園舎の耐震状況が悪い保育所・幼稚園は廃止?

戻る  新着情報

園舎の耐震状況が悪い保育所・幼稚園は廃止?

 第三次高石市学校教育施設耐震化計画によると、公立幼稚園・保育所についても耐震診断を実施し、幼稚園・保育所の今後のあり方を検討する参考にするとされています。一方、報道関係者等に配布された資料によると、6月市議会に提出されている保育所耐震診断予算は3,063千円で1次耐震診断、幼稚園耐震診断予算は6,676千円で1次耐震診断か2次耐震診断かは書かれていませんが、予算額からいって1次耐震診断と思われます。
 耐震化工事をするためには2次耐震診断を実施する必要がありますが、予算に計上されているのは1次耐震診断です。すなわち、この予算から推測されることは、@幼稚園や保育所の統廃合・民営化を前提に、A1次耐震診断を実施し、Bその結果を基に廃止予定箇所数に達するまで耐震状況の悪いところから廃止し、C残す幼稚園・保育所のみ2次耐震診断・耐震化工事を実施する、ということを目論んでいるのではないかということです。
 耐震化は急を要することで国の15兆円補正予算から支援を受けたい、ということは理解できますが、それにかこつけて統廃合や民営化を市民・保護者の同意のないまま拙速にすすめるべきではありません。


                                 2009年6月16日


 高石市長 阪 口 伸 六 様
 高石市教育委員会 様

                          高石市職員労働組合     
                          執行委員長 堀 川 和 貴 

                 緊急要請書

 6月市議会に提出された補正予算案に保育所耐震診断3,063千円と幼稚園耐震診断6,676
千円が計上されていますが、いずれも1次耐震診断と思われます。
 ついては、下記事項を緊急に申入れますので、誠意ある対応を要請します。

                   記

1 幼稚園、保育所についても小学校、中学校と同様に2次耐震診断を行うこと。
2 幼稚園、保育所の統廃合・民営化を市民・保護者の同意のないまま拙速に進めないこ
 と。

                                      以上

(2009.6.18 掲載)

戻る  新着情報

 

高石市職員労働組合 「高石まちづくり情報」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~t-joho/
E-mail sroso-takaishi@mse.biglobe.ne.jp