公立幼稚園の3年保育や預かり保育の実施などについて要求書を提出

戻る  新着情報

○高石市職員労働組合は、2014年12月11日に高石市長と高石市教育委員会に対して公立幼稚園の3年保育や預かり保育の実施などについて要求書を提出しました。

            高石市立幼稚園に関する要求書
 
 高石市立幼稚園は市内7校ある小学校区に1園という理想的な設置をされていました。
しかし、平成14年度の清高幼稚園民営化に始まり、平成23年度の取石幼稚園の認定こ
ども園への民営化、平成24年度には高石幼稚園の廃園、平成25年度に羽衣幼稚園が北
幼稚園と統合され、中学校区に1園となりとても残念な結果となっています。
 その間保護者と共に市教委に対して署名や申し入れをしても受け入れてはいただいてい
ません。またこれからの高石市を担っていく子ども達の就学前の大切な時期の幼児教育に
対して高石市としてのビジョンも示されないままです。職員をはじめ保護者は地域に根差
し、生きていく力をつけることのできる子ども達に育ってほしい、安心して育てられる高
石市であってほしいと願っています。平成27年度から子ども子育て支援制度が施行され
ます。保護者や職員はこの制度についても不安を持っています。
 ついては下記の要求書を提出しますので、誠意をもって交渉に応じ、納得のいく回答を
求めるものです。

                      記

1 高石市立幼稚園の今後のビジョンについての考えを示すこと。
2 保護者・職員の長年の要求である公立幼稚園での3年保育を早急に実施すること。
3 子ども・子育て支援新制度についての教育委員会としての見解を示すこと。
 ・保育料設定について
 ・就園奨励費の継続について
4 年齢に応じた発達保障、安全確保などを図るために適切な人員を確保すること。
5 預かり保育について現場、教職員の意見を十分に聞き、安全確保のために幼稚園教員
 免許取得の専任担当員の配置と設備を整え実施すること。
6 クラス定員数を見直すこと。
  1クラス30名にすること。
  (支援の必要な幼児が増加しているため、高石市の子どもの実態に合わせ、4歳児のみ
  でも考慮すること)
7 公立幼稚園の配置は最低限中学校区に1園を下回らないこと。

(2014.12.15)

戻る  新着情報

 

高石市職員労働組合 「高石まちづくり情報」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~t-joho/
E-mail sroso-takaishi@mse.biglobe.ne.jp