請願採択で「子育てのまち」高石を実現しよう(アピール)

戻る  新着情報

○ 「子育てのまち」高石をつくる会は請願採択に向けてアピールを発表しました。

     請願採択で「子育てのまち」高石を実現しよう(アピール)
       ー市民とのあらたな共同の力を大きくひろげようー

                         2016年1月4日
                         「子育てのまち」高石をつくる会

はじめに
 昨年6月、「子育てのまち」高石をつくるために会が結成され、「子育て」についての要
求を13項目にまとめて「『子育てのまち』高石で 子どもたちが安心して生活し心身とも
に健やかに成長できるよりよい環境める」請願書
を9月につくりあげ、署名活動をスタート
しました。
 
1.請願取扱いの経緯
11月20日 4名の紹介議員、6393筆の署名で請願書を市議会に提出、受理
11月24日 議会運営委員会で福祉土木委員会に付託し、総務文教委員会と連合審 
       査することを決定
12月8日  連合審査会での審議を経て、福祉土木委員会での採決(賛成4人)で「閉
       会中の継続審査」議決      
12月9日  福祉土木委員会からの「閉会中の継続審査」申し出について本会議
       の採決(賛成9人)で議決
        
2.今の状況をどう見るのか 
 請願採択とはなりませんでしたが、否決されることなく「閉会中の継続審査」となったこ
とは大いに評価できます。請願採択につなげるチャンスを与えられたことになります。この
間の成果は2点挙げることができます。
@市議会議員のみなさんとの話し合いを通じて、高石市の「子育て」施策拡充の必要性につ
いては共通の認識・基盤が形成されていることを確信することができました。
 あとの課題は個別・具体の施策についての合意をどうやってつくりだしていくのかという
ことです。
Aそういう観点からも、会を中心とした市民の側から積極的な政策提言を行っていくことは
重要な意義をもっています。
 また、署名活動の中で、地域の子育て関係者をはじめ多くの市民との対話を通じて、高石
市の「子育て」施策の問題点・重要性をあらためて認識しました。同時に会の取り組みへの
強い共感と期待が寄せられたことは大きな力となっています。
 
3.請願採択にむけて
 会では、この成果を活かして、次期市議会(2月23日開会予定)での請願採択に全力を
つくします。そのために次の2点が重要です。
@署名活動を通じて創り上げてきた市民との共同の力をさらに大きくひろげて、市民の中か
ら「子育て」施策の要求を練り上げていくこと。
Aその上に立って、市議会議員のみなさんとの対話活動を積極的に展開し、多くの理解・支
持を得られるようにすること。
 会では「子どもの権利条約」に掲げられた子どもの4つの権利「生きる」「育つ」「守ら
れる」「参加する」の理念に立脚し、「子育てのまち」高石実現への大きなステップとなる
請願へのご賛同・ご協力を心から呼びかけます。"すべては高石市と子どたちの希望ある未
来のために"

(2016.1.12 掲載)

戻る  新着情報

 

高石市職員労働組合 「高石まちづくり情報」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~t-joho/
E-mail sroso-takaishi@mse.biglobe.ne.jp