餅つき大会(2005年3月12日)


恒例の大使館主催餅つき大会があり、多くのかたが招待されました。
タジキスタン言語大学の日本語科の学生全員も招待を受けました。
学生にとって素晴らしい一日となりました。

  
代理大使のご挨拶、タジク語がとても堪能です。


  

昔とった杵柄 息も合ってたいしたものです。
石臼、蒸篭(せいろ)なども今年揃ったそうで、本格的な御餅つきでした。



たれは「 あんこ、黄な粉、大根おろし、醤油」
その他にお「雑煮、と散らし寿司」が出ました。


お礼の言葉を述べる3年生の学生代表


  
お礼に 1年生「四季の歌」の合唱
     2年生「桃太郎」の紙芝居
3年生「大足のシンデレラ」の日本語劇をして大好評でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 克敏先生の日本文化紹介 書 「龍」
大筆を持ってこなかったので5本の筆をまとめ、一気に書きあげました。  



   
フィルザのパパと                    主催者側スタッフの方々 感謝


       12月のセレモニー  天皇誕生日祝賀会

                    

               12月16日、日本大使館主催の天皇誕生日祝賀会がドシャンベのホテルでありました。
               タジキスタンの名士、各国の大使が集まりました。
               日本語教育関係者も招待を受けました。

  
       日本酒の前で ルースタン先生と                インド大使婦人、代理大使婦人と



      
                 タジク料理    散らし寿司、てんぷら係りのおねえさん






ユニセフ10周年祝賀会

タジキスタンにユニセフ機関が来て10周年記念祝賀会が
有名なレストランでで盛大に行われました。
内戦中からの活動ですから、大変な御苦労があったと思います。
タジクはまだ貧しい国ですから、これからも子供たちのため
多くの仕事が期待されています。


 
タジクの子供達の作品






 
子供達によるタジク民族音楽の演奏。
手に持って叩く皮製の皿状の太鼓演奏とダンス
素晴らしいリズムでした。

 




      
ジクの音楽は哀愁があり、かつ情熱的です。
どこかカンツオーネにも似ています。実に歌がうまい。


    タジクの風
   道子とKのギャラリ