高石市立図書館指定管理者候補者選定委員会議事録・資料
指定管理者候補者を選定した会議の会議録がない!

戻る  新着情報

○ 高石市立図書館は2016年4月から指定管理者制度に移行します(指定管理者は株式会社図書館流通センター)。ここに掲載している資料は、3回開催された指定管理者候補者選定委員会の議事録(第1回)と会議資料(第1回〜第3回。一部省略)です。議事録は第1回のみ存在し、第2回と第3回のものは存在していません。指定管理者募集要項によると、順位点の高い順に優先交渉権者、次点優先交渉権者を選定するとし、順位点が同点の場合は選定委員の多数決により選定するとしています。順位点は、株式会社図書館流通センターが17点、シダックス大新東ヒューマンサービス株式会社が9点、株式会社日販図書館サービスが17点で、株式会社図書館流通センターと株式会社日販図書館サービスが同点となりました。したがって、第3回選定委員会において多数決で株式会社図書館流通センターが指定管理者候補者に選定されたことになりますが、第3回選定委員会の会議録は存在せず、選定委員会でどのような議論があり、どのような理由で株式会社図書館流通センターを指定管理者候補者に選定したのか不明です。2015年12月市議会で株式会社図書館流通センターを指定管理者とする議決がなされていますが、株式会社図書館流通センターを指定管理者候補者とした選定委員会の会議録がないまま市議会は株式会社図書館流通センターを指定管理者とする議決をしたことになります。高石市教育委員会と高石市立図書館指定管理者候補者選定委員会は説明責任を適切に果たしていただきたいものです。

高石市情報公開条例 前文
 市政は、地方自治の本旨に基づき市民の信託を受けて執行されるものである。市民は市政について知る権利を有し、市は市政について市民に説明する責務がある。このような精神の下に、市の保有する情報を広く市民に公開することによって、市民の知る権利を保障し、市の説明責務を果たすとともに、情報の共有化を進め、市民と市が一体となって、個性豊かで活力に満ちた地域社会を形成し、21世紀における高石市のさらなる発展を図るため、この条例を制定する。

 高石市立図書館指定管理者選定委員会
  第1回会議録
  第1回資料
  第2回資料
  第3回資料
 公文書不存在による非公開決定通知書

(2016.2.15 掲載)

戻る  新着情報

 

高石市職員労働組合 「高石まちづくり情報」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~t-joho/
E-mail sroso-takaishi@mse.biglobe.ne.jp