このたびは当ページにおこしいただき、ありがとうございます。

 簡単に自己紹介と、当ページを開設した経緯をお話しさせていただこうと思います。

○自己紹介

名前:Y.Ishii

年齢:3○歳(精神年齢10代?)

住所:生まれも育ちも静岡県静岡市

仕事:いろいろあって(?)今は、金融機関に勤めてます

”鉄道”と言えば、やっぱり「○○本線」とつく「幹線」!それと、「”新”幹線」!が持論。小さな頃から、東静岡操車場(現静岡貨物・東静岡駅)で、毎日のように鉄道を見て育ちました。

地元のJR東海が大好き。所有する模型もJR東海の車輌が中心です。

 

○このページを開設した経緯(私の鉄道趣味の歩みも含めて)

 私が鉄道模型と初めて出会ったのは、今から約30年前の4歳のとき。父に必死におねだりして買ってもらったイタリア製(Lima)の鉄道模型でした。

 小判型エンドレス1周のレールに電池式のコントローラー。車両は機関車1両に客車が2両という、鉄道模型を走らせるには最低限のセット内容でしたが、コントローラーのスイッチを入れ替えるたびに前進・後進する車両に夢中になって遊んでいました。


LIMAの機関車

 


当時のカタログと国鉄(JR)185系

 それから何年か経ち、子供特有(?)の心変わりもあり、鉄道模型からはしばらく遠ざかっていたのですが、ある日、友人が持ってきたNケージのカタログに紹介されていたセットが私の目に留まります。
 しかし、当時小学生だった私にセットや車両が簡単に買えるはずもなく、お年玉やお小遣いを貯めては単品で少しずつ買ったものでした。
 車両もセット売りがメインとなった今では考えられない話です。
 こうして、再び鉄道趣味が復活したのでした。

 当時、私が最初に手にした日本型車両はTomix製国鉄(JR)185系「踊り子」。今でも好きな車両の1つです。

 

 

 ある日、模型店で出会った同じ趣味を持つ方に、「一緒にモジュールレイアウトをやってみないか?」と声を掛けられ、レイアウト作りも始めました。
 一昨年からは、トレインフェスタ静岡にも参加させていただいたりして、交流の輪が広がっています。

 同じ鉄道模型趣味を持っている人たちが模型店で出会ったり、イベントで出会ったりして交流を広げることもできますが、インターネットが普及した今では、共通の模型店やイベントで出会うことができないような人々とも情報交換できたり交流を広げたりすることができます。
 静岡という限られた地域以外の方々との情報交換もできたらという願いで今回このページを開設することにしました。
 また、このページが少しでも同じ趣味をもった方の参考になれば、幸いです。


JR東海 313系


TOPページへ戻る