公契約(公共工事・委託契約等)で働く労働者の賃金・労働条件の改善に関する要求書(2008)

戻る  新着情報

○ 2007年2月29日に高石市長あてに提出した公契約に係る労働条件の改善要求書です。


2008年2月29日

高石市長 阪 口 伸 六  様

高石市職員労働組合
執行委員長 小倉望

公契約(公共工事・委託契約等)で働く労働者の賃金・労働条件の改善に関する要求書

 高石市民の暮らしを守るために日々、奮闘されている貴職に敬意を表します。
 さて、政府・与党がすすめる構造改革路線のもとで、自治体の発注する公共工事や業務委託等についても価格のみに着目するあまり、過当競争が行われ、下請け業者、また、そこで働く労働者にしわよせ、痛みが押し付けられています。そうした市場万能主義による安さを追求する中で、姉歯事件やシンドラー事件が起き、市民生活が脅かされています。高石市においても自治体としてこうした問題を惹起しないための適切な対応が求められているところです。
 つきましては、下記の項目について、高石市当局として積極的に検討され、適切な対応をされますよう要求します。

1.ILO94号条約(公契約における労働条項に関する条約)を国が批准し、併せて国内法を整備するよう国・府など関係機関に働きかけること。また、同条約の趣旨を踏まえた「公契約条例」を制定すること。

2.当面、公契約において「事業に従事する労働者の賃金は二省協定賃金を下回らないものとする」と明記して、賃金・労働条件の適切な確保を求める契約内容とすること。また、公契約の事業に従事する労働者の賃金・労働条件について、契約時の積算単価に基づく公正・適切な賃金が確保されるように契約業者等を文書で指導すること。

3.契約にあたっては、正常な取引と適切な賃金が支払われるように「低入札価格調査制度」(自治令第167条の10第1項)および「最低制限価格制度」(自治令第167条の10第2項)に基づく基準を設け、全ての契約に適用すること。また、その基準を公表すること。

4.入札にあたっては、価格だけで競わせるのではなく、労働関係法令遵守をはじめとする公正労働基準や男女平等参画、障害者の社会参画、環境など社会的価値基準への配慮を受注企業に求める総合評価方式とすること。

5.公契約の事業場においては、労働者の見やすい場所に就業規則など労働条件を常に掲示するよう受注企業を指導すること。また、労働関係法令違反や労働契約の不履行が著しい企業に対しては、支払を留保するなどしてその是正を強く求めるほか、契約の解除やその後の入札からの排除を含む制裁措置を講じること。

6.中小業者の経営の安定をはかり、地域経済を振興するために、官公需法に基づく受注機会の確保を図る措置を講じること。なお、発注率については目標及び実績を公表するとともに目標達成に努めること。

7.印刷物を製造品目扱いとし、予定価格を定め、入札終了後に予定価格を公表すること。予定価格は物価資料をつくる(財)経済調査会の積算資料「印刷料金」などに基づき算出し、適正な利益が確保できるものとすること。

8.行政サービスの低下につながる民間委託・委譲、指定管理者制度による管理の代行を安易に行わないこと。これらを行った際には、これまでその業務に従事した労働者の雇用を確保するとともに、賃金・労働条件については、従前の水準を保障すること。

(2008.3.7 掲載)

戻る  新着情報

 

高石市職員労働組合 「高石まちづくり情報」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~t-joho/
E-mail sroso-takaishi@mse.biglobe.ne.jp