高石市立図書館の指定管理者募集
募集要項中の有料自主事業を認める部分を削除するよう申し入れ

戻る  新着情報

○ 高石市立図書館の指定管理者募集について、募集要項中の有料自主事業を認める部分を削除するよう申し入れました。

                              2015年10月6日

 高石市教育委員会 様

                          高石市職員労働組合
                          執行委員長 堀 川 和 貴

      高石市立図書館指定管理者募集要項に係る申し入れ


 高石市立図書館指定管理者の募集が行われていますが、次の事項を申し入れますので、
誠意ある対応を要請します。

                    記

 募集要項には、管理運営経費は市が支払う指定管理料と指定管理者が行う自主事業によ
り得た剰余金等により賄う旨の記載があります。また、仕様書には、図書館業務の一環と
して利用者サービスの向上、生涯学習に資することを目的とする自主事業の提案を求め、
施設・設備の利用料金の徴収は認めないが実費としての料金徴収は可能としています。す
なわち、実費として徴収しても剰余金が生じる(実費徴収なのに剰余金が生じるというの
は疑問ですが。)ことを前提に管理運営経費が算定されることになります。図書館法第17
条では公立図書館における図書館資料の無償利用が規定されており、有料自主事業は図書
館法に抵触しないか疑問があります。自主事業は無償の対象である図書館資料の利用では
ないと考えているのかもしれませんが、そもそも図書館は市民の知る権利の奉仕する施設
なので、その図書館で行われる事業が有料であるというのは、権利を図書館に保障しても
らいたいのならお金を払えということになりかねません。また、有料自主事業は指定管理
者が自主事業で利益を上げることを可能とする仕組みで、図書館の設置目的を歪めること
にもなりかねません。したがって、募集要項から有料自主事業を認める記載を削除するよ
う申し入れます。

(2015.10.7 掲載)

戻る  新着情報

 

高石市職員労働組合 「高石まちづくり情報」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~t-joho/
E-mail sroso-takaishi@mse.biglobe.ne.jp