子ども手当で子育て支援削減
低所得世帯にとっては意味のない手当に?

戻る  新着情報

              子ども手当で子育て支援削減
           低所得世帯にとっては意味のない手当に?

 2010年5月3日付朝日新聞は、子ども手当の支給を前に、一人親世帯、多子世帯等
に対する支援や就学援助など低所得世帯向け支援を削減・廃止する自治体が相次いでいる
ことを報じています。子ども手当は、「次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを支援す
るため」(平成22年度における子ども手当の支給に関する法律)に支給されるのですが、
子ども手当の支給を契機にこれまで自治体が行ってきた子育て支援の給付が次々削減・廃
止されるようなことになると、子ども手当に「子どもの健やかな育ちを支援する」効果は
期待できないことになります。とりわけ、低所得世帯にとっては、所得の向上が望めない
全く意味のない手当となるおそれすらあります。多くの自治体は厳しい財政状況にありま
すが、子育て支援の給付を削減・廃止することなく、踏ん張っていただきたいものです。

(2010.5.6 掲載)

戻る  新着情報

 

高石市職員労働組合 「高石まちづくり情報」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~t-joho/
E-mail sroso-takaishi@mse.biglobe.ne.jp