高陽幼稚園と北幼稚園の廃止を強行するな
子どもと高石の希望ある未来へ−真の「子育てのまち」をつくるつどい開催

戻る  新着情報

          高陽幼稚園と北幼稚園の廃止を強行するな
   子どもと高石の希望ある未来へ−真の「子育てのまち」をつくるつどい開催

 8月20日、中央公民館で子どもと高石の希望ある未来へ−真の「子育てのまち」をつ
くるつどいが開催され、80名を超える幼稚園保護者や市民が参加しました。
 はじめに、阪口子育てのまち高石をつくる会代表が、「高石市と高石市教育委員会は公立
幼稚園2園を廃止しようと躍起となり、わずか3回の検討委員会で高陽幼稚園と北幼稚園
を廃止するとの答申を取りまとめました。保護者を無視したひどいやり方です。要望署名
に寄せられた2230筆の思いを受けて市民の皆さんとともに公立幼稚園3園を存続させ
ていきましょう。」とあいさつしました。
 経過報告の後、八尾市幼保一体化を考える市民の会・MAMORUパパママの会から、
「八尾市は公立幼稚園・公立保育所26園を8園のこども園に統廃合する計画を強行しよ
うとしています。理由は高石市と同じで複数学級の確保です。子どもは声をあげられませ
ん。あきらめずに声をあげ続けましょう。」と激励と連帯のメッセージをいただきました。
 公立幼稚園保護者からは、「高石市と高石市教育委員会は子どものことを本当に考えてい
るのでしょうか。」、「子どもの個性を伸ばし、ノビノビと育ててくれる公立幼稚園を存続し
てほしい。」などさまざまな意見が出されました。
 元高石市立幼稚園の園長からは、「幼稚園、小学校、中学校の11年をかけて子どもを育
てるのが公立の良いところ。中学校区1園の公立幼稚園を守り、地域との関わり、つなが
りの中で子どもを育てることを大切にしましょう。」との発言をいただきました。
 つどいは、この後、ご参加いただいた市議会議員の紹介、8月臨時市議会に向けた行動
提起を確認し、閉会しました。

(2016.8.26 開催)

戻る  新着情報

 

高石市職員労働組合 「高石まちづくり情報」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~t-joho/
E-mail sroso-takaishi@mse.biglobe.ne.jp