profile                      
     道子の絵と 克敏の書について           
道子

幼い頃から絵が好きで油、水彩に親しんできました。
短大の専攻は栄養科でしたが、栄養士をやりながら
武蔵野美術短期大学の通信科に通いなおし、中学美術の教員免許取りました。
西多摩地区の中学校で美術の時間講師を数年やりました。
カルチャーセンターで一水会の皆吉志郎氏に油絵を5年ほど習いました。
克敏の書と私の油絵の「水と油展」を5回、「書とパソコン画」の二人展を3回開きました。

60才のとき初めてパソコンを知りワードを20日ほど習いました。
その折、「NTT水彩5」という絵のソフトがあることを知りました。
初めてパソコンで絵を描いてみて、その発色の美しさに魅せられてしまいました。
それからはパソコン水彩画一筋でした、現在ソフトは「水彩8」にリニュアルしました。
趣味がこうじて 水彩8の教則テキスト 初級・中級・水墨編 を創りました。
パソコン水彩画の教室を開設し現在

八王子 長房ふれあい館 と 
多摩センター駅前の たままち交流館
に教室があります。

しかし、75歳になり、克敏の勧めもあり、普通の水彩画を再開しました。
改めて水彩画のむつかしさを知り勉強の最中です。
目標は「書と水彩画」で二人展をやることです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


克敏・推雲
5歳から書を始め、学芸大・書道科で学びました。
卒業後 都立高校で書を教え、55歳退職後も、ずっと書の制作を続けてきました。
55歳から夫婦でボランティアの 日本語教師を11年続けました。
行った場所は 北京、厦門、済南、タジキスタン、ロシアのマガダンなどです。

書のグループ恒河沙を主宰し、毎年、国立のコートギャラリで書展を開いています
自宅でも少人数に書を教えながら、自分の書の探求に励んでいます。
彼なりの強い信念でどこの書道団体にも属さず、自分ひとりで研鑽している様です。

現在はNHK学園・生涯学習通信科の書道の添削指導 講師を 引き受けています。

私たちは2014年10月八王子から 多摩センターに引っ越してきました。
美しい自然がの中の ウオーキングを日課とし
晴耕雨読の幸せな日々を過ごしています。
それぞれの芸に精進し、死ぬまでには これぞという作品を創作していきたいものと思っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
             
    道子の個展

    克敏の書

     外国生活の思い出

                             

                              トップへもどる