えられた玉座のキ
  リスト像は、後出のモンソー・レトワールの
  タンパンにも共通する構図だが、こちらは天
  使の豪快で鋭い羽根に最大の特徴がある。
   リントウ(まぐさ石)には、キリストの受
  難の場面と思われる連続彫刻が見られる。
   柱頭には戦う天使の像も彫られており、石
  の色も効果的に作用して全体的に美しく、ブ
  ルゴーニュを代表するロマネスク門だと言え
  るだろう。
 
 
                    

       
       
    グルドン聖母被昇天教会
   Gourdon/Église de l'Assomption  
       
                    4 Saône-et-Loire    
       
       モンソウ・レ・ミヌ (Montceau-
   les-Mines)
の東南10Km、モン・
  サン・ヴァンサン
(Mont-St-Vincent)
   
の町から2Kmほどの山上の村である。
   教会は丘の頂上にあり、マコネー式
  の三廊式十字形、交差部の鐘塔、三つ
  の半円形祭室という構造である。
   11世紀創建で、半円筒ヴォールト
  の、ロマネスクらしい聖堂である。
   ここでは、祭室のドーム天井と壁に
  描かれた12世紀のフレスコ画を見逃
  してはならない。
   天井のドームには、前述のキュルジ
  ーに似た黙示録の栄光のキリスト像と、
  四福音書家のシンボルが描かれている。
   窓の周辺の壁や、盲アーケードの中
  にも聖母昇天図や聖人像が描かれてお
  り、中でも写真の受胎告知の場面が気
  に入ってしまった。
   鮮やかな朱色が印象的で、ロマネス
  クらしい象徴的な聖母と天使の像が魅
  力的である。
 
 
                     

  New     
       
    イシー・レヴェック聖ジャック教会
   Issy-l'Évêque/Église St-Jacques  
       
                 4 Saône-et-Loire      
       
     オータン (Autun) の西南33キロの町ルジー (Luzy)
  から、地方道を南へ13キロの地方都市である。
   円形の壁に囲まれた旧市街を中心にして開けた、小じ
  んまりとした愛すべき町だった。
   旧市街の中に建つこの小教区教会は、改造部分は多い
  ものの、12世紀創建時の面影を随所に残している。

   写真は三廊式の身廊部分で、奥が祭室になっている。
  六つの梁間で構成されており、ここでは尖頭アーチが用
  いられている。天井は簡素な交差穹窿で、中央に近い立
  地条件からも、後期ロマネスクと初期ゴシックとが融合
  していた可能性はある。

   漆喰を塗りたくった修復の覆い昨今のフランスの中世
  建築遺構では、こうした石の素地が見える建築に無限の
  喜びを感じてしまう。

   身廊の先には翼廊は無く、直接三後陣に接している。
  この部分が最も古い様式で、天井のドーム、五連アーケ
  ードで構成された中央祭室の後陣を見ると、なぜかほっ
  とするのが不思議である。
   身廊の柱頭には、動物と人が組み合わされたものや、
  動物の面や多様な植物模様の彫刻が見られる。

   隣接する塀が近いので、外側から三後陣を上手く撮影
  出来なかった。
   翼廊が無いので鐘塔は正面に建てられ、ポーチが付け
  られているが、玄関部分は後世の建築である。  
 
                                          

   New     
       
    サント・ラドゴンド聖ラドゴンド教会
   Ste-Radegonde/Église Ste-Radegonde  
       
                 4 Saône-et-Loire        
       
     先述のイシーから東へ10キロ地点にある小さな
  村である。丘を越えてたどり着いた村は全くの過疎
  集落で、道端に建つ礼拝堂のような教会は鍵が閉ま
  って入ることも出来なかった。
   外観からも、円形の後陣を持った単身廊の小教会
  であり、三連窓の鐘塔が祭室に続いて建っている。
   後方からの眺めは、後陣と鐘塔とのバランスが良
  くチャーミングだったのだが、やや修復が目立ち過
  ぎているようにも感じられた。
   教会の横の民家に住む婦人が広場へ出てこられた
  ので、教会の扉の鍵について伺うと「私が持ってい
  る」とのこと。幸運な巡り合わせで、内部を見学さ
  せていただけることになった。

   単身廊の素朴な聖堂だが身廊部分はほとんど白塗
  りで、柱や柱頭は全く見えず情緒には欠けている。
  生きている信仰本位の教会だけに、致し方ないのだ
  ろう。
   写真の鐘塔部分のドームとアーチ、そして半円形
  の祭室あたりにはロマネスクの原形を見る事が出来
  る。
   二重のアーチの組み合わせが見事であり、ドーム
  状の祭室の窓は三連のアーケードと小さな盲アーチ
  の組み合わせで構成されている。ただよく見ると、
  アーケードは後補で、下地の壁部分が当初の遺構で
  あるらしい。こういう教会を見ると、創建当初のま
  ま存続してきた聖堂というのは、余程辺鄙な場所に
  無い限り、文明の変化にさらされてしまうのが普通
  なのだろう、と感じさせられる。
   「滅びの美」とでもいうところだろうか。  
 
                                     

       
       
      パレ・ル・モニアルサクレクール寺院
   Paray-le-Monial
/
Basilique de Sacré-Coeur  
       
               4 Saône-et-Loire  (Brionnais)  
       
     ベネディクト会のクリュニイ修道院が破壊されて
  しまった今、唯一その面影を今日に伝えているのが
  ここパレルモニアルの堂塔だと言われる。十一世紀
  後半の創建とのことである。
   私がこの町を訪ねたのは、前を流れるブールバン
  ス川が氷結してしまうのではないか、と思われる程
  冷たい冬の午後だった。

   正面の二本の塔と八角形の鐘塔が、先ず目に飛び
  込んでくる。壮大な規模の割に威圧感を感じさせな
  いのは、その卓抜した設計意匠が見事な均衡美を生
  み出しているからこそだろう。
   特に、後方から眺めた後陣建築の累々たる石の重
  なる姿は、ロマネスク建築の基本的な美しさの適切
  な事例の一つである。
   幾つも有る円形アーチの窓を装飾する縁飾りやロ
  ンバルディア帯や軒持ち送りの彫刻が、まるで雲の
  涌くような躍動感に満ち溢れていたのが印象的だっ
  た。

   内陣は膨大なスケールにもかかわらず、重厚な石
  の質感が思索の場としての落ち着いた雰囲気を作っ
  ていた。トリビューンの有る側廊が付いた身廊や柱
  頭にも見るべき彫刻が施されており、高く広いドー
  ム・壮大な天井のアーチとの調和が作用して見事な
  空間を創出していた。 
 
 
                                                

   New     
       
    パレ・ル・モニアルイエロン美術館
   Paray-le-Monial/Musée du Hiéron  
       
                 4 Saône-et-Loire  (Brionnais)       
       
     聖堂から少離れた町の中心にあ
  る美術館で、フランスだけではな
  くイタリアやスペンの中世美術が
  展示されている。
   写真のタンパンはこの美術館の
  目玉で、後述するアンジー・ル・
  ドュックの小修道院に在ったもの
  である。
   上部は、二人の天使に支えられ
  た、マンドーラ内の栄光のキリス
  ト像である。シャルリュー内部の
  タンパンにとてもよく似ている。
   下部の中央に、キリストに授乳
  する聖母像が彫られ、胸を露出し
  た場面はロマネスク彫刻では珍し
  いだろう。
   ブリオネー地方には、こうした
  ロマネスクらしいタンパン彫刻が
  密集していて興味深い。  
 
                 

       
       
    モンソー・レトワール聖ピエール聖ポール教会
   Montceaux-l'Etoile/Église St-Pierre-et-St-Paul   
       
                    4 Saône-et-Loire  (Brionnais)        
       
     パレ・ル・モニアルからロワール川の東を
  南下すれば、ブリオネ
(Brionnais) 地方に首
  を突っ込んだことになる。
   最初のテキストがこの小さな単身廊の聖堂
  であった。内陣は残念ながら白塗りで、ロマ
  ネスクの素晴らしさは、写真の西門彫刻に集
  約されている。
   タンパンには、二人の天使に支えられた栄
  光のマンドーラの中に、十字架を掲げた勝利
  のキリストが彫られている。キリスト昇天の
  場面である。
   タンパンと一石で彫られたまぐさ石には、
  聖母を中心にした十二使途が並ぶ。一様に興
  奮したように天を見上げ祝福している。
   その下の持ち送りや柱頭にも、興味深い彫
  刻が見られる。
   ブリオネー地方、いやロマネスク特有とも
  言うべきタンパン彫刻を代表する一つ、と言
  える傑作だろう。  
 
                                       

       
       
    アンジー・ル・ドュック旧聖クロア聖マリー修道院
   Anzy-le-Duc/Ancien Prieuré Ste-Croix et Ste Marie   
       
                  4 Saône-et-Loire  (Brionnais)        
       
     ロマネスクを巡る旅人にとって、ブリオネーは
  魅力的な地方である。田園風景が続く狭い範囲に
  モンソー・レトワール、セミュール・アン・ブリ
  オネイ、サン・ジュリアン、シャトーヌフなど、
  個性的な教会が密集しているからだ。
   中でもこのアンジー・ル・デュクの教会は、外
  観・内陣建築・柱頭彫刻・クリプト(地下祭室)
  ・タンパン彫刻とどれをとっても一級品ばかり。
  ロマネスクが何たるかを存分に教えてくれる、最
  良のテキストなのである。
   半円アーチのみで構築された身廊の写真だが、
  石を積み上げただけという重々しさよりも、むし
  ろ軽快で簡素な印象を受ける。ゴシックの馬鹿げ
  て膨大な空間と比べ、より人間的で近寄り易いス
  ケールの美しさを感じることが出来るのである。
   柱頭には聖書の物語や怪獣や奇妙な植物などが
  彫られていて、幻想と怪奇に満ちた魔術の部屋に
  でも迷い込んだような錯覚に陥るだろう。
   西門のタンパン彫刻はキリスト昇天を主題とし
  た見応え充分の作品だし、教会脇の壁に保存され
  ている旧南門のタンパンも見逃してはならない。
 
 
                               

  New       
       
    アンジー・ル・ドュック
   
旧聖クロア聖マリー修道院 (南門)
   Anzy-le-Duc/
 Ancien Prieuré Ste-Croix et Ste Marie (Portail Sud)
   
       
                  4 Saône-et-Loire  (Brionnais)        
                                                       
     何度かここを訪れていたのだが、この
  旧修道院南門のタンパンの所在が判らな
  かった。近年、旧修道院の建物が復元さ
  れ、この門も従前の姿を取り戻したよう
  だ。現在は案内板も出て判り易い。
   タンパンには、左側に聖母子に礼拝す
  る三人の賢者が、そして右側には誘惑す
  る蛇やリンゴを食べるイヴなどの原罪の
  場面が描かれている。テーマからも、ヌ
  イ・アン・ドンジョンの影響が伺える。
   まぐさ石には、最後の審判による呪わ
  れた境界、つまり天国と地獄が象徴的に
  描かれているようだ。左がエルサレムと
  翼を広げた天使、右は巨大な蛇を中心に
  した地獄の様である。
   彫りはとても深いのだが、磨滅が進ん
  でおり、現在の教会のタンパンやイエロ
  ン美術館のものと比べると、やや見劣り
  するのは否めないだろう。
                                        

  New      
       
    ボジ聖ポン教会
     Baugy/Église St-Pons  
       
                 4 Saône-et-Loire  (Brionnais)       
       
     この村はアンジー・ル・ドュックの南西4キロ
  に位置しており、村の直ぐ西でロワールの清流と
  接している。  

   教会は集落の中程のやや小高い場所に建ってお
  り、美しいロマネスク鐘塔が目印になっている。

   写真は聖堂の左背後からのもので、鐘塔と後陣
  のバランスがとても絵になっている。
   教会は11世紀松の創建で、ブリオネー地方で
  は最古の教会の一つと言われている。

   正面のファサードは後世の改造によって凡庸な
  姿になっているが、単身廊の素朴な構造は魅力的
  である。しかし、身廊部分もどうやら復元された
  ものらしい。
   おまけに残念なことに、内部が全て彩色されて
  おり、いささか呆然自失状態だった。だが、気を
  取り直して眺めると、面白い柱頭も在り、鐘塔下
  の内陣の構造は当初の面影を表しているように感
  じられた。
   祭室は極彩色だが、形状はドーム天井に五窓七
  連の半円アーケードというロマネスクそのもので
  ある。当初から彩色されていたのかどうかは謎だ
  が、色の種類はともかく彩色されていたと考える
  ほうが自然なようだ。
   やはりここでは、後陣と鐘塔の姿を聖堂の後ろ
  から眺めるのがベストだろう。
 
                                         

  New      
       
    マルシニー聖ニコラ教会
   Marcigny/Église St-Nicolas  
       
                 4 Saône-et-Loire  (Brionnais)       
       
     中世以来の市で有名な町で、ボジからは南
  へ2キロ程走れば着くことが出来る。
   町の真ん中に建つ12世紀半ばに創建され
  た古刹で、クリュニー修道院とは密接な関係
  があったという。
   私たちが教会に着いた時は、町の有力者の
  葬式の真っ最中で、完全に終わるのを待たね
  ばならなかった。

   三つの梁間を持つ三廊式の聖堂である。側
  廊との仕切りは半円アーケードだが、天井は
  尖頭穹窿でゴシックへの手直しが成されてい
  る。
   翼郎部分は創建時の姿を留めており、柱頭
  には怪獣と葉模様、グリフィンなど、興味深
  いモチーフが見られた。

   最もロマネスクの様式を伝えているのが、
  写真の西正面ファサードだろう。
   三連アーケードの中央のみが開口部となっ
  ており、両側は盲アーチになっている。
   剛毅な三重のヴシュールが簡潔で美しい。
  
最外の角柱にはX字をモチーフとした連続装
  飾模様が刻まれており、簡素な中に異彩を放
  っている。
   中央タンパンに飾られた像は、子供たちと
  聖ニコラ像だが、新しいものである。
 
                                                             

       
       
    セミュール・アン・ブリオネ聖イレール教会
   Semur-en-Brionnais/Église St-Hilaire  
       
                 4 Saône-et-Loire  (Brionnais)       
       
     この町はアンジー・ル・ドュックの南に位置し
  ており、大きな森を抜け8キロ
程度走れば着く事
  が出来る。マルシニーからは東へ5キロほどの距
  離である。
   この周辺の中心の町で、小さな川から少し小高
  くなった所に町並みが開けている。

   八角形の鐘塔が目印となっている教会は、町の
  中心の広場に面して建っている。優雅な装飾が施
  された鐘塔は、13世紀の建造だそうだ。

   正面扉口のタンパンには、四福音書家のシンボ
  ルと二天使に囲まれた黙示録のキリストが彫られ
  ており、さらにまぐさ石には聖イレールの逸話が
  彫られている。
   この扉口は現在使用されておらず、実際の出入
  りのために南門の扉が開かれている。

   12世紀後期に建造された三廊式の簡潔な聖堂
  で、角柱の束ね柱に階上のトリビューンが何とも
  美しい見事な建築である。
   正面扉口の内側の階上に、逆円錐形に張り出し
  たバルコニーのような構造が見られる。きっと、
  高貴な方の席だったのだろう。

   写真は後陣のもので、三つの半円形祭室と八角
  鐘塔とのバランスがとても美しい。
 
 
                                              

       
       
    イゲランド聖アンドレ教会
   Iguerande/Église St-André  
       
              4 Saône-et-Loire  (Brionnais)       
       
     ロワールの流れに直接面した町で、ブリオネ
  ー地方の南端ということになる。ロワール沿い
  に少し上流へ進めば、ロワール県(当サイトで
  はオーベルニュ編に編入)の
Charlieu シャル
  リューやロアンヌ
Roanne へと通じている。
   
   教会は12世紀の創建で、町の北側の高台に
  建っている。冬の日は短く、この教会へ付いた
  のは夕暮れ時であった。時間が遅かったため、
  扉口の鍵は固く閉ざされていて、内部の見学は
  諦めざるをえなかった。柱頭彫刻に良い物があ
  った筈だったので、少し残念だった。
   暗くなると、何と聖堂のライトアップが行わ
  れたのである。写真の如く、ブルゴーニュ特有
  の交差部鐘塔を有した小十字形聖堂の後陣は、
  薄暮の中に立体的に浮き上がって、ロマネスク
  建築構造の美しさを際立たせたのであった。
   教会周辺には住民はおろか、観光客は他には
  誰も居ない。まるで中へ入れず落胆していた小
  生共を慰めるかの如き、粋な仕掛けだったので
  ある。
   外観から察すると、三廊式十字形の聖堂で、
  翼廊の小祭室は南側部分が失われていて、後陣
  の眺めはシンメトリーではない。
 
 
                  

       
       
     サン・ジュリアン・ド・ジョンジー聖ジュリアン教会
    St-Julien-de-Jonzy/Église St-Julien  
       
                              4 Saône-et-Loire  (Brionnais)        
       
     この写真は97年のもので、79年
  に初めて訪ねて以来18年振りの訪問
  だった。初めての時は、親友で大先輩
  のM夫妻と御一緒で、雪の積もった墓
  地の向こうに見えた聖堂の美しさに、
  M夫人が思わず「雪のジョンジーか」
  と感嘆し、その旅のベスト八景の一つ
  に採用したのだった。
   聖堂は12世紀の創建だが、かなり
  の修復が入っているようだ。柱頭彫刻
  には素晴らしい作品が観られた。
   最大の見所が写真のタンパン彫刻で、
  西正面扉口の上部に彫られている。
   二人の天使に支えられて昇天するキ
  リストの像であり、ややゴシック的な
  写実性の萌芽を見ることが出来ること
  から、後期ロマネスクの作品だろうと
  思う。
   まぐさ石部分には、十二使徒との最
  後の晩餐と、キリストが弟子の足を洗
  う場面が細密に彫られている。
   タンパンが教会の顔となっている、
  最も優れた事例の一つだろう。   
 
                   

       
       
     シャトーヌフ・シュル・ソルナン聖ポール教会
    Châteauneuf-sur-Sornin/Église St-Paul  
       
                             4 Saône-et-Loire  (Brionnais)       
       
       サン・ジュリアンの真東に当たる絵
  のような町で、古い町並みのあちこち
  から立ち上る朝餉の煙に、不思議な郷
  愁を感じた。
   教会は背後のやや小高い場所に建っ
  ており、この地方特有の鐘塔が印象的
  だった。
   聖堂は三廊式、高い天井と尖頭ヴォ
  ールト、半円形の三つの祭室など、後
  陣からの眺めは整然とした美しいもの
  だった。
   西正面の扉口には何も無いのだが、
  南側の門の上部に置かれたまぐさ石に、
  写真の群像が彫られている。
   半円アーケードそれぞれに聖人が立
  っており、十二人居ることから十二使
  徒であることは容易に想像できる。
   鍵を持った聖ペテロは直ぐ判るが、
  書物を持った人が数人いるので聖パウ
  ロは識別出来ない。情けないことに、
  それしか判別方法を知らないのである。
 
                  

       
       
    フレウリ・ラ・モンターニュ聖バーテルミー教会
   Freury-la-Montagne/Église St-Barthélemy  
       
                  4 Saône-et-Loire  (Brionnais)       
       
     前述のイゲランドの東にほぼ隣接する村で、
  車で走れば数分で到達する、やはりブルゴーニ
  ュ最南端の県境に近い場所である。
   周辺は広大な牧草地が続く、冬でも緑一色の
  美しい田園風景の真っ只中である。

   教会はその小さな村の西端に建っており、珍
  しい赤煉瓦を積んだ鐘塔が特徴である。
   建築は三廊式バジリカ形式で、翼廊が無い方
  形の聖堂である。もっとも、ロマネスク建造当
  初の姿からはかなりゴシック的な改造が成され
  てきたようだ。

   創建当初の姿を完璧に留めるのは、写真の西
  正面扉口のタンパン彫刻である。
   彫刻は素朴で、半円形の中に納まるようにデ
  フォルメされた像容となっている。そここそが
  ロマネスク彫刻の魅力の原点、巧まざる抽象芸
  術の魅力、だと言えるだろう。
   半円部には、二人のマリアと復活するキリス
  ト像が彫られている。
   まぐさ石部分の図像が白眉で、右の輪の中に
  は聖母子、そしてそれを礼拝する東方三博士の
  像が描かれている。
   小さなタンパンながら、端正な彫りの傑作だ
  ろうと思う。
 
 
                  

       
       
    ヴァレンヌ・ラルコンス聖ピエール教会
   Varenne-l'Arconce/Église St-Pierre  
       
                  4 Saône-et-Loire  (Brionnais)       
       
     一面に広がる牧草地の緑の向こうに見え
  るこのチャーミングな村の佇まいは魅力的
  だが、その中心に建つ聖堂の姿はさらに際
  立っている。
   西正面ファサードは二層になっており、
  ヴシュールで飾られた半円アーチ門上に、
  二本の細い円柱で仕切られたアーケードが
  造られている。
   聖堂は三廊式十字形で、身廊の天井は尖
  頭ヴォールト、祭室は中央のみで袖廊には
  小祭室は無い。
   交差部の鐘塔は、聖堂の規模には不釣合
  いなほど豪壮なもので、半円アーチ窓を四
  方に上下各二つづつを配した精巧な建築で
  ある。
   写真は、現在は閉ざされている南の扉口
  で、小さなタンパン彫刻が残されている。
   私はこの像が結構気に入ったのだが、見
  たとおり“十字架を背負う子羊”である。
   キリストの写実的な姿を描くことの出来
  なかった時代の、象徴的な表現方法の名残
  だろうと思えた。
   子羊はキリストを象徴し、十字架を背負
  って“勝利のキリスト”を表現しているの
  である。
 
 
                     

       
       
    サン・ジェルマン・アン・ブリオネ聖ジェルマン教会
   St-Germain-en-Brionnais/Église St-Germain  
 
       
                   4 Saône-et-Loire  (Brionnais)          
       
     シャロル (Charolles) の南11Kmにある牧
  歌的な村で、鐘塔の姿が教会の存在を明らかな
  ものにしている。

   翼廊の無い三廊式のバシリカで、西正面入口
  の右手に鐘塔が建っている。入口門には尖頭形
  のタンパンがあり、四方アームの先端がT字に
  なった松葉杖十字が彫られている。このあたり
  はゴシック時代のもののようだ。
   四つの梁間を持つ身廊の天井は半円筒ヴォー
  ルトで、それぞれに半円の横断アーチが設けら
  れている。写真は北側廊から中央を写したもの
  だが、この半円アーケードと横断アーチが創出
  する空間こそがロマネスク建築の真骨頂と言え
  るだろう。
   半円形祭室には三つの窓があり、二つの盲ア
  ーチと併せ、ロンバルディア帯装飾の下に五連
  アーケードが設けられている。
   南北両側廊の小祭室と主祭室の三つが並ぶ後
  陣の佇まいは秀麗で、ロマネスク聖堂らしい魅
  力がここでも発揮されている。
 
                  

       
       
    ボア・サント・マリー聖母教会
   Bois-Ste-Marie/Église Notre-Dame  
       
                    4 Saône-et-Loire  (Brionnais)         
       
     ブリオネー地方から少し東の、ロー
  ヌ県との県境にかなり近いところに位
  置している。
   教会は想像以上に立派なものだった。
   二層になった大きな祭室、交差部の
  荘重な鐘塔、三連のアーケードが並ぶ
  西のファサード、三廊式の身廊など、
  堅固な印象を持った聖堂建築である。
   南の扉口のタンパンには、エジプト
  への逃避図が彫られていた。とても質
  の高い彫刻だと感じた。
   身廊の柱頭に彫られた彫刻は目を見
  張るばかりで、夕刻の時間を忘れて閉
  門時間を忘れるほどだった。
   写真はその一つ、地獄の魔物に舌を
  抜かれる亡者の図である。閻魔大王を
  想起するが、人間というもの、時代や
  国は変われど似たようなことを思って
  いるものである。
   他にも、頭に手をやって悩む人の姿
  や、相撲をとる者、得体の知れぬ怪物
  や植物など、柱頭彫刻の不思議な造形
  の森を彷徨う楽しみを与えてくれたの
  だった。   
 
 
                   

        このページTOPへ  次のページ (Normandie)  前のページへ 

         ロマネスクTOPへ 日本庭園TOPへ 石造美術TOPへ

          古代巨石文明TOPへ 世界の建築  総合TOPへ 掲示板へ