ベルネージュダイレクト ギフトオンラインショップ
ベルネージュダイレクト ギフトオンラインショップ

お中元はいつからいつまで

お中元っていつ送ればいいの?と思われる方も多いと思います。古くは1月15日を「上元」、7月15日を「中元」、10月15日を下元と呼び、三元と言っていました。このうち7月15日の中元が仏教の盂蘭盆会と結びつき、御先祖様にささげるものを持ち寄ったことから、中元という言葉が残りました。 ですので一般的には7月1日から7月15日に贈ります。ただし、一部の地域(北海道、関西、九州など)ではお盆に合わせて8月1日から8月15日に贈る風習もあるようです。また、百貨店などのギフト商戦によって、いいものが売り切れないうちにと6月に贈る方も増えてきて、前倒しされつつあります。

お中元は誰に贈る?

お中元は、「日頃お世話になっている人のお礼」「ご無沙汰になっているお世話になった人にお詫びとあいさつ」の意味で贈ります。ですので、今回限りで考えるなら「お中元」ではなく「御礼」とすべきでしょう。また、年1回で考えるなら「お歳暮」を優先しましょう。 また、現在では、企業でこういった風習を廃止している会社もありますので、配慮が必要です。

お中元の品物選びに失敗しないために

お中元は、「日ごろお世話になっている方へのお礼」として贈るものなので、基本的に先方の喜ぶものを贈るのがベストです。たとえば和菓子の好きな方であれば、夏らしい水ようかん、お酒が好きな方には、海外の珍しいビールなどが喜ばれます。 どうしても先方の好みがわからない場合は、日持ちがして季節を感じさせるものにしてみましょう。たとえば、そうめんセットやゼリーの詰め合わせなどです。お子さんやお孫さんのいるご家庭であれば、ジュースの詰め合わせなども喜ばれるでしょう。どうしてもわからない場合は、洗剤やタオルなどの日用品、お茶、コーヒーなどにすれば、重宝されます。

お中元のダメなもの

お中元では、先方の喜ぶものや季節を感じさせて日持ちのするものがベストですが、ふさわしくない品物もあります。たとえば、縁を切る「刃物」、踏みつける意味のある「履物」、施しと思われる「下着、肌着」、現金も「金品を恵む」となり、とくに目上の方には失礼にあたります。

自分や相手が喪中の時、お中元は

お中元はお祝いではないので贈っても問題ありませんが、紅白の水引の熨斗はやめ、普通の包装紙で贈ります。また、時期をずらして暑中見舞い、残暑見舞いとする方法もあります。

贈答(ギフト)お中元はいつからいつまで?お中元のマナー

日比谷花壇_出産祝い特集
電報サービス VERY CARD
ベルメゾンネット
【ワコールウェブストア】ワコールの公式ショッピングサイト。常時5,000点以上の品揃えでお待ちしています♪