羽衣保育所民営化事業者選考委員会の議事録の作成及び保存について要請書を提出

戻る  新着情報

○ 取石保育所の民営化のときも加茂保育所民営化のときも、運営事業者を選考する委員会の議事録が一部作成されていませんでした。このため、羽衣保育所民営化事業者選考委員会は、委員会のすべての議事について議事録を作成し、保管するよう要請書を高石市長と同選考委員会に提出しました。


                               2012年9月3日

 高石市長 阪 口 伸 六 様
 高石市立羽衣保育所民営化事業者選考委員会 様

                          高石市職員労働組合
                          執行委員長 堀 川 和 貴

      保育所民営化事業者選考委員会の議事録の作成及び保存について

 高石市ホームページに掲載されていた加茂保育所民営化事業者選考委員会議事録は、第
4回以降は、開催日時、出席者、案件しか記載されていませんでしたので、議事内容がわ
かる議事録の情報公開請求をしたところ、委員相互における率直な意見交換や意思決定の
中立性を保持するため議事内容を公開しないと決定し、審議要点(開催日時、出席者、案
件)のみの会議録を作成したとの理由により公文書不存在による非公開決定を受けました。
 高石市情報公開条例は知る権利の保障と市に説明責務を課すことをその目的とし(前
文・第1条)、それを具体的に保障するために文書の公開・非公開等の決定を行政処分と位
置づけ、公開請求者が当該決定に不服がある場合は、取消訴訟を提起できるようにしたも
のです。しかし、今回のように、公開できないから文書を作成しないということが許され
るのであれば、文書がない以上、公開請求者が裁判所に非公開決定の取消訴訟を提起する
ことができなくなり、情報公開条例を、事実上、権利が侵害されたときの救済手段のない
「欠陥条例」とすることになります。これは、情報公開条例の趣旨・目的から逸脱した究
極の情報隠しといって差し支えありません。
 また、高石市公文書管理規則は、第3条第1号で公文書による事務処理を義務付け、同
条第3号で文書事務の適正かつ円滑な遂行や情報公開条例の目的の達成を妨げることのな
いよう必要な公文書の作成・取得を義務付けています。すなわち、選考委員会議事録は、
加茂保育所民営化事業者選考過程の適正性を証明する、選考過程を検証する、選考過程を
市民・保護者に説明する、民営化事業者選考後の事務の参考にする等のため高石市公文書
管理規則により作成が義務付けられた文書と考えらますので、議事録を作成しなかったこ
とは、高石市公文書管理規則に違反する疑いもあります。
 ついては、羽衣保育所の運営事業者を選考する委員会は、委員会のすべての議事につい
て議事録を作成し、保管されるよう要請します。作成・保管する議事録は、高石市が運営
から撤退する公立保育所を引き継ぐ事業者を選考するという重要な内容の会議であること、
後日、選考過程を検証することも考えられること等から、発言内容は要旨ではなく、逐語
反訳又はそれに準じた水準のものとされるようあわせて要請します。
 なお、取石保育所民営化の際にも同様の問題があり、同趣旨の要請(別紙)をしたこと
を申し添えます。

(2012.9.4 掲載)

戻る  新着情報

 

高石市職員労働組合 「高石まちづくり情報」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~t-joho/
E-mail sroso-takaishi@mse.biglobe.ne.jp