高石市の幼児教育のあり方検討委員会の設置について申入れ書を提出
−検討過程に公開と参加を−

戻る  新着情報

○ 2009年7月7日、高石市職員労働組合は、高石市の幼児教育のあり方検討委員会の設置について、高石市長と高石市教育委員会宛に申入れ書を提出しました。


     高石市の幼児教育のあり方検討委員会の設置について申入れ書を提出
              −検討過程に公開と参加を−

 高石市と高石市教育委員会は、高石市の幼児教育のあり方検討委員会(以下「幼児教育
検討委員会」という。)を設置し、既に人選も終えた模様です。幼児教育検討委員会の設
置の趣旨・目的は明らかにされていませんが、@今年度の施政方針に記載がない、A予算
は計上されていない、B議会への説明はされていない、C保護者等関係者への説明はされ
ていない、ような組織を突如設置するのは極めて異例のことです。幼児教育という子育て
に関わる重要な施策の検討と事実上の決定を、このような異例、秘密、拙速な手続きで進
めることは、高石市政の民主的運営という点から極めて問題です。したがって、高石市の
幼児教育に関する情報を公開し、保護者・職員をはじめ市民全体で幅広く議論し、その上
に立った市民的な合意形成を図るため、幼児教育検討委員会の設置、運営について13項
目にわたって申入れをしたものです。
 申入れ事項は、次のとおりです。

1 設置の趣旨・目的を明らかにすること。
2 委員を明らかにすること。
3 委員に公募枠を設けること。
4 審議スケジュールを明らかにすること。
5 審議の傍聴を認めること。
6 審議は保護者が傍聴可能な日時に開催すること。
7 審議資料は審議会当日に公表すること。
8 議事録は審議会開催の都度すみやかに公表すること。
9 関係者、関係団体の意見聴取を行うこと。
10 職員の意見の把握に努めること。
11 中間まとめを行い、公聴会及びパブリックコメントを行うこと。
12 拙速な審議を避け、審議に十分な時間を取ること。
13 幼稚園・保育所の民営化・統廃合を審議の前提としないこと。

(2009.7.9 掲載)

戻る  新着情報

 

高石市職員労働組合 「高石まちづくり情報」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~t-joho/
E-mail sroso-takaishi@mse.biglobe.ne.jp