《トップへ戻る

今月の特集

=ラブ・スプーン(Welsh LOvespoon)

嬉しい時に木彫りのスプーンを贈るといった習慣がウェールズに定着したのは、16世紀の頃である。現存するスプーンで一番古い物は、カーディフの民族博物館に展示されてれいる1667年製の物である。
ウェールズの国は山国で材木に恵まれていたこともあって、農家では冬の炉端でスプーンを黙々と彫る姿が見受けられた。
そして、段々技巧を凝らすようになり、又その彫り物にいろいろのメッセージを込めるようになった。
男女間のやりとりでは以下の意味が込められている。

a) ハートの形は最もポピュラーで「愛」を表す。…(1) (6) (7)

ハートがクロスした形は「私も愛しています」といった愛の返 礼となる。

b)

チェーンの形は「誠実」「忠誠心」を示す。…(2)

c)

スリットの間のボールは「私の心は貴方に捕らえられています。」と言うことを表す。…(2)

d)

同じくスリットの間のボールでもその数で二人で持ちたい子供の数を表すこともある。…(3)

e)

ベルの形は「結婚してください。」の意味や、結婚記念日を表す。

f)

車輪の形は「貴方のために一生懸命働きます。」といった決意表明である。…(3)

g)

ねじれた柄は「一緒に暮らしたい。」との願望を表す。…(4)

h)

I )

葡萄の蔦、葉,房は「長く誠実に暮らしましょう」…(9)

J )

二つのスプーンは「愛されたい」「一つになりたい」との願望を
表す。…(4)

H)

ドラゴンはウェールズのシンボルで強さを表す。…(10)
ラッパ水仙はウェールズの国花で「紳士的」「成長」を表す            …(7),(8)

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

十字架は宗教的に「結婚が神に祝福されますように。」といった願望をあらわす。…(4)(5)

K)

今、ある若者がスプーン(1)を送り、乙女からスプーン(2)をお返しに貰ったとすれば、次の愛のメッセージが交わされた事になる。
「結婚してください。貴方のために一生懸命働きます。そして子供は3人欲しいですね。」
「私も愛しています。早く一緒に暮らしましょう。この結婚に神の祝福がありますように。