高石市立幼稚園保護者らと高石市教育委員会が懇談(2.8)

戻る  新着情報

      高石市立幼稚園保護者らと高石市教育委員会が懇談(2.8)

 2月8日に高石市立幼稚園の保護者と子育てのまち高石をつくる会は、高石市教育委員
会と5回目の懇談を行いました。
 保護者らは、これまでの4回の懇談の経過、市議会における全会一致での3歳児保育早
期実施の決議ををふまえ、3歳児保育の試行実施に向けた市教委の決意と実施時期を明ら
かにするよう強く求めました。
 これに対して市教委は、試行実施の必要性は認めたものの2017年4月実施は困難と
するだけで具体的な実施時期は明言を避ける曖昧な姿勢に終始しました。
 保護者からは、「これでは一向に前進していない」、「私たちの子どもは卒園するが次の保
護者に何も引き継ぐものがない」、「本気になって公立幼稚園の将来を考えてほしい」との
声があがりました。
 市教育委員、とりわけ藤原教育長の本気度が問われています。

 高石市教育委員会の回答

○ 3歳児保育実施について
 2019年度からのスムーズな本格実施、市議会での決議、保護者の要望等をふまえる
と、試行実施を検討することが求められていると考える。
 2017年4月からの試行実施は困難であるが、今後、条件整備を考えながら、適切に
試行実施できるかどうか時期も含めて判断していきたい。

○ 預かり保育拡充について
 現行の試行状況をふまえた上で、3歳児への枠拡大について、できることを検討してい
きたい。

○ 3園の交流について
 公立3幼稚園での交流を進めていきたい。必要な移動手段の確保をはかり、具体的な内
容を早急に詰めていきたい。

(2017.2.28 掲載)

戻る  新着情報

 

高石市職員労働組合 「高石まちづくり情報」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~t-joho/
E-mail sroso-takaishi@mse.biglobe.ne.jp