高石市立幼稚園に関する要望書を提出、3年保育の早急な実施等を要望

戻る  新着情報

○ 高石市職員労働組合は、6月7日に高石市長と高石市教育委員会に高石市立幼稚園に関する要望書を提出しました。

<要望趣旨>
 高石市立幼稚園は小学校区に1園という理想的な設置から、現在市内中学校区に1園ま
で減少しました。園児数も減少していますが、これは長年要望している3歳児保育が実施
されていない事が大きく関係していると思います。
 3月市議会において、「子育てのまち」高石をつくる会から提出されました請願書のなか
にも「公立幼稚園での3年保育を早期に実施」してほしいとの項目がありました。賛成多
数で採択されていることからも、高石市立幼稚園での3年保育は市民の願いであることが
わかります。
 職員をはじめ保護者は地域に根差し、生きていく力をつけることの出来る子どもに育っ
てほしい、地域で安心して子育て出来る高石市であってほしいと願っています。 しかし
現状は「子育てのまち たかいし」と誇れないものであると思います。高石市の子どもた
ちが、地域の中でいきいきと豊かに育ち、保護者が安心して子育て出来るように早急に実
現してほしいと思います。

<要望項目>
1 高石市立幼稚園の今後のビジョンについて考えを示すこと。
2 高石市立幼稚園での3年保育を早急に実施すること。
3 今年度から試行実施の「預かり保育」について、園児の安全確保のため、幼稚園教諭
 免許取得の専任担当教諭を配置すること。
4 研修の見直しを協議すること。
5 高石市立幼稚園の配置は、中学校区に1園を下回らないこと。

(2016.6.9 掲載)

戻る  新着情報

 

高石市職員労働組合 「高石まちづくり情報」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~t-joho/
E-mail sroso-takaishi@mse.biglobe.ne.jp