高石市教育委員会に中学校給食の調理を
直営で実施することを求める要請書を提出

戻る  新着情報

○ 高石の学校給食をよくする会(新日本婦人の会高石支部、泉北教職員組合、高石市職員労働組合、高石母親大会連絡会)は、7月23日に「中学校給食の調理を直営で実施することを求める要請書」を提出しました。

                              2012年7月23日

 高石市長 阪 口 伸 六 様
 高石市教育委員会教育長 佐 野 慶 子 様

                          高石の学校給食をよくする会 
                           新日本婦人の会高石支部  
                           泉北教職員組合      
                           高石市職員労働組合    
                           高石母親大会連絡会    

      中学校給食の調理を直営で実施することを求める要請書

 本年2学期から高南中学校で学校給食が開始される予定で、引き続いて高石中学校、取
石中学校でも学校給食の実施が計画されています。中学校における学校給食の実施は保護
者・市民の長年の要求であり、それを多額の予算を投入して自校方式で実現されたことに
ついて、敬意を表するものです。しかし、「高石市中学校給食実施方針」によると、調理
は委託で行うこととされており、この点について教育としての学校給食という点から懸念
を表明するものです。
 学校給食は、食育基本法、学校給食法に基づいて教育として行われるべきもので、栄養、
安全、地域の食文化・歴史、地産地消などさまざま点を考慮した献立を作成し、調理しな
ければなりません。すなわち、教育としての学校給食は、栄養士が作成する教育的観点を
ふまえた献立に、調理する調理員の経験−調理の手順、食材の処理、盛り付けなど−が反
映されるという栄養士と調理員の協働の上に成り立つものです。しかし、調理を委託しつ
つ献立を作成する栄養士と調理する調理員とが協働すると必然的に労働者派遣法に違反す
る「偽装請負」とならざるを得ません。逆に「偽装請負」とならないようにしようとすれ
ば、栄養士と調理員との協働ができなくなります。また、既に一部委託されている小学校
給食の決算から委託の経費が直営よりも高くついていることが明らかになっています。
 よって、下記事項を要請しますので、誠意ある対応をお願いするものです。

                   記

  教育としての学校給食を実現するため、中学校給食の調理は直営で行うこと。

(2012.7.24 掲載)

戻る  新着情報

 

高石市職員労働組合 「高石まちづくり情報」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~t-joho/
E-mail sroso-takaishi@mse.biglobe.ne.jp