高石市の保育のあり方検討委員会の運営に係る要請書

戻る  新着情報

○ 高石の子どもを守る市民連絡会は、2011年8月2日に、高石市立幼稚園再編等検討委員会に対して、「高石市の保育のあり方検討委員会の運営に係る要請書」を提出しました。

                               2011年8月2日

 高石市の保育のあり方検討委員会
  委員長 大 方 美 香 様

                         高石の子どもを守る市民連絡会 
                          新日本婦人の会高石支部  
                          泉北教職員組合      
                          高石市職員労働組合    
                          高石母親大会連絡会    

        高石市の保育のあり方検討委員会の運営に係る要請書

 高石市の保育のあり方検討委員会が設置され、2011年7月17日に最初の会議が開
催されました。この検討委員会は毎週1回ずつ会議を開くという強行スケジュールで、8
月には結論を出すとされています。
 高石市の保育に関しては、市民の保育、子育て支援のニーズに公立保育所がいかに応え
ていくのか十分な議論もなく、子育て支援施策の構想・方針も示さないまま、繰り返し市
立保育所の民営化が強行されてきました。しかし、これまでの高石市の保育施策のあり方
や強行された民営化の検証はほとんどされていません。高石市は、これまで子育て支援懇
談会などで繰り返し検討課題として「公民の役割」を掲げていましたが、検討の結果は常
に民営化でした。今回の検討委員会も「公民の役割」を掲げており、再び公立保育所の民
営化を検討委員会の結論として打ち出すであろうことは想像に難くありません。
 ついては、検討委員会について次の事項を要求しますので、誠意ある対応を要請するも
のです。

1 8月に報告をまとめるのはあまりにも拙速であるので、8月に報告をまとめることに
 こだわらず、公聴会の開催、対話集会の開催、アンケートの実施、報告書案の公表とパ
 ブリックコメントの実施など保護者や市民の意見を十分に聴き、その意見を報告に反映
 させる措置を講じること。
2 過去の経験を生かすことが重要であるので、これまでの高石市の保育施策と保育所民
 営化の検証をすること。
3 公立保育所の民営化を前提とした検討をしないこと。
4 検討委員会の運営は民主的に行い、委員の自由闊達な意見交換を保障すること。
5 検討委員会の議論に関して広く意見を聴くため、傍聴者の発言を認めること。
6 検討委員会に意見書、資料等の提出があれば、受理して委員全員に配布すること。

(2011.8.2 掲載)

戻る  新着情報

 

高石市職員労働組合 「高石まちづくり情報」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~t-joho/
E-mail sroso-takaishi@mse.biglobe.ne.jp