高石市の幼児教育のあり方検討委員会設置要綱

戻る  新着情報

○ 2009年6月26日に施行された高石市の幼児教育のあり方検討委員会設置要綱です。


   高石市の幼児教育のあり方検討委員会設置要綱

 (設置)
第1条 高石市の幼児教育のあり方について、広く意見を聴くため、高石市の幼児教育の
 あり方検討委員会(以下「委員会」という。)を設置する。
 (所掌事項)
第2条 委員会は、幼児教育のあり方に関し次の各号について調査検討し、教育委員会に
 報告書を提出する。
 (1) 本市の幼児教育の現状と課題又は方針に関すること。
 (2) 公民の役割に関すること。
 (3) 市立幼稚園の適正規模及び適正配置に関すること。
 (4) 幼稚園と保育所の連携に関すること。
 (5) 前各号に揚げるもののほか、その他必要とする事項
 (組織)
第3条 委員会は、委員14名以内で組織する。
2 委員は、次の各号に定める者のうちから教育委員会が委嘱又は任命する。
 (1) 幼児教育の分野において専門知識又は経験を有する者
 (2) 社会教育関係者
 (3) 市内の公共的団体の関係者のうち、教育委員会が特に意見を聴くことが必要であ
  ると認める者
 (委員の任期)
第4条 委員の任期は、第2条の所管事項に関する報告書が提出されるまでとする。
 (委員長)
第5条 委員会に委員長を置き、委員の互選によりこれを定める。
2 委員長は、委員会を主宰する。
3 委員長に事故あるときは、又は委員長が欠けたときは、あらかじめ委員長の指名する
 委員がその職務を代理する。
 (会議)
第6条 会議は、委員長が必要に応じて招集し、委員長が議長となる。
2 会議は、委員の過半数が出席しなければ会議を開くことができない。
3 会議の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、委員長の決するところ
 による。
4 会議は公開とし、その要領は別に定める。
 (意見の聴取)
第7条 委員長が必要と認めたときは、委員会の議事に関係ある者の出席を求め、その説
 明又は意見を聴くことができる。
 (専門部会等)
第8条 委員会に必要に応じて専門部会及び作業部会(以下「専門部会等」という。)を置
 くことができる。
2 専門部会等の議事その他運営について必要な事項は、委員長が定める。
 (庶務)
第9条 委員会の庶務は、教育部教育総務課、教育指導課及び保健福祉部子育て支援課が
 処理する。
 (その他)
第10条 この要綱に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が委員
 に諮って定める。

   附 則
 (施行期日)
1 この要綱は、告示の日から施行する。
 (経過措置)
2 会議は、第6条第1項の規程にかかわらず、委員長が決定するまでの間は、教育委員
 会が招集する。

(2009.7.14 掲載)

戻る  新着情報

 

高石市職員労働組合 「高石まちづくり情報」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~t-joho/
E-mail sroso-takaishi@mse.biglobe.ne.jp