杜撰な監督・検査体制−学校給食調理業務委託
監督・検査体制の確立について高石市教育委員会に申し入れ

戻る  新着情報

○ 2008年12月2日に高石市職員労働組合は学校給食調理業務委託の監督・検査体制の確立について高石市教育委員会に申し入れをしました。

・地方自治法は契約の履行確保のための監督・検査を義務づけ

 地方自治法第234条の2第1項は、契約の適正な履行を確保するため又はその受ける給付の完了の確認をするため必要な監督又は検査をしなければならない、と規定しています。

・高石市契約規則は監督員と検査員の設置を義務づけ

 そしてこの規定を受けて、高石市契約規則第61条は、契約の適正な履行を確保するため、又はその受ける目的物の確認をするため、必要な監督員と検査員を置くものとする、と規定しています。

・監督員と検査員の兼務は原則禁止

 さらに、具体的な監督・検査の方法等は高石市監督及び検査事務規程に定められ、同規程第第3条は、検査員の職務は、特別の必要がある場合を除き、監督員の職務を兼ねることができない、と監督員と検査員の兼務原則禁止を規定しています。

・市教委説明では校長、教頭、府費栄養士、市栄養士が監督員と検査員を兼務、しかし、本人は知らない?

 ところが、 さる2008年11月5日に開催された学校給食調理業務に係る説明会における高石市教育委員会の説明によると、委託した給食調理業務に係る監督員及び検査員について、校長、教頭、市栄養士及び府費栄養士が監督員兼検査員であるが、校長、教頭、市栄養士及び府費栄養士に対して監督員・検査員である旨の職務命令は発せられていないことが判明しました(市職労からの、職務命令は発せられているか、との質問に対し、市教委は無言のまま回答しなかったので、職務命令は発せられていないと判断します。)。市教委は、校長、教頭、市栄養士及び府費栄養士が監督員と検査員を兼務することについて、学校給食は重要な業務なので、校長、教頭、市栄養士及び府費栄養士が一丸となって監督と検査にあたる、と説明しましたが、監督員と検査員との兼務は、自分の監督した業務の結果を自分が検査するということであり、検査の意味をなしません。

・学校給食は重要な業務であるからこそ監督員と検査員は兼務をせずにそれぞれの職務範囲と責任を明確にすべき

 市教委は、学校給食は重要な業務であるというなら、監督員と検査員を明確に分け、それぞれの職務範囲と責任を明確にするべきです。校長、教頭、市栄養士及び府費栄養士が一丸となって、というような職務範囲、責任が不明確な状態では、むしろ事故の危険性が高くなります。さらに市教委は、市職労からの、兼務は高石市監督及び検査事務規程違反ではないか、との指摘に対して、学校給食ではそのようなことはない、と規程違反を容認するかのような信じがたい説明まで行っています。

・1年6ヶ月にわたって監督員も検査員も不在のまま給食を調理し続けた!

 また、監督員と検査員の設置が判明したのは2008年11月5日が初めてで、それまで、例えば2008年8月6日の市教委説明会では、市職労からの、監督員と検査員は誰か、という質問に対して回答することなく無言のまま終始しました。すなわち、委託から1年6ヶ月にわたって監督員も検査員も設置されていなかったという杜撰な体制も明らかになっています。


                                  2008年12月2日

 高石市教育委員会 様

                          高石市職員労働組合
                          執行委員長 堀 川 和 貴

         委託学校給食調理業務の監督及び検査に係る申入れ

 地方自治法第234条の2第1項は、契約の適正な履行を確保するため又はその受ける給
付の完了の確認をするため必要な監督又は検査をしなければならない、と規定しています。
そしてこの規定を受けて、高石市契約規則第61条は、契約の適正な履行を確保するため、
又はその受ける目的物の確認をするため、必要な監督員と検査員を置くものとする、と規
定しています。さらに、具体的な監督・検査の方法等は高石市監督及び検査事務規程に定
められ、同規程第第3条は、検査員の職務は、特別の必要がある場合を除き、監督員の職
務を兼ねることができない、と監督員と検査員の兼務原則禁止を規定しています。
 ついては、委託学校給食調理業務の適正な履行確保のため、次の事項を申入れますので、
誠意ある対応を要求するものです。

                    記

1 監督員及び検査員は、職務命令を発して誰が監督員又は検査員であるか明確にするこ
 と。
2 監督員及び検査員のそれぞれの職務範囲と責任を明確にすること。
3 監督員と検査員の兼務は高石市監督及び検査事務規程に違反するので、監督員と検査
 員の兼務はさせないこと。
4 校長及び教頭を監督員又は検査員とするなら、検便をし、調理場に立ち入れるように
 すること。

(2008.12.4 掲載)

戻る  新着情報

 

高石市職員労働組合 「高石まちづくり情報」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~t-joho/
E-mail sroso-takaishi@mse.biglobe.ne.jp