コロンス島(グーランユー)漫遊 その2

  
  

コロンス島の最高峰で高さ)92,7mの石の山である。別名「晃岩」といわれていました。
1647年鄭成功がこのにのぼり、日本の日光より勝るとして
「晃」の字を二つに分け「日光岩」となったそうです。



 
お正月に広州に住む娘一家がアモイに来ました。日光岩頂上にて


 






日光岩の頂上から



4月夫の大学時代のクラスメート13人がアモイを訪れました。




鄭成功記念館


ちなみに「鄭成功」の母親は日本人で、長崎で生まれ6歳まで日本で育ちました。

詳しくは鄭成功ものがたり」をご覧ください。







 
 
  
 





古い洋館
 











木々

 

 
ガジュマロ


  




                                     三角梅の大木
 






新アモイの風・トップ