今月の特集
《TOPに戻る》

英語の辞書で「貴族」なる語を探すと以下の三つが出てくるが各々ニュアンスが異なる。
 (1) Peerage
     貴族院なる政治機関の構成員に対して用いる。
 (2) Aristocracy
     王によって与えられた称号の保持者を現し、現
     在称号としては公爵(Duke),侯爵(Marquis),
     伯爵(Earl),子爵(Viscount),男爵(Baron),
     准男爵(Baronet), 士爵(Knight)がある。
 (3) Nobility
     上記Aristocracyの内、世襲制の強いもので、下
     位 の二段階は除かれる。

一般に、我々日本人がが貴族というのは(3)を言う。

ウィントン・チャーチルの生家

1、その歴史的背景

カロリング朝のシャルルマーニュ大帝はその広大な領地を支配する制度として,全国は数十の州に分割し、州に伯(地方官)と司教を配置した。…州伯制度 この伯はその地の有力者を任命しこれが世襲化され、貴族制度へ移行していった。

これら伯が基本となり、国境で異民族と接し独自の軍を擁する辺境伯(Markgraf),国王の直轄地を支配代行する王領地伯(Pfalzgraf),内地各州の伯(Graf)となった。

英国ではウィリアム王が1066年に英国を征圧するや、この制度を持ち込んだ。ただ、伯に相当する言葉としてフランス語のComteCount)を使わず、アングロサクソン語のEarlを用いた。

英国貴族の爵位と称号 

その結果、英国の伯爵はEarl,その他の国の伯爵はCountと別称するようになったが、伯爵夫人はEarless ではなくcountess と称するといったややこしいことになった。 
又、Count が国,郡,州を現すCountry の元になった。

シャルルマーニュ大帝

Chester

Shrewsbury

Hereford

征圧直後、サクソン王エドリック(Edoric the Wild)がウェールズ土豪と組んで反乱を起こした。ウィリアム王はこれに対抗して国境(March)地帯にチェスター,シュルズベリー,ヘルフォードの三つの町を中心に強大な権限を持つ伯爵領を設けた。いわば、辺境伯(Markgraf)でこれが侯爵(Margrave→Marquis)となった。

その後、王族を対象として公爵が生まれ、これは後には王族でなくとも戦著しい者にも与えられるようになった。また、伯爵に次ぐ副爵として子爵(Viscount)が設けられた。

時代も進み、封建制にほころびが出始めた頃、今まで貴族の家臣(王にとっては陪臣)への処遇が問題となり、新しく子爵の下に男爵(Baron),准男爵(Baronet),騎士(Knight)の階級設けられた。

2、爵位と敬称

爵位名 表記(男性) 表記(女性) 敬称(呼び方)/女性
公爵 Duke Duchess Your Grace / Your Grace
侯爵 Marquis Marchioness Lord・領地名 or My Lord / Madam
伯爵 Earl Countess Lord・領地名 or My Lord / Madam 
子爵 Viscount Viscountess Lord・苗字 or My Lord / Madam
男爵 Baron Baroness Lord・苗字 or My Lord / Madam
准男爵 Baronet  ------ Sir・苗字
士爵 Knight Dame Sir・苗字 / Lady・苗字

March はアングロサクソン語の国境を意味するMaearc よりきている。

・その他貴族以外の敬称は 
       国王 → Your Majesty
       王室一族 → Your Royal Highness
       大統領,政府高官 → Your Excellency
       爵位を持たない貴族 → Honarable・領地名。領地がなければ苗字 

・大司教や司教はMy Lord (猊下)と敬称され、順位は大司教は王室一族の下、司教
 は男爵と子爵の間にくる。

3、日本の爵位

戦前の爵位は1884年(明治17年)7月に公布された華族令により公・候・伯・子・男の五段階が設けられた。これは英国の制度に中国の呼び名を採用したもので、中国においては周代,実際に整理されたのは戦国時代初期,に制度化された。(※)

公爵 将軍本家,五摂家
侯爵 御三家,15万石以上の大名,過去に太政大臣実績ある公家
伯爵 御三家,5万国以上の大名,過去に左右大臣実績のある公家
子爵 5万石未満の大名、その他公家
男爵 旗本、功績のあった平民

(※) 爵とは本来儀式で用いられた飲酒の器で、爵位の起源は氏族制度の時代に宴会
    の席次を決める俗習から来ている。